新スタイル「軽トラキャンプ」とは?魅力や注意点、おすすめの車を紹介

-

新スタイル「軽トラキャンプ」とは?魅力や注意点、おすすめの車を紹介

-

  • 軽トラキャンプとはどんなキャンプスタイル?
  • 軽トラキャンプの魅力や注意点を知りたい
  • おすすめの車種や便利なアウトドアグッズを教えてほしい

このような疑問を持っている方もいるでしょう。軽トラキャンプは、軽トラックを活用した新しいキャンプスタイルです。

軽トラキャンプには、コストパフォーマンスが良くて経済的、アレンジの幅が広い、デザインが個性的で目立つなどの魅力があります。しかし、それと同時に知っておくべきデメリットもあるため注意が必要です。

そこで今回は、軽トラキャンプの魅力や注意点、おすすめの車、便利なアウトドアグッズについて解説します。軽トラキャンプを検討している方、もしくは興味が少しでもある方は本記事を最後までご覧ください。

新スタイル「軽トラキャンプ」とは?

image4

軽トラキャンプとは、軽トラックを活用した新しいキャンプスタイルのことです。このスタイルは軽トラックの荷台部分を利用し、キャンプスペースを広く設けることが特徴です。コンパクトながらに多機能性を持ち合わせていることから、特に若い世代からの支持を集めています。

軽トラキャンプの魅力は、そのシンプルさと実用性にあります。荷台をベッドスペースや収納スペースとして活用することで、限られた空間を最大限に使用できます。また、軽トラックの機動性を活かして、手軽にさまざまな場所へ移動しキャンプを楽しむことが可能です。

さらに軽トラキャンプは多種多様なアレンジがあり、見た目も機能も充実したキャンプ体験を行えます。軽トラキャンプはアウトドアの新たな楽しみ方として、これからもさらなる広がりを見せていくことでしょう。

軽トラキャンプにおける3つの魅力

image3

軽トラキャンプは、そのユニークな特性からさまざまな魅力を持っています。ここでは、軽トラキャンプの主な魅力に焦点を当てて解説します。

  1. コストパフォーマンスが良くて経済的
  2. アレンジの幅が広い
  3. デザインが個性的で目立つ

以下、各魅力の詳細を見ていきましょう。

魅力1.コストパフォーマンスが良くて経済的

軽トラキャンプは比較的低コストで始めることが可能です。一般的なキャンピングカーと比べて費用が安く、手頃な価格で本格的なキャンプを行えます。

さらに、燃料効率の良い軽トラは長距離の移動でも経済的であり、頻繁なキャンプや遠出にも最適です。低コストでキャンプを行えることは、キャンプ初心者や家族連れにとって大きなメリットとなります。

また、大型車に比べて維持費を安く抑えられる点も魅力的です。維持費の低さは長期間にわたるアウトドア活動において財布に優しく、より多くのキャンプ体験を実現させます。

魅力2.アレンジの幅が広い

軽トラキャンプの魅力の1つは、荷台部分を自由にカスタマイズできる点です。個性を表現するためのデコレーションや、快適さを追求した改造など、さまざまなアレンジが楽しめます。

例えば、荷台部分に軽トラックのデザインに合ったテントを設営したり、自分でDIYをして作業スペースを構築したりなど、アレンジの幅は無限大です。

このカスタマイズ性の高さはキャンプスタイルを自分好みに特化させることを可能にし、ほかのスタイルにはないユニークなキャンプ体験を実現します。クリエイティブなアイデアを持つキャンパーにとって、特に魅力的なポイントとなります。

魅力3.デザインが個性的で目立つ

軽トラキャンプはそのユニークな外観から注目を集めやすく、キャンプ場では目立つ存在となります。特に個性的なデコレーションや改造を施した軽トラは、ほかのキャンパーからの注目を集めやすい傾向にあります。

これらのデザインは、キャンプ場での話題作りや新たな友人づくりのきっかけにもなり得ます。また、軽トラキャンプの楽しさを外部に伝える1つの手段となり、同じ趣味を持つ仲間とのコミュニケーションを活発にすることが可能です。

軽トラキャンプで注意すべき3つのポイント

軽トラ キャンプ

軽トラキャンプはユニークで魅力的ですが、快適さを追求する上では考慮すべき点が存在します。本項では、特に意識すべき3つの注意点について解説します。

  1. 乗車人数が少ない
  2. 居住性は快適ではない
  3. 荷物の積載量に制限がある

これらの注意点を考慮することで、より快適な軽トラキャンプを行えます。必ず事前に注意点を把握しておきましょう。

注意点1.乗車人数が少ない

軽トラキャンプの難点は、乗車人数が限られていることです。これは、大人数でのキャンプには不向きであることを意味します。

軽トラキャンプを行う場合、乗車人数は多くても2人という縛りがあります。ファミリーや大人数でのキャンプは難しく、小グループやソロキャンプに適した選択肢と言えるでしょう。

注意点2.居住性は快適ではない

軽トラキャンプの2つ目の注意点は、荷台のスペースが限られており、広々とした居住空間を求める人には不向きであることです。荷台部分を活用することで一定の快適さは確保できますが、広いスペースを望む場合には工夫が必要です。

広いスペースを作る工夫を施したとしても、ミニバンやSUVなどの大型車と比べると快適さは劣ります。この点を考慮し、キャンプの計画を練ることが重要となります。

注意点3.荷物の積載量に制限がある

もう1つの注意点は、荷物の積載量に限界があることです。特にキャンプ用品や食料などの必需品を多く積載する場合、スペースの制限を考慮する必要があります。

荷物を効率的に配置し、必要最低限のものだけを持って行くなどの工夫が重要です。また、荷台のサイズや形状に合わせた収納ボックスやバッグを用意することで、荷物の管理が容易になります。軽トラキャンプを行う際は、荷物の積載量を必ず考慮しましょう。

軽トラキャンプにおすすめの車2選

image5

軽トラにはさまざまな種類があり、それぞれキャンプに向き不向きがあります。本項では、軽トラキャンプにおすすめの車を2つ紹介します。

  1. スズキ|キャリイ
  2. トヨタ|ハイラックス

軽トラキャンプを快適にするためには、アウトドアに適した車選びが特に重要です。これから軽トラキャンプを行う予定の方は、以下2つの車種を確認してみてください。

スズキ|キャリイ

荷台フロアが長く、居住スペースを作りやすいスズキのキャリイ。シンプルでスタイリッシュなデザインも軽トラキャンプにぴったりです。

スズキの安全技術は素晴らしく、デュアルカメラのブレーキサポート、誤発進の抑制機能などが搭載されているため、軽トラ初心者で運転に自信がない方でも安心です。また、耐久性や衝突安全性とともに燃費も向上しています。

【詳細情報】

  • メーカー:スズキ
  • 乗車人数:4人
  • 販売価格の目安:100万円前後

トヨタ|ハイラックス

トヨタのハイラックスは、4WDを搭載する本格的オフローダーです。高剛性フレームをベースに、耐久性が抜群に高い点が特徴です。

また、ほかの軽トラに比べて走行性能が高いため、キャンプ場に向かう際のドライブがストレスになりづらく、さらにはボディカラーも鮮やかでデザイン性が高いという利点を併せ持っています。

荷台部分は少し狭いため、テントを張って居住スペースとして使用するのではなく、アウトドアグッズを積載するなどで有効活用しましょう。

【詳細情報】

  • メーカー:トヨタ
  • 乗車人数:5人
  • 販売価格の目安:400万円前後

軽トラキャンプにあると便利なアウトドアグッズ

軽トラ キャンプ

軽トラキャンプをより快適に楽しむためには、適切なアウトドアグッズの準備が必要です。以下、軽トラキャンプに便利なグッズをいくつか挙げ、それぞれの利点について解説していきます。

  1. 軽トラテントキット
  2. ゴムマット
  3. ポータブルエアコン
  4. 車載冷蔵庫
  5. ポータブル電源とソーラーパネル

特に長期間の軽トラキャンプを行う場合、これらのアウトドアグッズが大いに活躍します。各グッズの詳細を1つずつ見ていきましょう。

グッズ1.軽トラテントキット

荷台部分に設置できるテントキットは、軽トラキャンプにおいて非常に役立つアイテムです。このキットはプライベートな空間を確保し、快適な睡眠空間を構築できます。

テントキットには、多機能なフレーム付きの製品から、簡易的に展開できる製品まで幅広くあります。状況によって最適な選択肢が異なるため、自身の車の状況に合わせて選ぶようにしましょう。

なお、DIYでフレームから設営までを行う手もありますが、難易度が高いため初心者の方はテントキットを購入することをおすすめします。

グッズ2.ゴムマット

軽トラキャンプの快適性と保温性を向上させるため、ゴムマットの導入がおすすめです。荷台部分にマットを敷くことで、座ったり寝転んだりする際の硬さを軽減し、居心地を良くします。

また、ゴムマットには保温効果もあり、冷え込む夜間でも快適に過ごしやすくなります。軽トラの荷台によっては凹凸がある場合があります。そんな場合でも、ゴムマットを全体に敷けば荷台をフルフラットにできます。

グッズ3.ポータブルエアコン

夏の暑い日には、ポータブルエアコンが軽トラキャンプの快適性を大きく向上させます。車内の温度調節に便利で、快適な休息をサポートしてくれます。

ポータブルエアコンの主な特徴は、扇風機やほかの冷房器具に比べて性能が高い点です。ポータブル電源と併用すれば、短時間で車内やテント内を快適な温度に調整できます。

また、ポータブルエアコンのなかには暖房機能を搭載しているものもあり、その場合は冬の寒さ対策としても機能します。冷暖房機能搭載のポータブルエアコンをお探しの方は、以下の「EcoFlow WAVE 2」をご検討ください。

冷暖房機能搭載!ポータブルエアコン「EcoFlow WAVE 2」はこちら

グッズ4.車載冷蔵庫

食品や飲み物を新鮮な状態で保管するためには、車載冷蔵庫の利用が求められます。特に長時間のキャンプでは、食中毒を防ぐためにも食材を安全に保存することが大切です。

車載冷蔵庫を使用することで、キャンプ中の食事の質を保ち、新鮮な食材で料理を楽しむことができます。また、製品によっては製氷機能が搭載されており、車内やキャンプ場でもキンキンに冷えた飲み物を手軽に作れます。

EcoFlowでは、高性能で大容量、そして製氷機能を搭載した車載冷蔵庫を販売しております。車載冷蔵庫の導入を考えている方は、以下の製品情報を一度ご確認ください。

コンパクトで大容量!車載冷蔵庫「EcoFlow GLACIER」はこちら

グッズ5.ポータブル電源とソーラーパネル

ポータブル電源は、軽トラキャンプ中にスマートフォンや電気機器の電源として重宝します。ソーラーパネルと組み合わせれば、エコで持続可能な自家発電を行うことが可能です。

キャンプ場や車内で発電・供給できるのはもちろんのこと、災害時の非常用電源としても活躍します。この組み合わせにより、環境に優しく、長期間にわたって安定した電力を確保できます。

本サイトを運営するEcoFlowでは、携帯性が高いポータブル電源とソーラーパネルのセット商品を販売しています。太陽光発電システムの導入を検討している方は、以下の製品情報を確認してみてください。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら
携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

まとめ

本記事では、軽トラキャンプの魅力や注意点、おすすめの車、便利なアウトドアグッズについて解説しました。

軽トラキャンプは、軽トラックを活用した新しいキャンプスタイルです。コストパフォーマンスが良くて経済的、アレンジの幅が広い、デザインが個性的で目立つなどの魅力がある一方で、複数のデメリットもあるため注意が必要です。

これから軽トラキャンプを行う予定の方は、ぜひ本記事で紹介したおすすめの車や便利グッズを参考にしてください。より快適に軽トラキャンプを楽しみたい方は、ポータブル電源とソーラーパネルの導入をおすすめします。

EcoFlowでは、携帯性と機能性を両立したポータブル電源とソーラーパネルのセット商品を販売しております。導入を考えている方は、以下のEcoFlow製品の購入を検討してみてください。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら
携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください