ソーラーパネルの値段相場はいくら?内訳と推移、導入費用を抑えるための方法

-

ソーラーパネルの値段相場はいくら?内訳と推移、導入費用を抑えるための方法

-

「ソーラーパネルの値段相場はいくらくらい?値段内訳と推移について知りたい」という疑問がある方もいるでしょう。ソーラーパネルの価格は、容量や効率、メーカー、機能性など、さまざまな要因によって大きく異なります。

設置するソーラーパネルの容量によっても変わるため、ご自身の目的や用途を考慮することが大切です。また、本体価格は発電量や性能に応じて変わる、素材の種類によって値段が違うなど、知っておくべきポイントも複数あります。

そこで今回は、ソーラーパネルの値段相場や値段に関する重要ポイント、導入費用を抑えるための方法を詳しく解説します。ソーラーパネルの導入を検討している方は、本記事をぜひ最後までご覧ください。

ソーラーパネルの値段相場はいくら?

ソーラ パネル 値段

2023年時点でのソーラーパネルの値段相場は1枚あたり20~40万円であり、1kW単位では20~30万円が相場となっています。

1枚あたりの相場1kW単位の相場
20~40万円20~30万円

ソーラーパネル1枚あたりの発電量は350〜400W程度です。全体で3〜4kWを確保したい場合は、8〜11枚程度を用意する必要があります。

値段相場を比較する場合にポイントとなるのが、ソーラーパネルの発電効率・発電量です。1枚あたりの値段が高くとも、ソーラーパネルの発電効率が高ければ、その分用意する枚数を抑えられます。

そのため、ソーラーパネルの値段相場を比較する際は、パネル1枚あたりではなく、1kW単位で比較すると差額がわかりやすいでしょう。

とはいえ、ソーラーパネルの価格は、その容量や効率、メーカー、機能性など、さまざまな要因によって大きく異なります。それら全体のバランスを考慮した上で、ソーラーパネルを選ぶことが大切です。

ソーラーパネルの値段内訳と推移

ソーラ パネル 値段

ソーラーパネルの設置費用はソーラーパネル本体の費用だけでなく、工事費やパワーコンディショナー代、架台費などが含まれます。それらを含めて相場を算出すると、2023年時点での設置費用の相場は1kWあたり26~28万円です。

つまり、3〜4kWのソーラーパネルを設置する場合、78〜112万円程度の費用が必要になります。以下、ソーラーパネルの内訳をそれぞれ解説します。

内訳内容
ソーラーパネル太陽光を電力に変換する機器
パワーコンディショナー生成電力の品質を整える機器
架台ソーラーパネルを支える土台
モニター発電量を確認する装置
ケーブル電力を伝送するための配線材
工事設置に必要な施工作業

ソーラーパネル本体や架台、ケーブルは基本的に1kW単位で計算されるのに対し、パワーコンディショナーや架台、モニターについては1台あたりで計算されます。

太陽光発電の仕組みをわかりやすく解説!必要となる機器やメリット・デメリットを紹介

ソーラーパネルの値段推移

資源エネルギー庁が公表する「太陽光発電について」を参照すると、2012年〜2022年までのソーラーパネルの値段推移は以下のようになっています。

引用:太陽光発電について|資源エネルギー庁

ソーラーパネルの値段推移を見ると、2012年から2022年にかけて、価格が徐々に安くなっていることがわかります。2012年の時点では、高い初期投資が必要であったソーラーパネルですが、技術の進化と生産コストの低下により、2022年には比較的手頃な価格で導入できるようになっています。

この価格の低下は、家庭や企業が再生可能エネルギーを導入しやすくなった大きな要因の1つです。また、補助金や政策の支援もあり、より多くの人がソーラーパネルの導入を検討するきっかけとなっています。

ソーラーパネルの値段に関する重要ポイント

ソーラ パネル 値段

ソーラーパネルを購入する際は、本体価格のほかにも長期的な運用コストを含めた総コストを考慮することが大切です。ここでは、ソーラーパネルの価格に影響を与える主な要素とその考慮点について解説します。

  1. 本体価格は発電量や性能に応じて変わる
  2. 素材の種類によって値段が違う
  3. 導入後もメンテナンス費用が必要になる
  4. ソーラーパネルの交換・処分にも費用が必要

ソーラーパネルを導入する前に、これらのポイントを押さえておくことをおすすめします。各ポイントの詳細を1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.本体価格は発電量や性能に応じて変わる

ソーラーパネルの本体価格は、その発電効率や耐久性によって大きく変わります。発電効率が高い製品ほど初期投資は高くなりますが、長期的には多くの電力を生成できるため、結果的にコストパフォーマンスが高くなることがあります。

購入前には、製品の性能や保証期間を確認し、総合的なコストと利益を考慮した上で選択することが重要です。また、メーカーのアフターサポートの質も併せて確認しておきましょう。

ポイント2.素材の種類によって値段が違う

ソーラーパネルはシリコン系や化合物系など、使用される素材によって価格が異なります。ソーラーパネルには、主に以下のような種類の素材があります。

  • シリコン系
  • 化合物系
  • 有機系
  • 量子ドット

シリコン系は一般的に発電効率が高いですが、設置場所によっては化合物系のほうが適している場合もあります。設置環境や目的に応じて、最もコストパフォーマンスが高いと考えられる素材を選択することが大切です。

ソーラーパネルの仕組みを徹底解説!構成・素材・発電量なども紹介!

ポイント3.導入後もメンテナンス費用が必要になる

ソーラーパネルシステムは定期的なメンテナンスが必要であり、そのための費用も考慮に入れる必要があります。清掃や点検を怠ると発電効率が低下し、期待した電力量を得られなくなる可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要となるのです。

ソーラーパネルの値段相場と併せて、総コストを把握するために、これらの長期的な運用コストも考慮に入れましょう。

ポイント4.ソーラーパネルの交換・処分にも費用が必要

ソーラーパネルの寿命は一般的に20年〜30年程度とされていますが、その後の交換や処分には追加の費用が発生します。持続可能なエネルギーの利用を目指す上で、これらの費用も初期の計画段階で考慮に入れることが望ましいです。

寿命の終わりにかかるコストを予測し、トータルでの経済性を検討することがポイントです。ソーラーパネルの交換頻度を減らすためには、前述した通り、定期的なメンテナンスが鍵となります。

ソーラーパネルを導入する3つのメリット

ソーラ パネル 値段

ソーラーパネルの導入は、環境保護、経済性、非常時の安全確保の面で多くのメリットが見込めます。その具体的なメリットとして、以下の3つをそれぞれ解説します。

  1. 環境にやさしい生活を送れる
  2. 毎月の電気代を削減できる
  3. 非常用電源として活用できる

以下、各メリットの詳細を見ていきましょう。

メリット1.環境にやさしい生活を送れる

再生可能エネルギーの利用によって化石燃料の消費を減らし、CO2排出量を削減できます。これにより、地球温暖化対策に直接貢献することが可能となります。

さらに、自然エネルギーを活用することで、持続可能な社会づくりにもつながります。これは、エコフレンドリーな生活を送りたい方にとって魅力的な選択肢の1つです。

メリット2.毎月の電気代を削減できる

自宅で発電した電力を利用することで、長期的に電気代の節約を図れます。さらに、余剰電力を電力会社に売却すれば、収入を得ることも可能です。

ソーラーパネルを設置する場合、ある程度の初期費用が必要となりますが、電気代の節約と売電収入により、初期投資を回収できるだけでなく経済的なメリットが見込めます。ソーラーパネルの設置は、電気代の負担を軽減する効果的な手段と言えるでしょう。

メリット3.非常用電源として活用できる

災害時などの非常時においても、ソーラーパネルは安定した電力供給源となります。ソーラーパネルを設置しておけば、家族の安全と快適な生活を守るための重要な役割を果たします。

もしも停電が発生したときでも、ライトやスマートフォン、ラジオの充電、さらには冷蔵庫などの必要最低限の電気機器の動作を維持できます。災害時における安心感を得るためにも、ソーラーパネルの導入は非常に有効です。

緊急時に非常用電源が求められる理由とは?選び方やおすすめ製品を紹介

ソーラーパネルの導入費用を抑えるための方法

ソーラ パネル 値段

ソーラーパネル導入の初期費用を抑えたい方は、以下の方法を検討することをおすすめします。各方法を適切に実践することで、ソーラーパネルの導入費用の軽減につながります。

  1. 複数社を比較してローコストで提供する会社を選ぶ
  2. 発電量が少ないソーラーパネルを選ぶ
  3. 補助金制度を活用する

各方法を複合的に活用すれば、導入費用を効果的に抑えられます。それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

方法1.複数社を比較してローコストで提供する会社を選ぶ

複数の提供会社から見積もりを取り、コストパフォーマンスの高い会社を選ぶことが大切です。競争により価格が下がることもあるため、十分な比較検討が求められます。

また、各社のアフターサービスや保証内容も比較することで、長期的に見ても経済的な選択が取りやすくなります。ソーラーパネルの導入前に、金額面やサービス面を明確に把握しておきましょう。

方法2.発電量が少ないソーラーパネルを選ぶ

2つ目の方法は、発電量が少ないソーラーパネルを選ぶことです。家庭の電力消費量に見合ったソーラーパネルを選択すれば、無駄な投資を避けられます。

必要以上の大規模なシステムは初期費用の増加につながるため、ご自身の状況や目的に応じて、発電量を調整することがポイントです。専門家のアドバイスを受けながら、家庭に最適なシステムを選ぶことが賢明です。

方法3.補助金制度を活用する

政府や地方自治体が提供する補助金制度を活用することで、導入費用を大幅に削減できます。補助金制度を利用する場合、基本的に事前の申請や確認が必要です。

【太陽光発電の補助金を提供している主な事業者】

  • 一般財団法人 環境イノベーション情報機構
  • 一般社団法人 環境技術普及促進協会
  • 一般社団法人 地域循環共生社会連携協会

補助金制度の内容や申請方法については、事業者や自治体によってまったく異なります。また、多くの場合は利用するための条件が設けられているため、その条件を満たす必要があります。適用条件や提出書類、申請期限など、細かな点までしっかりと確認することが大切です。

ローコストで太陽光発電システムを導入したいならEcoFlow製品

ローコストで太陽光発電システムを導入したいなら、EcoFlowのセット商品がおすすめです。EcoFlowでは、さまざまな環境に対応できるソーラーパネルとポータブル電源のセット商品を販売しております。

蓄電池を導入する場合に比べて低予算で設置できるため、「できるだけコストを抑えたい」という方に向いています。手軽に始められる製品ラインナップと、豊富なアフターサービスが特徴です。

【EcoFlow製品の特徴】

  • 携帯性と機能性を両立している
  • 使用状況に合わせて好みのタイプを選択できる
  • スマホアプリの連動など機能性に優れている
  • スタイリッシュなデザインを採用している

専門知識が不要で設置も簡単なので、初めて太陽光発電システムを導入する方でも安心して利用できます。ソーラーパネルの活用を検討している方は、以下のセット商品をぜひご確認ください。

「EcoFlow DELTA Pro」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

まとめ

本記事では、ソーラーパネルの値段相場や値段に関する重要ポイント、導入費用を抑えるための方法を解説しました。

2023年時点でのソーラーパネルの値段相場は1枚あたり20~40万円であり、1kW単位では20~30万円が相場です。3〜4kWのソーラーパネルを設置する場合、そのほかの機器を含めて78〜112万円程度の費用が必要となります。

ソーラーパネルの導入費用を抑えたい場合は、複数社を比較検討する、発電量が少ないソーラーパネルを選ぶ、補助金制度を活用するなどの方法がおすすめです。「ローコストで太陽光発電システムを導入したい」という方は、EcoFlowが販売するセット商品を検討してみてください。

「EcoFlow DELTA Pro」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください