車のバッテリーの充電方法は?充電が必要な理由や自力で充電する手順を解説

-

車のバッテリーの充電方法は?充電が必要な理由や自力で充電する手順を解説

-

車のバッテリーは自力で充電可能です。しかし、充電方法を知らないとうまく充電できず、問題が発生することもあるかもしれません。

また、そもそも車のバッテリーの充電方法がわからない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、車のバッテリーの役割と充電が必要な理由、充電方法、充電する際の注意点をわかりやすく解説します。

車のバッテリーについて知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

車のバッテリーの役割と充電が必要な理由

車 バッテリー 充電 方法

車のバッテリーの充電方法を知る前に、バッテリーの役割と充電が必要な理由を知ることが重要です。ここでは、車のバッテリーの役割と充電が必要な理由について解説します。

車のバッテリーの役割

車のバッテリーは、電気供給と蓄電機能を担っています。つまり、バッテリーは車内の機器に電気を供給する装置といえるでしょう。

また、車のバッテリーには蓄電する機能も備わっているため、エンジン始動時だけでなく起動中にも使用可能です。

走行中も電気を蓄えておくことで必要な場面で電気が使用できるため、車にとってバッテリーは欠かせません。

ガソリンやハイオクで起動する車でも、車内には電気系統が無数に張り巡らされているため電気は必要不可欠。モニターの表示等に使用されます。

そのため、車はバッテリーがないと正常に動かせないわけです。

車のバッテリーの充電が必要な理由

車のバッテリーは、充電しないと放電してしまいます。これは、いわゆる「バッテリー上がり」の状態です。

バッテリー上がりが発生する原因は次の通りです。

  • ずっと車に乗らずエンジンを動かさない
  • 短距離や低速度でしか走らせない
  • ライト類がつけたまま

特に普段あまり車に乗らない方や、乗ったとしても短い距離や遅い速度しか出さない場合は要注意です。

また、ライト類を点灯させたまま放置することでバッテリーが上がることもあります。その他、バッテリーだけでなく発電機や電圧にトラブルがある場合も問題が発生しやすいです。

最近では高性能化したバッテリーを搭載した車も多いですが、高性能バッテリーは急激に上がることも少なくありません。

定期的に走らせて車のバッテリーが上がらないよう管理しましょう。

車のバッテリーを充電するタイミング

車のバッテリーを充電するタイミングは次の通りです。

  • バッテリーが上がってしまった時
  • 発電機や電圧に異常が見られる時
  • セルモーターの音が弱く遅い時
  • パワーウィンドウの動きが遅い時
  • ヘッドライトが暗い時

上記の状態にある場合は、車のバッテリーを充電するタイミングといえます。バッテリーが上がってしまった時や、発電機や電圧に異常が見られる時はすぐに充電しましょう

セルモーターの音が弱く遅い時やパワーウィンドウの動きが遅い時も、バッテリー充電の最適なタイミングです。ヘッドライトが暗い時も、充電の頃合いと見ておきましょう。

どのタイミングでバッテリーを充電するかは自由ですが、気づいた時に済ませておくのが一番です。

車中泊におけるバッテリー上がりの原因と直し方については以下の記事で詳しく紹介していますので、興味がある方は併せてご覧ください。

車中泊におけるバッテリー上がりの原因と直し方|効果的な対策も紹介
初めての車中泊! 車選びやグッズ、場所はどうする?

車のバッテリーの充電方法

車 バッテリー 充電 方法

いざという時のために、車のバッテリーの充電方法を知っておくことは重要です。ここでは、車のバッテリーの充電方法について解説します。

車を走らせて充電する

車のバッテリーは、走らせるだけで充電が可能です。

一般的な車は、走行中にオルタネーターから供給される電気によってバッテリーが充電される仕組みとなっています。定期的に走らせれば、一定量の充電が可能といえるでしょう。

ただし、車のバッテリーを充電するには、ある程度の距離を一定以上の速度で走り続ける必要があります。要は、エンジンの回転数が多い・大きいほど効率的に充電できるわけです。

目安は、「1週間に1回、20〜30分程度、時速50〜60kmで走行する」ことです

普段から車に乗っている方は問題ありませんが、あまり車に乗らない方は週に1回はちょっとした遠出をすると良いでしょう。

充電器を使い自力で充電する

車のバッテリーは、充電器を使い自力で充電することも可能です。

カーバッテリー充電器を使用すれば、自力で充電できます。ただし、手順を知らない方にはややハードルが高いため、ここで大まかな流れをまとめます。

  1. カーバッテリー充電器とブースターケーブルを用意する
  2. コンセントがある場所に車を移動させる
  3. ボンネットを開けてバッテリーを確認する
  4. バッテリーの「+極(赤色)」に赤いケーブルを接続する
  5. バッテリーの「-極(黒色)」に黒いケーブルを接続する
  6. 充電器をコンセントに挿して電源を入れる
  7. 充電器を操作して充電のアンペア数を設定する
  8. 現在のバッテリー電圧と充電量を確認する
  9. 充電量が90%を超えたら充電完了となる

上記の手順を踏まえておけば、バッテリーの充電は自力でも可能です。

ただし、自力で車のバッテリーを充電するのは危険も伴うため、専門業者に依頼することも念頭に置いておきましょう。専門業者であれば、手間も面倒もかかりません。

業者に依頼して充電する

車のバッテリーは、業者に依頼して充電するのもおすすめです。

カーディーラーや自動車整備工場に相談すれば、専門業者が充電してくれます。バッテリー上がりなど、緊急時にも対応してくれるため便利です。

プロの知見から他に異常がないかも調べてくれるため、自己判断で対応するより安全。バッテリー上がりが頻繁に発生する場合は、他に問題があるかもしれません。

プロに依頼すると料金こそかかりますが、車の点検も兼ねて任せられるのは安心です。忙しくて自力で対応できない方も、まずは専門業者に依頼することを推奨します。

1か月の停電を経験したからこそ気づいた電源確保の大切さ
ポータブル電源の充電を長持ちさせる3つの方法!充電管理アプリの重要性とは?

車のバッテリーを充電する際の注意点

車 バッテリー 充電 方法

車のバッテリーを自力で充電する方法はいくつかありますが、場合によっては危険が伴います。ここでは、車のバッテリーを充電する際の注意点について解説します。

充電する時はバッテリーを外す

充電する時はバッテリーを外しましょう。

バッテリーを車載のまま充電すると故障の原因となります。特に、プラスとマイナスを間違えて接続した場合は、電子機器が故障することもあるため要注意です。

過充電した場合、水素ガスの液漏れや飛散が発生することも。そのため、車のバッテリーを充電する際はバッテリーを外してください。

ただし、バッテリーを取り外す際は細心の注意を払う必要があります。無理に取り外すと故障する原因となるため、取り扱いには十分な注意が必要です。

やり方がわからない場合は、業者に任せましょう。

バッテリーのキャップを開放する

車のバッテリーを充電する時は、バッテリーのキャップを開放しましょう。

バッテリーには、充電時に発生する気泡を逃がすためにキャップがついています。そのバッテリー内部に大量の気泡が生じると、圧力によって爆発を引き起こす可能性があります。

そのため、キャップは開放して充電してください。ただし、キャップがないものや外せないものがあるので要注意です。

キャップの開放についてわからない場合も、プロに任せることを推奨します。

充電の所要時間を考慮すること

車のバッテリーを充電する時は、充電の所要時間を考慮しましょう。

バッテリーは過充電すると故障する可能性があります。しかし、充電の所要時間は「完全充電」か「急速充電」かによって変わり、素人が判断するのはやや難しいです

それぞれの特徴を簡単にまとめると次の通りです。

  • 完全充電:ゆっくりと時間をかけて充電する方法
  • 急速充電:時間をかけずにすぐ充電する方法

充電する場合、使用する充電器が完全充電なのか急速充電なのかは、事前に見極めておきましょう。どのタイプの充電器なのか、一度確認してから充電してください。

なお、車中泊で充電器を使用する場合は、次の記事も合わせてご覧ください。

車中泊で便利な携帯型バッテリー
夏の車の暑さ対策を徹底解説!車内温度を下げるグッズも複数紹介

車中泊のバッテリー上がり対策にはポータブル電源

車 バッテリー 充電 方法

車中泊では、エンジンを停止した状態でヘッドライトを使用し、バッテリー上がりを引き起こす方も多いです。なかには、ルームライトをつけっぱなしにする人も少なくありません。

エアコンなども同様に、つけっぱなしにするとバッテリー上がりの原因となります。実際にバッテリー上がりを引き起こし、復旧で苦労することもあるでしょう。

しかし、車中泊のバッテリー上がりはポータブル電源さえあれば対策可能です。

大容量・高出力で家庭のコンセントと同じAC100V電源が使用できるポータブル電源があれば、車のバッテリーも充電できます。

EcoFlowのポータブル電源と専用ケーブルを使用すれば、車のバッテリーを約15分〜40分ほどで充電可能です。フル充電できたら、車も難なく再起動できます。

つまり、ポータブル電源があれば車中泊のバッテリー上がりに怯える必要もありません。

ポータブル電源では電気クーラーや扇風機、電気ヒーターや電気毛布が使用できるため、車載エアコンに頼る必要もありません。

暑さ対策・寒さ対策にも便利なので、車中泊する方はぜひ持参しましょう。

EcoFlowでは高性能なポータブル電源を取り揃えています。小型から中型、大型まで持ち運び可能なものをラインナップしているだけでなく、予算に合わせて選択可能です。

業界最速級の充電が可能なので、車中泊にも最適といえるでしょう。

併せて使用できる携帯型のソーラーパネルも用意しているため、災害対策として常備しておくのもおすすめです。ソーラーパネルがあれば発電も可能で、停電時にも役立ちます。

もちろん、キャンプなどのアウトドア、DIY、夜釣りにもぴったり。

興味をお持ちの方は、まずは当社のポータブル電源&ソーラーパネルをご検討いただけますと幸いです。詳細は下記のリンクからご確認いただけます。

EcoFlowのポータブル電源はこちら
EcoFlowのポータブルソーラーパネルはこちら

まとめ

車のバッテリーの役割と充電が必要な理由、車のバッテリーの充電方法、車のバッテリーを充電する際の注意点を解説しました。

車のバッテリーは、電気供給と蓄電機能の役割を担っています。このバッテリーが上がってしまうと正常に車が起動できなくなり、復旧も大変です。

車のバッテリーは充電方法さえ知っておけば自力で充電可能ですが、注意点もいくつかあるので細心の注意を払わなければいけません。

自力での充電が難しいと思った場合は、専門業者に依頼しましょう。カーディーラーや自動車整備工場に依頼すれば、即日で対応してもらえる場合もあります。

なお、車中泊などバッテリーが上がりやすい環境に身を置くなら、ポータブル電源を持参するのがおすすめ。ポータブル電源があれば、車のバッテリーも難なく充電可能です。

EcoFlowでは、車中泊にも便利なポータブル電源をいくつか揃えています。当社の製品は持ち運びが可能なのはもちろん、業界最速級の充電が可能です。

再生可能電力での発電が魅力のソーラーパネルも併せて取り扱っているため、ぜひポータブル電源と併せて購入をご検討ください。

当社の製品は、耐久性や防水性にも優れているので野外で使用する場合にも便利です。災害時の非常用電源にもなるため、万が一に備えて常備しておくことを推奨します。

まずは、当社のホームページからお気軽にお問い合わせください。

EcoFlowのポータブル電源はこちら
EcoFlowのポータブルソーラーパネルはこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください