q 小型の非常用発電機は停電時・非常時に必要?発電機の種類や選び方を解説 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

小型の非常用発電機は停電時・非常時に必要?発電機の種類や選び方を解説

-

小型の非常用発電機は停電時・非常時に必要?発電機の種類や選び方を解説

-

「小型の非常用発電機は停電時・非常時に必要?」「発電機の種類や選び方を知りたい」という疑問がある方もいるでしょう。小型の非常用発電機は発電力が劣ると思われがちですが、実際には多くの場面で役立ちます。

機器によって特徴が大きく異なり、日常生活やアウトドア、非常時などで活躍します。状況に適した非常用発電機を選ぶためには、災害時に必要な出力で選ぶ、使用する燃料で選ぶなど、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

本記事では、小型の非常用発電機の必要性、機器の種類や選び方について解説します。非常用発電機の導入を検討している方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

小型の非常用発電機は停電時・非常時に必要?

小型 非常 用 発電 機2

停電や非常時において、発電機は重要な役割を担います。生活の質に大きく影響するものなので、製品を慎重に選択する必要があります。

そもそも非常用発電機とは、生活や業務に重要となる電気機器に電力を供給するための電源装置のことです。大型の非常用発電機は発電量や出力が大きく、複数の電気機器に同時に供給できるといった利点があります。

一方、小型の非常用発電機は発電力が劣ると思われがちですが、実際には多くの場面で役立ちます。特に一般家庭での家電製品の使用には適しています。

【小型の非常用発電機の主な利点】

  • 持ち運びが容易なので場所を選ばず使用できる
  • 導入費用が大型のものに比べて安価
  • 設置に必要なスペースが少なくて済む

例えば、LEDライトや小型ストーブの利用、スマートフォンやパソコンの充電などであれば、小型の非常用発電機でも十分に対応可能です。停電時に非常用発電機を活用し、生活に必要な家電製品を使用することで、一定の生活水準を維持することができます。

また、小型の非常用発電機は家庭内だけでなく、アウトドアやオフィスなど、幅広いシーンで活躍します。

緊急時に非常用電源が求められる理由とは?選び方やおすすめ製品を紹介

小型・大型の非常用発電機|それぞれの違い

小型 非常 用 発電 機4

非常用発電機は製品によって、サイズや発電量が大きく異なります。一般的には「VA(ボルトアンペア)」の数値で分けられ、この数値が大きければ大きいほど、発電機としての性能が高くなります。

しかし、性能が高くなると製品のサイズや重量も大きくなるため注意が必要です。以下、非常用発電機におけるVAごとの違いについて解説します。

900VAの発電機

900VAの発電機は、照明や通信機器など必要最低限のライフラインをまかなえる非常用発電機です。基本的な性能を有しており、非常時には一般家電を使用する際に重宝します。

VAの数値が低い分、発電機自体のサイズもコンパクトです。900VAの発電機で使用できる主な電気機器は以下の通りです。

  • LED照明
  • 小型の電気ポット
  • スマートフォンやタブレットの充電器
  • 小型の扇風機
  • ラジオ

これらの電気機器は一般的に消費電力が低く、900VAの発電機でも十分に動作させることができます。

1.5kVA〜1.8kVAの発電機

1.5kVA〜1.8kVAの発電機は、一般家庭のコンセントと同様の出力を持ち、幅広い家電製品の使用が可能です。この発電機までは、一般家庭で使用する小型の発電機と言えるでしょう。以下、具体的な使用機器の例を挙げます。

  • 冷蔵庫
  • 小型のヒーター
  • 洗濯機
  • パソコンとプリンター
  • 液晶テレビ

これらの家電製品は、1.5kVA〜1.8kVAの発電機の出力範囲内で使用できます。家電製品を快適に使用するためには、事前に各機器の消費電力を確認しておくことが大切です。

2.5kVA〜3.0kVAの発電機

2.5kVA〜3.0kVAの発電機は、オフィスや店舗でのバックアップに適しています。電気機器を幅広く利用できる一方で、サイズや重量が大きくなるため注意が必要です。

導入する際は設置スペースを十分に確保しておきましょう。使用できる主な電気機器は以下の通りです。

  • 複数のデスクトップパソコン
  • FAX・コピー機
  • レジスター
  • エアコン

オフィスや店舗での業務継続に必要な発電機で、停電時などの非常時に活躍します。事業者向けの非常用発電機と言えるでしょう。

5.0kVA〜5.5kVAの発電機

さらに高性能な非常用発電機を求めるなら、5.0kVA〜5.5kVAの発電機が向いています。大型のエアコンやIH調理器具など、消費電力が大きい電気機器の使用に適しています。

例えば、消費電力が1,000Wを超える大型の電気機器でも、この発電機を用いれば快適に使用することが可能です。以下、対応している具体的な機器を紹介します。

  • 大型の業務用エアコン
  • IH調理器具
  • 大型のテレビ
  • 複数の電子レンジ

これらの電気機器は一般的に消費電力が大きいため、5.0kVA〜5.5kVAの発電機が必要となります。完全に業務用の発電機と言えます。

非常用発電機の種類|家庭用・業務用

小型 非常 用 発電 機5

非常用発電機は、その用途や特性に応じて大きく4つの種類に分けられます。これらの発電機は、家庭用や業務用としての利用が可能です。

  1. インバーター発電機
  2. スタンダード発電機
  3. サイクロコンバーター発電機
  4. 三相交流発電機

以下、各種類の特徴を解説し、それぞれが家庭用か業務用かについても紹介します。

種類1.インバーター発電機

インバーター発電機は最も基本的な機種であり、電気の波形を整えることで、パソコンやテレビなどの電気機器に安定した電力を供給します。デリケートな電子機器でも安心して使用できることから、一般家庭での利用に適切だと言えます。

インバーター発電機は軽量化が進んでおり、携帯性に優れている点も特徴です。家庭用の非常用発電機として、非常時やアウトドア活動時など幅広く利用されています。

インバーターとは?仕組みや役割、メリット・デメリットを徹底解説

種類2.スタンダード発電機

スタンダード発電機は、インバーターを搭載していないシンプルな構造の発電機です。主な特徴は導入費用が安く、耐久性に優れている点です。

電動カッターや電動やすりといった電動工具の利用に向いており、建設現場などの業務用途で主に使用されます。この点から、業務用発電機としての性質が強いと言えます。

ただし、すべての電動工具がスタンダード発電機で動作するとは限りません。確実に電動工具や電気機器を使用したい場合は、インバーター発電機を選択しましょう。

種類3.サイクロコンバーター発電機

サイクロコンバーター発電機は、インバーター発電機とスタンダード発電機の中間的な特性を持つ発電機です。多くの電動工具に対応しているため、業務用として便利に利用できます。

ただし、一般家庭で使用する場合は、その出力特性やサイズから不便に感じることがあるかもしれません。業務用としての利用を検討しており、できるだけ安く非常用発電機を導入したい方に向いています。

種類4.三相交流発電機

三相交流発電機は、特に業務用としての利用に適している発電機です。家庭用発電機では出力できない200Vの電力に対応しており、大規模な電気機器や重機、工場機械などの動作に必要な電力を供給します。

電力効率が非常に良いため、業務用として大型の機器を動かしたい方に向いています。燃料は主に軽油かガソリンです。

非常用発電機の選び方|意識すべき3つのポイント

小型 非常 用 発電 機6

非常用発電機を選ぶ際、適切な製品を選択するためには主に以下3つのポイントが重要となります。これから非常用発電機を導入する方は、事前に各ポイントを確認しておきましょう。

  1. 災害時に必要な出力で選ぶ
  2. アウトドアで必要な出力で選ぶ
  3. 使用する燃料で選ぶ

各ポイントを1つずつ解説します。

ポイント1.災害時に必要な出力で選ぶ

災害時に必要な出力を事前に計算し、その数値を基に非常用発電機を選ぶ方法があります。使用する電気機器の合計消費電力を把握しておけば、状況に適した製品をより見つけやすくなります。

例えば、照明器具や冷蔵庫、テレビ、スマートフォンの充電器など、基本的な電気機器の消費電力を合計し、その数値に合った発電機を選ぶと良いでしょう。あくまで目安ですが、これらの電気機器の消費電力を合計すると以下のようになります。

家電製品消費電力
照明器具50W
冷蔵庫300W
テレビ100W
スマートフォンの充電器20W
合計470W

また、電気機器の消費電力だけでなく、起動時に必要な起動電力も考慮する必要があります。使用する機器が増えれば増えるほど、求められる非常用発電機の性能も高くなるため、その点も考慮して選ぶようにしましょう。

ポイント2.アウトドアで必要な出力で選ぶ

アウトドア活動で発電機を使用する場合、使用する出力に合わせて非常用発電機を選びましょう。前もって出力を計算しておけば、アウトドアに適した非常用発電機が見つけやすくなります。

例えば、キャンプで使用するLEDライト、小型の冷蔵庫、扇風機、パソコンの充電器などの消費電力を合計し、それに対応する発電機を選ぶようにしましょう。

目安としては、1,000W前後の非常用発電機を選ぶことをおすすめします。また、アウトドア用途では携帯性や音の大きさも重要な選定基準となります。

ポイント3.使用する燃料で選ぶ

非常用発電機を選ぶ際、燃料の種類も重要な選定基準の1つです。主にガソリン式、カセットボンベ式、LPガス式の発電機があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

使用する燃料特徴
ガソリン式一度の補給で長時間使用できる。発電コストが比較的安い。
カセットボンベ式持ち運びや取り回しが容易。コンビニやスーパーで購入できる。
LPガス式使用するためには工事が必要になるが、燃料のメンテナンスが不要で供給が途絶えにくい。

これらの特徴を考慮し、使用する環境や目的に応じて適切な燃料タイプを選びましょう。駆動時間で選ぶなら、ガソリン式の非常用発電機がおすすめです。

停電に備えるならポータブル電源とソーラーパネルの併用がおすすめ

停電時により快適に過ごすためには、ポータブル電源とソーラーパネルの併用が効果的です。太陽光発電システムを構築することで、電力の自家発電が可能となり、電気機器を自由に動かせるようになります。

発電機と異なり燃料を用意する必要がなく、ポータブル電源に電力を貯められるため、長期間の停電にも難なく対応できます。ポータブル電源とソーラーパネルを併用する主なメリットは以下の通りです。

メリット詳細
継続的な電力供給ソーラーパネルで発電した電力をポータブル電源に蓄えることで、夜間や曇りの日も安定して電力を供給できる。
環境に優しい化石燃料を使用しないため、CO2排出量の削減に貢献し、環境に優しい生活を送れる。
燃料補給の不要軽油やガソリンなどの燃料補給が不要で、維持管理が容易。
静音性発電機のような騒音がなく、静かな環境で電力を利用できる。
持ち運びやすさ軽量で持ち運びが容易なため、災害時の避難やアウトドア活動にも適している。

このようにポータブル電源とソーラーパネルを併用することにより、持続可能で環境に優しく、かつ実用的な電力供給システムを構築できます。停電時の利用だけでなく、日常生活やアウトドアでの利用にも向いています。

本サイトを運営するEcoFlowは、ソーラーパネルとポータブル電源のセット商品を販売しております。携帯性と機能性を両立しているため、幅広いシーンで活用することが可能です。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

まとめ

本記事では、小型の非常用発電機の必要性、機器の種類や選び方について解説しました。

小型の非常用発電機は発電力が劣ると思われがちですが、一般家庭で使用する分にはほとんど問題ありません。機器によって特徴が大きく異なり、日常生活やアウトドア、非常時などで活躍します。

災害対策としては非常用発電機を用意する以外にも、ポータブル電源とソーラーパネルを用いた太陽光発電システムの構築も挙げられます。自家発電することにより、停電が長期化しても対応することが可能です。

なお、本サイトを運営するEcoFlowは、非常時に活躍するポータブル電源とソーラーパネルのセット商品を販売しております。「太陽光発電システムを構築したい」「災害対策を徹底したい」という方は、以下商品の導入をご検討ください。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください