コテージってなに?コテージのあるキャンプ場

-

コテージってなに?コテージのあるキャンプ場

-

01 4

キャンプ場ではテントを設営する以外にも、あらかじめ用意されているコテージを利用することもできます。初心者のなかには、テントを設営するのが難しいといった理由からキャンプを諦める人もいるようです。そのような場合にもおすすめなのがコテージです。本記事では初心者にもおすすめのコテージのあるキャンプ場を厳選して紹介します。

貸別荘のようなコテージは気軽に宿泊できる

一般的に、キャンプ場といえば、テントを設営してその中で宿泊をするイメージがあるかもしれません。実際テント泊を楽しむ人は多いですが、初心者にはテントの設営が難しい場合もあります。そのようなときは、もっと気軽に宿泊できる方法としてコテージを利用してみるのもおすすめです。コテージはキャビンと呼ばれることもあります。

戸建て住宅のような感覚で過ごせる

コテージとは家具や家電などが備えつけられている貸別荘のようなもので、一般的な戸建て住宅に近い状態で過ごせます。電気や水道、ガスなどがすぐに使用できますし、宿泊するのがコテージというだけでそれ以外の自然体験やアクティビティを楽しむことも可能です。お風呂や自炊がコテージ内でできます。

コテージによってはWi-Fiも完備している

テント泊の場合は工夫をする必要があるインターネット関連ですが、コテージは場所によってWi-Fi環境が整っているところもあります。キャンプ場に来てからもインターネット環境を使いたい人はそういったコテージを選ぶのもおすすめです。

コテージとバンガローは異なるもの

02 4

コテージと間違えられやすい宿泊施設としてバンガローがあります。

バンガローはキャンプ場にある簡易的な宿泊小屋

生活できるほどさまざまなものが揃っているコテージとは異なり、バンガローはあくまでも寝泊まりするためだけの小屋になっています。電気は通っていますが、トイレもキッチンもシャワーも一切ありません。ベッドもないので、宿泊できるといっても寝袋で眠るか、あらかじめ連絡をしてレンタルの布団を使うかです。

トイレやシャワーはほかの人と共有

コテージはトイレもお風呂も設備としてありますが、バンガローにはありません。トイレやシャワーを使いたいときは外にある共有のものを利用する必要があります。

コテージ泊が向いている人

03 4

キャンプをするときにコテージ泊が向いているのは以下のような人が挙げられます。

衛生管理がしっかりしているところに宿泊したい

キャンプの楽しみには自然に囲まれたなかでリラックスして過ごせる点があります。ただ、テント泊ではなるべく清潔さを保とうとしても中に土が入ってきたり、悪天候になったときには濡れてしまったりすることもないとはいえません。コテージであれば天候の影響を受けませんし、宿泊する前にキャンプ場のスタッフによって清掃もされているので安心です。

虫や野生動物の影響をなるべく受けたくない

自然が多い場所に出かけたときは虫に刺されたり、野生動物に襲来されたりする可能性があります。キャンプの場合も同じで、さまざまな対策をすることはできますが、完全に防ぐことは難しいです。虫や野生動物の影響をできるだけ受けたくない人は、コテージであればテント泊より侵入されにくいのでおすすめといえます。

ワーケーションがしたい

ワーケーションとは働くという意味のworkと休暇という意味のvacationを合わせた造語で、旅行をしながら仕事をするという働き方です。キャンプを楽しみながら仕事もしたい人は、Wi-Fi設備が整っているコテージを選べぶことで可能になります。

ほかの利用者の目を気にせず過ごしたい

テント泊では壁があるわけではないため、ほかの利用者の目を完全に気にしないというわけにはいきません。コテージであれば家の中にいるのと同じ状態になるので、ほかの利用者の目を気にせずに過ごせます。

コテージがあるキャンプ場10選

04 4

コテージがあるキャンプ場はさまざまありますが、こちらではそのなかでも特におすすめのところを厳選して10カ所紹介します。

コテージ森林村

都心からわずか90分で到着できるログハウス風コテージで宿泊ができます。秋川渓谷にあり、釣りや川遊びも可能です。コテージ内でWi-Fiの利用ができるため、インターネットも使いたい人にも人気があります。あらかじめ予約が必要ですが、バーベキューでは精肉店から直接届く新鮮な肉が食べられます。

Webサイト:https://www.shinrinmura.com/
住所:東京都あきる野市乙津810
アクセス:五日市街道から檜原村方面へ約5Km
連絡先:042ー595ー2210
料金:2万9000~4万4000円

ネイチャーランド椎谷

海まで徒歩5分ほどの位置にあり、海が見えるコテージは条件が合えば「世界一大きく見える」といわれている日本海に沈む夕日を眺めることもできます。2段ベッドがあるコテージも用意されているので、家族や友人と宿泊する際にも便利です。

Webサイト:http://www.natureland-shiiya.com/natureland.html
住所:新潟県柏崎市椎谷202番地
アクセス:北陸道西山ICから車で10分
連絡先:0257ー31ー3255
料金:2万5300~2万7500円

エンゼルフォレスト那須白河

ペットと一緒に宿泊できるうえ、Wi-Fi設備も整っています。ラグジュアリーなハイグレードコテージのほかに個性的なドーム型のコテージもあり、人気です。また、貸別荘タイプのコテージにはドッグランも付いているので、よりプライバシーを守ることができます。

Webサイト:https://www.ang-f-ns.com/
住所:福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥高戸屋39
アクセス:東北自動車道白河ICから約30分
連絡先:0248ー85ー2525
料金:8715~3万1815円(大人1名)

北軽井沢スウィートグラス

4~10名まで利用可能なコテージが8棟あり、それぞれの外観がすべて異なっています。こちらのコテージはすべてに薪ストーブがあるのが魅力です。Wi-Fiの利用が可能であるほか、コテージのなかにはペット同伴可能なものもあります。

Webサイト:https://sweetgrass.jp/
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990ー579
アクセス:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから軽井沢町軽油で約55分
連絡先:0279ー84ー2512
料金:1万6000~4万6200円

伊勢志摩エバーグレイズ

アメリカのテキサス州エバーグレイズ国立公園の自然環境に非常に似ていることから、この名がつけられたキャンプ場です。コテージ(キャビン)はアメリカの州名が付けられているものが多く、ペットと宿泊できるタイプやカヌーで遊べるタイプもあります。

Webサイト:https://www.everglades.jp/
住所:三重県志摩市磯部町穴川1365ー10
アクセス:伊勢自動車道伊勢西ICから車で約40分
連絡先:0599ー55ー3867
料金:1万400~4万6000円

ウィンケルビレッジ

朝里川温泉の敷地内にあることからコテージのなかには温泉が付いているものもあります。特に冬のアクティビティが豊富で、スノーボードやスキーなどが楽しめます。また、ペットも一緒に宿泊できるタイプもあるので、事前に電話で予約しておきましょう。

Webサイト:http://www.winkel.co.jp/
住所:北海道小樽市朝里川温泉2ー686
アクセス:国道5号線朝里十字街から定山渓方面へ車で約6分
連絡先:0800ー800ー3074
料金:3万1020~7万8540円(人数や曜日・繁忙期などによって異なる)

ガラガラ山キャンプ場 SPA&CAMP

全コテージには温泉がひかれているため、アクティビティを楽しんで疲れた体をゆっくりと癒やすことができます。また、専用のバーベキュー炉があり、天気が良ければ外で食事を楽しむことも可能です。コテージがあるエリアからはオーシャンビューを堪能できます。

Webサイト:https://garagarayama.com/
住所:福井県福井市赤坂町66ー84
アクセス:北陸自動車道鯖江ICから国道305号線経由で約50分
連絡先:0776ー89ー2180
料金:1万6700~2万2900円(別途入場料が必要)

コテージ&キャンプ はなれ山水

琵琶湖の目の前にあるキャンプ場で、快水浴場100選の特選に選出された知内浜サニービーチにも近いです。コテージは小・中・大の3種類が用意されており、小はフローリング部屋1室、中はフローリング部屋1室、大はフローリング2室、土間・畳部屋1室となっています。アクティビティとして琵琶湖でのカヌーやサップの体験が可能です。

Webサイト:https://www.sansui-r.com/
住所:滋賀県高島市マキノ町知内87
アクセス:木之本ICから車で約25分
連絡先:0740ー20ー5051
料金:1万7600~5万600円(人数や曜日によって異なる)

竜洋海洋公園オートキャンプ場

こちらのキャンプ場のコテージは掘りごたつタイプとロフトタイプがあります。ロフトタイプはトイレ・お風呂が別々になっているものもあるため、特に女性に人気です。キャンプ場内にはコインランドリーがあるので、長期滞在することもできます。

Webサイト:http://www.ryu-yo.co.jp/AUTO/
住所:静岡県磐田市駒場6866ー10
アクセス:浜松ICから車で約20分、磐田ICから車で約25分
連絡先:0538ー59ー3180
料金:5名まで1万5400円(6名以上は1人増えるごとに1100円増)

フリースタイルコテージ オリゾン

オリゾンのコテージは2種類、洋風の2階建てタイプ「ONE」と古民家タイプです。ONEは窓から海が見えますし、2階建てなので別荘感覚で過ごせます。古民家タイプは部屋数が多く、昔懐かしい雰囲気を感じることが可能です。

Webサイト:https://horizon-shirahama.com/
住所:千葉県南房総市白浜町白浜3592ー1
アクセス:館山道・富津館山道の富浦ICから白浜方面へ車で約30分
連絡先:0470ー29ー7477
料金:10名まで古民家棟が4万9500~9万9000円、オリゾンONEが5万3000~10万5000円(シーズンによる)

より過ごしやすくするならEcoFlowポータブル電源がおすすめ

キャンプ場内にあるコテージは、電化製品などが揃っているタイプと最低限のものだけが置いてあるタイプがあります。大人数で出かけた際などはそれぞれが携帯電話や充電などを行うのでコンセントの数が足りなかったり、そもそもコンセント自体がない部屋だったりする可能性がないとはいえません。そのような事態に備えて、EcoFlowポータブル電源があると便利です。

EcoFlowポータブル電源は一般的な部屋のコンセント以外にもソーラーチャージャーや車のシガーソケットで充電ができます。コンセントで充電をした場合は1.6時間という短時間でフル充電にすることが可能です。しかも、同時に複数のデバイスに電力を供給できるので大勢でコテージに宿泊している場合も役立ちます。持ち運びに便利なキャリーハンドルがついていたり、女性でも運びやすい重量だったりとキャンプに持っていくのにもぴったりです。

コテージ泊のときもポータブル電源持参でより快適に

今回はおすすめのコテージがあるキャンプ場を10カ所紹介しました。キャンプ場でテントを設営するのは難しくても、コテージであれば初心者も気軽に自然環境を楽しめます。コテージはさまざまなものが揃っているケースが多いですが、ポータブル電源があれば屋外やコンセントがない場所でも電力の供給ができます。短時間で充電ができるEcoFlowポータブル電源でより快適なキャンプを楽しみましょう。

関連記事:
https://jp.ecoflow.com/blogs/article/dog-camp-10
https://jp.ecoflow.com/blogs/ecoflow-blogs/campsite-cherry-blossom-viewing

記事をシェア

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください