電気の自給自足生活を始める方法は?メリットとデメリットを徹底解説!

-

電気の自給自足生活を始める方法は?メリットとデメリットを徹底解説!

-

世界情勢の影響からエネルギー資源の供給が悪くなり、日本国内でも電気料金の高騰という悩ましい問題が増えています。

物価高騰もあいまって、電気を自給自足によってまかない、高額な電気料金を抑えられないかと考える方も少なくありません。

この記事では、電気の自給自足を始める方法、自給自足生活を始めるメリットやデメリットを解説しています。電気の自給自足によって電気料金を抑えたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

電気の自給自足はオフグリッドとも呼ばれる

自給 自足 電気

電気の自給自足はオフグリッドとも呼ばれています。

オフグリッドとは電力会社から電気を購入せずに、太陽光などの自然エネルギーから電気を作り、家庭内の電化製品に利用する自給自足の生活を指します。

例えば、ソーラーパネルによって太陽光から電気を作り、家庭で使用する電化製品などに使用しますが、ソーラーパネルだけでは太陽光の当たらない時間帯の発電が難しいため、ソーラーパネルとともに蓄電池を設置することで、どのような状況でも電気を使える環境を実現します。

ただし、家庭内で使用するすべての電気を自給自足でまかなうと、悪天候や災害時に安定した電気を確保できないリスクが懸念されます。

そのため、公共電力網との接続を完全に遮断せず、電気を自給自足しながら足りない電気を購入するセミオフグリッドを導入するケースがほとんどです。

電気の自給自足を始める3つの方法

自給 自足 電気

電気の自給自足を始めるには、3つの方法があります。

  • 使用する電気の一部を自給自足にする方法
  • 不足したときだけ電力会社からカバーを受ける方法
  • すべての電気を自給自足する方法

どの方法で自給自足を始めるとしても、共通して必要になるのが発電設備と蓄電池です。

特にソーラーパネルで発電する場合、蓄電池がないと発電した電気を蓄えられず、夜間などの発電が難しい時間帯に電気を使用できません。

ここでは、電気の自給自足を始める3つの方法を解説します。

使用電力の一部を自給自足にする

日常生活において、使用電力の一部を自給自足にする方法があります。

例えば、ソーラーパネルとポータブル電源を用いて、照明器具やスマートフォンの充電など、消費電力の少ない電化製品の電気を自給自足する方法です。

一方、消費電力の高い電化製品は、電力会社からの安定した電気を利用します。

消費電力の大きさによって、自給自足の電気と電力会社から購入した電気を区別することで効率的な電気の自給自足が可能となるでしょう。

必要な電気を自給自足しながら足りないときは電力会社からカバーを受ける

家庭で使用する電気の大半を自給自足でまかないながら、不足した電気のみを電力会社に頼るパターンもあります。

大型のソーラーパネルと蓄電池を設置して、日中はソーラーパネルによって発電した電気、夜間は蓄電池に蓄えた電気を使用することで自給自足の生活を実現します。

ただし、天候が悪い、使用電力が多い、機器が故障したときなど、発電量よりも使用料が上回る場合は電力会社から電気を購入するのが一般的です。

いざというときは電力会社を頼る形となるため、電力会社との接続を完全には遮断しないセミオフグリッドの生活となります。

使用電力のすべてを自給自足で対応する

生活に必要なすべての電気を自給自足で対応する生活パターンもあります。基本的な設備は、足りない電気を電力会社から購入する方法と同様にソーラーパネルと蓄電池が必要です。

ただし、家庭内で使うすべての使用電力をまかなうためには、大量のソーラーパネルや大型の蓄電器などの大規模な発電環境を整える必要があるため、コスト面や生活面から見ても現実的ではありません。

特に発電量や蓄電量は設置するソーラーパネルや蓄電池の大きさが関係してくるため、機器を設置可能な広いスペースも必要です。

例えば、すべての消費電力をまかなうためにはソーラーパネルが複数枚必要になりますが、屋根だけでは面積が足りなかった場合はガレージや庭などにも設置しなければいけません。蓄電池に関しても蓄電量に比例して機器のサイズが大きくなるため、安全面を考慮して地盤を固める工事などが必要になる場合もあります。

そのため、すべての電気を自給自足でまかなうためには、費用面だけでなく、設置環境の構築が重要です。

また、定期的なメンテナンスや部品交換が必要になったり、自然災害などの外的要因による破損も起こる可能性があり、ランニングコストがかかります。

結果的に大規模な機器の設置は、専門的な知識も必要になってしまうこともあり、管理自体が難しくなってしまうでしょう。

電気を自給自足にした生活のメリット

自給 自足 電気

電気を自給自足した生活には、災害時の備え、電気代の節約、自然環境の保護など、さまざまなメリットがあります。

公共電力網に頼ることが当たり前の生活ですが、電気の自給自足を始めることによって、電力会社からの送電が遮断されてしまっても普段通りの生活を守れます。

ここでは、電気を自給自足した生活で得られるメリットを解説します。

停電などの災害時に強い環境が手に入る

電気の自給自足には、停電などの災害時に強い環境が手に入るメリットがあります。

台風や地震などの自然災害はどのようなタイミングで起こるか予測ができず、場合によっては電気を一切使えない停電状態に陥ることもあり、今この瞬間でも起こる可能性があります。

しかし、電気を自給自足していれば、蓄電池に蓄えた電気を非常用電源として活用が可能です。

例え公共電力網がダウンして地域一帯が停電になったとしても、自宅で使用する電気は蓄電池によってまかなえます。

人間は明かりを失うことで不安や恐怖心が大きくなり、まともな判断ができなくなるといわれています。特に災害発生時には冷静で正常な判断が求められるため、命を守るためにも蓄電池は必要不可欠です。

また、自宅に備え付けの大型蓄電池ではなく、持ち運びも可能なポータブル電源が、あらゆる場面で役立つと多くの方から利用されています。

災害時でも役立つポータブル電源について、詳しく知りたい方は次の記事もご覧ください。

災害時にポータブル電源は本当にいらない?役立つ場面や利用時の注意点を解説

電力会社からの購入電力を抑えて節約が可能

電気を自給自足する生活を始めれば、今まで電力会社から購入していた電力量を抑えられるため、電気料金の節約が可能です。

まかなう電力量によって異なりますが、消費電力の一部だけでも自給自足に変えることで電気代の節約に期待できるでしょう。

また、夏場の日差しが強い時期や節電によって余剰電力が生まれます。自宅で消費しない余剰電力は電力会社に売電も可能です。売電によって得た利益を電気料金と相殺すれば、実質的な節電効果を得られるでしょう。

その他、持ち運びが自由にできるポータブル電源を活用することでも節電が可能です。ポータブル電源を使って節電を検討中の方は、次の記事もご覧ください。

ポータブル電源で節電しよう

自然環境にやさしい環境を構築できる

電気の自給自足は自然環境保護にもつながります。

太陽光を利用した自給自足の電気で生活する場合、エネルギー資源を燃焼させて発電を行わないため、二酸化炭素などの温室効果ガスが発生しません。

地球温暖化の原因となる二酸化炭素を減らすことによって、脱炭素社会へ向かう運動への貢献にもなります。

国や自治体でも脱炭素社会への活動が活発になっており、太陽光発電や蓄電池を設置する場合に補助金制度を活用できる場合もあります。

電気を自給自足にした生活のデメリット

自給 自足 電気

電気の自給自足には、設備設置にかかる費用や設置環境の課題が挙げられます。また、安定した発電ができなかった場合のリスクも考えておかなければいけません。

ここでは、電気を自給自足した生活のデメリットを解説します。

設備の構築に初期費用やメンテナンス費用がかかる

電気の自給自足を始めるためには、初期費用やメンテナンス費用が発生します。

例えば、家庭のすべての電気を自給自足でまかなえる規模のシステムを導入する場合、ソーラーパネルや蓄電池などの設置に約800万円の費用が必要です。

さらに、初期費用だけでなく、設置後は定期的なメンテナンスや部品交換が必要になるケースもあり、ランニングコストだけでも高額な費用がかかります。

そのため、電気の自給自足を始めるには初期費用だけでなく、設置後のランニングコストも考慮しなければいけません。

発電量が天候の影響を受けやすい

ソーラーパネルを使った発電の場合、発電量が天候の影響を受けやすいデメリットが挙げられます。

発電効率の高いソーラーパネルでも、電気を作るエネルギー源はすべて太陽光です。太陽光が雲で隠れてしまったり、雨や雪などで日差しが降り注がない場合は、発電力が著しく低下します。

電気の自給自足において、安定した発電量の維持が課題となるため、天候の問題は重要なポイントです。

例えば、5月下旬から7月上旬などの梅雨の時期には、雨が多く降り、晴れ間も少ないため、蓄電池の電力が不足してしまう場合もあるでしょう。

電力が不足した場合は、電力会社から電気を購入するしか方法はありません。

年間を通して晴れが多い国とは異なり、日本には四季が存在するため、常に発電している状態を維持することは難しい課題です。

機器の故障によって一切発電できない状況に陥る

電気を自給自足している場合、機器の故障によって一切発電できない状況に陥るリスクは避けられません。一部の機器が故障してしまうだけでも、正常に発電や蓄電ができなくなってしまいます。

家庭で使うすべての電気を自給自足でまかなっている場合、機器の故障で電気を一切使えない停電状態に陥るリスクがあります。

発電を再開するためには機器の修理が必要になり、予期せぬ費用が発生する可能性もあるでしょう。

そのため、発電システムの故障は電気の自給自足において重要な問題です。

EcoFlowのDELTA Pro 3を導入して電気の自給自足生活を実現しよう!

電気の自給自足生活を実現するには、EcoFlowのDELTA Pro 3がおすすめです。

EcoFlowのDELTA Pro 3はシンプルかつパワフルな家庭用蓄電池で、EV向けバッテリーと同レベルのLFPセルが搭載されています。

容量4kWh、出力3.6kW、100V/200V対応で、ほとんどの家庭用電化製品に電力を供給可能であり、毎月約30%の電気代を削減できます

また、高い安全性と信頼性があり、衝撃、水、ほこり、発火等のリスクに強く、約11年という長寿命を誇ります。

電気の自給自足を実現したい方は、ぜひご検討ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

まとめ

電気の自給自足を始める方法、自給自足生活を始めるメリットやデメリットを解説しました。

電気の自給自足には電気代の節約、災害時の対策、環境問題への貢献など、さまざまなメリットがあります。特にすべての電気を自給自足でまかない、電気が電気を自由に使える暮らしは誰もが憧れます。

電気を自給自足する生活を手に入れるためには、発電するソーラーと電気を蓄える蓄電池が必要となるだけでなく、大規模設備を設置するための費用や設置環境が必要になるため、現実的ではありません。

低コストで電気の自給自足生活を実現したい方は、EcoFlowのDELTA Pro 3をご検討ください。

電気料金の節約や災害時でもメリットが豊富なDELTA Pro 3を導入して、電気の自給自足生活を始めてみましょう。

詳しくは、当社ホームページまたは次のリンクをご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください