q 災害時にポータブル電源は本当にいらない?役立つ場面や利用時の注意点を解説 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

災害時にポータブル電源は本当にいらない?役立つ場面や利用時の注意点を解説

-

災害時にポータブル電源は本当にいらない?役立つ場面や利用時の注意点を解説

-

「災害時にポータブル電源はいらない?」「いらないと言われる理由は何?」という疑問を持つ方もいるでしょう。結論、災害時により安全に、より快適に過ごすためにはポータブル電源の用意が不可欠です。

ポータブル電源を用意しておけば、照明で部屋を明るくしたいとき、スマホやラジオを充電したいとき、食材を安全に確保したいときなど、さまざまな場面で電力を供給でき、災害時でも快適な生活を実現します。

本記事では、災害時にポータブル電源が役立つ場面、利用時の注意点、製品の選び方を解説します。ポータブル電源の導入で迷っている方は、本記事の内容を最後までご覧ください。

災害時にポータブル電源はいらない?

ポータブル電源 いらない 災害3

災害時により安全に、より快適に過ごすためにはポータブル電源の用意が必要です。特に、企業の防災対策においては、ポータブル電源の準備が欠かせません。

停電のリスクがある災害時では、情報収集、コミュニケーションツール、また基本的な生活に必要な電源が求められます。適切なポータブル電源を選ぶことで、さまざまな場面に対応でき、普段と同じように電気機器を使って快適に過ごせます。

安全性を高めるという観点からも、災害時にはポータブル電源の用意が求められるのです。

ポータブル電源が必要ないと言われる理由

一方で、「ポータブル電源は災害時に必要ない」との意見もあります。そう言われる主な理由は以下の通りです。

  • 災害によってはすぐに電力が復旧する
  • 情報収集のためのツールは乾電池式ラジオで十分
  • ポータブル電源を持て余してしまう

しかし、これらの事情がすべての災害に当てはまるわけではありません。予想外に電力の復旧が遅れたり、連絡や情報収集が長時間にわたって必要になったりする場合もあるでしょう。

災害の種類や規模、状況に応じて対応するためにも、ポータブル電源の用意が求められます。その点を考慮し、ポータブル電源の準備を検討しましょう。

災害時にポータブル電源が役立つ場面

ポータブル電源 いらない 災害2

災害時、ポータブル電源はさまざまな場面で活躍します。その主なシーンとして、以下5つの項目に分けてそれぞれ紹介します。

  1. 照明で部屋を明るくしたいとき
  2. スマホやラジオを充電したいとき
  3. 食材を安全に確保したいとき
  4. 冷暖房器具を使って温度管理をしたいとき
  5. 簡単な料理を作りたいとき

各場面を順番に見ていきましょう。

場面1.照明で部屋を明るくしたいとき

照明で部屋を明るくしたいとき、ポータブル電源があればすぐに明かりを灯せます。LEDランタンやヘッドライト、充電式の懐中電灯などに電力を供給すれば、長時間の利用でも問題ありません。

停電によって照明が消え、部屋が暗くなってしまうと、怪我をするリスクや精神的に不安になる可能性があります。また、長時間続く場合は日常生活にも支障をきたすでしょう。

その点、ポータブル電源があれば、すぐに電力供給して照明が使えるようになるため、安心して過ごすことができます。ポータブル電源のなかには、照明機能が搭載されている製品も存在します。

場面2.スマホやラジオを充電したいとき

災害時にはリアルタイムで情報を取得するため、スマホやラジオが特に重宝されます。しかし、充電切れによってスマホなどが利用できなくなる場合があります。

そんな状況でもポータブル電源があれば、各デバイスに難なく電力を供給することが可能です。スマホやラジオの充電を行うのはもちろんのこと、仕事用のパソコンを充電して、仕事を継続するなんてことも。

場面3.食材を安全に確保したいとき

停電が起きて冷蔵庫の電源が落ちてしまっても、高出力なポータブル電源があれば問題ありません。冷蔵庫に電力を供給し、冷蔵庫内の食材を安全に確保することができます。

災害時には食料の確保が非常に重要です。冷蔵庫内の食料を安全に保管すれば、食料の供給までに時間がかかったとしても、普段と同じように自宅で食事を楽しめます。

被災から食料供給の期間が長引くことを想定し、高出力・大容量のポータブル電源を用意すると良いでしょう。費用やサイズはかさみますが、さまざまな状況に対応できるようになります。

ポータブル性を兼ね備えた家庭用蓄電池!EcoFlowの「DELTA Pro」はこちら

場面4.冷暖房器具を使って温度管理をしたいとき

災害が発生し、通常の電力供給が不可能になった場合でも、ポータブル電源を使用すれば冷暖房器具を動かして快適な環境を保てます。停電時には、主に以下のような冷暖房器具の利用が求められます。

  • 扇風機
  • サーキュレーター
  • エアコン
  • ヒーター
  • 電気毛布

これらの電気機器を使用することで、極端な気温から体を守ることが可能です。特に、冬季の寒さや夏季の暑さは健康を害する可能性があります。

このような状況で、温度管理が適切にできれば体調管理にも大いに役立ちます。なお、小型で持ち運び可能なポータブル電源を用意することで、どこでも自由に利用が可能です。

場面5.簡単な料理を作りたいとき

災害時の食事は冷食や保存食が中心となりがちですが、ポータブル電源があれば電子レンジや電気ケトルを使い、簡単な料理をすぐに作れます。あたたかい食事をとることで、心の安定と栄養の確保に期待できるでしょう。

高出力のポータブル電源を持つことで、さまざまな調理器具を使用し、バラエティ豊かな料理を楽しむことも可能です。バランスの良い食事がとれれば、災害時でも健康を保ち、不安を解消することにつながります。

災害時にポータブル電源を利用する際の注意点

ポータブル電源 いらない 災害1

災害時にポータブル電源を使用し、安全に過ごすためには以下の注意点を押さえる必要があります。安全性を高めるためにも、事前に注意点を確認してきましょう。

  1. 予め充電を完了させておく
  2. 消費電力を考えて計画的に利用する
  3. 長期間の停電にはソーラーパネルが必要

それぞれの注意点を1つずつ解説していきます。

注意点1.予め充電を完了させておく

予め充電をしておかないと、もしもの災害時にポータブル電源を使用できません。普段からバッテリー残量を確認し、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

長期間の保管をする際には、バッテリーの劣化を抑えるため、60〜80%程度のバッテリー残量を保つことをおすすめします。また、保管する環境に配慮することも大切です。

【ポータブル電源の保管に適した場所】

  • リビングや居間などの日差しが当たらない場所
  • 密封されていないテント内で高温多湿にならない場所
  • 自宅の玄関や廊下などの湿気が程よい場所

逆に、直射日光が当たる窓際、天候の影響を受けるベランダや庭、風通しがまったくない押入れの中などの場所は避けるようにしましょう。

ポータブル電源の保管方法を徹底解説!保管場所の選び方や長持ちさせる5つの工夫

注意点2.消費電力を考えて計画的に利用する

ポータブル電源を活用すれば、家電製品への電力供給が可能となり、生活品質の維持が期待できます。しかし、消費電力の計画を怠ると、必要なときに使えなくなる可能性があります。

各家電製品の消費電力を考慮し、計画的に電力を使用することで、長時間にわたり安定した電力供給が可能となります。以下、各家電製品の消費電力の目安をご確認ください。

家電製品の種類消費電力
電子レンジ1,000〜1,300W
炊飯器350〜1,200W
エアコン200〜2,000W
冷蔵庫150〜500W
LEDライト10〜20W
スマートフォンの充電10〜15W
ラジオ2〜3W

このように、家電製品ごとに消費電力は異なるので、使用する前にチェックするようにしましょう。また、使用する家電製品の優先順位を考え、無駄な電力の消費を避けることも大切です。

ポータブル電源で使える家電製品を徹底解説!ドライヤーや冷蔵庫が使える電源

注意点3.長期間の停電にはソーラーパネルが必要

停電が長期化した場合、ポータブル電源だけでは電力不足に陥ります。長期間の停電にも対応したいなら、ソーラーパネルの導入は不可欠です。

ソーラーパネルを使用すれば太陽光を電力に変換し、継続的に電源を確保できます。そのほか、ソーラーパネルには以下のようなメリットがあります。

  • 持続可能で環境に優しい
  • 初期コスト以外に発生する費用が少ない
  • 晴天時は安定した電力供給が可能

特に、EcoFlowのポータブル電源とソーラーパネルのセット商品は、初期費用が比較的安く、導入までのハードルが低い傾向にあります。また、携帯性にも優れているため、アウトドアや避難所に持ち込んで使用することも可能です。

大容量バッテリー「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

災害時に役立つポータブル電源の選び方

ポータブル電源 いらない 災害5

ポータブル電源と一言で言っても、その特徴はさまざまです。災害時に役立つポータブル電源もあれば、機能性が低くて役に立たない製品も存在します。本項では、選ぶ際に意識すべきポイントを3つ紹介します。

  1. バッテリー容量
  2. 本体のサイズ・重量
  3. ソーラーパネルとの互換性

災害時に役立つポータブル電源を選ぶことで、より快適な生活を送れるようになります。以下、各ポイントの詳細を見ていきましょう。

ポイント1.バッテリー容量

1つ目のポイントは、バッテリー容量です。バッテリー容量が大きければ大きいほど、家電製品を利用できる時間が長くなります。使用時間が延びれば、その分長期間の停電にも対応できるようになるでしょう。

そもそもポータブル電源のバッテリー容量は「Wh(ワットアワー)」で表します。例えば、消費電力10WのLEDランタンを10時間使用する場合、「10W×10時間=100W」が必要となります。つまり、この場合は100Wh以上のポータブル電源が求められます。

バッテリー容量:小200〜500Wh
バッテリー容量:中700〜1,500Wh
バッテリー容量:大2,000〜3,000Wh

ポータブル電源のバッテリー容量は使用する電気機器に応じて、その容量を選択する必要があります。災害発生時に最低限の電源を確保する目的であれば、使い方にもよりますが、バッテリー容量2,000~3,000Whの製品を用意しておくことをおすすめします。

高出力かつ大容量バッテリー!EcoFlowの「DELTA Pro」はこちら

ポイント2.本体のサイズ・重量

ポータブル電源本体のサイズ・重量は、避難生活や非常時に大きな影響を与えます。サイズと重量が適切で、携帯性が高い製品であれば、避難所に持ち込んで使用することが可能です。

また、サイズが小さく重量が軽いと、自宅で製品を移動させる際にも負担がかかりづらくなります。携帯性を考慮することで、非常時の安心感や利便性が向上するのです。

一方で、サイズ・重量ともに大きな製品は、高出力や多機能である可能性が高いです。そのため、必ずしも本体のサイズ・重量が小さな製品が最適というわけではなく、利用シーンや目的に応じて製品を選ぶ必要があります。

ポイント3.ソーラーパネルとの互換性

ソーラーパネルとの互換性は、ポータブル電源を選ぶ際に重要となる要素です。ソーラーパネルと併用できれば、日中に太陽光を活用して電力を蓄え、長期間にわたって電源を確保することが可能となります。

先程解説したように、ソーラーパネルと併用すればさまざまなメリットに期待できます。環境に優しい発電を行えるのはもちろんのこと、晴天時の安定した電力供給により、幅広い状況に対応できるようになるでしょう。

ポータブル電源の製品によって、ソーラーパネル対応の有無が異なるため、製品を購入する際は必ず確認するようにしましょう。最初からソーラーパネルとの併用を考えている場合は、セット商品の導入を検討してみてください。

大容量バッテリー「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

まとめ

本記事では、災害時にポータブル電源が役立つ場面、利用時の注意点、製品の選び方を解説しました。

災害時により安全に、より快適に過ごすためにはポータブル電源の用意が必要です。特に、企業の防災対策においては、ポータブル電源の準備が欠かせません。

ただし、ポータブル電源と一言で言っても、多種多様な製品が販売されているため、「どの製品を選べば良いかわからない」と迷ってしまう方もいるでしょう。そんな方は、本記事で解説した3つのポイントを踏まえて選択してみてください。

なお、本サイトを運営するEcoFlowは、高品質なポータブル電源とソーラーパネルのセット商品を販売しております。「長期間の停電にも対応したい」という方は、以下のセット商品の導入を検討してみてください。

大容量バッテリー「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください