オール電化の電気代(一人暮らし)の目安は?ライフスタイル別に解説

オール電化の電気代(一人暮らし)の目安は毎月約1万円前後です。大手電力会社の計算でもオール電化の住宅光熱費平均額は1万円ほどが一般的です。

しかし、オール電化の場合は電気代がライフスタイルに左右されるため、生活に合わせて把握することが重要となります。

この記事では、オール電化の電気代(一人暮らし)の目安、ライフスタイル別の電気代、メリット・デメリット、節約する方法をわかりやすく解説します。

一人暮らしのオール電化の電気代について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

オール電化の電気代(一人暮らし)の目安は?

image6

一人暮らしでオール電化住宅に住む場合、電気代は毎月約1万円かかるのが一般的です。

しかし、電気代はライフスタイルによって変わるため、自分自身の生活でどれくらいかかるのかを的確に把握しなければなりません。

ここでは、オール電化の電気代(一人暮らし)の目安はどれくらいなのかについて詳しく解説します。

一人暮らしのオール電化の電気代は毎月1万円前後

一人暮らしのオール電化の電気代は毎月1万円前後とされています。大手電力会社が計算しているオール電化の住宅光熱費平均額を見ても、月々1万円ほどが目安です。

ただし、ライフスタイルによっては6,000〜8,000円に抑えられる場合もあり、工夫次第でオール電化の電気代は大幅に変わるでしょう。

1万円はあくまでも平均的な数値で、電力を無駄に消費すれば電気代は高くなり、意識して節約すれば安くなります。この点は1ヶ月にどれほどの電気代になるのかを計算するのが望ましいです。

一人暮らしの平均的な電気代は毎月1万円前後

オール電化ではなく通常の住宅の場合でも、一人暮らしの平均的な電気代は毎月おおよそ1万円となります。基本的にはオール電化の電気代と数百円程度しか変わりません。

総務省が発表している家計調査でも1万円前後が目安とされているため、一人暮らしの場合はオール電化でも通常の住宅でもあまり大差はないでしょう。

むしろ、電気代はライフスタイルに影響されるため、どのような生活を送るのかに焦点を当てるのが望ましいです。

より厳密な電気代を計算したい場合は、自分自身がどのような生活を送りたいのかを加味しつつ毎月の電気代を計算しましょう。

なお、オール電化の電気代が平均どれくらいなのかは他の記事でも解説しているため、あわせてご覧ください。

オール電化の電気代は平均どれくらい?世帯人数別の料金と電気代が高い原因を解説

ライフスタイル別の電気代

image5

電気代は一人暮らしなのか他の人と暮らすのかで変わりますが、ライフスタイルによっても大幅に変化するため、各々の生活に合わせて計算することが重要です。

ここでは、ライフスタイル別の電気代について詳しく解説します。

まずは、ライフスタイル別の電気代についてまとめた以下の表をご覧ください。

※1日家のなかで過ごす場合の電気使用量はオール電化で500kWh・ガスとの併用で330kWhで計算(他はオール電化で200kWh・ガスとの併用で80kWhとして計算)

ライフスタイルオール電化(1ヶ月)ガスとの併用(1ヶ月)
1日家のなかで過ごす1万1,000円前後1万2,000円前後
日中を中心に家で過ごす6,300円前後6,300円前後
夜中を中心に家で過ごす8,000円前後7,500円前後

最近はリモートワークが普及していて1日家のなかで過ごす方もいるかと思いますが、どうしても1日中家にいると電気代が1万円を超えやすいです。

実際にオール電化で毎月1万1,000円前後、ガスと併用で毎月1万2,000円前後とされます。

対して、電気代の安い日中を中心に家で過ごす場合は、オール電化・ガスと併用ともに毎月6,300円前後となります

電気代の高い夜中を中心に家で過ごす場合は、オール電化で毎月8,000円前後、ガスと併用で毎月7,500円前後です。

このように、ライフスタイルによって電気代は数千円変わってくるため、まずは自分自身の生活でどれくらいの電気代が必要なのかを計算してみましょう。

なお、世帯人数別のオール電化住宅の電気代はどれくらいなのかについて解説した記事があるため、ぜひあわせてご確認ください。

【世帯人数別】オール電化住宅の電気代はどれくらい?効果的な節電方法を解説

オール電化で一人暮らしするメリット

image1

オール電化で一人暮らしする場合、次のような点がメリットです。

  • ガスの基本料金がかからない
  • IHコンロで安全かつ便利
  • 災害の復旧が迅速

ここからは、オール電化で一人暮らしするメリットについて詳しく解説します。

ガスの基本料金がかからない

オール電化で一人暮らしすると、ガスの基本料金がかかりません。

一人暮らしのガス代は平均して毎月3,000~4,000円ほどかかるとされており、年間でおおよそ36,000〜48,000円かかるのが一般的です。

ガスの使用量によってガス代は変わりますが、オール電化住宅であればガス代を気にする必要がありません。

電気・ガス両方のライフラインを一本化して管理できるため、毎月の料金を把握しやすいのもメリットといえます。

IHコンロで安全かつ便利

オール電化はIHコンロが採用されていて、安全かつ便利です。IHコンロのメリットは以下の通りとなっています。

  • コンロの周辺が熱くなりにくい
  • トッププレートがフラットで掃除しやすい
  • 火災に発展する可能性を最小限にできる
  • 素早くお湯を沸かせる

基本的にIHコンロは、周辺が熱くなりにくい構造となっているため、火傷などのリスクを回避しやすいのが強みといえるでしょう。

トッププレートがフラットで掃除しやすい点や火災に発展する可能性を最小限にできる点、素早くお湯を沸かせる点も優秀です。

IHコンロはメンテナンスが楽で管理しやすいため、初めての一人暮らしでガスの扱いに不安がある人にも適しています。

災害の復旧が迅速

オール電化は、水道やガスと比較して災害の復旧が迅速です。

水道やガスは、供給するためのパイプ(水道管・ガス管)が損傷すると大規模な工事が必要となり、復旧までに大幅な時間を要します。

しかし、電気は仮に停電が発生しても数分~数十分で復旧します。災害による大規模な停電は数日かかる場合もありますが、それでも数時間〜数日での復旧がほとんどです。

経済産業省の調査でも、停電のピーク時間から復旧見通しの公表までにかかった時間は1日以内がほとんどとされ、概ね2日以内には電力が復旧するとされています。

地震や台風による破損が激しい場合は3日以上かかる場合もありますが、ほとんどの場合は迅速に解決してくれるでしょう。

オール電化は停電に弱いという意見がありますが、日本には優秀な電力会社が点在しており、諸外国に比べると安定感抜群です。

なお、電気代が安い時間帯や家に届くまでの時間については他の記事でも解説しているため、あわせてご確認ください。

電気代が安い時間帯は?節約する方法や注意点を解説
電気が家に届くまでの時間はどれくらい?家電別の消費電力を解説!

オール電化で一人暮らしするデメリット

image4

オール電化で一人暮らしする場合、次のような点がデメリットです。

  • 電気代高騰の影響を受けやすい
  • 引っ越し当日はお湯が使用できない
  • 停電時はすべての家電が使用できない

ここからは、オール電化で一人暮らしするデメリットについて詳しく解説します。

電気代高騰の影響を受けやすい

オール電化は、電気代高騰の影響を受けやすいのがデメリットです。インフラの大半を電気に頼るため、電気代の値上げに影響されやすくなります。

最近は電気代の値上げを強行する電力会社も多く、日々の負担が増える場合も少なくありません。

太陽光発電を導入して自宅で電力を生み出している場合は別ですが、電気のほとんどを電力会社に依存している場合は注意が必要となるでしょう。

ただし、蓄電池を導入して電力の使用時間をコントロールすれば、電気代高騰の影響を比較的緩和可能です。

特に、オール電化住宅と太陽光発電・蓄電池は相性が良いため、予算に余裕のある人は導入を推奨します。

引っ越し当日はお湯が使用できない

オール電化だと、引っ越し当日はお湯が使用できません。

電気で動くエコキュートや電気温水器は夜間にお湯を沸かす仕組みとなっているため、引っ越し当日にお湯を使用する場合は入居前日に電気を通しておかなければなりません。

あらかじめタンクにお湯を貯めておかないと使用できないため、急ぎで引っ越しをする人にとってはやや不便を感じるでしょう。

ただし、実家や現在の住居を退去する前に引っ越しを済ませ、あらかじめタンクの準備を整えておけばお湯は問題なく使用できます。

引っ越しの手続きなど、早めに済ませておくのが望ましいです。

停電時はすべての家電が使用できない

オール電化だと、停電時はすべての家電が使用できません。

ガスを別途契約しておけば停電時もガスを使用できますが、電気のみの契約の場合は停電の影響をダイレクトに受けやすいです。

リスクの分散を考えるなら、必ずしもオール電化が優れているとはいえないため、ガスと併用するかどうかは自分自身のライフスタイルに合わせて考えましょう。

ただし、太陽光発電・蓄電池を同時に導入しておけば、停電対策は可能です。あらかじめ発電&蓄電しておけば、一定期間・一定量の電気が使用できます。

オール電化の一人暮らしで太陽光発電・蓄電池を導入するのは大変ですが、万が一に備えたい場合は導入をご検討ください。

なお、オール電化に影響する夜間電力や電気代の値上げについては他の記事でも解説しているため、あわせてご覧ください。

夜間電力とは?特徴や電気料金を下げるテクニックを解説
電気代の値上げが深刻化!オール電化住宅の電気代節約術を詳しく解説【一人暮らしも可】

オール電化の電気代を節約する方法

image3

オール電化住宅で暮らすなら、電気代の節約方法を知っておくと安心です。オール電化の電気代を節約する主な方法は、以下の通りとなります。

  • 意識的に電気の使用量を抑える
  • 太陽光発電を導入する
  • 蓄電池を導入する

まずは意識的に電気の使用量を抑えるのが有効でしょう。オール電化は電気の使用量に応じて電気代が加算されていくため、意識的に使用しない時間を作るだけでも効果的です。

電力消費の激しい家電の電源を切ったり、待機電力のある家電をコンセントから抜いたりするだけでも節約効果を得られます。

古くなった家電がある場合は、新しい家電に買い換えるのも良いでしょう。

他には太陽光発電・蓄電池を導入する方法も有効です。太陽光発電と蓄電池があれば、自宅で電力を生み出して貯めておけるため、電気の自給自足が可能となります。

自家消費する分の電力を自宅で生み出せるようになれば、電力会社から購入する分を削減でき、結果的に電気代の節約になるでしょう。

なお、蓄電池を導入する場合は持ち運びできるポータブル電源が最適です。ポータブル電源ならいつでもどこでも持ち出して、あらかじめ充電した電気が使用できます。

太陽光発電との相性に優れ、各種デバイスの充電はもちろん家電の約80%にも対応できるなど高性能なものが揃っています。

EcoFlowでは、高出力・大容量のポータブル電源を取り扱っており、製品によっては毎月約30%の電気代を削減可能です。

例えば、EcoFlow DELTA Pro 3を導入すると1台で毎月約30%の電気代を削減できるため、うまく活用することで電気代の大幅なカットが実現できるでしょう。

DELTA Pro 3

エクストラバッテリーと組み合わせると最大90%の電気代を節約できるため、オール電化の電気代も抑えられます。

いざというときは非常用電源としても活用できるため、防災グッズとしても備えておくと安心ではないでしょうか。

詳しくは、次のリンクからご覧いただけると幸いです。

EcoFlow DELTA Pro 3

まとめ

オール電化の電気代(一人暮らし)の目安、ライフスタイル別の電気代、メリット・デメリット、節約する方法を解説しました。

一人暮らしでオール電化住宅に住む場合、電気代はおおよそ毎月1万円となります。1日中家にいる場合は加えて1,000〜2,000円ほどかかるのが一般的です。

しかし、日中を中心に過ごす場合は6,300円前後、夜中を中心に過ごす場合は8,000前後となるため、外に働きに出ている人は比較的電気代も抑えられるでしょう。

他にも電気代を節約する方法はいくつかあるため、できるところから実践してみてはいかがでしょうか。可能であれば、太陽光発電・蓄電池の導入もご検討ください。

太陽光発電と蓄電池があれば、オール電化の利点をより活かせます。

なお、EcoFlowでは小型かつ軽量のポータブル電源を取り揃えており、電源の取れない場所でアウトドアやリモートワークの際に便利です。

製品によっては1時間の充電で1日分のエネルギーを創出できるものもあるため、オール電化と組み合わせてサステナブルな生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

なかには、EcoFlow DELTA Pro 3など工事不要で節電効果が期待できるポータブル電源があるため、オール電化の電気代を削減したい人はぜひ一度ご検討ください。

EcoFlow DELTA Pro 3は節電が期待できる一方で高出力・大容量でほとんどの家電製品に対応できるため、自宅の非常用電源としても役立つでしょう。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください