オール電化の電気代は平均どれくらい?世帯人数別の料金と電気代が高い原因を解説

-

オール電化の電気代は平均どれくらい?世帯人数別の料金と電気代が高い原因を解説

-

「オール電化住宅の電気代は平均どれくらいなの?」という疑問がある方もいるでしょう。オール電化住宅の電気代は世帯人数によって大きく変動するため、世帯人数や使用状況を踏まえて電気代を計算する必要があります。

オール電化住宅の場合、暖房、調理、給湯など、生活に必要なすべてのエネルギーを電気でまかなうため、電気使用量の管理が特に重要です。電気代が高い原因を明確にし、その上で状況に合った効果的な節電対策を講じることが大切です。

本記事では、オール電化の電気代平均や電気代が高い原因、効果的な節電対策について解説します。オール電化住宅の電気代を下げたいと思っている方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

【世帯人数別】オール電化の電気代は平均どれくらい?

オール電化 電気代 平均

オール電化住宅の電気代は、世帯人数によって大きく変動します。関西電力が公表した「オール電化世帯人数別の電気代平均額」によると、世帯人数別の電気代は以下のようになります。

世帯人数オール電化住宅の電気代
1⼈暮らし10,777円
2人暮らし13,406円
3人暮らし14,835円
4人暮らし以上16,533円
引用:オール電化世帯人数別の電気代平均額|関西電力

※ 関西電力のオール電化プランを利用中の「はぴeみる電」会員データ(2020年~2021年の年間使用量の平均値)より算出した平均使用量をもとに、「はぴeタイムR」プランの料金単価を適用して算出

暖房、調理、給湯など、生活に必要なすべてのエネルギーを電気でまかなうオール電化住宅は、電気使用量の管理が重要になります。

電気代の計算方法

実際の電気代は、使用した電力量に電気料金単価を乗じて計算します。具体的な計算式は以下の通りです。

「電気料金=消費電力量(kWh) × 電気料金単価(円/kWh)」

全国家庭電気製品公正取引協議会が「新電力料金目安単価」としている価格は、1kWhあたり「31円(税込)」です。電気使用量を把握し、効率的なエネルギー使用を心がけることが、オール電化住宅における電気代節約の鍵となります。

世帯人数が増えるとオール電化の電気代が高くなる理由

オール電化 電気代 平均

世帯人数が多い家庭では電気の使用量が増え、それに伴って電気代も上昇します。特にオール電化住宅では、暖房や調理、給湯といったすべての生活エネルギーを電気でまかなうため、この傾向がより顕著になります。以下、具体的な理由について2つ紹介します。

  1. 家族がそれぞれ別の家電製品を使う頻度が増える
  2. 家電製品の待機電力が増加する

それぞれの理由の詳細を順番に見ていきましょう。

理由1.家族がそれぞれ別の家電製品を使う頻度が増える

家族の人数が多ければ多いほど、同時に複数の家電製品を使用する機会が増えます。各自がテレビやパソコン、ゲーム機などを使用することで、消費電力は自然と増加します。

特に朝の支度や夕方以降の時間帯には家電製品の使用が集中し、消費電力が全体で増えることにより、結果として電気代が上がってしまうのです。

理由2.家電製品の待機電力が増加する

オール電化住宅では、使用していないときでも電力を消費する待機電力の影響が無視できません。家にある家電製品がたくさんあるほど、待機電力による消費も大きくなります。

例えば、テレビやコンピューター、キッチン家電など、多くの機器が常時コンセントに接続されていることで、気付かないうちに電気代が着実に増加しています。少しでも電気代を削りたいなら、これらの待機電力を減らすことも対策の1つです。

オール電化の電気代はガス併用よりも高い?

オール電化 電気代 平均

結論、オール電化住宅はガスの分も電気でまかなっているため、ガス併用の住宅よりも電気代が基本的に高くなります。近年の電気代値上がりの影響もあり、オール電化住宅のほうが電気代は高くなりがちです。

しかし、電気代とガス代を含めたトータルコストで考えた場合、オール電化住宅のほうが安くなる傾向にあります。その理由は、電気とガスによる基本料金の二重払いを防げることと、夜間の電気料金が安くなるプランを有効活用できるためです。

ガス併用の住宅オール電化住宅※
電気料金ガス料金他の光熱費光熱費合計電気料金
1⼈暮らし5,482円3,001円651円9,134円10,777円
2人暮らし9,183円4,330円1,311円14,824円13,406円
3人暮らし10,655円4,930円1,169円16,754円14,835円
4人暮らし以上11,836円4,903円878円17,617円16,533円
引用:オール電化世帯人数別の電気代平均額|関西電力

※関西電力のオール電化プランを利用中の「はぴeみる電」会員データ(2020年~2021年の年間使用量の平均値)より算出した平均使用量をもとに、「はぴeタイムR」プランの料金単価を適用して算出

1人暮らしの住宅ではオール電化住宅のほうが高くなっていますが、それ以外の世帯人数ではオール電化住宅のほうが安くなっていることがわかります。ただし、実際のトータルコストは利用状況によって大きく変わるため、必ずしもオール電化住宅のほうが安くなるとは限りません。

一般家庭における電気代の相場|世帯数別・季節別の変動幅を詳しく解説

日中の使用が多ければ高くなりやすい

日中に家で過ごす時間が長い家庭では、オール電化住宅のメリットが薄れがちです。オール電化向けのプランは深夜料金が安くなる代わりに、日中の料金が高くなる傾向にあるため、日中の使用量が多い場合は電気代が高くなってしまうのです。

しかし、太陽光発電システムを使ったオール電化住宅なら、このデメリットを相殺できます。発電した電力を日中に使うことで、電気代が高くなりがちな日中の使用量を効果的に抑えられます。

オール電化の電気代が高いと感じる5つの原因

オール電化 電気代 平均

オール電化住宅で電気代が予想以上に高くなる場合、その背景にはいくつかの共通した原因が存在します。これらの原因を理解し、適切な対策を講じることで、電気代の節約が実現可能です。

  1. 電気料金が全体的に値上げされている
  2. 再エネ賦課金が値上がり傾向にある
  3. 契約プランが合っていない
  4. 電力を無駄に消費している
  5. 古い家電製品を使用している

以下、各原因の詳細を1つずつ見ていきましょう。

原因1.電気料金が全体的に値上げされている

エネルギー市場の変動や政策の変更により、電気料金は全体的に上昇傾向にあります。主に以下のような理由で、電気料金の値上がりが起こっています。

  • 燃料費調整額の高騰
  • 国内の電力供給不足

例えば、ロシアによるウクライナ侵攻や新型コロナウイルス感染症の影響により、燃料費調整額が高騰しています。このような状況下では、定期的に料金プランを見直し、自宅の使用状況に最も適した条件で契約することが重要です。

原因2.再エネ賦課金が値上がり傾向にある

再生可能エネルギーの普及を支援する目的で導入された再エネ賦課金は、毎月の電気代に上乗せされています。この再エネ賦課金が年々値上がりする傾向にあり、それがオール電化住宅の電気代全体の上昇に大きく寄与しています。

実際、再エネ賦課金は2012年から2022年まで上がり続けており、今後も再エネ賦課金の値上がりが予想されています。再エネ賦課金の影響を最小限に抑えるためには、省エネルギー対策を積極的に実施することが大切です。

原因3.契約プランが合っていない

毎月の電気代が著しく高いと感じる場合、そもそも契約プランが合っていない可能性があります。自宅の電力使用状況に合っていない電力プランを選択していると、無駄に高い電気代を支払うことになります。

特にオール電化住宅では、電力使用量や生活パターンに合わせたプラン選びが一層重要です。例えば、夜間に電力を多く使用する家庭では、夜間に安価な料金設定のプランが適しています。

原因4.電力を無駄に消費している

日常生活のなかで気付かないうちに電力を無駄に使っており、電気代が高くなっているケースもあります。例えば、使用しない家電製品のプラグを抜かずにおく、必要以上に室温を調整しているなどが該当します。

特に使用頻度の高い家電製品で無駄な電力を消費していると、電気代の上昇につながりやすくなるため注意が必要です。

原因5.古い家電製品を使用している

古い家電製品が原因で電気代の上昇を招いているかもしれません。古い家電製品は新しい製品に比べて電力消費効率が悪く、結果として電気代の高騰を招くことがあります。

例えば、古い冷蔵庫の場合、新しい製品に比べて消費電力が大きくなりやすい傾向にあります。

年度消費電力(kwh/年)冷蔵庫の大きさ(L)製品名
2008年440kWh/年603LNR-F603T
2013年274kWh/年500LNR-F503HPX
2018年259kWh/年500LNR-F504HPX
2023年252kWh/年600LNR-F609WPX

省エネ性能に優れた最新の家電製品に更新することで、電力消費を大幅に削減できる場合があります。特にオール電化住宅では、給湯器や冷暖房器具などの主要な家電製品の省エネ性能が電気代に大きな影響を与えます。

オール電化の電気代を節約する7つの対策

オール電化 電気代 平均

電気代の節約は、日々の生活のなかで意識することで大きな効果をもたらします。本項では、オール電化の電気代を節約する7つの対策を紹介します。

  1. 家電製品の使い方を見直す
  2. 電気料金が安くなる時間帯に使用する
  3. 節電グッズを有効活用する
  4. 省エネの家電製品に買い替える
  5. 契約している電力プランを見直す
  6. 電力会社を変更する
  7. 太陽光発電システムを導入する

それぞれの対策内容を順番に解説していきます。

対策1.家電製品の使い方を見直す

まずは、家電製品の使い方を見直すことが大切です。使用していない家電製品はこまめに切ること、節電設定を活用することで、エネルギーの無駄遣いを減らすことができます。

テレビやパソコンなど、待機電力も無視できない家電製品は、使わないときにコンセントから抜くなどの対策を取りましょう。

エアコンの節電方法を徹底解説!省エネエアコンの魅力、製品の選び方

対策2.電気料金が安くなる時間帯に使用する

時間帯別電力料金プランを利用して、電気料金が安い時間帯に電力を多く使用する環境を作るのも1つの手です。例えば、洗濯機や食洗機、電気温水器などを夜間や早朝の低料金時間帯に使用することで、電気代の削減に役立ちます。

また、エアコンも同様にできる限り夜間に使用することをおすすめします。このように、電力使用のタイミングを工夫することが節約への近道です。

対策3.節電グッズを有効活用する

節電グッズを有効活用する方法は、比較的簡単にできる節電対策です。具体的には、以下のような節電グッズの活用が挙げられます。

  • LED電球
  • 節電タップ
  • 断熱カーテン
  • 扇風機用の保冷剤

これらの節電グッズを複合的に活用すれば、簡単な対策で電気代の節約効果が見込めます。ぜひ購入を検討してみてください。

対策4.省エネの家電製品に買い替える

いっそのこと省エネの家電製品に買い替える方法もあります。エアコンや冷蔵庫といった大型家電を省エネ製品に買い替えることで、電気代の大幅な削減につながります。

近年の家電製品は省エネ技術が進化しており、エコモードなどで電気代の節約につながる可能性があるのです。特にオール電化住宅では家電製品の使用頻度が高いため、買い替えによる節約効果は大きいと言えるでしょう。

対策5.契約している電力プランを見直す

現在契約している電力プランが、自宅のライフスタイルや電気使用量に適しているかどうかを定期的に見直しましょう。家庭の電気使用状況に合わないプランを利用していると、不必要な電気代を支払っている可能性があります。

最適なプランへの変更は、毎月の電気代を効果的に抑える方法の1つです。複数の電力プランを比較検討し、最適なプランを選択しましょう。

対策6.電力会社を変更する

電力自由化によって、多様なプランが各電力会社から提供されています。ほかの電力会社のプランが現在の生活スタイルや電気使用量により適している場合は、乗り換えを検討する価値があります。

公式サイトや比較サイトなどを活用して、使用状況に適したプランを提供する電力会社を見つけることが重要です。その際は、キャンペーン内容やサービス内容を一緒に確認するようにしましょう。

対策7.太陽光発電システムを導入する

自宅で太陽光発電システムを利用することにより、電力会社から購入する電力量を減らし、電気代の削減につなげられます。ある程度の初期投資は必要ですが、設置後は自由に電力を得られるため、長期的には電気代の節約効果が見込めます。

また、余剰電力を売電することで収入を得ることも可能です。太陽光発電は環境にやさしく、経済的なメリットも大きい持続可能なエネルギー対策の1つです。

ポータブル電源とは?モバイルバッテリーとの違いは?

持ち運び簡単!EcoFlowソーラーパネルシリーズはこちら

「ローコストで太陽光発電システムを導入したい」「アウトドア活動で使用できるポータブル電源やソーラーパネルを購入したい」という方は、以下のセット商品の導入を検討してみてください。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

まとめ

本記事では、オール電化の電気代平均や電気代が高い原因、効果的な節電対策について解説しました。

オール電化住宅の電気代は世帯人数によって大きく変動するため、世帯人数や使用状況を踏まえて電気代を計算する必要があります。電気代が高いと感じる主な原因は、電気料金が全体的に値上げされている、再エネ賦課金が値上がり傾向にある、契約プランが合っていないなどさまざまです。

電気代が高い原因を明確にし、その上で状況に合った節電対策を講じることが大切です。長期的な節電対策を図りたいなら、太陽光発電システムの導入をご検討ください。

本サイトを運営するEcoFlowでは、持ち運び可能なポータブル電源とソーラーバッテリーのセット商品を販売しております。セット商品の導入をぜひご検討ください。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください