大容量ポータブルバッテリーを買うべき4つの理由

-

大容量ポータブルバッテリーを買うべき4つの理由

-

ポータブル電源のメーカーが、大容量ポータブルバッテリーの購入を勧めるのは当然のことだと思うかもしれません。しかし、この記事ではもう少し掘り下げて、なぜ今、少し高いお金を払っても大容量ポータブルバッテリーを手に入れる価値があるのかという理由を4つご紹介したいと思います。

1. 容量の大きさに比例してバッテリーの寿命も長くなるから

ポータブル電源のバッテリー寿命は、使用回数をもとに計算されますが、寿命のことを「サイクル」と呼びます。充電残量が100%の状態から0%になると1サイクルと数え、100%から50%の状態では半分のサイクルとなります。

ここでのポイントは、大きなポータブルバッテリーほど、1サイクルにかかる時間は長くなる点です。例えば、全く同じスペックのスマートフォンが2台あるとしましょう。片方はバッテリーが小さく、もう片方はバッテリーが大きいと想像してください。一日の終わりに、小さい方のバッテリーは0%、大きい方のバッテリーは50%になっています。小さなバッテリーは1サイクルを消費し、大きなバッテリーは1サイクルの半分しか消費していないことになります。つまり、理論的には、大きい方のバッテリーは約2倍長持ちすることになります。

また、大容量のポータブルバッテリーだと、最適な状況を維持することができます。これはどういうことかというと、バッテリーを最大80%まで充電し、残量が20%を下回らない様に使用することで、バッテリーの寿命を最大限引き伸ばすことができるのです。頻繁に充電切れになるまで使用を繰り返すと、バッテリーは長持ちしません。従って、実際に使用するよりも大きめの容量のポータブル電源を選べば、80%〜20%のバッテリー状態を維持することも容易です。

portable power station extra battery purchase01

2. インバーターの性質により、高い効率が発揮されるから

ご家庭やオフィスにあるのと同じACコンセント端子には、インバーターが必要で、稼働するにはエネルギーを使います。インバーターの変換効率は、出力電力の大きさによって65%~90%の間で変化します。また、変換効率はバッテリー容量に影響を与え、基本的に変換効率が悪いとバッテリーの寿命が短くなると言われています。

EcoFlowポータブル電源は、サイズが大きければ大きいほど、インバーターも大きくなります。また、バッテリーと同じように負荷が大きければ大きい程、変換効率が高くなるという特性があります。ポータブル電源の出力が1,000Wの場合、給電する機器が400W~700Wよりも900W~1000Wの方がインバーター自体の性能が高くなります。

 3. 将来を見据えた投資に

電化製品は長く使っているとどうしても劣化していくもので、ポータブルバッテリーも例外ではありません。使い始めて5年経過した時、最初に手にしたときよりもパフォーマンスは少なからず低下し、蓄電可能な量も少し減ってくるはずです。大容量のバッテリーを入手することで、長期的な視点で考えると、こうした制約を少しだけでも緩和することができます。

バッテリー容量が大きければ、消費電力を細かい単位で気にする必要がありません。しかし、現代社会では、日々の生活で電子機器の占める割合は大きくなっています。ドライブ旅行も以前と比べてよりラグジュアリーになり、屋外でのホームパーティーなども様々なデバイスを用いて室内と変わらない快適さを作り出すことができます。大容量のポータブルバッテリーがあれば、余裕のあるアウトドアや楽しみ方を検討することができるでしょう。

portable power station extra battery purchase02

4. 用途や使用場面が広がるから

ポータブルバッテリーは、いくら最先端の技術と携帯性を兼ね備えていても、電化製品への給電に十分な容量がなければ意味がありません。なぜなら、使用中にバッテリー残量や残り使用時間を気にする必要が出てきて、結局は使用に制限がかかってしまうからです。でも、大容量のポータブルバッテリーを選べば、余裕をもって外部のデバイスへ給電が可能になります。

また、EcoFlowポータブル電源の一部商品は、外付けのエクストラバッテリーを取り付けるだけで容量を追加できてしまうものもあります。購入後、数回使ってみてやっぱり容量が足りないなと思ったら、EcoFlowポータブル電源なら簡単に大容量へと変えることができるのです。そういった意味で、容量が心配という方には外付けバッテリーを取り付けられるEcoFlow DELTA MaxやDELTA Proといった製品をお勧めします。

以上、大容量のポータブルバッテリーを買うべき理由を4つご紹介しました。

EcoFlowの大容量ポータブルバッテリーのおすすめ

大容量のDELTA Maxシリーズ

 DELTA Max 1600DELTA Max 2000
容量1,612Wh2,016Wh
拡張バッテリー最大5,644Wh最大6,048Wh
定格出力合計2000W
(X-Boostで最大2400Wまで対応)
合計2000W
(X-Boostで最大2400Wまで対応)
重量約22kg約22kg
ソーラー充電入力最大800W    最大800W
バッテリーの種類三元系リチウムイオン三元系リチウムイオン
portable power station extra battery purchase03 1

DELTA Max1600

1612Whから最大5,644Whまで拡張できる大容量ポータブル電源。外付けのエクストラバッテリーを取り付けるだけで、使用人数や用途に合わせた容量のカスタマイズが可能です。

portable power station extra battery purchase04 1

DELTA Max2000

2,016Whから最大6,048Whまで拡張できる大容量ポータブル電源。外付けのエクストラバッテリーを取り付けるだけで、使用人数や用途に合わせた容量のカスタマイズが可能です。

DELTA Pro

 DELTA Pro
容量3,600Wh
拡張バッテリー最大21,600Wh
定格出力合計3,000W
(X-Boostで最大3750Wまで対応)
重量約45kg
ソーラー充電入力最大1600W
バッテリーの種類リン酸鉄リチウムイオン
(LiFePO4バッテリー)
portable power station extra battery purchase05 1

DELTA Pro

エコフロー デルタプロは、ポータブル電源では想像できないほどの容量「3,600Wh / 1,125,000mAh」を誇ります。

近年多くのモデルが発売されているポータブル電源、どれを買えばいいか迷っていませんか?そんな方は、ポータブル電源の特徴を分かりやすくまとめた「失敗しないポータブル電源の選び方(前編)」もぜひご一読ください。

記事をシェア

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください