バイオマス発電とは?種類やメリット・デメリットなどを詳しく解説!

-

バイオマス発電とは?種類やメリット・デメリットなどを詳しく解説!

-

バイオマス発電は、再生可能な動植物から生まれた生物資源をエネルギーとして活用した発電方法です。

しかし、バイオマス発電と聞いても「よくわからない」という方もいるかもしれません。

この記事では、バイオマス発電の基本概要や種類、メリット・デメリット、地球にやさしい再生可能エネルギーについて分かりやすく解説します。

バイオマス発電について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

バイオマス発電とは?

image3

まずは、バイオマス発電とは何かについて解説します。

バイオマスの概要

バイオマスは、動物や植物から生まれる生物資源のことを指します。化石燃料とは違い、再生可能な生物資源を「バイオマス」と呼びます。

バイオマス資源は燃やすことでエネルギーが発生するため、発電にも応用可能です。

通常、エネルギーを発生させるために燃焼させると二酸化炭素が発生しますが、バイオマス資源となった植物は成長段階で二酸化炭素を吸収するため発生しません。

このようなバイオマス資源のことを、「カーボンニュートラル」と呼びます。

バイオマス発電の概要

バイオマス発電は、バイオマス資源を燃焼させて発電する方法のことを指します。

電力を生み出す方法には火力発電がありますが、火力発電は石油・石炭などの化石燃料を使用します。しかし、バイオマス発電で使用するのは主にバイオマス資源です。

バイオマス発電は再生可能な動植物を応用したエネルギーであるため、環境に優しい発電方法とされます。具体的な方法は以下の通りです。

  • 直接燃焼方式
  • 熱分解ガス化方式
  • 生物化学的ガス化方式

直接燃焼方式は、バイオマス資源をそのまま燃やして発電する方法です。木くずや木質ペレット、木質チップが使用され、家庭から集められた可燃ごみを使用することもあります。

熱分解ガス化方式は、バイオマス資源をガス化して発電する方法です。木くずや木質資源の他に食品廃棄物にも使用されます。

生物化学式ガス化方式は、バイオマス資源を生物の力で発酵させて発電する方法です。動物の排泄物や食品の廃棄物、排水を微生物の力で発酵させた際に発生するガスを利用します。

バイオマス発電は以上のような発電方法を駆使することで、よりクリーンエネルギー社会の発展に役立てられています。

クリーンエネルギーとは何か?

バイオマスの種類

image5

バイオマスはさまざまな種類があり、それぞれで異なる特性があります。ここでは、バイオマスの種類について解説します。

未利用バイオマス

未利用バイオマスは、資源として利用されずに廃棄されるバイオマスを指します。

バイオマスには、「ごみとなるはずだったもの」「別の用途で使用された残りもの」などがありますが、未利用バイオマスは資源目的以外には使用されない資源です。

具体的には、稲わらや麦わら、籾殻や林地に使用されなかった木材などが該当します。

未利用バイオマスは林業の活動を盛んにできることがメリットですが、収集・運搬・管理に手間とコストがかかることがデメリットです。

廃棄物系バイオマス

廃棄物系バイオマスは、廃棄物として発生したバイオマスを指します。捨てられるだけだったものを資源として活用したのが廃棄系バイオマスです。

動物の排泄物や食品の廃棄物、下水の泥や屎尿の泥、工事現場や工場で発生した木材などが廃棄物系バイオマスに分類されます。

廃棄物系バイオマスはごみの量を減らせる他、ごみを処理する際の二酸化炭素を減らせるのがメリットです。排泄物や廃棄物を有効活用するため、デメリットはほとんどありません。

資源作物

資源作物は、資源利用を考えて栽培されたバイオマスを指します。

具体的にはサトウキビから採取される糖質、とうもろこしから採取されるでんぷん、菜種から採取される油脂などを資源として活用します。

資源作物は最初から資源利用を考えて栽培されているため、確実に資源を集められるのがメリットです。一方、手間やコストがかかるのがデメリットとなります。

クリーンエネルギーの特徴とは?一般家庭に導入する方法を紹介
グリーンエネルギーの現状と未来|個人で活用する具体的な方法とは?

バイオマス発電のメリット・デメリット

image4

バイオマス発電はメリットもある一方、デメリットもあります。ここでは、バイオマス発電のメリット・デメリットについて解説します。

バイオマス発電のメリット

バイオマス発電のメリットは以下の通りです。

  • 他の再生可能エネルギーより安定して発電できる
  • 環境に優しいエネルギーを使用できる
  • CO2の総量は変化しない

バイオマス発電は、他の再生可能エネルギーより安定して発電できるのがメリットです。石油や石炭などの化石燃料を必要とせず、動植物の生物資源を利用するので安定しています。

クリーンエネルギーには太陽光・風力・水力・地熱がありますが、発電量が安定しません。一方でバイオマス発電は資源を燃焼・ガス化で発電できるため発電量が安定しています。

加えて、環境に優しいエネルギーを使用できるためエコを重視した社会にも適しています。

バイオマス発電は二酸化炭素を吸収した植物の生物資源を使用するため、実質CO2の総量が発電前と発電後で変化しないのも魅力といえるでしょう。

バイオマス発電のデメリット

バイオマス発電のデメリットは以下の通りです。

  • 資源の運送・調達・管理にコストがかかる
  • 資源の供給が追いつかない可能性がある
  • 発電効率だけで見ると非効率とされる

バイオマス発電は、資源の運動・調達・管理にコストを要するのがデメリットです。特定の場所で生物資源を確保できるわけではないため、どうしてもコストがかかります。

また、生物資源は再生可能ではあるものの、木くずや廃材が無限に発生するわけではないので資源の供給が追いつかない可能性も否めません。

発電効率もバイオマス発電だと約10%〜20%であるため、他の再生可能エネルギーと比べると非常に低いです。太陽光や地熱と同程度の発電効率となる点には注意が必要です。

  1. バイオマス発電:約10%~20%
  2. 太陽光発電:約10%~20%
  3. 風力発電:約40%前後
  4. 水力発電:約80%前後
  5. 地熱発電:約10%~20%
  6. 火力発電:約55%前後
  7. 原子力発電:約33%前後

上記からもわかる通り、バイオマス発電は発電効率がネックとなります。今後は、いかに発電効率を高めていくかが課題となるでしょう。

地球に優しい再生可能エネルギー

image6

ここでは、バイオマス発電以外の地球に優しい再生可能エネルギーについて解説します。

太陽光発電

太陽光発電は、太陽光を利用した発電方法です。利用するエネルギー源が太陽光であるため、二酸化炭素を排出しません。

発電効率は約10%〜20%と決して高くはありませんが、半永久的なエネルギー源である太陽光を利用した発電方法として活用されています。

発電量が天候に左右される点や一定の敷地が必要となる点はデメリットですが、一度設置すれば長期的に発電できる点や騒音が発生しない点がメリットといえるでしょう。

風力発電

風力発電は、風力を利用した発電方法です。利用するエネルギー源は風力であるため、太陽光と同じく二酸化炭素が発生しません。

発電効率は約40%前後と高く、海上や山上に配置して運用されています。

発電量が風力に左右される点や複数の配置が必要となる点はデメリットですが、配置の仕方によっては多量の電力を生み出せる点がメリットといえるでしょう。

水力発電

水力発電は、水力を利用した発電方法です。利用するエネルギー源は水力であるため、太陽光と同じく二酸化炭素が発生しません。

発電効率は約80%と非常に高く、ダムに配置して運用されています。

発電量が水力に左右される点や広大な土地が必要となる点はデメリットですが、土地の規模によっては多量の電力を生み出せる点がメリットといえるでしょう。

地熱発電

地熱発電は、地熱を利用した発電方法です。地下5m程度の穴を掘ってパイプを通し、地中の熱を使用する方法となっています。

地熱は風力や水力とは異なり、季節に左右されないため安定して発電できます。発電効率はバイオマス発電と同様に10%〜20%ほどですが、天候に左右されないのは魅力です。

設置個所が限られている点や設置費用がかかる点は難点ですが、地熱大国の日本では比較的有効な再生可能エネルギーといえるでしょう。

再生可能エネルギーの一覧

自宅に取り入れるなら太陽光発電

バイオマス発電

「自宅に再生可能エネルギーを導入したい」場合は、太陽光発電を推奨します。太陽光発電は他の再生可能エネルギーと比べて比較的導入しやすいです。

自宅に風力発電や水力発電を設置するのはほぼ不可能で、地熱発電を導入する場合も条件が限られます。しかし、太陽光発電であれば原則どのような地域でも導入可能となります。

ソーラーパネルを設置する必要こそありますが、製品によっては折り畳み式のものもあるなど自宅の状況に合わせて検討可能です。

EcoFlowでは、太陽光発電に必須のソーラーパネルを取り扱っており、大型から中型、小型まで用意しています。持ち運び可能なものもあり、場所も取りません。

併せてポータブル電源も用意しており、業界最速級の充電や再生可能電力での充電が可能となっています。太陽光発電デビューしたい方はポータブル電源もおすすめです。

大容量のポータブル電源と携帯可能なソーラーパネルがあれば、いつでもどこでも電気が使用可能。キャンプなどのアウトドアはもちろん、停電時の非常用電源にも最適です。

「太陽光発電を取り入れてみようかな」とお考えの方は、ぜひEcoFlowのポータブル電源&ソーラーパネルを一度ご検討ください。

EcoFlowのポータブル電源はこちら
EcoFlowのソーラーパネルはこちら

まとめ

バイオマス発電の基本概要や種類、メリット・デメリット、地球にやさしい再生可能エネルギーを解説しました。

バイオマス発電は動植物などの生物資源から発電する方法で、太陽光・風力・水力・地熱に並ぶクリーンエネルギーとして注目されています。

すでに日本各地で実装されており、カーボンニュートラルを応用した発電方法も拡大中。排泄物や廃棄物を使用するバイオマス発電は、まさに次世代の発電方法といえるでしょう。

ただし、家庭という観点で見ると太陽光発電も負けていません。太陽光発電は自宅にも導入可能な再生可能エネルギーで、自然の力を応用した発電方法です。

発電にはソーラーパネルが必要となりますが、屋根や庭に設置することで自宅の電力を補うことが可能です。特に、再生可能エネルギーを導入したい方は太陽光発電を推奨します。

EcoFlowでは、豊富なソーラーパネルをご用意しています。大型から中型、小型まで揃っており持ち運び可能なものもあるため、自宅に導入したい方にもおすすめです。

業界最速級の充電や再生可能電力での充電が可能なポータブル電源も取り扱っているため、停電時の非常用電源として確保しておくのも賢明です。

大容量のポータブル電源と携帯可能なソーラーパネルがあれば、いつでもどこでも電気が使用できるため、ぜひ導入をご検討ください。

EcoFlowのポータブル電源&ソーラーパネルはキャンプなどのアウトドアはもちろん、車中泊を伴う旅行、電源を取れない場所での電子機器の使用に役立ちます。

導入をご検討中の方は、ぜひ当社のホームページを一度ご確認いただけますと幸いです。

EcoFlowのポータブル電源はこちら
EcoFlowのソーラーパネルはこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください