q 大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び15選!注意点やおすすめグッズも紹介 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び15選!注意点やおすすめグッズも紹介

-

大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び15選!注意点やおすすめグッズも紹介

-

キャンプ遊びと言っても、屋外ダーツ、バドミントン、フリスビーといった身体を動かすものから、焚き火、カードゲーム、シャボン玉などのゆったりできるものまでさまざまです。本記事では、大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び、遊ぶ際の注意点、充実するおすすめグッズを解説します。

リード文

「大人でも楽しめるキャンプ遊びを知りたい」「子どもと一緒に楽しめるアクティビティを教えてほしい!」という方もいるのではないでしょうか。

キャンプ遊びと一言で言っても、そのアクティビティの種類は多岐にわたります。例えば、屋外ダーツ、バドミントン、フリスビーといった身体を動かすものから、焚き火、カードゲーム、シャボン玉などのゆったりできるものまでさまざまです。

そこで今回は、大人・子どもが楽しめるキャンプ遊びを詳しく紹介します。併せて、キャンプ場で遊ぶ際の注意点も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

大人でも楽しめるキャンプ場での遊び8選

まずは、仕事を忘れて大人でも楽しめるキャンプ遊びを8つ紹介します。自分好みのアクティビティがきっと見つかるはずです。

  1. スラックライン
  2. バドミントン
  3. 屋外ダーツ
  4. フレスコボール
  5. ペンライトアート
  6. シガーボックス
  7. ヨガ
  8. 焚き火

以下、それぞれのキャンプ遊びを順番に解説します。

スラックライン

自然と触れ合いながら、身体を動かしたい方にはスラックラインがおすすめです。スラックラインとは、5cm程度の太さがある専用テープを木と木に結び、綱渡りをするアウトドアスポーツのことです。

【必要なアイテム】

  • スラックライン用のテープ
  • テープを張るためのラチェット
  • 木を傷つけないための保護材
  • 動きやすい服装
  • 滑りにくいシューズ

子どもから大人まで楽しめますが、慣れないうちは高さが低い木から挑戦しましょう。怪我をしないよう、周囲に配慮することも大切です。

バドミントン

ラケットとシャトルさえあれば、キャンプ場でバドミントンを楽しめます。一般的なバドミントンでも十分面白いですが、通常の2倍の重さがあるシャトルを用意すれば、より刺激的な時間を過ごせます。

重さがあるので風があってもシャトルが流されにくく、テニスのようなスピード感を堪能できます。通常のバドミントンも行いたい方は、数種類のシャトルを用意しておきましょう。

屋外ダーツ

屋外でも平坦な場所があれば、スタンドダーツボードを持ち込んで屋外ダーツが行えます。電子タイプであれば持ち運びが容易で、アウトドア環境でも楽しみやすいのがポイントです。電池を入れておけばライトがついたり、点数の自動計算をしてくれたりなど、便利に屋外ダーツを楽しめます。

フレスコボール

アウトドアスポーツに熱中したいなら、フレスコボールも選択肢に入ります。フレスコボールとは、ブラジル発祥のラケットスポーツのことです。

木製のラケットを使い、6cm前後のボールを羽根つきのように相手とラリーします。羽根つきと異なる点は、ボールを落とさないように少しでも長くラリーを続けるという点です。

ペンライトアート

デジタルアートが好きな方にはペンライトアートをおすすめします。ペンライトアートは、スマホカメラのシャッタースピードを遅くして、空中にペンライトで絵や文字などを描いて写真を撮る遊びです。

【必要なアイテム】

  • ペンライト(ボール状のサイリウム)
  • 三脚
  • スマホ
  • 黒っぽい服装

三脚がない場合は、撮影係と演出係に分かれて1つのアートを完成させましょう。キャンプの夜にも楽しめます。

シガーボックス

場所を選ばずアクティビティを楽しみたいならシガーボックスを検討しましょう。シガーボックスはジャグリングの一種で、2つの箱を持った状態で1つの箱を落とさないように技を繰り出す遊びです。

場所を選ばないので、テントのなかでも行えます。技は簡単なものから難しいものまであります。事前に練習をして、キャンパー同士で披露し合うのも良いでしょう。

ヨガ

ヨガは、身体のポーズや呼吸法を取り入れた古代インド発祥の健康法です。キャンプ場でのヨガは、自然のなかで行うことで心身のリラックス効果が高まります。特に、朝の新鮮な空気を吸いながら行うヨガは、心地よさを倍増させます。

焚き火

しんみりと焚き火を楽しむのも良いでしょう。キャンプの醍醐味とも言える焚き火には、さまざまな楽しみ方があります。

例えば、火をつけながら友人と会話する、焚き火を使ってさつまいもを焼く、暖を取りながら読書をする、などが挙げられます。ご自身に合った楽しみ方を選択しましょう。

夏キャンプの醍醐味「焚き火」の魅力とは?楽しむためのコツやアイテムを紹介

子どもと一緒に楽しめるキャンプ場での遊び7選

続いて、子どもと一緒に楽しめるキャンプ遊びを7つ紹介します。ファミリーキャンプを予定している方は、ぜひ以下のキャンプ遊びを検討してみてください。

  1. フリスビー(ブーメラン)
  2. ジェンガ
  3. ボーリング(モルック)
  4. カードゲーム
  5. シャボン玉
  6. 紙飛行機
  7. 虫取り

各アクティビティを順番に見ていきましょう。

フリスビー(ブーメラン)

フリスビーとは、平たくて丸いディスク型の戯具のことで、別名「フライングディスク」とも呼ばれます。この戯具を使って、どこまで遠くまで飛ばせるかなどを競い合います。

一方でブーメランは、正しい方法で投げると元の場所に戻ってくる特殊な形状を持つ戯具です。空中での軌道を追いながらキャッチする達成感、手元に戻ってくる楽しさを味わえます。

ジェンガ

場所を選ばないジェンガなら、テント内でもゆっくり楽しめます。一言でジェンガと言っても、その種類は多岐にわたります。

なかでも、子どもと一緒に楽しめるメッセージ付きのジェンガがおすすめです。1つひとつにアクションの指示が記載されており、その指示に従いながらジェンガを抜いていきます。

ボーリング(モルック)

フィンランド生まれのアウトドア用ボーリングは一風変わった遊びで、暇つぶしにはぴったりです。こちらは点数がついたピンを地面に立て、専用の棒を投げてピンを倒します。合計の点数が50点になった人から抜けることができるシンプルな遊びです。

カードゲーム

大自然のなか、あえてカードゲームを楽しむのも一興です。場所を選ばず、基本的にどこでも楽しめます。カードゲームと言ってもさまざまな種類があり、具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • トランプ
  • UNO(ウノ)
  • ワードバスケット
  • ナンジャモンジャ
  • トレーディングカード

こういったカードゲームは短時間でできるものが多く、メンバーそれぞれの個性が出ます。大自然のなかでのカードゲームを、ぜひ一度体験してみてください。

シャボン玉

シャボン玉は、石鹸水を吹きかけて小さな泡を作る遊びです。大きなシャボン玉を作ったり、連続して小さな泡を出したりなど、多彩な楽しみ方があります。子どもが大喜びする遊びの1つであり、家族みんなでかけがえのない時間を過ごせます。

紙飛行機

紙飛行機を飛ばして飛距離を競うのも良いでしょう。適切な形に折ることで、空中を滑空する紙飛行機の様子を楽しめます。キャンプ場の広い空間を利用して、どれだけ遠くまで飛ばせるかを競い合いましょう。

虫取り

夏のキャンプ遊びの定番である虫取り。自然環境を活かしたこのアクティビティは、子どもに大人気です。

【必要なアイテム】

  • 虫取り網
  • 虫かご
  • 懐中電灯
  • 虫除けスプレー
  • かゆみ止め
  • 動きやすい服装

さまざまな種類の虫を探し求める楽しみがあります。キャンプ場によっては、珍しい虫に出会えることも。子どもたちの探究心をくすぐる遊びとして、虫取りは高い人気を誇ります。

キャンプ場で遊ぶときの注意点

キャンプ遊びを安全に楽しむためには、いくつか注意すべきポイントがあります。キャンプ場だからといって羽目を外しすぎず、以下の注意点を守るようにしましょう。

注意点1.芝生や植物を傷つけないようにする

キャンプ場には芝生が植えられているところも少なくありません。そういった場所では、芝生の保護のために傷つけるような遊びを禁止している場合があります。例えば、以下のような遊びが該当します。

  • サッカー
  • 焚き火
  • ゴルフ
  • スケートボード
  • ローラースケート

芝生以外にも、キャンプサイトの周りの植物を傷つけないよう、警告されている場合もあります。施設とのトラブルを避けるため、事前にそのルールを確認しておきましょう。

注意点2.ほかのキャンプサイトに侵入しない

2つ目の注意点は、ほかのキャンプサイトに侵入しないことです。無断でほかのキャンプサイトに侵入すると、キャンパー同士でトラブルに発展するリスクがあります。

キャンプ場では自分たちが利用できるスペースは決まっているため、遊ぶ際にはその範囲内でできるものを選びましょう。遊びの自由度を高めたい場合は、サイトが広いキャンプ場を選ぶことをおすすめします。

注意点3.クワイエットタイムを守る

キャンプ場には「クワイエットタイム」というものがあり、この時間に大きな音を出すのはマナー違反となるため気をつけましょう。

ほとんどのキャンプ場では夜間から明け方にかけて、大きな声や音、迷惑となる灯りを出さないようルールで決められています。キャンプ場によって異なりますが、およそ22時から翌日7時頃までです。

ルールを破るとほかのキャンパーに迷惑を与えてしまうため、ルールの範囲内で楽しむようにしましょう。

注意点4.声のボリュームを抑える

キャンプ場はさまざまな人が利用しているため、声のボリュームを抑えて会話を楽しみましょう。広大な空間があるからといって、大きな声で話してしまうと、周りに迷惑をかける可能性があります。

キャンプ場は周囲に建物が少なく、声が特に響きやすい場所です。そのため、普段より少し小さめの声を意識しておくと良いでしょう。特にお酒が入っているときは、声が大きくなりがちなので注意が必要です。

注意点5.キャンプ場のルールに則って遊ぶ

キャンプ場を利用する際は、その場所のルールに則って遊ぶようにしましょう。ルールを守らないと、最悪の場合、キャンプ場から追い出されることもあります。

例えば、キャンプ場の一部では、焚き火が禁止されている場合があります。そのようなキャンプ場で焚き火を始めると、火災などの危険を招くだけでなく、ほかのキャンパーに迷惑をかけてしまいます。

また、夜間の騒音禁止やペットの同伴禁止など、さまざまなルールが定められているため、予約時や入場時にしっかりと確認するようにしましょう。

キャンプ遊びが充実するおすすめグッズ

キャンプ場での遊びをもっと楽しむためのおすすめグッズを紹介します。通常のキャンプグッズだけでなく、ちょっとしたアイテムが遊びの幅を広げてくれます。以下、5つのおすすめグッズを見ていきましょう。

グッズ1.焚き火台

焚き火台は、キャンプ場での雰囲気作りの中心とも言えるアイテムです。たとえ焚き火の予定がなかったとしても、持っているだけでキャンプの雰囲気が一変します。

焚き火台を囲んで、木を割りながら火を起こす様子や、ゆらゆらと炎が揺れるなかでの会話、焚き火を用いた料理などはまさにキャンプの醍醐味です。また、夜になれば星空の下、焚き火を囲みながらの会話は格別です。

グッズ2.ゆったり座れるチェア

キャンプ場で行うアクティビティは素晴らしい体験になりますが、その反面、体力をかなり使います。特に、ハイキングやフィッシング、バードウォッチングなど、複数のアクティビティを楽しむ場合、どうしても身体が疲れてしまいます。

そこで活躍するのが、ゆったりとした座り心地のアウトドアチェアです。しっかりと身体を支えてくれるチェアで休息を取れば、翌日のキャンプ遊びに備えることができます。

グッズ3.ポータブルクーラー

季節によっては、キャンプ場の気温が非常に高くなったり、逆に寒くなったりするため、ポータブルクーラーを用意しておきましょう。

ポータブルクーラーは持ち運び可能な小型のクーラーです。特に、夏場・冬場のキャンプや車中泊で活躍します。高機能なポータブルクーラーを導入したい方は、以下のEcoFlow製品「WAVE 2」をご検討ください。

冷暖房機能付きのポータブルクーラー「WAVE 2」はこちら

グッズ4.ポータブル冷蔵庫

ポータブル冷蔵庫があれば、冷たい飲み物や食材を安全に保存できます。アクティビティのあとの水分補給、キャンプ場で行うアウトドアクッキングなどで活躍します。

ポータブル冷蔵庫を用意することで、いつものキャンプがより豊かなものになるでしょう。なお、EcoFlowは冷蔵・冷凍・製氷機内蔵のポータブル冷蔵庫を販売しております。ぜひ以下の製品をご確認ください。

冷蔵・冷凍・製氷機内蔵のポータブル冷蔵庫「GLACIER」はこちら

グッズ5.ポータブル電源

ポータブル電源は、キャンプ場でのアクティビティをさらに充実させるアイテムです。電気を必要とするガジェットや機器を使用することができ、遊びの幅が大きく広がります。

また、アクティビティに活用するだけでなく、備え付けの電源がないところでポータブル冷蔵庫やポータブルクーラーを利用し、快適にキャンプを楽しむことも可能です。機能性と携帯性を両立した製品をお探しの方は、以下の「RIVER」シリーズをご確認ください。

機能性と携帯性を両立したEcoFlowのポータブル電源「RIVER」シリーズはこちら

まとめ

本記事では、大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び、遊ぶ際の注意点、おすすめのグッズを解説しました。

キャンプのアクティビティには、屋外ダーツ、バドミントン、フリスビーといった身体を動かすものから、焚き火、カードゲーム、シャボン玉などのゆったりできるものまであります。

ご自身やご家族の好みに合わせてアクティビティを選択し、必要なアイテムを取り揃えましょう。なお、EcoFlowが販売するポータブル電源があれば、いつものキャンプがより快適になります。電気機器を使って便利なアウトドアを楽しみたい方は、以下3種類のポータブル電源を確認してみてください。

商品名RIVER 2RIVER 2 MaxRIVER 2 Pro
容量256Wh512Wh768Wh
定格出力300W500W800W
AC充電入力最大360W660W100-120V 50Hz/60Hz, 最大10A
サイズ24.5 x 21.5 x 14.5cm26.9 x 25.9 x 19.6cm26.9 x 25.9 x 22.6cm
重量約3.5kg約6.1kg約7.8kg
出力口合計11合計11合計11ACx4USB-Ax4DC5521ポートx2シガーソケットx1
公式サイトhttps://jp.ecoflow.com/products/river-2-portable-power-stationhttps://jp.ecoflow.com/products/river-2-max-portable-power-stationhttps://jp.ecoflow.com/products/river-2-pro-portable-power-station

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください