自家発電の意味とは?用途やメリット・デメリットを詳しく解説!

-

自家発電の意味とは?用途やメリット・デメリットを詳しく解説!

-

自家発電という言葉を耳にするようになって久しいですが、具体的にどのような状態を意味するのかわからない方もいるのではないでしょうか?

自家発電とは、その名の通り自宅で発電することを意味する言葉です。

この記事では、自家発電の意味、用途や方法、メリット・デメリットをわかりやすく解説します。

自家発電の意味について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

自家発電の意味

自家発電 意味

自家発電とは、電力の消費者が自ら発電設備を使用して発電することを指す言葉です。

代表的な自家発電としては、太陽光発電などが挙げられます。

ただし、自家発電の解釈は各所によって異なり、単純に自宅で発電することを意味する場合もあれば、自宅で発電した電気を売電せずに自家消費することを意味する場合もあります。

そのため、単に自家発電とはいっても解釈によって指すものが変わる点に注意が必要です。

また、一般家庭で行われる自家発電と学校(教育機関)や病院(医療機関)で行われる自家発電では規模だけでなく目的も違ってくるでしょう。

一般家庭では単に停電に備えて導入しているところが多いのに対して、学校や病院などの公共機関では提供するサービスが停止しないように導入しているところが少なくありません。

その他、企業や工場などでも商品の生産・供給が停止しないよう自家発電を取り入れて災害時の予防対策を取っているところもあるなど、自家発電は色々な場所で行われています。

なお、他の記事でも自家発電の種類や活用法、注意点について解説しているため、併せてご覧いただけますと幸いです。

自家発電とは?代表的な種類・メリット・注意点について徹底解説
自家発電とは?主な種類・活用法・注意点について解説

自家発電の用途

自家発電 意味

では、自家発電の用途にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、自家発電の用途について解説します。

常用自家発電

常用自家発電とは、日常的に使用する電気を補うための自家発電です。

電気の供給だけを行う発電専用のものが一般的ですが、電気と廃熱の両方を供給するコージェネレーションの役割を兼ね備えたものもある他、防災用と兼用のものもあります。

一般家庭では、常用自家発電を取り入れているところもあるなど、幅広い用途を持つのが常用自家発電といえるでしょう。

非常用自家発電

非常用自家発電とは、停電など危機的状況に陥った場合に電気を補うための自家発電です。

大規模災害など緊急時の利用を目的とするものが一般的で、防災用と保安用があります。

防災用は建築基準法によって設置が義務付けられている設備で、保安用は厳密な法令こそ整備されていないものの照明器具や電子機器などを停止させないように設置する設備となっています。

学校や病院など人々の生活を左右する公共施設では、非常用自家発電を取り入れているのが一般的です。

なお、自家発電の導入については次の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

「自家発電」導入で災害時も安心!自分に合ったタイプの選び方も提案

自家発電の方法

自家発電 意味

では、自家発電の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、自家発電の方法について解説します。

太陽光発電

太陽光発電は、太陽の光をエネルギーに変換する発電方法です。小型のものであれば自宅にも設置可能で、自家発電設備として電気を生み出せます。

太陽光発電に必要なものは、主に太陽光を受け止めるソーラーパネルと太陽光のエネルギーを変換するパワーコンディショナーの2つ。ただし、太陽光から生み出した電力を蓄電しておく設備として蓄電池なども設置しておくと便利でしょう。

なお、最近では持ち運び可能なポータブル電源を自宅に取り入れることも可能で、場所を選ばない自家発電も人気を集めています。

ポータブル電源があれば災害時の非常用電源としても使用できるため、防災グッズとして設置しておくのも賢明です。

風力発電

風力発電は、風の力をエネルギーに変換する発電方法です。小型のものであれば自宅にも設置可能で、自家発電設備として電気を生み出せます。

もともとは巨大な設備が必要だったものの最近では「マイクロ風車」などの開発が行われており、幅広い場所に設置可能な発電方法となりつつあります。

まだまだ実装している家庭は多くないですが、海の近くや山の上など一定の風が確保できる場所に設置すれば決して少なくない発電量を確保可能です。

より小型化が進めばどのような家庭でも取り入れられるようになり、さらに設置する人も増えていくかもしれません。

ガス発電

ガス発電は「燃料電池システム」とも呼ばれ、都市ガスやLPガスから水素を取り出し、空気に含まれている酸素と化学反応させることで発電するシステムを指します。

二酸化炭素を排出しないことから太陽光発電や風力発電と同様にクリーンエネルギーとしても注目されるなど、今後さらに開発が期待されている発電方法です。

ただし、自家発電として実装するにはややハードルが高いため、しばらくは太陽光発電や風力発電など導入のハードルのやや低い発電方法が選ばれるかもしれません。

タービン発電

タービン発電には主に「ガスタービン発電」と「蒸気タービン発電」の2つがあります。

ガスタービン発電は燃料から発生する燃焼ガスでタービンを回す発電方法で、蒸気タービン発電は蒸気の熱エネルギーでタービンを回す発電方法です。

ただし、ガスタービンは天然ガスや石油、蒸気タービンは火力や原子力など従来の発電方法にも採用されてきた方式で、どちらも本格的な発電設備が必要といえるでしょう。

なお、節電のために自家発電を取り入れたい方は、次の記事も併せてご覧ください。

「節電チャレンジプログラム」とは?各社が行っているキャンペーン内容を徹底解説

自家発電のメリット・デメリット

image3

自家発電を取り入れようと検討中の方は、メリット・デメリットを知っておくことが重要です。ここでは、自家発電のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

自家発電のメリットには次のようなものがあります。

  • 災害発生時でも電気を使用できる
  • 導入のコストが低下している
  • 電力のコストも削減できる
  • 環境問題に貢献できる
  • 余剰電力を売電できる
  • 電気自動車と相性が良い
  • ポータブル電源と相性が良い

自家発電は、災害発生時でも電気を使用できるのがメリットです。自宅に発電システムが備わっているため、発電所が停止しても電気を生み出し続けられます。

特に、太陽光発電や風力発電など自然エネルギーによる発電方法は停電時も問題なく稼働でき、最近は導入コストや電力コストもあまりかからないなど、初期費用やランニングコストの節約にも最適ではないでしょうか。

その他、自家発電は環境問題に貢献できる点や余剰電力を売電できる点など、SDGsやエコなどの環境面や経済面にも優れているのがメリットです。

電気自動車やポータブル電源とも相性が良いため、「自宅で電力を生産して自宅で消費したい」という方に最適といえるでしょう。

デメリット

自家発電のデメリットには次のようなものがあります。

  • 一部の発電方法が環境の影響を受けやすい
  • 導入するためには初期費用がかかる
  • 定期的な保守・点検が必要となる

自家発電は、一部の発電方法が環境の影響を受けやすいのがデメリットです。自然エネルギーに頼る発電方法は、天候の影響をダイレクトに受けます。

なかでも、太陽光発電や風力発電などは太陽光・風がなければ発電できず、自宅で使用する分の電力すら賄えません。

その他、導入するためには初期費用がかかる点や定期的な保守・点検が必要となる点は、忙しい方にはデメリットとなるでしょう。

ただし、今後はさらにクリーンエネルギーへの転換が求められるため、早い段階で太陽光発電や風力発電を取り入れた方が最終的には得をする可能性があるかもしれません。

その点は予算と相談しながら決めていくのが良いでしょう。

なお、自家発電は災害時の備えという観点だけで見れば、非常に優秀です。地震や台風が発生した際の行動については次の記事でも解説しています。

非常用電源を購入しようかどうか迷っている方は、ぜひ併せてご覧ください。

地震が起きたときに取るべき17の行動|避難時に重要となる5つのポイントも紹介
小型の非常用発電機は停電時・非常時に必要?発電機の種類や選び方を解説

自家発電をより便利にするポータブル電源

自家発電 意味

自家発電をより便利にするなら、ポータブル電源が欠かせません。

ポータブル電源は持ち運びができる蓄電池で、あらかじめ充電しておいた電力を任意の場所に持ち運べる設備となっています。例えば、自宅で充電したポータブル電源をアウトドアに持参すれば、電源がない場所でも電気が使用可能です。

あらかじめ充電しておくことでいつでもどこでも電気が使用できるため、ポータブル電源が1台あるだけで、レジャーの幅も広がるでしょう。

災害時には避難所で使用できる他、停電中も電気が途切れないのが魅力です。太陽光発電と組み合わせれば電力会社が停止していても一定の電力を生み出せるため、ライフラインが途絶えることも避けられます。

条件さえ揃えば自宅の消費電力の一部を自家発電で補うことが可能なため、電力会社から購入する電力を削減でき、電気代の節約にもなるでしょう。

例えば、自家発電で電力を生み出せるようになれば日中に発電しておき、夜中にポータブル電源に蓄電しておいた電力を使用して電気代を節約することも可能です。日本では昼間より夜間の電気代の方が高い傾向にあるため、自家発電とポータブル電源をうまく組み合わせれば電気代を低く抑えられます。

何より、停電しても自家発電設備があればストレスのない生活を継続できるため、防災の意味で設置しておくのも良いでしょう。

なお、EcoFlowでは太陽光から発電&蓄電ができる設備を取り扱っています。持ち運び可能なポータブル電源やソーラーパネルを主軸に展開しているため、場所に縛られずいつでもどこでも電気を使用したい場合は一度ご検討いただけますと幸いです。

当社の製品は業界でも指折りの充電速度を実現しており、すぐに電力を満タンまで充電できます。外出時に備えて充電しておけば、出先でも問題なく電気が使用可能です。

製品によって相性があるものの当社のポータブル電源とソーラーパネルは一部の製品を除いて互換性もあるため、上手に組み合わせればより高効率で発電&蓄電できるでしょう。

詳しくは次のリンクからお問い合わせください。

EcoFlow ポータブル電源
EcoFlow ソーラーパネル

まとめ

自家発電の意味、用途や方法、メリット・デメリットを解説しました。

自家発電とは、自宅で発電することを意味します。代表的なものとしては、自宅に組み込める太陽光発電や風力発電などが主流です。

太陽光発電も風力発電ももともとは中規模~大規模な設備が必要だったものの、最近では小型化が進んだことで自宅に取り入れるのも簡単になっています。実際に非常用電源システムとして取り入れている家庭も増え、徐々に太陽光発電が普及しているといえるでしょう。

日本全体でクリーンエネルギーへの転換が進められているため、今後も太陽光発電をはじめとする発電方法が普及していくはずです。そのため、今から太陽光発電設備の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、EcoFlowでは太陽光発電を主軸とした自家発電設備を取り揃えており、クリーンエネルギーの普及に貢献しています。

当社の製品は高速充電が可能なだけでなく高性能なポータブル電源やソーラーパネルによって快適な発電&蓄電を実現可能なため、初めて太陽光発電を取り入れる方にも最適です。

まだ太陽光発電は一般化されたとはいえないものの、将来的には「太陽光発電が一家に一台」という時代が来るかもしれません。

単に太陽光発電は電気代の節約になるだけでなく、非常用電源として備えたり、売電で副収入を得たりと幅広い用途で導入できるため、検討する価値は十分にあります。

気になる方は、ぜひ次のリンクをご覧いただけますと幸いです。

EcoFlow ポータブル電源
EcoFlow ソーラーパネル

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください