q 車内・車中泊の便利グッズ30選!アイテムの選び方も併せて解説 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

車内・車中泊の便利グッズ30選!アイテムの選び方も併せて解説

-

車内・車中泊の便利グッズ30選!アイテムの選び方も併せて解説

-

「車内・車中泊の便利グッズはどうやって選べばいいの?」「おすすめの便利グッズを教えてほしい」という疑問がある方もいるでしょう。

車内の快適性を高めるためには、グッズの選び方が特に重要です。車に合った適切なグッズを用意することで、車中泊がより快適なものになります。

本記事では、車内・車中泊の便利グッズの選び方、役立つアイテム30選を詳しく紹介します。車内をより便利、より快適にしたい方は本記事を最後までご覧ください。

車内・車中泊の便利グッズの選び方

車内 便利グッズ

車内や車中泊での快適性を高めるためには、便利グッズの選び方が重要です。以下、車内・車中泊における便利グッズの選び方を3つのポイントに分けて解説します。

  1. 車のサイズに合わせる
  2. 季節に合わせる
  3. 電源の必要状況に合わせる

各ポイントの詳細を1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.車のサイズに合わせる

車のサイズに合ったグッズを選ぶことで、車内のスペースを有効活用できます。特に車中泊では、スペースの活用が快適性に直結するため非常に重要です。

【意識すべきポイント】

  • 車内の広さに合っているか
  • 車内の高さに収まるのか
  • シートの凹凸や傾きに適しているか

コンパクトカーの場合は折りたたみ可能なグッズが適しており、その一方で大型車の場合は広々としたマットレスやクッションが適切です。

​​ポイント2.季節に合わせる

季節に応じて必要なグッズを選ぶことも重要ポイントの1つです。季節に合ったものを選択すれば、適切な暑さ対策・寒さ対策が可能となり、車中泊や車内での活動が快適になります。

【意識すべきポイント】

  • 気温に適した寝具を選ぶ
  • 季節に応じた衣類の調整
  • 車内の換気・温度状況の確認

例えば、夏は涼しさを保つためのサンシェードや扇風機、冬は暖かさを保つためのカーヒーターや厚手の毛布が求められます。

冬の車中泊の寒さ対策!車中泊に必要なものを徹底解説!

ポイント3.電源の必要状況に合わせる

電気機器を使って快適に過ごしたい場合、電源の必要状況を考慮することが大切です。特に長時間のドライブや車中泊では、電源の確保が快適性に直結します。

例えば、スマートフォンの充電器やランタンなどの電源を必要とするグッズを導入する際には、ポータブル電源があれば大変便利です。車のシガーソケットだけでは電力不足に陥る可能性があるため、ポータブル電源の導入が快適さを左右します。

車中泊にポータブル電源(バッテリー)は本当に必要?使い道や選び方を徹底解説

【必需品】車内・車中泊の便利グッズ8選

車内 便利グッズ

まずは、車内で過ごす際に必需品となる便利グッズを8つ紹介します。これらのグッズは、車内での快適性を確保する重要なアイテムです。以下、各グッズの特徴をそれぞれ解説します。

シートの凹凸を埋めるマットレス

車内での睡眠を快適にするためには、シートの凹凸を埋めるマットレスが不可欠です。これにより、車内の平らな寝床が確保され、快適な睡眠空間を作り出します。

折りたたみ式や空気充填式のマットレスは、使用しないときにコンパクトに収納できるため、スペースの有効活用に役立ちます。また、断熱性が高いマットレスを用意すれば、冬の寒さ対策としても機能します。

車内のプライバシーを確保するカーテン・シェード

カーテン・シェードは、車内でのプライバシーを確保するアイテムです。これらは外からの視線を遮りながら、必要に応じて自然の光を取り入れることができます。

特に、都市部での車中泊には欠かせないアイテムです。明るい街灯やほかの車のヘッドライトから来る光を遮ることで、快適な睡眠が可能となります。また、日差しを遮ることで車内の温度上昇を抑える効果もあります。

睡眠の質を高める寝袋・シュラフ

車中泊では睡眠の質を高める寝袋やシュラフが欠かせません。車中泊を快適に過ごすためには睡眠の質が重要であり、寝袋やシュラフを用意すれば快適な睡眠が実現します。

例えば、秋から冬にかけての車中泊では夜が特に寒くなります。この時期に適した寝袋やシュラフを選ぶことで、心地の良い深い眠りが実現するでしょう。使用しないときはコンパクトに収納できる点が魅力的です。

車内の明るさを確保するLEDランタン

車内の照明としてLEDランタンは非常に便利です。省エネで長持ちするLEDランタンは、必要な明るさを確保し、車内での読書や夜間の移動を快適にします。

一部のモデルには充電機能も備わっており、スマートフォンなどのデバイスの充電にも役立ちます。LEDランタンを選ぶ際は、光量やデザインに注目するようにしましょう。

寒さ対策に有効なタオル・ブランケット

車内での寒さ対策にはタオルやブランケットが効果的です。車内での急な寒さに対応するために役立ち、軽量で持ち運びやすい点が特徴です。

また、夏場には日差しを遮るためのカバーとしても使用できます。快適な車内環境を保つために、これらのアイテムの準備は欠かせません。何かと利用頻度が高いため、人数分のタオル・ブランケットを用意しておきましょう。

運転中の映像を記録するドライブレコーダー

事故やトラブルが発生した際の証拠として、またドライブの楽しい記録として、ドライブレコーダーは非常に便利です。最近のモデルでは高画質での録画が可能で、安全運転のサポート機能を備えたものも多くあります。

【証拠能力を満たすドライブレコーダーの主な条件】

  • 車のナンバーを読み取れる
  • 斜め前や後方の映像も記録できる
  • 夜間や逆光時でも記録できる
  • 信号の色を明確に識別できる

万が一の事故時には重要な証拠となるため、ドライブレコーダーの搭載は車内の必需品と言えるでしょう。

スマホの利用が快適になるスマホホルダー

ナビゲーションでの利用や音楽再生の際に、スマホホルダーは運転中のスマホ利用をサポートします。スマホホルダーは視線移動を最小限に抑え、安全な運転に寄与します。

製品を導入する際は、安定性と操作性に優れるものを選びましょう。吸着力が高く、耐荷重が十分なスマホホルダーであれば、運転中にスマホが落ちることはありません。

スマホを長時間利用するためのUSB充電器

車内でのスマートフォンやその他のデバイスの充電には、USB充電器が不可欠です。特に長距離のドライブや車中泊では、スマホの電池を長持ちさせることが重要となります。

多ポートタイプの充電器を選べば、複数のデバイスを同時に充電できるため、幅広いシーンで役立てることが可能です。パソコンなどの大型デバイスを利用する際にもUSB充電器が活躍します。

【あると快適】車内・車中泊の便利グッズ22選

車内 便利グッズ

次に、あると快適になる車内・車中泊の便利グッズを22通り紹介します。より快適な車内空間を構築したい方は、以下のグッズの導入を検討してください。

ポータブル電源

車内や車中泊での快適さを大きく左右するのがポータブル電源です。車内での電源供給が可能になるため、電気機器を使った快適な車中泊が実現します。

【ポータブル電源で使用できる主な電気機器】

  • スマートフォンなどの充電器
  • 冷暖房器具
  • 車載冷蔵庫

長時間の使用に対応した大容量モデルやソーラーパネルで充電可能なタイプなど、用途に合わせて製品を選択するようにしましょう。

ポータブル電源とは?モバイルバッテリーとの違いや製品を選ぶ際のポイント

クーラーボックス

快適な車中泊では、食品や飲み物を適切な温度で保存するためのクーラーボックスが必要です。保冷効果の高いモデルや使いやすさを重視したデザインなどがあり、長時間の外出でも食品を新鮮に保つことができます。

例えば、夏場の車中泊では食材が腐ってしまう恐れがありますが、クーラーボックスを利用すればそのリスクを防げます。氷や保冷剤を併用すれば、さらに長時間の冷却が可能となります。

車載冷蔵庫

特に夏場の車中泊において、車載冷蔵庫は食品や飲料を冷やし続けるために便利です。食材を新鮮に保てるだけでなく、いつでも冷たい飲み物が楽しめます。

【車載冷蔵庫が活躍するシーン】

  • キャンプ・車中泊での食料保存
  • 海水浴での飲み物の冷却
  • 釣った魚など生鮮食品の持ち帰り

容量や冷却力にはさまざまなタイプがあるため、用途に応じて選ぶことが大切です。

車中泊で活躍する車載冷蔵庫のメリット・デメリットとは?商品の選び方も徹底解説

小型扇風機

車内の温度調節には小型扇風機が役立ちます。USBで簡単に充電でき、持ち運びが容易なため、車中泊だけでなくピクニックやキャンプなどのアウトドアでも活躍します。

また、車内の空気循環を行う際にも重宝します。風量調節可能なモデルや360度回転するタイプなど、機能性に富んだ製品が多くあるため状況に合わせて選びましょう。

ポータブルエアコン

より快適な車中泊を求める場合、ポータブルエアコンは大きな助けとなります。特に暑い季節の車中泊では、車内の温度を効果的に下げることができるため、車内の快適さが大きく向上します。

サイズや冷却能力には幅があるので、使用する車のサイズや必要性に応じて選ぶことが重要です。以下のEcoFlow製品であれば、冷房機能と暖房機能の両方を搭載しています。冷暖房機能搭載のポータブルエアコンを探している方はぜひご確認ください。

冷暖房機能搭載!ポータブルエアコン「EcoFlow WAVE 2」はこちら

冷感マット

車中泊の睡眠の質を高めるために冷感マットの用意をおすすめします。この冷感マットを使用すれば、マットが体温を吸収し快適な冷たさを実現します。

特に暑い夏の夜には、冷感マットが快適な睡眠をサポートします。折りたたみ可能で持ち運びが容易なため、車中泊だけでなくピクニックやキャンプにも最適です。

使い捨てカイロ

冬の車中泊には使い捨てカイロが重宝します。小型で携帯しやすく、簡単に温かさを得ることができるため、寒い夜の車中泊での防寒対策として有効です。また、冷えが気になる部分に直接貼ることができるタイプもあり、寒さから身を守るのに役立ちます。

電気毛布

電気毛布は、車中泊における有効な寒さ対策として機能します。寒さが厳しい夜でも、電気毛布を使用すれば快適に過ごせます。

コンパクトに収納でき、使用しないときには場所を取らないのも魅力の1つです。ポータブル電源と併用することで、さらにその快適性を向上させることが可能です。

良質な睡眠をとるためには快適な枕が不可欠です。車中泊専用の枕は、スペースを取らずに快適な寝心地をサポートします。

携帯性に優れたコンパクトな枕や、首にフィットする形状の枕など、さまざまな種類があります。「うっかり枕を忘れてしまった」という事態を招かないためにも、車中泊専用の枕の準備をおすすめします。

網戸

車中泊時の換気に役立つ網戸は、虫の侵入を防ぎながら新鮮な空気を車内に取り込むことができます。窓を開ければ新鮮な空気を取り込めますが、同時に虫が入り込むリスクがあります。その点、網戸を設置すれば新鮮な空気を確保しつつ、虫の侵入を防いで快適な空調を維持できます。

水平器

水平な状態を保ち、快適な睡眠環境を構築するために水平器の用意が推奨されます。水平器を使うことで、車が完全に水平に駐車されているかどうかを確認でき、快適な車中泊を実現します。

特に斜面や不整地での場所では、車が傾くと不快に感じることがあります。水平器で車の傾きをチェックすれば、寝心地の良いポジションを確保でき、安心して睡眠をとることが可能です。

レベラー

車中泊時の車体の安定性を確保するためにレベラーが有効です。レベラーとは、タイヤの下に入れて角度をつけるグッズのことです。斜面などで駐車する際に役立ち、車体を水平に保つことで快適な睡眠環境を作り出します。

突っ張り棒

突っ張り棒を活用すれば、車内に有効なスペースを作り出せます。カーテンの取り付けや小物の吊り下げなど、幅広い用途に活用できます。設置も簡単で、車内を効率良く使うためのアイテムとしておすすめです。

ミニテーブル

車内で食事や読書をする際に便利なのがミニテーブルです。コンパクトで持ち運びが容易なため、車内のスペースを有効活用できます。車内での利用に限らず、ピクニックやキャンプでの使用にも適しています。

アイマスク・耳栓

車内での快適な睡眠をサポートするためには、アイマスクや耳栓が必要です。特に騒がしい環境や明るい場所での車中泊では、これらのアイテムが質の高い睡眠を実現します。携帯性に優れているため、常備しておくと大変便利です。

天井ネット

車中泊において、天井ネットはグッズの収納に便利です。車内の空間を有効活用し、車内をすっきりと保つことができます。取り付けが簡単で、導入費用もそこまで高くないためおすすめです。

ヘッドライト

夜間の車中泊や車外での作業にはヘッドライトが有効です。具体的には以下のようなシーンで活躍します。

  • 夜間に読書をするとき
  • 夜間に買い物に行くとき
  • 朝方に身支度をするとき

両手が自由に使えるため、料理の準備やテントの設営などさまざまなシーンで役立ちます。

炊飯器

「車内で美味しいご飯が食べたい」という方は、炊飯器を用意しましょう。車中泊中は外食が主になりがちですが、炊飯器があれば車内でお米を炊くことができます。アウトドアや車中泊での食事をより豊かにするアイテムです。

車中泊に炊飯器は必要なの?車中泊で活躍するおすすめ製品をご紹介!

カセットコンロ

車中泊での調理にはカセットコンロが重宝します。コンパクトで持ち運びやすく、車内での簡単な調理に便利です。お湯を手軽に沸かすことができる点もメリットの1つです。

調理器具

おいしい食事を作る上では、コンパクトで機能性が高い調理器具が必要です。以下のような調理器具があれば、車中泊中でもおいしい食事を作ることができます。

  • クッカー
  • メスティン
  • ケトル
  • フライパン
  • ホットサンドメーカー

折りたたみ式の器具やマルチツールなど、省スペースで機能的なアイテムを選ぶと良いでしょう。

ティッシュホルダー

車内でティッシュを使いやすくするためのホルダーは、日常の快適性を大きく向上させます。手の届くところに設置することで、いざというときに素早く使うことが可能です。また、インテリアの一部としてデザイン性のあるホルダーが人気です。

芳香剤

車内の気分をリフレッシュさせるために、芳香剤を設置することがおすすめです。さまざまな香りが提供されているので、好みに合わせて種類を選択できます。長時間のドライブや車中泊において、芳香剤は気分転換にも役立ちます。

まとめ

本記事では、車内・車中泊の便利グッズの選び方、役立つアイテム30選を詳しく紹介しました。

車内・車中泊の便利グッズを選ぶ際は、車のサイズに合わせる、季節に合わせる、電源の必要状況に合わせるなどのポイントを考慮することが大切です。より快適な車内生活・車中泊を実現したい方は、本記事で紹介した便利グッズを参考にしてください。

なお、本サイトを運営するEcoFlowは、車中泊やアウトドアに便利なポータブル電源やソーラーパネルを販売しております。太陽光発電システムの構築に興味がある方は、以下の記事も併せてご確認ください。

ポータブル電源とは?モバイルバッテリーとの違いや製品を選ぶ際のポイント

持ち運び簡単!EcoFlowソーラーパネルシリーズはこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください