q 太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由|損得を左右するポイントと導入するメリット - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由|損得を左右するポイントと導入するメリット

-

太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由|損得を左右するポイントと導入するメリット

-

「太陽光発電はやめたほうがいい」「太陽光発電にはデメリットがたくさんある」と言われることがあります。太陽光発電システムの導入を前向きに検討していても、このような意見を見ると不安に思ってしまう方もいるでしょう。

確かに、太陽光発電には良い点だけでなく悪い点も存在します。しかし、導入時・導入後にポイントを押さえることで、そのデメリットを軽減することが可能です。また、太陽光発電を導入すれば、節電効果が見込める、非常用電源として機能するなどのメリットが見込めます。

そこで今回は、太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由、損得を左右する重要ポイント、導入するメリットを詳しく解説します。太陽光発電システムの導入を考えている方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

太陽光発電はやめたほうがいいと言われる5つの理由

太陽光発電やめたほうがいい2

太陽光発電は再生可能エネルギーとして多くの魅力がありますが、「太陽光発電はやめたほうがいい」と言われることもあります。そう言われる主な理由として、以下の5つを紹介します。

  1. 設備の設置費用が高い
  2. 設置後もランニングコストが必要
  3. 売電価格が低下している
  4. 雨漏りなどのトラブルが起きる
  5. 収入が思ったよりも少ない

各理由を1つずつ見ていきましょう。

理由1.設備の設置費用が高い

1つ目の理由は、設備の設置費用が高いことです。太陽光発電を行うためには、ソーラーパネルやインバーター、蓄電池など、さまざまな設備が必要となります。その設備を導入し、取り付ける際に高額な費用が発生します。

例えば、ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせた太陽光発電の場合、一般的に100万円近くの初期費用がかかります。行政による補助金や助成金などもあるため、設置する前にしっかり調べておくことが大切です。

理由2.設置後もランニングコストが必要

太陽光発電システムは一度設置すれば終わりではなく、継続的にメンテナンスを行う必要があり、設置後もランニングコストがかかります。部品の交換や修理などにより、突発的に多額の費用が発生するケースもあります。

経年劣化の対策として3~5年ごとの定期点検が推奨されており、経済産業省によると、一般的な設備(約5.00kW)1回当たりの定期点検費用の相場は約3.5万円です。部品を修理・交換する際はその費用も必要になります。

理由3.売電価格が低下している

売電価格が低下していることも理由の1つです。この背景には、FIT制度の価格設定が段階的に下がっていることが要因となっています。FIT制度(10kW未満)の価格推移は以下の通りです。

2020年2021年2022年2023年
21円/kWh19円/kWh17円/kWh16円/kWh

このように、FIT制度の単価は年々低下しています。売電価格を期待して設備を導入したものの、実際の売電価格が低くなると「想定よりも収益が見込めない」という状況が起こる可能性があります。

理由4.雨漏りなどのトラブルが起きる

太陽光発電の設備を設置した際、不適切な取り付けや工事ミスが原因で、雨漏りなどのトラブルが生じることがあります。特に、屋根の取り付け部分に問題があると、雨水が浸入するリスクが高まります。

実際に、資源エネルギー庁が公表している「知ってください! 太陽光発電のトラブルと対策」では、太陽光発電に関するよくある相談内容と対処方法で、「太陽光発電システムを取り付けたが、工事がずさんで雨漏りが発生。補償してほしい」という相談が寄せられています。

太陽光発電の設備を設置したことで、自宅に雨漏りなどのトラブルが発生する可能性があることを覚えておきましょう。

理由5.収入が思ったよりも少ない

5つ目の理由は、収入が思ったよりも少ないことです。太陽光発電からの収入は、天候や季節、設置場所の向きに大きく依存します。

例えば、晴れた日はもちろん収益は上がりますが、曇りや雨の日は発電量が大きく減少し、電力会社に売電できる量が減ってしまいます。また、連日の悪天候やソーラーパネルの劣化、システムのトラブルなどが起こった場合、始めに計画した収入との差が生じてしまう可能性もあるでしょう。

太陽光発電による損得を左右する重要ポイント

太陽光発電やめたほうがいい3

太陽光発電にはデメリットがあるとはいえ、以下3つのポイントを踏まえればそのデメリットを抑えられます。デメリットを可能な限り軽減し、メリットを最大化させたい方は以下のポイントを押さえましょう。

  1. 太陽光発電に関する正しい知識を持つ
  2. 購入時に複数の業者を比較する
  3. 売電以外の活用方法を取り入れる

各ポイントを順番に解説していきます。

ポイント1.太陽光発電に関する正しい知識を持つ

太陽光発電の知識を持つことは非常に重要です。正しい知識を持つことで、発電効率を高めたり、売電に関する手続きをスムーズに進めたりできます。

【身につけるべき太陽光発電に関する知識】

  • 太陽光発電の発電効率を上げる方法
  • ソーラーパネルと蓄電池の扱い方
  • 自身が住んでいる地域に適した設備

ソーラーパネルの角度や設置場所によって、発電量が大きく変わることが知られています。また、適切なメンテナンスを行うことで、長期的に発電効率を維持することも可能です。これらの知識を持ち、正しく運用することでメリットを最大化できます。

太陽光発電の仕組みをわかりやすく解説!必要となる機器やメリット・デメリットを紹介

ポイント2.購入時に複数の業者を比較する

太陽光発電の設備を購入する際は、1つの業者だけを見て選ぶのではなく、必ず複数の業者を比較するようにしましょう。複数の業者を比較すれば、自身の状況に合った設備を見つけやすくなります。

太陽光発電の設備を扱う業者は多岐にわたりますが、良心的な優良業者もいれば、利益しか考えない悪質な業者もなかにはいます。それぞれの業者が提供する商品やサービスの内容、価格、アフターサポートの充実度を比較することで、自身にとって最適な選択を行うことができるでしょう。

ポイント3.売電以外の活用方法を取り入れる

太陽光発電のメリットを最大化させたいなら、売電以外の活用方法も取り入れましょう。太陽光発電は売電だけでなく、以下のような活用方法があります。

  • 緊急時に非常用電源として活用する
  • キャンプや車中泊などのアウトドアに使用する
  • 夜間の電気代が安いプランに加入して節電を図る

蓄電池とソーラーパネルを併用することで、昼は太陽光発電による電力を使用し、夜は蓄電池の電力を使用すれば、電気代の大幅な節約が見込めます。携帯性の高い設備を導入し、アウトドアなどで活用する方法もおすすめです。

太陽光発電システムを導入する5つのメリット

太陽光発電やめたほうがいい4

「太陽光発電はやめたほうがいい」と言われることもありますが、反対に多くのメリットも存在します。本項では、太陽光発電システムを導入する主なメリットを5つ解説します。

  1. 節電効果が見込める
  2. 一定期間は売電収入が得られる
  3. 災害時に非常用電源として機能する
  4. 環境に優しい生活が送れる
  5. 断熱効果が高まる

各メリットを詳しく見ていきましょう。

メリット1.節電効果が見込める

1つ目のメリットは、太陽光発電による節電効果が見込めることです。太陽光発電による電力を優先的に使用すれば、電力会社から購入する電力量を減らせるため、結果的に電気代の削減につながります。

例えば、屋根全面にソーラーパネルを設置した家庭では、夏場にエアコンを長時間使用したとしても、そのほとんどの電力は自家発電でまかなえます。また、発電した電力が余った場合は、電力会社に売却すれば収益になります。

メリット2.一定期間は売電収入が得られる

FIT制度による売電収益が減ったとはいえ、一定期間は売電価格が保証されています。収益が得られる期間は、一般家庭用と産業用で以下のような違いがあります。

  • 一般家庭用の太陽光発電システム:10年間
  • 産業用の太陽光発電システム:20年間

一般家庭用の太陽光発電システムでも、最低10年間は売電価格が保証されています。FIT制度による売電期間が終了したあとも、発電した電力を使用して効果的な節電を図ることが可能です。

メリット3.災害時に非常用電源として機能する

太陽光発電システムは停電時にも電力を供給できるため、非常用電源としての役割を果たします。燃料を必要とする一般的な非常用発電機とは異なり、太陽光さえあれば発電を続けることが可能です。

また、蓄電池と併用すれば、日中だけでなく夜間の電力もまかなえます。つまり、災害が起きて停電が起こったとしても、太陽光発電システムが整っていれば、普段と同じような生活を継続することができるのです。

緊急時に災害用バッテリーが大活躍!選ぶ際のポイント、おすすめの大容量バッテリー

メリット4.環境に優しい生活が送れる

環境に優しい生活が送れることもメリットに含まれます。太陽光発電は再生可能エネルギーを活用するため、CO2の排出量を抑えた運用が行えます。

日本の発電システムとして主流の火力発電は、発電時にCO2を多く排出することで有名です。そのため、資源エネルギー庁では「火力発電のゼロ・エミッション」として、火力発電の削減を目指しています。

その点、現在火力発電でまかなわれている電力を太陽光発電で代替すれば、微量ではありますが、結果としてCO2の排出量を抑えられます。

メリット5.断熱効果が高まる

ソーラーパネルは自宅の屋根の上に取り付けるため、高い断熱効果に期待できます。これにより、室内の温度上昇を抑えることができ、冷房の使用時間や効果の最適化が見込めます。

また、冬には室内の暖気を逃しにくく、有効な寒さ対策として効果を発揮します。これらの断熱効果により、自宅内の温度が調整され、過ごしやすい環境を構築できるでしょう。

利用用途を広げたいなら持ち運び型の製品がおすすめ

太陽光発電システムの利用用途を広げたいなら、持ち運び型の製品が推奨されます。持ち運び型のソーラーパネルの場合、コンパクトに折りたたむことができ、避難先やキャンプ場に持ち込んで使用できます。

さらにポータブル電源を併用すれば、外出先で手軽に太陽光発電システムを構築することが可能です。これにより、以下のように利用用途が広がります。

  • 車中泊やキャンプ場で電気機器を使って快適に過ごせる
  • 災害時に避難先で家電製品を使ってストレスフリーの生活が送れる
  • 設置場所の日当たりが悪い場合は移動させて発電効率の向上を図れる

また、持ち運び型の製品であれば設置型に比べて初期費用が安いため、「初期費用を抑えたい」という方にも向いています。そのほか、屋根の負担を抑えられる、騒音が少なく近隣への迷惑が少ない、などのメリットも見込めます。

おすすめの持ち運び型ソーラーパネル・ポータブル電源

本サイトを運営するEcoFlowは、持ち運び型のソーラーパネルとポータブル電源を多数販売しております。持ち運び型の製品を考えている方は、EcoFlow製品の導入を検討してみてください。

【EcoFlow製品の特長】

  • 携帯性と機能性を両立している
  • 使用状況に合わせて好みのタイプを選択できる
  • エクストラバッテリーを導入すればあとから容量を拡張できる
  • スマホアプリの連動など機能性に優れている
  • スタイリッシュなデザインを採用している

ポータブル電源のシリーズとして、「DELTA」シリーズと「RIVER」シリーズの2種類があります。状況や利用用途に合わせて各シリーズを検討しましょう。

大容量バッテリー「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

まとめ

本記事では、太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由、損得を左右する重要ポイント、導入するメリットを解説しました。

太陽光発電は、設備の設置費用が高い、設置後もランニングコストが必要、売電価格が低下しているなどの理由から、「導入するのはやめたほうがいい」と言われることがあります。しかし、太陽光発電には多数のメリットがあるほか、ポイントを押さえることでデメリットを軽減できます。

太陽光発電システムの導入を検討している方は、良い点と悪い点、損得を左右する重要ポイントを踏まえた上で、設備の導入を決めるようにしましょう。なお、持ち運び型の製品を考えている方は、以下のEcoFlow製品の詳細をご確認ください。

大容量バッテリー「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性抜群の「RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください