最強のポータブル電源?DELTA Proが最強ポータブル電源の理由

-

最強のポータブル電源?DELTA Proが最強ポータブル電源の理由

-

アウトドアグッズとして需要が高いポータブル電源は、防災アイテムとしても重宝するので、いざという時のためにもひとつは持っておきたい製品です。ただ、決して安い買い物ではないため、選ぶ基準がわからず二の足を踏んでいるという人も多いのではないでしょうか。もし、ポータブル電源の購入を検討しているなら、DELTA Proがおすすめです。今回は、最強ポータブル電源の条件と、DELTA Proが最強ポータブル電源である理由を解説します。

大容量で高出力!最強ポータブル電源の条件とは

ポータブル電源を購入する目的は人によってさまざまです。キャンプ用にひとつ購入する人もいれば、災害時の備えとして用意しておくという人もいるでしょう。ただ、ポータブル電源の使途はひとつではありません。
キャンプグッズや防災アイテムの他、イベントや催し物の電源として、また車中泊の際の貴重なエネルギーとしても用いることができます。つまり、ポータブル電源は日常生活から非常時まで幅広いシーンに活用できるアイテムなのです。

しかし、ポータブル電源の種類によっては、特定のシーンで使う際に役に立たない製品もあります。
また、製品によっては端子数が少なく、いざ使いたいというときに求める機能を発揮してくれないことも珍しくありません。逆にいえば、多様なシーンに活用することができ、用途に応じて柔軟に使える製品があれば、それこそ最強のポータブル電源だといえるのではないでしょうか。

せっかくポータブル電源を購入するなら、さまざまな目的に使うことができる万能な製品を選びたいところ。
それでは、そうした最強といえるポータブル電源とは、どういう基準を満たしている製品をいうのでしょうか。ポイントは、「容量」「出力」「電池の材料」「使える端子数」の4つです。この4つの基準を満たしているポタ電こそ、最強のポータブル電源だといえます。それでは、4つのポイントを詳しく見ていきましょう。

strongest portable powerstation reason02

1.容量

ポータブル電源のスペックで最も重要なのは、まずバッテリーの容量です。バッテリー容量とは、要するに使える電力の総量のことです。単位は「Wh(ワットアワー)」が用いられ、1時間にどれだけ電力を消費するかで計算されます。たとえば、バッテリー容量が300Whの場合、60Wの電化製品が5時間使えるという計算になります。もちろん、日帰りキャンプや車中泊程度なら、容量300Whでも十分に役立ってくれるでしょう。

ただ、同じキャンプでも電子レンジや小型冷蔵庫などを使う場合、容量が500Whでも足りません。また、災害時の備えとしてポタ電を用いる場合も、使い方によっては2000~3000Whあっても足りないくらいです。そのため、最強のポータブル電源としては、バッテリー容量が3500Wh以上あることが条件となるでしょう。3500Wh以上もの容量を備えていれば、連泊のキャンプや業務用としても十分に使用目的に答えてくれます。

2.定格出力

ポータブル電源で特定の電化製品を使うためには、その電化製品に対応した定格出力を備えていなければなりません。電源の定格出力とは、電力を継続的に供給できる力のことです。たとえば、消費電力800Wの電子レンジは、定格出力が800W未満のポータブル電源では使用することができません。ですから、種々の使用目的にかなった使い方をするには、高出力のポータブル電源が必須です。高出力のポータブル電源なら、消費電力の大きい電化製品を複数同時に使用することなどもできます。定格出力が3000W以上のポタ電なら、ほぼあらゆる電化製品に対応できるので、最強の資格を得るに足る製品といえるでしょう。

3.電池の材料

ポータブル電源に使われる電池は、主にリチウムイオン電池です。リチウムイオン電池は二次電池とも呼ばれ、要するに充電や蓄電が可能な電池材料を意味します。ただ、リチウムイオン電池にもさまざまな種類があり、最新のリチウムイオン電池は安全性や充電性能が従来型と比べて格段に向上しています。ポータブル電源は使用年数が比較的長く、基本的には10年前後が使用年数の目安です。

一方、上位モデルは最新の電池材料を採用しているため、充電効率が良いだけではなく、電池の寿命も10~20年と長くなっています。また、高性能なリチウムイオン電池は充電時の発火といった心配も少なく、安心して使い続けられる点も見逃せないポイント。電池の材料に何を使っているのかも、他のポータブル電源との差を生み出す最強ポイントのひとつです。

strongest portable powerstation reason03

4.使える端子数

機器を接続する端子の数が少なければ、いくら出力が大きくても複数の電化製品を同時には使用できません。あらゆる場面に対応するためには、使える端子数が複数搭載されているポータブル電源が望ましいところです。使える端子数が多く、かつ高出力のポタ電なら、消費電力の大きい電化製品であっても同時に複数の機器を使用し続けることができます。

業務用にもキャンプにも!「DELTA Pro」が最強

strongest portable powerstation reason03 2

EcoFlow DELTA Pro

  • EcoFlowの最新作!ポータブル性を兼ね備えた家庭用蓄電池
  • ポータブル電源では想像できないほどの容量「3,600Wh / 1,125,000mAh」
  • 定格出力3,000W/瞬間出力6,000W
  • 3,600Whもの大容量をわずか2時間で80%、フル充電は3.1時間

容量が大きく、かつ高出力で電池寿命も長いポータブル電源として、「DELTA Pro」は最強の称号を与えるにふさわしい製品だといえます。

まず、DELTA Proの容量は3600Whという大容量です。これだけ大きな容量を備えていれば、連泊キャンプはもちろん、業務用としても十分な役割を果たしてくれるでしょう。また、定格出力が3000Wというパワフルな設計も魅力のひとつ。これだけの出力があれば、消費電力の大きい照明や音響機器などにも十分に対応することができるため、業務用のポータブル電源として最適な製品だといえます。もちろん、使える端子数も多いので、複数の機器を同時に使用可能です。

キャンプ用グッズや非常時の防災アイテムとして見た場合でも、DELTA Proは十分過ぎる性能を備えているといえます。
まず、多様な充電方法に対応している点は見逃せない最強ポイントです。従来的なACコンセントは当然として、DELTA Proにはソーラーパネル、さらにはEVアダプターまで搭載されています。キャンプ中に充電が切れたとしても、ソーラーパネルがあれば太陽光から充電ができるので、充電切れを心配せず安心して使い続けることができます。そして、EVアダプターを搭載していることで、電気自動車などに給電する日本全国のEVステーションでの充電が可能となりました。

また、キャンプや車中泊では、ポータブル電源の安全性や耐久性も必要とされます。キャンプでは火を使うことが多いですし、険しい山道などを車で移動する際は車内が大きく揺れることがあるので、耐火性や耐衝撃性はポータブル電源に必須の機能です。その点、DELTA Proは本体に耐火材が使用され、衝撃や落下にも耐えうるという一体型設計の構造で作られています。内部機能の安全性能も高く、機器内部に熱がこもりにくい設計となっているので、充電時や機器接続時も安心して使用することができるでしょう。

最先端テクノロジー企業「EcoFlow社」の技術力

最強ポータブル電源「DELTA Pro」を開発するのは、EcoFlow Technology(エコフローテクノロジー)です。EcoFlow社はクリーンなエネルギー社会の構築を目指し、技術革新を通じてポータブル電源に革命をもたらしました。たとえば、EVステーションで充電できるという「DELTA Pro」の機能は、EcoFlow社が作り出した史上初の技術です。

中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳に研究拠点を置くEcoFlowは、ドローン機器の開発で知られる中国企業DJIのメンバーによって2017年に設立された最先端テクノロジー企業です。こうした設立の背景もあり、EcoFlow社の手によって次世代を意識した最先端のポータブル電源が数多く生み出されています。

「DELTA Pro」は高い技術力が集約した逸品!

ポータブル電源の性能で見るべきは、まず最大容量と定格出力です。この機能が高い製品は、アウトドアから災害時まで幅広い用途に活用することができるでしょう。ここで紹介した「DELTA Pro」は、容量と出力はもちろん、EcoFlow社の高い技術力に裏打ちされた数多い機能を備えています。ポータブル電源の購入を検討しているなら、ぜひ「DELTA Pro」を選択肢に入れてみましょう。

記事をシェア

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください