オートキャンプとは?予約方法・料金・必要なものなどを詳しく解説

-

オートキャンプとは?予約方法・料金・必要なものなどを詳しく解説

-

オートキャンプは、車中泊を伴うキャンプを指すのが一般的です。自動車にキャンプ用品を積み込み、その道具を使用して寝泊まりするスタイルが王道となります。

しかし、そもそもオートキャンプがどのようなものかわからない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、オートキャンプとは、オートキャンプ場はどんなところ、オートキャンプに必要なものをわかりやすく解説します。

オートキャンプについて知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

オートキャンプとは?

image2

オートキャンプは、自動車を使用してキャンプに行くことを意味します。

オートキャンプという言葉は和製英語で、もともとは自動車にキャンプ用品を積み込んで寝泊まりするスタイルのキャンプを指していました。

車中泊しながら全国各地を回る旅行スタイルを指していたため、単にキャンプするというよりは「自動車と一緒に」というのが前提だったわけです。

最近は、車中泊を伴うキャンプ全般を指すようになり、幅広い意味で使用されています。

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)とは?魅力や注意点、必要なアイテムを徹底解説
大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び15選!注意点やおすすめグッズも紹介
これなら楽しめる!キャンプ遊び15選

オートキャンプ場はどんなところ?

image3

オートキャンプはオートキャンプ場で行うのが一般的です。ここでは、オートキャンプ場がどんなところかについて解説します。

オートキャンプ場の概要

オートキャンプ場は、文字通りオートキャンプを行うための場所です。

通常、キャンプはテントを設営して寝泊まりするものですが、オートキャンプの場合は自動車に寝泊まりするのが一般的となっています。

オートキャンプであってもテントを設営することはありますが、基本的には駐車場などを活用して寝泊まりします。

ただし、オートキャンプ場によってはコテージやキャビンのあるエリアが設けられていたり、区画ごとに分けられている区画サイトがあったりします。

場合によっては好きなところにテントを設営できるフリーサイトもあるため、オートキャンプ場とはいっても場所によって様々な形式があるといえるでしょう。

なお、オートキャンプ場のなかには、一部車両乗り入れ不可の場合もあります。荷物の運搬時のみ乗り入れ可能というオートキャンプ場もあるため、注意が必要です。

オートキャンプ場の予約方法

オートキャンプ場を利用する際は予約が必要で、予約方法は電話やWebから行うのが一般的です。

予約不要のオートキャンプ場もありますが、自動車を伴うオートキャンプの場合、場所が確保できないと大変なので、事前に予約しておきましょう。

一部のオートキャンプ場は旅行予約サイトからも予約できるため、好みの方法で予約してみてください。なお、行楽シーズンは混雑が予想されるため、早めの予約が欠かせません。

大型連休・長期休暇は特に予約がすぐに埋まります。そのため、利用当日の2ヶ月前〜3ヶ月前には予約を済ませておくのが賢明です。

公営のオートキャンプ場によっては管理事務所へ利用申請書を提出する必要があるため、詳しくは各自治体のホームページを確認してみてください。

オートキャンプ場の料金

オートキャンプ場の料金は施設ごとに変わるため、具体的な金額を提示することはできません。ただし、通常は利用する区画ごとに1泊ずつ料金がかかるのが主流です。

そのため、1泊ごとの料金がどれくらいかかるのかを事前に確認しておきましょう。

なお、オートキャンプ場の料金は繁忙期(オンシーズン)と閑散期(オフシーズン)で料金が変わることもあります。混雑する時期は料金が高く、混雑しない時期は料金が安いです。

オートキャンプ場によっては利用料の他、別途で施設への入場料や使用料を徴収しているところもあるなど料金は多種多様。心配な方は事前に問い合わせしましょう。

一部、旅行予約サイトのなかには利用料金にレンタル料がセットになったプランや、手ぶらでバーベキューが楽しめるプランもあるため、いくつか比較検討してみてください。

オートキャンプ場の用途

オートキャンプ場は、自動車を伴うキャンプに使用するのが一般的です。

自動車をそのまま乗り入れできるオートキャンプ場もあり、場合によっては車中泊を行えるオートキャンプ場もあります。

ただし、オートキャンプ場はキャンプだけでなくドライブの休憩や併設された温浴施設への宿泊も可能。ドッグランが併設された場所もあるなど、用途は十人十色です。

オートキャンプ場の設備

オートキャンプ場の設備には共用の炊事場やトイレの他、温泉をはじめお風呂やシャワーが設置されています。洗濯機や遊具を設置したオートキャンプ場もあります。

他にも、受付や売店が併設されたところもあるなど、オートキャンプ場の設備は各施設ごとに様々です。そのため、スタイルに合ったオートキャンプ場を選ぶのがおすすめです。

なかには、レンタル用品が充実したオートキャンプ場もあるため、初めてオートキャンプする方はキャンプ道具が一式揃うところを選びましょう。

紅葉キャンプの魅力を徹底解説!注意点やおすすめスポットも併せて紹介
秋キャンプで快適に過ごすには寒さ対策が必要!具体的な対策と用意すべきアイテム

オートキャンプに必要なもの

image4

オートキャンプを行うには、必要なものを把握することが重要です。ここでは、オートキャンプに必要なものについて解説します。

テント・タープ

オートキャンプに欠かせないのが、テントやタープです。雨風を凌ぐにはテントやタープが必要不可欠で、快適に寝泊まりするための必需品となります。

オートキャンプの場合は自動車で寝泊まりする場合もありますが、せっかくキャンプするならテントやタープは持参しましょう。

なお、設営に必要なペグやハンマーも忘れずに持参してください。設営の際に手が汚れないよう軍手もあると便利です。

マット・シート

オートキャンプの必需品はマット・シートです。テントやタープだけだと地面にそのまま寝転がることになるため、背中や腰が痛くなります。

車中泊の場合は、マットやシートがないと寝づらくなるため、あらかじめ快適に眠れるグッズを用意しておきましょう。

必要に応じて、枕などもあると便利かもしれません。

テーブル・チェア

オートキャンプでは、テーブルやチェアも必要です。テーブルやチェアは食事に欠かせないものとなります。

自然の中で行うキャンプでも地面に広げてそのまま飲食するわけにはいかないため、食材を置く場所としてテーブル・チェアを用意しましょう。

荷物を置くのにも重宝するため、あらかじめ用意しておいて損をすることはありません。

クーラーボックス

オートキャンプでは、食材を保管しておくためにクーラーボックスは欠かせません

キャンプには生鮮食品を持ち込む方も多く、その場で調理していただくこともあるでしょう。その際、クーラーボックスがないと食材がすぐに傷んでしまいます。

クーラーボックスは食材を守ることはもちろん、食べ物・飲み物を冷やすのにも使用可能です。保冷剤も一緒に入れておくとより便利なので、あらかじめ用意しておきましょう。

燃料(炭・薪)

オートキャンプでバーベキューするなら、燃料(炭・薪)も必要不可欠です。燃料は食材の調理だけではなく、焚き火にも欠かせません。

ただし、場所によっては燃料を購入可能な場合もあります。オートキャンプ場によっては場内で拾った木の枝を使用可能としているところもあるため、比較的手に入りやすいです。

そのため、あえて燃料は持っていかないというのもありかもしれません。

一方で本格的にバーベキューなどを行うなら、自前の燃料を持った方が安心といえます。併せて、着火剤もあると便利です。

食器・調理器具

オートキャンプには、食器・調理器具もあると便利です。本格的なキャンプ飯を作る場合、食器や調理器具にこだわるのもありです。

まな板や包丁、トングを持参すればバーベキューだけでなく、こだわりの料理も作りやすくなります。ただし、食器や調理器具はかさばるので最小限に抑えるのが賢明といえます。

ランタン

オートキャンプにはランタンも欠かせません。場所によっては大型の照明が設置されたオートキャンプ場もありますが、小型の手持ちランタンは持参して損はありません

夜間に行動する際にライトがあると便利ですし、足元が見えない時にライトがあると重宝します。夜にトイレに行きたい場合も、先を照らす照明があると良いでしょう。

シュラフ

オートキャンプで寝泊まりするならシュラフも持参してください。車中泊の場合は寝袋がなくても大丈夫ですが、テントに寝泊まりする場合は必須です。

車内で眠る場合もシュラフがあるだけで快適度が変わってくるため、最低でも人数分は用意しておくことを推奨します。

レインウェア

オートキャンプは作業中に雨が降ってくることもあるため、レインウェアも持参しましょう。突然の雨で行動不能となると時間がもったいないため、レインウェアは必需品です。

傘でも問題はありませんが、片手が埋まってしまうのであまりおすすめできません。円滑に作業するためにも、傘ではなくレインウェアを持参してください。

その他

その他、自分自身が快適に過ごせるアイテムを持っていくと良いでしょう。

例えば、洗面用具としてタオルや歯ブラシセットがあると便利です。オートキャンプ場によっては温浴施設が併設されていることもあるため、入浴セットも持参したいです。

何が必要かは人によって変わるため、自分自身に必要なものを精査してみましょう。

おしゃれキャンプ用品15選!テント・チェア・テーブルなど各種グッズを徹底紹介
買ってよかったキャンプ用品15選!種類別に便利アイテムを徹底紹介
冬キャンプに必要な持ち物・アイテム12選!寒さを軽減する方法も紹介

オートキャンプにポータブル電源がおすすめの理由

オートキャンプ

オートキャンプには、ポータブル電源がおすすめです。ポータブル電源があれば、電源が必要な電化製品を使用できます。

例えば、電子機器を充電する時にポータブル電源が活躍する他、IHクッカーや電気ケトル、電気毛布など、キャンプでよく利用する電気製品を使用可能です。

ポータブル電源ならEcoFlowの製品がおすすめです。EcoFlowでは高性能なポータブル電源を取り扱っており、オートキャンプに最適な製品も多々あります。

当社のポータブル電源は従来製品を凌駕する圧倒的な充電スピードを誇り、バッテリー寿命も約10年間の長寿命です。

業界トップクラスの5年保証で、最先端バッテリー保護機能により高い安全性を確保しています。

メイン家電の約80%に対応できるため、オートキャンプで家電を使用したい場合も問題ありません。重量も持ち運びできる軽量デザインであるため、大人から子供まで楽々です。

キャンプや車中泊だけでなく停電や防災で活躍するため、気になる方はぜひ一度ご検討ください。

EcoFlow RIVER 2 Pro + 220W両面受光型ソーラーパネル
EcoFlow DELTA 2+220W両面受光型ソーラーパネル

まとめ

オートキャンプとは、オートキャンプ場はどんなところなのか、オートキャンプに必要なものを解説しました。

オートキャンプは自動車を伴うキャンプスタイルを指し、比較的自由なスタイルで楽しめるキャンプとなっています。

オートキャンプ場によって無数のスタイルのキャンプが楽しめるということもあり、大人から子供まで楽しめるレジャーです。

しかし、オートキャンプには必要なものもあるので事前に把握しておきましょう。併せて、電化製品を使用したいならポータブル電源もあると便利です。

EcoFlowでは、従来製品を凌駕する圧倒的な充電スピードかつバッテリー寿命約10年間の長寿命、約80%の家電に対応できるポータブル電源を取り扱っています。

オートキャンプはポータブル電源があるだけで快適度が格段に変わるため、興味のある方は一度お問い合わせください。

EcoFlow RIVER 2 Pro + 220W両面受光型ソーラーパネル
EcoFlow DELTA 2+220W両面受光型ソーラーパネル

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください