太陽光発電は中古のソーラーパネルでも行える?中古品のメリット・デメリットを解説

-

太陽光発電は中古のソーラーパネルでも行える?中古品のメリット・デメリットを解説

-

中古ソーラーパネルの購入を検討していませんか?中古のソーラーパネルは初期コストを抑えられますが、複数のデメリットが存在するため注意が必要です。良い点と悪い点の両方を理解してから購入しないと、購入後に後悔する可能性があります。

そこで今回は、中古ソーラーパネルのメリット・デメリット、購入に向いている人の特徴を解説します。最後までご覧になれば、ご自身が中古ソーラーパネルの購入に向いているのかどうかがわかるはずです。

 

中古のソーラーパネルでも太陽光発電が可能

06 01

「中古のソーラーパネルは何か訳ありなのでは?」と、思う方もいるかもしれません。しかし、基本的にはまっとうな理由で取引されているため、中古のソーラーパネルだからといって、必ずしも問題があるわけではありません。

そのため、購入時の注意点さえ押さえれば、中古のソーラーパネルでも問題なく太陽光発電を行えます。なお、市場に出回っている多くのソーラーパネルは、主に以下のような理由で売却されています。

  • 別のソーラーパネルを購入するための資金が必要になった
  • 償却目的で購入したため保有する必要がなくなった
  • 新規事業の立ち上げ・生活費の補填として急遽費用が必要になった
  • 思ったほど太陽光発電の採算が良くなかった
  • 太陽光発電以外の設備を導入したいと思った

このような理由で、ソーラーパネルは中古品として出回っていることから、ネガティブな問題を抱えているケースは少ないと言えます。中古品の状態が気になる方は、購入前にソーラーパネルの状態を確認してみてください。

 

中古のソーラーパネルを使用する3つのメリット

06 02

中古のソーラーパネルを使用するメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。中古品に興味がある方は、以下の詳細をご確認ください。

  1. 導入時の初期コストを削減できる
  2. 減価償却で経費にできる
  3. 稼働データの実績があるため計画が立てやすい

それぞれのメリットを1つずつ解説します。

 

メリット1.導入時の初期コストを削減できる

1つ目のメリットは、導入時の初期コストを軽減できることです。新品のソーラーパネルは、高いものだと100万円以上の初期コストが必要になりますが、中古品だと数万円〜数十万円で購入できます。

ソーラーパネルの初期コストを抑えられれば、その分ポータブル電源や蓄電池など、ほかの設備に費用を回すことが可能です。また、中古のソーラーパネルであれば、気軽かつ短期間で運用を始められるのもメリットだと言えます。

 

メリット2.減価償却で経費にできる

法人として中古のソーラーパネルを導入する場合、減価償却で経費にできるというメリットがあります。減価償却とは、固定資産の購入費用を使用可能期間にわたり、分割して費用計上する手続きのことです。

例えば、中古のソーラーパネルを100万円で購入し、可能使用期間が10年だった場合、年間の金額は100万円で計上できます。このように分割で計上すれば、法人税の節税になる、財務状況がよく見えるなどのメリットが見込めます。

 

メリット3.稼働データの実績があるため計画が立てやすい

稼働データの実績があるため計画が立てやすい、というのもメリットの1つです。新品のソーラーパネルを購入する場合は、シミュレーションをもとに発電量や節約具合を予想するしかありません。

一方、中古でソーラーパネルを購入すれば、「年間にどれくらい発電されていたのか」などの実績履歴が蓄積されているため、より具体的なシミュレーションが可能であり、年間の稼働計画を立てやすくなります。

これは、個人でソーラーパネルを購入する際はもちろんのこと、事業として太陽光発電を取り入れる際に大きなメリットとして働きます。

 

中古のソーラーパネルを使用する3つのデメリット

06 03

中古でソーラーパネルを購入する場合、メリットだけでなくデメリットもいくつか考えられます。中古品を導入する予定の方は、以下のデメリットを事前にご確認ください。

  1. 粗悪品を購入する可能性がある
  2. 電力の固定買取期間が短い
  3. 長期目線で考えるとコストパフォーマンスが悪い

各デメリットを順番に見ていきましょう。

 

デメリット1.粗悪品を購入する可能性がある

ソーラーパネルを中古で購入すると、粗悪品に当たる可能性があることを覚えておきましょう。ソーラーパネルは10年以上稼働できるものがほとんどですが、年数が経つと設備本体が劣化し、発電効率が低下する傾向にあります。

中古品のなかには、パネルが汚れている、設備の一部が故障しているなど、一部劣化している可能性があるため、購入時に「パネルに不備はないか」「過去の発電実績はどのくらいか」などの確認を十分に行いましょう。

 

デメリット2.電力の固定買取期間が短い

2つ目のデメリットは、電力の固定買取期間が短いことです。発電した電力の売却はFIT(固定価格買取制度)法により、10年間または20年間にわたって固定価格で売却できる権利が保証されています。

しかし、中古で太陽光発電設備を導入した場合、電力の固定買取期間は引き継がれるため、新品で買う場合に比べて期間が短くなってしまうのです。

固定買取期間が短くなると、その分最終的な売電収益が少なくなります。売電収益を増やしたいなら、より多くの固定買取期間が残っている設備を選択しましょう。

 

デメリット3.長期目線で考えるとコストパフォーマンスが悪い

長期目線で考えるとコストパフォーマンスが悪いというデメリットがあります。ソーラーパネルは中古品だからといって、必ずしも安価で購入できるわけではありません。

なかには相場以上の設備も販売されています。また、ソーラーパネルを中古で購入すると、設備の劣化などで長期利用ができない場合や、固定買取期間が短い場合があるため、初期コストを最終的に回収できないケースも考えられます。

はじめから長期目線でソーラーパネルを運用すると決まっているなら、新品のソーラーパネルの購入をおすすめします。

長期利用に適した新品のEcoFlowソーラーパネルはこちら

 

中古ソーラーパネルの購入に向いている人の特徴

06 04

中古のソーラーパネルにはメリットとデメリットの両方が考えられるため、導入すべき人とそうでない人に分けられます。中古ソーラーパネルの購入に向いているのは、「導入時の初期コストをできるだけ抑えたい」という人です。

中古のソーラーパネルであれば、初期コストを抑えて太陽光発電システムを構築でき、毎月の電気代を節約することが可能です。また、軽量で折りたたみできる製品であれば、アウトドアや緊急時にも活躍します。

長期間の運用には向いていないという難点はありますが、「初期費用をあまり用意できない」という方は、ぜひ中古ソーラーパネルの購入をご検討ください。

 

結局、ソーラーパネルは中古と新品どちらがおすすめ?

06 05

新品と中古のソーラーパネルは一長一短なので、どちらか一方が優れているとは言い切れません。購入時の状況や、使用目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば、初期コストを抑えて手軽に太陽光発電を行いたいなら中古品、長期的に安定して発電したいなら新品といったように、状況や目的に合わせて選択しましょう。

どちらにも当てはまることとして、製品について十分に相談できるメーカーからの購入が推奨されます。メーカーに直接相談ができれば、よりご自身の目的に合った製品を導入できるはずです。

なお、本サイトを運営するEcoFlowは、お客様の目的に合わせて多種多様なソーラーパネルをご提供しております。メーカーと連携するよりも安価で製品を購入できるほか、太陽光発電の相談等も承っておりますので、ぜひ以下の公式サイトから製品をご確認ください。

長期利用に適した新品のEcoFlowソーラーパネルはこちら

 

EcoFlowが販売する高機能ソーラーパネル4選

06 06

はじめから長期利用を想定している場合は、EcoFlowが販売する新品のソーラーパネルがおすすめです。新品のソーラーパネルをご検討中の方は、以下4つの製品をチェックしてみてください。

  1. 110Wソーラーパネル
  2. 160Wソーラーパネル
  3. 220W両面受光型ソーラーパネル
  4. 400Wソーラーパネル

それぞれの製品を順番に解説します。

 

110Wソーラーパネル

はじめに紹介する「110Wソーラーパネル」は、コンパクトで携帯性に優れたソーラーパネルです。外出時に持ち運んでも荷物の負担になりづらいため、アウトドアや緊急時にも有効活用できます。

また、比較的安価で購入しやすいところもポイントです。それでいて機能性が高く、複数枚のソーラーパネルを使用すれば、より高い発電効率に期待できるという魅力もあります。

寸法(展開時)

42.0×178.5×2.5 cm

寸法(折り畳み時)

42.0×48.0×2.5 cm

重量

6kg(チャージャー部分4kg)

保証

12ヶ月

定格出力

110W(+/-5W)

効率

22.8%

接続タイプ

MC4

開回路電圧

21.8V (Vmp 18.4V)

短絡電流

6.5A(Imp 6.0A)

電池タイプ

単結晶シリコン

公式URL

https://jp.ecoflow.com/products/110w-solar-panel

160Wソーラーパネル

「160Wソーラーパネル」は、複数の用途に対応した高機能なソーラーパネルです。本体重量は約7kgしかないため、キャンプや登山などアウトドアの利用に向いています。

また、ソーラーパネルのエネルギー変換効率は21〜22%と高く、MPPTアルゴリズムが動作温度範囲内の寒さや曇りといった気象条件下での性能を改善します。

防水防塵規格IP68を備えている点も魅力的。外出先で使用しているとき、急な天候変化が起きても安心です。さらに付属している収納ケースを折りたためば、角度を自由に調整できるキックスタンドとして使用できます。

寸法(展開時)

68×157×2.4 cm

寸法(折り畳み時)

68×42×2.4 cm

重量

7.0KG (チャージャー部分5.0KG)

保証

購入から12ヶ月

定格出力

160W(+/-5W)

効率

21%-22%

接続タイプ

MC4

開回路電圧

21.4V(Vmp 18.2V)

短絡電流

9.6A(Imp 8.8A)

電池タイプ

単結晶シリコン

公式URL

https://jp.ecoflow.com/products/160w-solar-panel

220W両面受光型ソーラーパネル

続いて紹介する「220W両面受光型ソーラーパネル」は、両面受光パネル採用で高い発電効率を実現したソーラーパネルです。本製品は表面から太陽光を受けるだけでなく、裏面からも、地上や屋上など大気中のあらゆる反射光を受光します。

また、IP68の防塵・防水仕様を備えた素材で148度の耐熱性もあるため、アウトドアや災害時など、幅広い用途で活躍します。効率的に太陽光発電を行いたい方におすすめです。

サイズ

82×183×2.5cm

重量

約9.5kg

定格出力

表面 220W / 裏面 155W

効率

22〜23%

接続タイプ

MC4

開回路電圧

21.8V (Vmp 18.4V)

短絡電流

13A (Imp 12.0A)表面/ 8.8A (Imp8.4A)裏面

電池タイプ

単結晶シリコン

公式URL

https://jp.ecoflow.com/products/220w-solar-panel

400Wソーラーパネル

「400Wソーラーパネル」は、EcoFlowが販売するソーラーパネルのなかで最もパワフルな製品です。1枚でも十分な出力を誇りますが、3枚接続すれば最大1,200Wもの高出力が実現します。

AC充電やEVステーション充電を組み合わせれば、より高い出力で発電が可能です。また、発電効率に優れていながら、折りたたみ式でコンパクトに持ち運びできる点も魅力的。「とにかくパワフルなソーラーパネルを探している」という方に推奨されます。

サイズ

約236.5×105.8×2.5 cm

重量

約16.0kg

効率

22.60%

接続タイプ

MC4

開回路電圧

48V (Vmp 41V)

短絡電流

11A (Imp 9.8A)

公式URL

https://jp.ecoflow.com/products/400w-solar-panel

まとめ

本記事では、中古ソーラーパネルのメリット・デメリット、購入に向いている人の特徴を解説しました。

中古のソーラーパネルでも、太陽光発電システムを整えることが可能です。「導入時の初期コストを削減できる」「稼働データの実績があるため計画が立てやすい」などのメリットがある一方、長期で利用する際にはデメリットも一部考えられるため注意が必要です。

ぜひ本記事の内容を確認した上で、ソーラーパネルの導入方法をご検討ください。なお、本サイトを運営するEcoFlowは、多種類の新品ソーラーパネルを販売しております。比較的安価で購入できる製品を多数提供しておりますので、ぜひ一度以下の公式サイトから製品をご確認ください。

長期利用に適した新品のEcoFlowソーラーパネルはこちら

記事をシェア

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください