キャンプにおすすめの布団(寝具)9選!快適に眠れるシュラフ・マット・コットを紹介

-

キャンプにおすすめの布団(寝具)9選!快適に眠れるシュラフ・マット・コットを紹介

-

キャンプで快適に眠りたい場合は布団選びが重要ですが、キャンプ初心者の場合は「どのような寝具を選べばいいの?」と頭を抱えてしまいやすいです。

キャンプで使用する布団には主にシュラフ・マット・コットがあり、選び方によって寝具の快適さが変わります。

この記事では、キャンプで使用される布団(寝具)の種類、おすすめのシュラフ・マット・コット、選び方をわかりやすく解説します。

キャンプで使える布団について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

キャンプで使用される布団(寝具)の種類

キャンプ 布団

キャンプでは、シュラフ・マット・コットなどの道具が必要です。ここでは、キャンプで使用される布団(寝具)の種類について解説します。

シュラフ:携帯用の布団

シュラフは携帯用の布団で、マミー型や封筒型などの種類があります。

就寝中に体温を逃がさない敷布団と掛け布団の役割を持っているため、キャンプをする際には必ず準備しておきたい持ち物の1つです。

快適な睡眠をサポートしてくれる道具であるため、自分自身のスタイルに合ったものを用意するようにしましょう。

基本的には、ただ寝るだけならシュラフさえあれば十分です。ただ、より快適な睡眠環境を実現したい場合は、次で紹介するマットとコットも併せて購入することを推奨します。

マット:地面に敷く布団

マットは地面に敷く寝具で、柔らかい素材でできているのが一般的です。

キャンプでは、ゴツゴツした床にテントを張らなくてはいけない場合もあり、柔らかい素材のマットがなければ快適な睡眠は実現しません。

特に岩や石などで床に凹凸がある場合、衝撃を抑えて快適に眠れるようにしてくれるマットは重宝します。

コット:簡易的なベッド

コットは簡易的なベッドで、ロータイプやハイタイプなどの種類があります。

シュラフやマットに比べてより自宅にあるベッドに近い寝具であるため、環境が変わると眠れない方には最適な布団といえるでしょう。

コットは地面からの冷気や熱気、害虫や害獣による被害を避けられる他、荷物置きとしても使用でき、その汎用性は非常に幅広いです。

テントと一体型となったものも販売されているため、キャンプ関連のガジェットやギアをお求めの方は、ぜひコットの購入も検討してみてください。

その他のキャンプ用品について知りたい方は、次の記事も併せてご覧ください。

キャンプギアとは
必見!キャンプ用品ブランド20選

キャンプにおすすめのシュラフ3選

キャンプ 布団

キャンプで使用するシュラフは、自分自身に合ったものを選ぶのが賢明です。ここでは、シュラフ選びに迷っている方に向けてキャンプにおすすめのシュラフ3選を紹介します。

マルチレイヤースリーピングバッグ:コールマン

マルチレイヤースリーピングバッグは、コールマンが提供しているシュラフです。

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグは、3つのレイヤーを組み合わせて分解して使用できるため、温度調整も簡単にできるのが魅力となっています。

ジッパーを開放することで布団のように使用できるのもポイントで、キャンプの環境に慣れていない初心者にも安心しておすすめできる商品といえるでしょう。

寝袋封筒型:LEEPWEI

寝袋封筒型は、LEEPWEIが提供しているシュラフです。

LEEPWELの寝袋封筒型は、頭部を覆える伸縮タイプで襟元までしっかり覆える構造となっており、頭や顔が冷えるのを防げるのが魅力となっています。

地面に敷くことで布団のように使用できるのもポイントで、環境が変わってなかなか眠れない初心者にも安心しておすすめできる商品といえるでしょう。

オーロラライト450DX:NANGA

オーロラライト450DXは、NANGAが提供しているシュラフです。

NANGAのオーロラライト450DXは、素材に樹脂が使用されていて持ち運びやすい構造となっており、サイトまで容易に持ち込めるのが魅力となっています。

ファスナーが蓄光で夜間の開閉操作も快適で、生地の嚙み込みを軽減させる工夫が施されているのも嬉しい商品といえるでしょう。

キャンプにおすすめのマット3選

キャンプ 布団

キャンプで使用するマットも自分自身に合ったものを選ぶのが賢明です。ここでは、マット選びに迷っている方に向けてキャンプにおすすめのマット3選を紹介します。

キャンパーインフレーターマットハイピーク:コールマン

キャンパーインフレーターマットハイピークは、コールマンが販売しているマットです。

コールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークは、厚さ10cmの自動膨張式クッションで、ふかふかな寝心地を実現したデザインが魅力となっています。

価格はやや値が張るものの腰痛持ちでも安心な性能を持っているため、凹凸のある地面で寝るのに不安がある方におすすめの商品といえるでしょう。

EVAフォームマット:キャプテンスタッグ

EVAフォームマットは、キャプテンスタッグが販売しているマットです。

キャプテンスタッグのEVAフォームマットは厚さ2cmのクッションで、地面からの冷気や熱気を高確率でシャットアウトできるのが魅力となっています。

伸縮性や保温性に優れている他、コンパクトで携帯性も抜群なため、キャンプデビューを予定している方におすすめの商品といえるでしょう。

フォールディングマット:BUNDOK

フォールディングマットは、BUNDOKが販売しているマットです。

BUNDOKのフォールディングマットは発泡ポリエチレンを使用しているため、柔らかくて申し分ない寝心地を実現しているのが魅力となっています。

価格も他のブランドと比較して手に取りやすい値段となっているため、初心者で「まずはお得に揃えたい」と考えている方におすすめの商品といえるでしょう。

キャンプにおすすめのコット3選

image2

キャンプで使用するコットは、睡眠環境を快適にしてくれるものを選ぶのが無難です。ここでは、キャンプにおすすめのコット3選を紹介します。

パックアウェイコット:コールマン

パックアウェイコットは、コールマンが手掛けているコットです。

持ち運びが楽でありながらサイドポケット付きで多機能な商品となっており、スマホやその他のデバイスも収納できます。

その他のガジェットやギアも収納できるため、荷物置き場に困ることもありません。就寝時も快適に過ごせる性能となっており、キャンプ用のベッドにも最適でしょう。

ライトコット:ヘリノックス

ライトコットは、ヘリノックスが手掛けているコットです。

軽量化・小型化を徹底して作られたモデルでありながら強度も十分な商品となっており、圧迫や衝撃に対しても強い強度となっています。

体重120kg・身長185cmまで対応しているため、多種多様なキャンプシーンで使用できるのも嬉しいところではないでしょうか。

ハイテンション:スノーピーク

ハイテンションは、スノーピークが手掛けているコットです。

設営が簡単でサイズも32cmと大人から子供まで使用できる安心構造となっており、設営の手間を軽減しています。

絶妙な高さで天井との窮屈感もないため、多くの方が快適な睡眠を実現できるでしょう。

キャンプの快適さを左右する布団の選び方

image5

キャンプで使用する布団(寝具)を購入する前に、適切な選び方を知っておくことが重要です。ここでは、キャンプの快適さを左右する布団(寝具)の選び方について解説します。

季節に合っているかどうかで選ぶ

キャンプで使用する布団(寝具)は、季節に合っているかどうかで選ぶようにしましょう。

商品によって通気性や保温性が異なるため、選ぶ際にはどの季節にキャンプするのかを考え、暑さ・寒さの両方に対応できるものを選びたいです。

夏と冬では必要となる性能も変わるため、両方に適応できるものを選ぶのを推奨します。

持ち運びに便利かどうかで選ぶ

キャンプで使用する布団(寝具)は、持ち運びに便利かどうかで選ぶことも重要です。

キャンプに持参する荷物は自力で運搬しなくてはいけないため、持ち運びで不便を感じるものだと持ち物を運び入れるだけで億劫になります。

商品を選ぶ際は携帯性に優れたものを重視し、持ち込みがストレスにならないものを選ぶようにしましょう。

身長・体重を基準にして選ぶ

キャンプで使用する布団(寝具)は、使用する人の身長・体重を基準にして選ぶのも忘れてはなりません。

例えば、シュラフやマットは身長に合っていないものだと頭や手足が出てしまうこともあり、快適な睡眠とはなりません。コットも体重がオーバーしていると使用できません。

そのため、事前に身長・体重を的確に計測してから選ぶようにしてください。

なお、キャンプに必要な持ち物リストは次の記事でも解説しています。状況別・季節別に必要なものを紹介しているため、気になる方は併せてご覧ください。

キャンプに必要な持ち物リスト!状況別・季節別の必要アイテムを紹介

より快適な睡眠環境を整えるならポータブル電源がおすすめ!

image7

より快適な睡眠環境を整えるなら、ポータブル電源を持参するのもおすすめです。

ポータブル電源があれば電源がないところでも電化製品が使用できるため、電気を必要とする冷暖房や電気毛布も使用できて快適に眠れます。

キャンプは「不便を楽しむもの」といわれますが、睡眠不足は翌日のコンディションにも影響するからこそ、当日は快適に眠れる環境を整えておくことが重要です。

疲労を残したまま滞在しているとどうしてもうっかりする場面に遭遇しやすくなり、何かしらのトラブルに遭遇することもあるかもしれません。

そのため、布団(寝具)に限らず、ポータブル電源を持参して快適にキャンプできる環境を整えましょう。

製品によっては静音設計で睡眠の妨げにならないものもありますし、軽量・小型のものであれば持ち運びも楽々で安心です。もちろん中型〜大型の大出力・大容量のものもあります。

EcoFlowでは、キャンプに最適な「RIVER 2シリーズ」や「DELTAシリーズ」を取り揃えているため、ポータブル電源の購入を予定している方はぜひ次のリンクをご覧ください。

EcoFlow RIVER 2 Pro
EcoFlow DELTA 2
EcoFlow DELTA 2 Max

まとめ

キャンプで使用される布団(寝具)の種類、おすすめのシュラフ・マット・コット、選び方を解説しました。

キャンプの睡眠環境を左右する道具にはシュラフ・マット・コットの3つがあり、それぞれ別の役割を持っています。

  • シュラフ:携帯用の布団
  • マット:地面に敷く布団
  • コット:簡易的なベッド

基本的には寝るだけならシュラフで十分ですが、より快適な睡眠を手に入れたい場合は床の凸凹を和らげてくれるマットやベッドとして使用できるコットもあると便利です。

荷物を減らしたい方はシュラフだけでも構いませんが、しっかりと疲れを取りたいならマットやコットの持参も検討してみましょう。

なお、より快適なキャンプ環境を実現したい場合はポータブル電源があると良いでしょう。

ポータブル電源があれば携帯型の冷暖房や電気毛布が使用できるだけでなく、スマホなどの電子機器を充電するのにも使用できます。

EcoFlowの「RIVER 2シリーズ」はAC電源・USB充電・シガーソケット充電・ソーラー充電に対応しており、「DELTAシリーズ」はスマート発電機充電にも対応していて汎用性抜群です。

停電時には非常用電源としても使用できるため、アウトドア以外の用途で備えておくのも賢明ではないでしょうか。

ポータブル電源の購入を検討中の方は、ぜひEcoFlowにお問い合わせください。

EcoFlow RIVER 2 Pro
EcoFlow DELTA 2
EcoFlow DELTA 2 Max

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください