振動発電とは?どんなメリットがあるの?特徴や課題、4つの発電方式を解説

-

振動発電とは?どんなメリットがあるの?特徴や課題、4つの発電方式を解説

-

「振動発電とは?特徴や課題、発電方式を知りたい」という疑問がある方もいるでしょう。振動発電とは、機械や建物、人の動きなどで発生する振動から電力を作り出す発電方法のことです。

振動発電には電磁誘導や静電誘導など、複数の発電方式があり、それぞれの方式によって特徴や適切な用途が異なります。この発電方法を有効活用することで、構造物への負担を減らせる、電池を処理する必要がないといったメリットが見込めます。

しかし、一般家庭での導入は難しく、振動発電特有のデメリットがあるのも事実です。本記事では、振動発電の特徴と課題、発電方式、具体例・導入例を詳しく解説します。

振動発電とは?

振動 発電

振動発電とは、機械や建物、人の動きなどで発生する振動から電力を作り出す発電方法のことです。日常生活や産業活動で発生する振動エネルギーを有効活用する方法の1つであり、具体的に以下のような振動で発電が可能です。

  • 自動車の振動
  • 鉄道の振動
  • 生産機械や工作機械の振動
  • ボールがぶつかる振動
  • 波や水流の振動
  • 重心移動の振動

この技術は、歩行や車両の運動、建物の振動など、さまざまな場所での微細なエネルギーを捕捉し、電力として有効的に利用します。振動発電装置は、その原理に応じて「電磁誘導」や「静電誘導」などを用いたものがあります。

特に磁束の変化によってコイル内に電位差を発生させる電磁誘導は、振動発電のなかでも一般的な発電方式です。振動発電の応用例としては、無電源車両検知システムや開閉検知無電源センサーなどが挙げられます。

振動発電の特徴と課題

振動 発電

振動発電の特徴は、無駄に捨てられがちなエネルギーを回収できる点にあります。日常生活や産業活動で発生するさまざまな振動からエネルギーを取り出し、それを電力に変換することが可能です。

この技術により、歩行や交通機関、建物の揺れなど、これまで利用されなかったエネルギー源を有効活用でき、近年の電力不足を補うことに寄与します。また、取り出せるエネルギー密度が比較的高いという点も特徴の1つです。

振動発電は建物や自動車、鉄道などが動くたびに必ず発電できることから、太陽光発電や風力発電とは違い、天候や季節に左右されないエネルギー源とも言えます。

振動発電の課題

無駄なエネルギーを有効活用できる振動発電ですが、いくつかの課題も存在します。最も大きな課題は、現在の技術では発電するたびに電力のロスが発生する点です。

小さな振動から大量の電力を生成するには、効率の良い変換メカニズムが必要となりますが、これが技術的なハードルとなっています。また、振動源の振動数が共振から外れた場合、発電量が低下してしまうのも欠点の1つです。

加えて、振動発電システムのコスト削減も重要な課題です。広範囲にこのシステムを展開するためには、低コストでの製造と導入が必須となります。現在、研究開発が進められている段階で、将来的にはこれらの課題を克服することが期待されています。

振動発電の可能性は大きく、未来のエネルギー供給に革命をもたらすかもしれません。効率向上とコスト削減の課題を解決するための研究が、今後さらに重要となっていくでしょう。

振動発電における4つの発電方式

振動 発電

振動エネルギーを電力に変換する方式はさまざまで、それぞれに異なる特徴があります。以下、代表的な4つの発電方式を解説します。

  1. 電磁誘導
  2. 静電誘導
  3. 逆磁歪効果
  4. 圧電効果

各発電方式の特徴を知ることで、振動発電の理解がより深まるはずです。各方式の利点や課題について詳しく見ていきましょう。

電磁誘導

電磁誘導方式は、コイル内を動く磁石によって電力を発生させる方法です。この方法は古典的でありながらも、効率的な発電が可能です。特に大きな振動を伴う環境下での利用に適しており、発電所のタービンなどに応用されています。

この方式のメリットは、構造が比較的単純であり、大規模な発電に適している点です。しかし、小規模な振動を捉えるのは難しく、小型化の実現が難しいとされています。

静電誘導

静電誘導方式は、振動によって電荷の偏りを生じさせ、その電荷の移動から電力を得る方式です。電荷を連続的に移動させることにより、正と負の電荷の差を発生させて発電を行う仕組みです。

微細な振動でも発電が可能なため、幅広い用途に適用できます。日常生活での小さな動きや振動からもエネルギーを回収できるため、ウェアラブルデバイスやセンサーの電源としての応用が期待されています。

微細な振動を効率的に電力に変換できる利点がありますが、高い技術が必要とされ、コストの面での課題もあります。

逆磁歪効果

逆磁歪効果方式は、磁性材料の形状変化を利用して電力を発生させる方法です。磁性材料に力を加えて歪ませることにより、磁束が変化する現象を用いてエネルギーを回収します。

この方式は、振動が材料に微細な形状変化を引き起こし、それが電力に変換される原理に基づいて発電を行います。数V程度の電圧でも発電することが可能です。

逆磁歪効果方式の利点は、小さな振動でも高い発電効率を実現できる点です。しかし、特殊な材料が必要となるため、材料の選定やコストが課題となり得ます。

圧電効果

圧電効果方式は、圧電素材を振動させることで電圧を発生させる方法です。この方式では、水晶や特定のセラミックス材料などを利用し、力を加えて歪みを起こすことで電気分極が発生する仕組みを利用します。

小型で軽量な発電装置の製造が可能であり、ライターやガス台の点火などに採用されています。非常に小さな振動を利用しても効率的に電力を生成できるため、日常生活のなかで発生するさまざまな振動を利用した発電に適しています。

しかし、電気抵抗が大きいことから、電流を効率的に取り出したい場面には向いていません。また、材料が硬く脆いため、衝撃に弱いという難点があります。

振動発電における4つのメリット

振動 発電

振動発電は、環境にやさしい持続可能なエネルギー源としてさまざまな利点があります。本項では、振動発電における4つのメリットについて解説します。

  1. 構造物への負担を減らせる
  2. 電池を処理する必要がない
  3. 免震効果や防音効果も期待できる
  4. 防犯装置としても活用できる

以下、各メリットの詳細を順番に紹介していきます。

メリット1.構造物への負担を減らせる

余分な振動を抑えることで、構造物への負担を軽減できます。これは、特に大型の機械や建築物にとって効果的で、振動によるダメージや摩耗を減らすことに寄与します。

また、長期的なメンテナンスコストの削減にもつながることから、経済的なメリットも大きいと言えるでしょう。

メリット2.電池を処理する必要がない

一般的な電池のように定期的な交換や処理が不要で、環境への負担が少ない点が特徴です。振動エネルギーを直接電力に変換するため、使用後の廃棄物が発生しにくく、環境保護に貢献します。

現在利用されている乾電池の数は、各種リモコン用のものだけでも10億本以上と言われており、正しく処理しない場合には環境に負担がかかります。その点、振動発電を駆使し、電池不要リモコンを普及させれば、省エネとともに環境への負担軽減にもつながるのです。

メリット3.免震効果や防音効果も期待できる

3つ目のメリットは、免震効果や防音効果に期待できることです。振動をエネルギーに変換すれば、免震や防音にも一定の効果を発揮します。

これは、振動エネルギーが無駄に散逸することなく有効活用されるため、建築物における快適性の向上に貢献します。特に都市部や騒音が問題となる地域において、このメリットは大きな価値を持つと言えるでしょう。

メリット4.防犯装置としても活用できる

特定の振動を検知して電力を発生させることで、防犯システムに利用できます。例えば、不審者の侵入を検知するセンサーとして振動発電技術を応用すれば、電力供給を必要とする場所でも効率的にセキュリティシステムを運用することが可能です。

この活用方法は、ほとんどランニングコストなしで稼働できる点が大きなメリットです。セキュリティ分野での応用も期待されており、新たな防犯対策としての可能性を秘めています。

振動発電の具体例・導入例

振動 発電

振動発電技術は、さまざまな分野での実用化が進んでいます。例えば、発電床やリモコン、建設業など、その分野は多岐にわたります。以下、振動発電の主な具体例・導入例を見ていきましょう。

発電床

人々の歩行による振動を利用して発電する床は、公共施設やイベント会場での導入が進んでいます。この技術は、多くの人が行き交う場所に設置することで、大量のエネルギーを効率的に生成できます。

また、エコフレンドリーな発電方法として注目されており、来場者に再生可能エネルギーの重要性を伝える役割も果たしています。日本国内でも、2006年には丸の内北口改札で、2008年には八重洲北口改札で活用されました。

リモコン

振動発電を利用したリモコンは、ボタンを押す動作から電力を生成し、電池交換の手間を省きます。電池切れの心配がなく、製品を長期間にわたって使用できます。

この電池不要リモコンは、小さな振動を拾って電力を生み出すという振動発電の利点を活用した代表例です。持続可能な家電製品への応用例として期待されるこの技術は、日常生活におけるエネルギー消費の削減に貢献します。

建設業

建設機械や車両の振動を電力に変換し、現場でのセンサー類への電源供給に利用されることがあります。この方式は、厳しい環境下での電源確保を容易にし、作業効率の向上を実現します。

建設業における振動発電の認知は、通信や電子デバイスなどの業界に比べて低いですが、振動発電の技術を有効活用することで多くのメリットが見込めます。特に、建設機械を利用する際の振動や騒音は苦情の原因となりやすいため、建設業界への普及に期待の声が上がっています。

一般家庭で発電するなら太陽光発電システムがおすすめ

振動 発電

振動から電力を作り出す振動発電以外にも、日常生活に取り入れられる発電方法はたくさんあります。なかでも、太陽光発電システムを使った方法は、一般家庭で発電したい場合に適しています。

太陽光発電は、太陽電池(ソーラーパネル)を用いて太陽光を直接電力に変換する発電方法です。設置コストの回収期間が短くなっており、環境にやさしく経済的な選択肢となり得ます。

太陽光発電の利点は、日照がある限り安定して電力を供給できる点です。これにより、電力会社からの電力購入量を大幅に減らし、毎月の電気代の節約に寄与します。さらに、余剰電力を電力会社に売ることで収入を得ることも可能です。

【太陽光発電システムを構築する主な方法】

  • ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせる
  • ソーラーパネルとポータブル電源を組み合わせる

ソーラーパネルとポータブル電源を併用する方法では、システムを導入する際の初期コストを抑えられるため、「ローコストで発電設備を整えたい」という方におすすめです。

ポータブル電源とは?モバイルバッテリーとの違いや製品を​選ぶ際の5つのポイント

本サイトを運営するEcoFlowでは、ソーラーパネルとポータブル電源のセット商品を販売しております。持ち運びが可能なので、アウトドア活動や緊急時の避難先でも使用することが可能です。

「ローコストで太陽光発電システムを導入したい」「携帯性の高い製品を探している」という方は、EcoFlowが販売するセット商品の導入を検討してみてください。

大容量でパワフル!EcoFlowのDELTAシリーズセット購入はこちら

携帯性と機能性を両立!EcoFlowのRIVERシリーズセット購入はこちら

まとめ

本記事では、振動発電の特徴と課題、発電方式、具体例・導入例について解説しました。

振動発電は機械や建物、人の動きなどで発生する振動から電力を作り出す発電方法であり、さまざまな振動から電力を生成することが可能です。主な発電方式としては、電磁誘導、静電誘導、逆磁歪効果、圧電効果の4つが挙げられます。

一般家庭で発電システムを整えたい場合は、太陽光発電システムの導入がおすすめです。比較的ローコストで始めることができ、電力の売電や非常時の備えなど、多彩なメリットが見込めます。

携帯性の高い太陽光発電システムをお探しの方は、以下のEcoFlowセット商品の導入をご検討ください。ソーラーパネルとポータブル電源を併用した商品で、アウトドアの便利アイテムや非常時の備えとして利用できます。

大容量でパワフル!EcoFlowのDELTAシリーズセット購入はこちら

携帯性と機能性を両立!EcoFlowのRIVERシリーズセット購入はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください