太陽光発電の主要メーカー10選|メーカーを選ぶ際のポイント

「太陽光発電のメーカーがたくさんあって決めきれない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。太陽光発電システムの性能は、メーカーによって大きく異なることがあります。

メーカー選びのポイントとしては、システムの発電効率や寿命、携帯性、価格、保証内容、アフターサポートなどが挙げられます。これらの点を総合的に比較検討することで、自身のニーズに合ったメーカーを見つけやすくなるでしょう。

本記事では、太陽光発電のメーカーを選ぶ際のポイントと、主要メーカー10社の特徴について詳しく解説します。太陽光発電システムの導入を検討している方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

太陽光発電システムの性能はメーカーによって異なる

太陽光発電 メーカー

太陽光発電システムの性能は、メーカーによって大きく異なることがあります。製品の発電効率や耐久性、またはサポートの質、保証内容に違いが生じることもあるでしょう。

これは、メーカーごとに採用している技術や材料、製造工程が異なるためです。例えば、太陽電池モジュールの変換効率は、メーカーが独自に開発した技術によって左右されます。

また、メーカーのコンセプトによって製品のデザインが異なる場合もあるため、太陽光発電システムを選択する際は各社の特徴を比較検討する必要があります。発電シミュレーションや見積もりを依頼するときも、複数のメーカーに相見積もりを取ることで、より適切な製品選択につながるでしょう。

太陽光発電のメーカーを選ぶ際のポイント

太陽光発電 メーカー

太陽光発電システムを選ぶ際は、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。以下のポイントを意識することで、自身の目的に合ったメーカーを見つけやすくなるでしょう。

  1. システムの発電効率
  2. システムの寿命
  3. システムの携帯性
  4. システムの価格
  5. 保証内容
  6. アフターサポート

それぞれのポイントを順番に解説していきます。

ポイント1.システムの発電効率

1つ目のポイントは、システムの発電効率です。発電効率はシステムの性能を示す重要な指標であり、効率が高いほど少ない太陽光で多くの電力を確保できます。

例えば、同じ条件下で発電効率が15%の製品と20%の製品を比較すると、20%の製品のほうが1.33倍の電力量を得られる計算となります。発電効率の高さは、システム全体の経済性にも大きく影響するため、重視すべきポイントの1つといえるでしょう。

ポイント2.システムの寿命

システムの寿命も製品を選ぶ際に外せないポイントです。太陽光発電システムは長期間の使用を前提としているため、その寿命は経済性に直結する要因となります。

一般的に、ソーラーパネルの寿命は25〜30年程度とされていますが、モジュールの素材や耐久性によって寿命は異なります。また、蓄電池はバッテリーの種類に応じてサイクル回数が異なるため、素材を意識して選ぶことが特に重要です。

長い寿命を持つシステムを選ぶことで、メンテナンスコストを抑えつつ、長期間にわたるメリットを享受できるでしょう。

太陽光パネルの寿命は何年?法定耐用年数と期待寿命、寿命を延ばす方法を解説

ポイント3.システムの携帯性

システムの携帯性にも目を向けましょう。移動が多い使用状況を想定する場合、システムの携帯性は重要な選定基準となります。

携帯性に優れたシステムなら、さまざまな場所で容易に設置・利用が可能です。具体的には、以下のようなシーンで活躍します。

  • イベント会場
  • 緊急時
  • アウトドア
  • 車中泊
  • 日常生活

携帯性が高ければ、このように固定設置以外の用途でも役立ちます。自身の用途に合わせて、サイズや重量、折りたたみ性能などを考慮するようにしましょう。

ポイント4.システムの価格

太陽光発電システムの価格はメーカーによって差があります。同じような性能のシステムだったとしても、割高に設定しているメーカーもあれば、格安で販売しているメーカーもあります。

「予算をできるだけ抑えたい」という方は、格安で販売しているメーカーの製品を優先的に選ぶと良いでしょう。しかし、太陽光発電システムの価格だけで判断するのは少々軽率です。

価格が安ければその分性能が劣っているという場合もあるため、単純に安価な製品を選ぶのではなく、性能とのバランスを考慮することが重要です。コストパフォーマンスが高い製品を選ぶことで、経済的にも合理的な選択ができるでしょう。

ソーラーパネルの値段相場はいくら?内訳と推移、導入費用を抑えるための方法

ポイント5.保証内容

システムの性能面だけでなく、保証内容の充実度もチェックしておきたいポイントです。保証内容が手厚いメーカーを選択すれば、それだけで安心感が生まれ、ストレスなく長期間使用し続けることができます。

また、保証期間が長く適用範囲が広ければ、万が一システムが故障したとしても、修理や交換にかかるコストを抑えられます。充実した保証内容は、メーカーの製品に対する自信の表れでもあるため、重要な選定基準といえるでしょう。

ポイント6.アフターサポート

購入後のアフターサポートについても見落とせません。機器の不具合やトラブルは、どのメーカーの製品でも起こり得るものです。

そのような際に、迅速かつ適切な対応が期待できるメーカーを選ぶことが重要となります。良質なサポートを提供するメーカーは、長期的な利用においても信頼できるパートナーとなってくれるはずです。

太陽光発電の主要メーカー10選

太陽光発電 メーカー

「太陽光発電のメーカーがたくさんあって決めきれない」という方もいるでしょう。そんな方は、本項で紹介する太陽光発電の主要メーカー10選を参考にしてください。自身の好みに合ったメーカーがきっと見つかるはずです。

  1. シャープ
  2. EcoFlowジャパン
  3. パナソニック
  4. 京セラ
  5. 長州産業
  6. ネクストエナジー
  7. ソーラーフロンティア
  8. ハンファQセルズジャパン
  9. LONGiジャパン
  10. カナディアン・ソーラー・ジャパン

それぞれのメーカーに異なる特徴があり、販売している太陽光発電システムの性能も異なります。以下、各メーカーの特徴を詳しく見ていきましょう。

シャープ

シャープは、古くから太陽光発電システムの開発に携わっているパイオニア的メーカーです。太陽光発電システムの累計設置実績は約85万軒以上あり、圧倒的な実績と歴史を抱えています。

豊富な形のソーラーパネルが提供されており、複雑な屋根の住宅でも安定した発電効率を実現します。美しいデザイン性もシャープの魅力の1つです。

ただし、屋根一体型のパネルには発火のリスクが存在し、過去に数件の火災事例が報告されています。家庭に太陽光発電システムを取り入れる際は、事前に製品情報を十分に確認しましょう。

EcoFlowジャパン

本サイトを運営するEcoFlowジャパンは、ポータブル電源やソーラーパネルなどの電源装置を専門に開発・販売するメーカーです。携帯性の高い太陽光発電システムを主に販売しています。

例えば、携帯性にこだわった「EcoFlow RIVER 2」 シリーズでは、ソロキャンプや車中泊に活用しやすいコンパクトなポータブル電源が多数揃っています。

一方で、非常用電源としても活用できるパワフルなポータブル電源「EcoFlow DELTA Pro Ultra」や、持ち運んで使える「EcoFlow ソーラーパネル」シリーズなど、幅広い製品を提供しています。

パナソニック

パナソニックは、1975年から太陽光発電システムを開発している老舗メーカーです。「HIT」という独自のソーラーパネルを開発し、業界トップクラスの発電効率と耐熱性を実現しています。

また、製品の保証内容に優れている点も特徴の1つです。モジュール出力保証25年やシステム機器保証15年など、長期間の保証内容が揃っています。

「1つの製品を長く愛用したい」「発電効率が高い製品を探している」という方は、パナソニックの製品を検討してみても良いかもしれません。

京セラ

京セラが初めて太陽光発電システムの販売を開始したのは1993年です。京セラの製品は、耐久性の高さと充実した保証内容が特徴です。

主力商品として、複雑な形の屋根にも対応できる「RoofleX(ルーフレックス)」というソーラーパネルを提供しています。さまざまなサイズのパネルが提供されているため、状況に応じて製品を選びやすいのがポイントです。

長州産業

長州産業の主力的な製品は、「プレミアムブルー」という太陽電池モジュールです。波長変換技術という高効率化技術を搭載したハイエンドモデルです。

内部電流の低下によって本体の温度上昇を抑制する機能が搭載されており、安全性や信頼性も従来モデルに比べて向上しています。雨漏りでも修理を受けられる施工保証が備わっているのも嬉しい点です。

ネクストエナジー

ネクストエナジーは、長野県に本社を構える太陽光発電システムのメーカーです。コストパフォーマンスが高く、高性能なモデルを比較的安価で購入できます。

高い発電効率に期待できるハーフカットセルという技術を採用しています。この技術は、従来のパネルを半分にカットすることで、高温時でも発熱を抑えて発電効率を維持できるというものです。

ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアは「CIS」という独自技術を採用しています。この技術により、日陰による影響を抑えられるほか、高温による発電量の低下を抑制します。

販売されているソーラーパネルは、国内メーカーよりも比較的安価で購入可能です。また、アフターフォローも充実しています。

ハンファQセルズジャパン

技術力の高さに定評があるハンファQセルズジャパンは、世界的に有名なグローバルメーカーです。1999年にドイツで設立されたメーカーで、元々はQセルズという名称でした。

単結晶シリコンを用いたソーラーパネルが特徴的で、トップクラスの生産能力を秘めています。出荷量は世界で第6位です。

LONGiジャパン

世界最大級の生産量と出荷量を誇るLONGiジャパン。日本国内でも価格が圧倒的に安く、主に産業用の太陽光発電システムで利用されています。

小中規模のモジュールも販売されているなど、製品の種類が豊富です。発電効率や保証内容にも力を入れています。

カナディアン・ソーラー・ジャパン

カナディアン・ソーラー・ジャパンは、現在、世界160ヶ国以上で活用されている名高いメーカーです。ソーラーパネルの変換効率が高く、価格とのバランスも良好。

寒冷地の積雪などにも強いという特徴があります。アフターフォローも充実しているため、日本国内で購入しても安心です。

まとめ

本記事では、太陽光発電のメーカーを選ぶ際のポイントと、主要メーカー10社の特徴について解説しました。

メーカー選びのポイントとしては、システムの発電効率や寿命、携帯性、価格、保証内容、アフターサポートなどが挙げられます。自身のニーズに合った製品を選ぶために、これらの点を総合的に比較検討することが重要です。

また、主要メーカーとして全部で10社を紹介しましたが、それぞれのメーカーに独自の特徴があり、得意とする分野が異なります。複数のメーカーに相見積もりを取るなどして、慎重に選ぶことをおすすめします。

本サイトを運営するEcoFlowでは、ソーラーパネルとポータブル電源をセットにした太陽光発電システムを販売しております。「ローコストでシステムを構築したい」という方は、以下の太陽光発電システムの導入をご検討ください。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:数日間の停電、長期間のアウトドア活動
  • おすすめの利用人数:3〜5人
  • バッテリー容量:2,048Wh
  • 定格出力:2,000W

「EcoFlow DELTA 2」+「220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:短期間の停電、アウトドア活動
  • おすすめの利用人数:2〜4人
  • バッテリー容量:1,024Wh
  • 定格出力:1,500W

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:ちょっとしたアウトドア活動
  • おすすめの利用人数:1〜3人
  • バッテリー容量:768Wh
  • 定格出力:800W

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください