中部電力のスマートライフプランとは?メリット・デメリットを解説

中部電力が提供しているスマートライフプランは、3種類の時間帯に分けて電気代が決まるプランです。

昼間より夜間の電気代を抑えられるプランの1つで、電気回り以外にもサポートを受けられるのが魅力です。

この記事では、中部電力のスマートライフプランとは、メリット・デメリット、値上げ状況をわかりやすく解説します。

中部電力のスマートライフプランについて知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

中部電力のスマートライフプランとは?

image2

中部電力が提供しているスマートライフプランは、時間帯に着目した電力プランで3つの時間帯からライフスタイルに合ったものを選べるのが魅力です。

ここでは、中部電力のスマートライフプランとは何かについて詳しく解説します。

中部電力が提供している電力プランの1つ

スマートライフプランは、中部電力が提供している電力プランの1つです。数ある電力プランのなかでも、時間帯に着目したプランとなっています。

時間帯に分けて複数のプランが用意されており、ライフスタイルに合わせてスマートライフプラン・朝トクプラン・夜トクプランから選べるのが魅力といえるでしょう。

スマートライフプランはさらにデイタイム・ナイトタイム・@ホームタイムの3種類に分けられており、自分自身の生活に合わせて選べます。

ただし、時間帯によって電気料金が変わるため、どの時間帯に最も電力を消費しているのか把握しておくことが重要です。

3種類の時間帯から選択できる

スマートライフプランでは、以下の3種類の時間帯から選べます。

  • スマートライフプラン(通常):22時~翌日8時まで電気料金が安い
  • 朝トクプラン:23時~翌日9時まで電気料金が安い
  • 夜トクプラン:21時~翌日7時まで電気料金が安い

スマートライフプランは22時〜翌日8時まで電気料金が安いプランで、日中はあまり電気を使用せず夜中に電気を使用する人に最適なプランといえるでしょう。

朝トクプランは23時〜翌日9時、夜トクプランは21時〜翌日7時と2時間の差があり、朝型生活の人は朝トクプラン、夜型生活の人は夜トクプランが最適です。

中部電力のスマートライフプランは時間帯に分けて電気料金が細かく設定されているため、ライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

ライフスタイルは人によって違うため、まずは「どの時間帯を中心に電気を使用するか」を考えておきましょう。

スマートライフプランの電気料金

スマートライフプランでは、平日と平日以外で電気料金を分けています。

電気料金は、基本料金・デイタイム・ナイトタイム・@ホームタイムで分かれているため、どのプランが適しているかは時間帯を見て判断するのが望ましいです。

詳しい電力単価については、以下の表をご覧ください。

  • 平日
基本料金・10kVA以下:1,487.04円(税込)・10kVA以上:1kVAにつき286円(税込)上乗せ
デイタイム1kWhにつき38.71円(税込)
ナイトタイム1kWhにつき16.30円(税込)
@ホームタイム1kWhにつき28.52円(税込)
  • 平日以外

スマートライフプランの基本料金は10kVA以下で1487.04円(税込)、10kVA以上で1kVAにつき286円(税込)となっています。

デイタイムは1kWhにつき38.71円(税込)、ナイトタイムは1kWhにつき16.30円(税込)となっており、昼より夜の方が電気代を抑えられるのが魅力です。

なおかつ、土日祝日はデイタイムが適用されずナイトタイムと@ホームタイムのみ適用される仕組みのため、平日より電気料金の負担を軽減できるでしょう。

夜間の電気料金を抑えられるプラン

スマートライフプランは、昼間よりも夜間の電気料金を抑えられるプランです。

夜は昼よりも電気料金が高い傾向にあるのですが、スマートライフプランは昼より夜の方が安いため、日中外にいて夜中家で過ごす人に適したプランとなっています。

会社や学校で昼間自宅にいない方は、ぜひスマートライフプランをご検討ください。

暮らしサポートセットを追加できる

スマートライフプランでは、暮らしサポートセットを追加できます。追加できる暮らしサポートセットは、以下の通りです。

  • 水回りの修理サポート
  • カギに関するトラブルサポート
  • 電気に関するトラブルサポート
  • ガラスの破損に関する修理サポート
  • 在宅確認サポート

スマートライフプランの暮らしサポートセットを利用すれば、水回りの修理やカギに関するトラブル、電気に関するトラブルのサポートが受けられます。

他にも、ガラスの破損に関する修理や在宅確認のサポートも受けられるため、安心して生活したい方に最適です。

日々の暮らしにトラブルはつきものだからこそ、必要に応じて暮らしのサポートセットを検討しましょう。

なお、一般家庭の消費電力やオール電化の電気代の平均については他の記事で解説しているため、電力プランを検討中の人はあわせてご確認ください。

一般家庭の消費電力は平均どれくらい?1日の電気使用量と電気代の計算方法を解説
オール電化の電気代は平均どれくらい?世帯人数別の料金と電気代が高い原因を解説
夜間電力とは?特徴や電気料金を下げるテクニックを解説

スマートライフプランのメリット・デメリット

image1

スマートライフプランは時間帯ごとに電気代を抑えられるのがメリットですが、電気使用量を意識して生活しないとかえって負担となるのがデメリットです。

ここからは、スマートライフプランのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

メリット

スマートライフプランは、時間帯ごとに電気代を抑えられるのがメリットです。

時間帯ごとに電気使用量の差が大きい人、深夜〜早朝の電気使用量が多い人にとっては電気代を抑えられるプランとなっています。

それぞれ適しているプランは以下の通りです。

  • 会社や学校などで9時頃~18時頃まで自宅にいない場合:ナイトタイム
  • 夜に自宅におらず昼に自宅にいる場合:デイタイム
  • 1日中自宅にいる場合:@ホームタイム

夜に電気をよく使う人はナイトタイム、昼によく電気を使う人はデイタイム、1日中自宅にいる人は@ホームタイムを推奨します。

スマートライフプランは、自宅にいる時間に合わせてプランを選べるため、より最適なプランが見つかるでしょう。

うまくプランを活用すれば電気代の削減につながるため、ライフスタイルに合わせてお選びください。

デメリット

スマートライフプランは、時間帯ごとの電気使用量を意識して生活しないとかえって負担となるのがデメリットです。

時間帯に合わせて家電の使用を控えるなど、工夫が必要となります。

自由に電気を使用したい人にとって、必ずしも電気代を抑えられるとは限らないため、節約目的でスマートライフプランを選ぶ場合は日々の努力が必要となるでしょう。

こまめに照明を消したり、待機電力のある家電のコンセントを抜いたり、空調の設定温度を抑えたり、積極的に節約するのが有効な手段となります。

なお、電気代がなぜ値上げされるのか、値上げが深刻化している状況について解説した記事があるため、あわせてご参照いただけますと幸いです。

電気代はなぜ値上げされるのか?考えられる6つの理由と効果的な節電対策
電気代の値上げが深刻化!オール電化住宅の電気代節約術を詳しく解説【一人暮らしも可】

スマートライフプランの値上げ状況

image4

スマートライフプランを提供している中部電力では、定期的に電気代の値上げが実施されているため注意が必要です。

プランを契約中の方や検討中の方は、定期的に公式ホームページを確認しましょう。

ここからは、スマートライフプランの値上げ状況について詳しく解説します。

定期的に値上げが実施されている

中部電力では、定期的に値上げが実施されています。直近では、2023年4月1日に電気料金の値上げが行われました。値上げ幅は、以下の通りです。

基本料金・10kVA以下:1,597.04円→値上げ幅は110円・10kVA以上:1kVAにつき297円→値上げ幅は11円
デイタイム38.95円/kWh 値上げ幅0.24円
ナイトタイム16.63円/kWh 値上げ幅0.33円
@ホームタイム28.76円/kWh 値上げ幅0.24円

基本料金の値上げ幅は10kVA以下で110円、10kVA以上で1kVAにつき11円となっています。

デイタイムや@ホームタイムの値上げ幅は0.24円で、ナイトタイムの値上げ幅は0.33円となっており、昼より夜の方が若干値上げの影響を受けやすい状況です。

他の電力会社でも値上げは定期的に行われており、今後も定期的に実施されるでしょう。

今後、中部電力も同様に値上げが実施される可能性があるため、いつ値上げが実施されても良いように備えておいてください。

値上げに備えてやっておきたいこと

電気代の値上げは電力会社と契約している以上避けられないため、値上げに備えて電気の使用量を削減するのが有効です。電気の使用量を削減すれば、必然的に電気代が下がります。

普段から電気の使用量を意識的に抑えれば、電気代の値上げにも備えられるでしょう。

また、太陽光発電や蓄電池を取り入れて電気代を抑える方法もあります。自宅で発電&蓄電ができれば、電力会社から購入する分を抑えられ、結果的に電気代を削減可能です。

電気料金が値上げしても、自宅で電力を生み出せるようになれば影響はありません。

太陽光発電だけでも十分ですが、蓄電池があれば電気代が安い日中に発電&蓄電して電気代が高い夜中に使用することで節電できます。

中部電力に限らず、電気代は定期的に値上げが実施されるため、太陽光発電と蓄電池の導入を行い、電力の自給自足を目指しましょう。

最近では高性能なポータブル電源もあり、電源の取れない場所で電気を使用したい人や非常用電源をおきたい人に最適です。

電気代の値上げに備えるならポータブル電源

image3

電気代の値上げに備えるなら、ポータブル電源があると心強いです。

ポータブル電源は太陽光発電と組み合わせて本領を発揮する持ち運び型の蓄電池で、電気代の節約にも効果的な製品となっています。

例えば、ポータブル電源にあらかじめ電気を貯めておき、電気代があまりかからない時間帯に使用することで節約につながるでしょう。

自家消費できない分を貯めておき、電力会社に買い取ってもらうことも可能です。FIT制度(固定価格買取制度)を活用すれば、安定して売電を行えます。

高性能なポータブル電源は据え置き型として使用できますし、キャンプや車中泊などのレジャーにも役立つでしょう。

なお、EcoFlowでは高出力・大容量のポータブル電源を取り揃えており、普段使いはもちろん緊急時の非常用電源にも利用できます。

日本は定期的に地震・台風による停電が発生するため、ポータブル電源を置いておくだけで災害対策に効果的です。

中部電力のスマートライフプランなどで電気代を抑えつつ、ポータブル電源をうまく活用すればライフラインの安定化にもつながるのではないでしょうか。

なお、EcoFlowには1台で毎月約30%の電気代を節約できるEcoFlow DELTA Pro 3の他、工事不要で導入できるポータブル電源が多数あるため、ぜひ気軽にお問合せください。

EcoFlow DELTA Pro 3はエクストラバッテリーと組み合わせると最大90%の節約効果が期待できるため、電気代を節約したい人に最適です。

DELTA Pro 3

安全性・耐久性に優れていて約11年と長寿命であるため、ぜひ導入をご検討ください。

詳しくは以下のリンクからご覧いただけます。

EcoFlow DELTA Pro 3

まとめ

中部電力のスマートライフプランとは、メリット・デメリット、値上げ状況を解説しました。

スマートライフプランは、デイタイム・ナイトタイム・@ホームタイムという3つの時間帯から選べる中部電力独自の電力プランです。

昼より夜の時間帯の電気代を抑えられるプランとなっているため、学校や会社で日中に家を留守にする方に最適なプランといえます。

夜中に家電やデバイスを使用する方は、ぜひスマートライフプランをご検討ください。

ただし、中部電力では定期的に電気代の値上げが実施されるため、太陽光発電や蓄電池を取り入れて節約することも忘れてはなりません。

太陽光発電と蓄電池を導入する場合は100万円単位で予算が必要ですが、将来的に電力の自給自足を可能とする可能性を秘めています。

設備には寿命があるため、半永久的に使用できるわけではありませんが、太陽光発電と蓄電池をうまく活用すれば電気代の値上げにも対応可能です。

EcoFlowでは、EcoFlow DELTA Pro 3をはじめとする高性能ポータブル電源を販売しているため、ぜひ一度当社のホームページをご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro 3はほぼすべての家電製品に対応でき、手元で家全体のエネルギー制御が可能です。

デバイスとリンクさせることでモニタリングが可能となるため、ご家庭の使用エネルギーを手元でコントロールしたい人にも最適となっています。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください