【停電対策】電気を使わない暖房器具一覧!効果的な寒さ対策も紹介

-

【停電対策】電気を使わない暖房器具一覧!効果的な寒さ対策も紹介

-

「電気を使わない暖房器具が知りたい」「手軽に体を温められる防寒グッズを教えてほしい」という疑問がある方もいるのではないでしょうか?停電が起きて電力供給が絶たれたとしても、電気を使わない暖房器具はガスや灯油などを利用し、部屋の温度を調節することが可能です。

暖房器具を利用する以外にも、湯たんぽや使い捨てカイロ、冬用の寝具などがあれば効果的な寒さ対策を行えます。そのほか、断熱対策や発電システムを整えておくことで、停電時でも快適に過ごすことができるでしょう。

本記事では、電気を使わない暖房器具、効果的な防寒グッズ、暖房器具以外の寒さ対策について解説します。停電時の寒さ対策を万全にしたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

電気を使わない暖房器具は停電対策になる!

電気 使わない暖房

多くの暖房器具は利用する際に電気を必要としますが、電気を使わない暖房器具もたくさんあります。自然災害などで停電が起こり、電力会社からの電力供給が絶たれたとしても、ガスや灯油などを用いて暖を取ることが可能です。

停電時に特に困るのは、冬場の冷え込みです。地域によっては冬場はかなり冷え込むため、暖房器具が使えない状況だと命の危険性さえあります。

その点、電気を使わない暖房器具を用意しておけば、停電時の寒さ問題を解消することができます。災害時の停電に備えて、事前にガスや灯油などを利用する暖房器具を準備しておくことがおすすめです。

【電気を使わない暖房器具の一例】

  • 灯油ストーブ:灯油を燃料にする暖房器具
  • カセットガスヒーター:カセットボンベを使用する暖房器具
  • 暖炉:薪を燃やして暖を取る設備

これらの暖房器具は停電時の寒さ対策として機能します。しかし、火を使う暖房器具は取り扱いに注意が必要となるので、安全対策もしっかりと行うようにしましょう。

→暖房器具の電気代を比較|各製品の特徴と節電方法を詳しく解説(未公開)

停電時に使用できる!電気を使わない暖房器具

image6

停電時にも使える暖房器具の用意は寒さ対策のポイントとなります。本項では、電気を使わない暖房器具を4つ紹介します。

  1. ガスストーブ
  2. 石油ストーブ
  3. カセットガスストーブ
  4. カセットガスファンヒーター

これらの暖房器具は電気を必要とせず、手軽に使用できるのが特徴です。それぞれの製品の特性を解説していきます。

ガスストーブ

ガスストーブは、都市ガスやプロパンガスを燃料として使用する暖房器具です。一般的なガスストーブは一部電気を用いるため停電時には利用できませんが、電気を一切使わない製品もなかには存在します。

安定した暖房が可能で、火力の調節がしやすい点が特徴です。また、発生する湿度が適度で乾燥しにくいため、冬場の室内環境を快適に保つことができます。

石油ストーブ

石油ストーブは灯油を燃料とする暖房器具です。昔から多くの家庭で使用されており、その暖房性能の高さが評価されています。

一般的には電気を必要とする石油ストーブが多いため、製品選びには注意が必要です。停電時の利用を想定するなら、必ず電気を一切使用しないタイプを選択するようにしましょう。

カセットガスストーブ

災害用の備蓄として用意するなら、カセットガスストーブもおすすめです。カセットガスボンベを燃料とする暖房器具で、基本的に一切電気を使いません。

軽量かつコンパクトで持ち運びがしやすく、置き場所を選ばず使用できる点も特徴です。緊急時以外にも、キャンプや車中泊などのアウトドアでも活躍します。

カセットガスファンヒーター

カセットガスファンヒーターもカセットガスボンベを燃料とします。ファンを回して暖かい空気を送り出すため、迅速に部屋中を暖めることが可能です。

機能性が高く運転音も静かで、長時間の使用にも対応しています。「広い部屋で快適に使用できる暖房器具を探している」という方におすすめです。

手軽に体を温める!電気を使わない防寒グッズ

image5

暖房器具ではない手軽に使用できる防寒グッズを5つ紹介します。停電対策を徹底したい方、もしくはアウトドアで使用したい方は以下のグッズを参考にしてください。

  1. 湯たんぽ
  2. 使い捨てカイロ
  3. 冬用の寝具
  4. 厚手のコート
  5. キャンプ用の寝袋

各グッズの特徴を順番に解説します。

湯たんぽ

1つ目におすすめするアイテムは湯たんぽです。熱いお湯を入れることで、長時間にわたって暖を取ることができます。

寒い夜やベッドに入る前に湯たんぽを用意すれば、寝床がポカポカと温まります。特に電気が使えない停電時や、キャンプ場での利用に役立ちます。持ち運びも簡単で、家のなかでの利用だけでなく外出時にも便利です。

使い捨てカイロ

手軽に暖を取りたい場合は、使い捨てカイロの利用が適切です。導入費用が安く、場所を取らないため手軽に使用できます。

持続時間は製品によって異なりますが、一般的には数時間程度は持続するため、停電時の寒さ対策として機能します。特に雪山やアウトドア中には、手足や首元の冷えを防いでくれるでしょう。

冬用の寝具

快適な睡眠をとるために、冬用の寝具を整えておくことも大切です。特に羽毛布団は保温性が高く、寒い季節でも快適に眠ることができます。

【冬用の寝具の一例】

  • 羽毛布団
  • 厚い敷布団
  • 暖かい毛布
  • 電気毛布

停電時の寝床や冷え込むキャンプ場では、冬用の寝具が暖かさを確保します。素材や硬さなどを考慮して準備するようにしましょう。

厚手のコート

厚手のコートを羽織って寒さを防ぐ方法もあります。羽織るだけですぐに暖を取れるため、緊急時の寒さ対策にも役立ちます。主に以下のようなアイテムがおすすめです。

  • 厚手のジャケット
  • スキーウェア
  • ダウンコート

特に防水・防風機能が備わっているものなら、雪や風の強い日でも寒さを感じにくくなります。デザインも豊富で、ファッションアイテムとしても楽しむことができます。

キャンプ用の寝袋

キャンプ用の寝袋は外部の冷気を遮断し、体温を逃がさない構造になっています。日常的に使用することで、手軽に暖を取ることが可能です。

もちろん停電時以外にも、キャンプや車中泊などのアウトドアでも活躍します。軽量でコンパクトに収納できるものが多く、持ち運びや保管に適しています。

停電対策に効果的!暖房器具以外の寒さ対策

電気 使わない暖房

寒さが厳しい時期に停電した場合、電気を使わない寒さ対策が求められます。ここでは、暖房器具以外の効果的な対策を4つ紹介します。

  1. 断熱対策を徹底する
  2. 厚手のカーペットを敷く
  3. 体が温まる食事をする
  4. 発電システムを構築する

冬に停電し、寒さ対策が万全でないと危険が伴います。具体的な寒さ対策として、以下の詳細をぜひご確認ください。

冬に停電すると危険性が高い?停電時の具体的な寒さ対策を8つご紹介!

対策1.断熱対策を徹底する

断熱対策を徹底することで効果的な寒さ対策が可能です。外部の冷気の侵入を防ぎ、室内の暖かさをキープすることで、暖房器具の使用頻度を減らすことができます。

【具体的な断熱対策】

  • 遮光カーテンを取り付ける
  • 遮熱シートをを窓に貼り付ける
  • 日よけのシェードを設置する
  • 雨戸やシャッターを閉める
  • ソーラーパネルを屋根に設置する

これにより、部屋の暖かさを一定に保つことが可能になります。断熱材を選ぶ際には、材質や価格をよく確認することが大切です。

対策2.厚手のカーペットを敷く

厚手のカーペットを敷くことで、足元の寒さを軽減できます。冬場はコールドドラフト現象により、「部屋は暖かいけど足元は寒い」という状況が起こりやすくなります。

コールドドラフト現象とは、部屋の暖かい空気が外気で冷えた窓に触れ、そこで冷やされた空気が床面に下降することで、室内の上部と下部に大きな温度差が生まれる現象のことです。

その点、厚手のカーペットを敷くことでこの現象による寒さを軽減できます。また、カーペットは足元を暖かく保つだけでなく、床からの冷気の侵入を防ぐ役割も果たします。

対策3.体が温まる食事をする

体を内側から温めるためには、体が温まる食事を摂取することが効果的です。特に、辛いものや温かいスープ、シチューなどは体を温める際に役立ちます。

【体が温まる食べ物・飲み物】

  • カレーライス
  • 豚汁
  • 温かいスープ
  • カモミールティー
  • ホットワイン

食材の選び方や料理の方法によって体を効率的に温めることができるため、季節に合わせて食事の取り方を工夫しましょう。

対策4.発電システムを構築する

停電対策として発電システムを構築することも1つの方法です。ソーラーパネルや蓄電池を導入し、発電システムを構築すれば停電時でも電気を確保できます。

これにより、電力会社からの電力供給が絶たれたとしても、発電した電気を用いて暖房器具を快適に使用することが可能です。

ただし、システムの導入にはコストがかかるため、初期費用やランニングコストをしっかりと考慮した上で導入を検討することが大切です。

緊急時に非常用電源が求められる理由とは?選び方やおすすめ製品を紹介

発電システムをローコストで構築する方法

電気 使わない暖房

発電システムを構築する際、コストを抑えたいと考える方も多いでしょう。発電システムをローコストで構築したい場合は、ポータブル電源とソーラーパネルの組み合わせが推奨されます。

高額な蓄電池を設置する必要がなく、初期投資を抑えることが可能となります。工事費用がかからないほか、大規模なメンテナンスを必要としない点もメリットです。費用を抑えられる以外にも、以下のようなメリットが見込めます。

  • 災害時に非常用電源として避難所や車内に持ち運べる
  • 娯楽目的でアウトドアに利用できる
  • 導入までのハードルが比較的低い

外出先での利用が想定される場合は、携帯性が高い製品を選ぶことをおすすめします。コンパクトで軽量なタイプであれば、荷物の負担が少なく、外出先でもストレスなく利用できるでしょう。

特にEcoFlowのポータブル電源とソーラーパネルは機能性と携帯性を両立しており、緊急時やアウトドアでの利用に向いています。また、リン酸鉄リチウムイオン電池の採用により、長寿命と高い安全性も実現。ローコストでの構築を考えている方は、ぜひEcoFlowのセット商品をご検討ください。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら
携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

暖房機能付きのポータブルエアコンなら「EcoFlow WAVE 2」

電気 使わ ない 暖房

停電時の寒さ対策として、暖房機能付きのポータブルエアコンを使用する方法もあります。ポータブルエアコンの購入なら、「EcoFlow WAVE 2」を検討してみてください。

本製品は最新技術を用いて開発されたコンプレッサーの採用により、パワフルな冷暖房機能を実現しています。これにより、停電時やアウトドアなどの過酷な状況下でも、ポータブルエアコンを利用して快適に過ごすことが可能です。

【ポータブルエアコン「EcoFlow WAVE 2」の利点】

  • パワフルな冷暖房機能を実現している
  • 工事不要で電源をいれればすぐに使用できる
  • 静音で就寝時も快適に過ごせる
  • 地球環境に配慮した自然冷媒を使用している
  • 複数の充電方法に対応している

本製品はおやすみモードを搭載しており、動作音が44dBと非常に静音です。また、省エネモードでは最長8時間稼働するほか、4通りの充電方法にも対応しています。

さらに本製品と専用バッテリーパック・ポータブル電源・ソーラーパネルを組み合わせれば、長期間の利用にも対応できます。停電によって電力供給が絶たれたとしても、本製品を使えば快適な空調に調整することが可能です。

「暖房機能付きで高機能なポータブルエアコンがほしい」「緊急時に活躍する製品を探している」という方は、「EcoFlow WAVE 2」を検討してみてください。

パワフルな冷暖房機能付きポータブルエアコン「EcoFlow WAVE 2」はこちら

まとめ

本記事では、電気を使わない暖房器具、効果的な防寒グッズ、暖房器具以外の寒さ対策について解説しました。

多くの暖房器具は電気を必要としますが、電気を使わない暖房器具も存在します。電気を使わない主な暖房器具は以下の通りです。

  • ガスストーブ
  • 石油ストーブ
  • カセットガスストーブ
  • カセットガスファンヒーター

暖房器具以外にも、湯たんぽや使い捨てカイロ、冬用の寝具などがあれば効果的な寒さ対策を行えます。また、停電時の寒さ対策を万全にしたいなら、発電システムの構築をおすすめします。

ローコストで発電システムを構築したい方は、EcoFlowのポータブル電源とソーラーパネルの導入をご検討ください。停電時だけでなく、キャンプや車中泊などのアウトドアでの利用にも向いています。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら
携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください