電気代が安い時間帯は?節約する方法や注意点を解説

-

電気代が安い時間帯は?節約する方法や注意点を解説

-

電気代を節約したいと思っているものの「何から始めればいいかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

結論を先にいうと、電気代は安い時間帯を把握しておくことが節約のコツです。

この記事では、電気代が安い時間帯、節約する方法、注意点をわかりやすく解説します。

電気代が安い時間帯について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

電気代が安い時間帯

電気代 安い時間

早速ですが、電気代が安い時間帯について解説します。

従量電灯か時間帯別電灯で変わる

電気代は、従量電灯か時間帯別電灯で変わります。

従量電灯は「使用量によって金額が変わるもの」を指し、時間帯別電灯は「時間帯によって金額が変わるもの」を指します。

つまり、電気代が安い時間帯を狙うなら従量電灯ではなく時間帯別電灯に注目するのが良いでしょう。時間帯別電灯を抑えられれば、より効率的に電気代が節約可能です。

ただし、時間帯だけでなく普段の電気の使用量を節約することでさらなる節約が見込めるため、従量電灯にも注目しておくとより節約につながるはずです。

その点は従量電灯・時間帯別電灯の両面から節約を意識してみてはいかがでしょうか。

夜間:夜23時~朝7時

夜間(夜23時〜朝7時)は電気代が安い時間帯とされています。

夜間は人々が寝ているため、電気の使用量そのものが減る時間帯です。電力会社もこの時間帯はオフピークとして設定しており、電気代が抑えられています。

オフピークは「電力会社が電気代を安く設定している時間帯」で、昼間の時間帯と比べても電気代が安い時間帯といえるでしょう。

電力会社によっては夜の21時や22時から安くなる場合もある他、朝の8時や9時まで安い場合もあるため、夜間を狙って使用すれば電気代も抑えられるはずです。

冬季:11月~3月

冬季(11月〜3月)も電気代が安い時期とされています。

冬季は照明や暖房などで電気の使用量が増えるため、逆にこの時期をオフピークに設定している電力会社もあります。結果的に寒い時期の方が電気代が安くなる傾向にあるわけです。

ただし、電気の使用量自体は増える時期であるため、電力の単価だけで見ると安く感じるかもしれませんが、電気代そのものはむしろ高くなっている場合もあるでしょう。

その点は電気代そのものの単価がどう変化しているのか、把握しながら使用するよう心がけることが重要です。

休日

例外として、休日も電気代がやや安い日とされています。

休日は家庭や職場での電気の使用量が減るため、電力会社も休みの日はオフピークと設定している場合があります。当然ながら、オフピークの時間帯は電気代も安いです。

ただし、一日中家にいて家電を使用していると結果的に電気代が高くなるため、だらだらと電気を無駄遣いしてしまわないよう注意が必要です。

なお、一般家庭における電気代の相場や電気代の値上げについては次の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

一般家庭における電気代の相場|世帯数別・季節別の変動幅を詳しく解説
電気代の値上げが深刻化!オール電化住宅の電気代節約術を詳しく解説【一人暮らしも可】

電気代を節約する方法

image4

では、電気代はどのように節約すれば良いのでしょうか。ここからは、電気代を節約する方法について解説します。

電気使用量を削減する

電気代を節約するには、単純に電気使用量を削減するのが良いでしょう。例えば、次のような対策を講じることで、電気代を一定量まで節約可能です。

  • 節電グッズを使用する
  • 家電の設定を見直す
  • 不要な電気を消す

例えば、LED電球や省エネ家電など節電グッズを使用すればある程度の電気代を抑えられます。最近は節電向けのグッズが各メーカーから販売されているため、積極的に取り入れることで電気代を削減できます。

また、エアコンやストーブなどの空調・冷暖房は温度設定や運転モードを調節することで節約効果を高めるのも良いでしょう。家電のなかでもエアコンやストーブは電力消費が激しいため、毎日使用する場合は設定を見直すことを推奨します。

その他、テレビやライトなど普段使用していないものはスイッチを切っておくだけで節電になります。小さなことかもしれませんが、こまめに電源をオフにするだけでも効果的です。

電力会社を変更する

電力会社を変更するのも効果的です。

2016年4月から電力自由化が進められたことで、契約する電力会社をユーザーが自由に選べるようになりました。

従来の地域別の独占的な供給ではなく、需要に応じて電力会社を選べるようになったことでさまざまなサービスやプランも生まれ、今では自分で選ぶのが当たり前の時代になっています。

従来よりも安いサービスやプランも登場しているため、2016年4月よりも前から電力会社を変えていない方は思い切って変えてみるのも良いでしょう。

賃貸の場合は管理会社や不動産会社にいわれるがまま契約している場合もありますが、電力会社を選ぶ権利は契約者本人にあるため、定期的に見直すのが効果的です。

もし「電気代が高いな」と感じたら、電力会社の変更を推奨します。

電気料金を見直す

電気料金を見直すのも効果的です。

電気料金は電力会社によって決められているものの、電力自由化によって各社が色々なサービスやプランを提供するようになり、電力料金の多様化が進んでいます。

契約内容によっては電気代が大幅に変わってくる場合もあるため、一度電気料金そのものを見直してみるのも良いでしょう。

なかでも、自分自身のニーズやライフスタイルに合ったものを選ぶことで電気代の無駄を削減できるため、電気の使用状況に併せて電気料金の見直しをご検討ください。

太陽光発電を導入する

電気代を長期的な目線で節約したい場合は、太陽光発電を導入するのも良いでしょう。

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気に変換するもので、いわゆる再生可能エネルギーを活用した発電方法となっています。

発電の主なエネルギーとなるのは太陽の光であるため、自宅に太陽光発電設備を導入するだけで半永久的な発電が可能です。

ソーラーパネルやパワーコンディショナーと併せて蓄電池(ポータブル電源)などを取り入れることで自宅で発電&蓄電が可能となり、電力会社から購入する分を節約できます。

太陽光発電設備を導入するとなるとまとまった初期費用こそかかるものの、うまく運用できれば電気代の節約になるだけでなく、環境問題にも配慮可能です。

もし予算に余裕がある場合は、ぜひ太陽光発電の導入も検討してみましょう。

その他、夏や冬など季節に合わせた節電方法を知りたい場合は他の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

暑さを我慢する必要なし!夏の電気代を節約する7つの方法を徹底解説
冬の電気代を節約したい!家庭でできる効果的な節電対策9選!

電気代に関する注意点

image3

電気代に関しては、いくつかの注意点を把握しておくことが重要です。ここからは、電気代に関する注意点について解説します。

無理に節約しようとしない

無理に節約しようとするのはご法度です。

例えば、電気代を節約するのに必死で本来の生活が失われては本末転倒です。常に節電を気にする生活を送ることで体調を崩してしまっては節約どころではありません。

大切なのは自分自身もしくは家族の生活を守りながら電気代を抑えることにあります。無理して電気代を削減して生活のレベルを落としていては快適な生活が送れないため、節約はほどほどにしましょう。

最初はできるところから節約を始めるのが賢明です。

不要な家電の電源を切る

不要な家電の電源を切るのは、節電の基本中の基本となります。

照明のスイッチを切るのはもちろん、タイマーなど待機電力がある家電はコンセントから抜いておくのも効果的です。

待機電力のある家電はコンセントにつないでいるだけで一定の電力を消費するため、直近で使用する予定がない場合はプラグを抜いておきましょう。

もちろん、待機電力を節約しても微々たるものですが、1週間や1ヶ月では効果が感じられなくとも1年〜数年と経過すると差が出てきます。

最初はあまり効果を実感できないかもしれませんが、長く続けていくことで節約に対する意識も高まっていくため、積極的に不要な家電の電源は切るのが賢明です。

省エネ性能を確認する

省エネ性能を確認しておくのも電気代の節約につながるでしょう。

家電によっては省エネ性能が備わっているものと備わっていないものがあり、長期的な目線で見るとやはり省エネ性能を搭載しているものの方が節電になります。

現代は各メーカーが競うように省エネ性能を売りにした家電を販売しているため、積極的に導入してみるのがおすすめです。

電力が限られている日本では、今後もより省エネ性能を搭載した家電が開発されると予想されるため、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

省エネ家電も初期費用がかかりますが、長い目で見ると電気代の節約になるでしょう。

EcoFlowスマートホームパネルを便利に使って電気代の節約に
DELTA Pro Ultraと組み合わせて使用する電源切替盤EcoFlow Power Switch Kit2024年2月21日より販売開始

電気代を安くするポータブル電源の活用例

image1

電気代を安くするためには、ポータブル電源の活用も考えてみると良いかもしれません。

ポータブル電源とは太陽光発電などで生み出した電力を蓄電しておける設備、いわゆる蓄電池のことです。その蓄電池を持ち運べるようにしたのがポータブル電源となります。

ポータブル電源はソーラーパネルやパワーコンディショナーなど、太陽光発電設備と組み合わせることで電力を溜め込んだままいつでもどこでも使用できます。

発電と蓄電が同時に行えるため、生み出した電力を無駄にすることがなく電気代の節約にも効果的です。

作る電力は太陽の光を利用したものであるため、普段電力会社から電気を購入している場合は、発電量に比例して電気代を安くできるでしょう。

電気代が高い日中は太陽光発電で生み出した電気を使用し、電気代が安い夜中は電力会社から供給される電気を使用すれば、効率的に電気代の節約が可能となります。

余剰電力が出た場合、一定条件をクリアすることで電力を買い取ってもらえる「売電」を行うことでさらに家計の助けにもなるはずです。

ポータブル電源があればキャンプなどのアウトドアや災害時の避難所などでも使用できるため、非常用電源として置いておいても安心ではないでしょうか。

なお、EcoFlowでは日々の節電に効果的なポータブル電源だけでなくソーラーパネルも扱っています。特にポータブル電源は軽量かつ小型のものはもちろん中型〜大型のものも揃えており、どのようなシーンにも対応できる製品が満載です。

普段使いで電気代を節約するのはもちろん、電源が取れない場所で使用したり、電力を生み出して売電したりと幅広い用途に使用できます。

詳しくは次のリンクからお問い合わせいただけますと幸いです。

EcoFlow ポータブル電源
EcoFlow ソーラーパネル

まとめ

電気代が安い時間帯、節約する方法、注意点を解説しました。

電気代が安い時間帯は「夜間・冬季・休日」の3つの時間帯となります。冬季や休日は電気代そのものは高いものの、オフピークに設定されている時間帯であれば比較的電気代を抑えることが可能です。

夜間に関しては電力会社の多くがオフピークの時間帯としており総じて電気代も安いため、電気代を節約したい方は夜23時〜朝7時までの夜間に使用すると良いでしょう。

なお、電気代の節約なら太陽光発電設備の導入もおすすめです。EcoFlowでは、ポータブル電源やソーラーパネルなど電気代の節約になる太陽光発電設備を販売しています。

太陽光発電システムがあれば、電気代の節約になるだけでなく、緊急時の非常用電源としてはもちろん出先での電源としても活用できるでしょう。

EcoFlowの製品は一般的な家電の80%に対応できるため、もし「電気代を節約しつつ家電も使用したい」という場合はぜひ当社の製品をご検討ください。

当社の製品なら電気代を節約するだけでなく、効率的に電力を生み出して売電につなげることも可能です。詳しくは、次のリンクからご覧いただけます。

EcoFlow ポータブル電源
EcoFlow ソーラーパネル

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください