冷蔵庫の転倒防止対策は必要?おすすめグッズや選び方の注意点を解説

-

冷蔵庫の転倒防止対策は必要?おすすめグッズや選び方の注意点を解説

-

冷蔵庫は日常生活を送るうえで欠かせない家電の一つです。ただ、冷蔵庫は大きく重さもあるため、地震が起きたときに「倒れたらどうしよう」「何か対策をしたほうが良いのだろうか」と考える人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では地震が起きた際の冷蔵庫の転倒防止対策の必要性や具体的な方法、グッズ選びの注意点について紹介します。

地震における冷蔵庫の転倒防止対策は必要?

地震で強い揺れを感じたときに、冷蔵庫が倒れてこないか心配になる人も多くみられます。冷蔵庫の転倒防止対策をしないと、具体的にどのような危険性があるのでしょうか。リスクや対策の必要性について詳しく見ていきましょう。

被災時に食料に困る可能性がある

多くの場合、冷蔵庫には日常生活を送るための食品が入っているものです。もしも地震の影響で冷蔵庫が倒れてしまうと、なかの食料品が取り出せなくなる可能性があります。すると、食品を取り出せないまま腐ってしまったり、食料不足で困ってしまったりする危険性があります。

冷蔵庫は倒れると凶器にもなり得る

地震が起きたとき、背の高い家具や家電は倒れやすくなります。家電のなかでも冷蔵庫は高さと重さがあります。ファミリー向けの冷蔵庫で中身が入っている場合、重さが100kg近くにもなるケースもあるでしょう。万が一、地震の影響でこのような冷蔵庫が倒れると、近くにいる人がケガをしたり、部屋の出入り口が塞がれて閉じ込められたりするリスクが生じます。また、家電は倒れる際に勢いがつくため、人の身体にぶつかると危険です。冷蔵庫は便利な家電ですが、地震の際は凶器にもなり得ます。事故を防ぐためにも、転倒防止対策が必要になるでしょう。

地震に備えて何ができる?冷蔵庫の転倒防止対策方法

地震における万が一の事態に備えて、冷蔵庫の転倒防止対策を行うことが重要になります。具体的に冷蔵庫転倒防止対策にはどのような方法があるのか、いくつかピックアップして紹介します。

・突っ張り棒を使う
・耐震ジェルマットを使う
・ベルトで壁と冷蔵庫を固定する
・ストッパーでドアを固定する

上記のような方法で、大きな地震が発生した際、冷蔵庫の転倒による被害を最小限に抑えやすくなります。基本的には、転倒防止グッズを使った対策を行うことがおすすめです。転倒防止グッズは手軽に入手・使用できるものが多く、思い立ったときに対策を始められます。なお、紹介した方法はいずれも後付けが可能です。大掛かりな工事や専門知識が不要で対策を行えることがメリットといえるでしょう。

地震対策に使える!おすすめの冷蔵庫の転倒防止グッズ

地震の際の冷蔵庫転倒防止グッズには、さまざまなものがあります。代表的なグッズには「突っ張り棒タイプ」「耐震ジェルマットタイプ」、「ベルトタイプ」「ストッパータイプ」などの種類があります。それぞれ特徴や適した使用シーンが異なるため、自宅の環境や冷蔵庫に合うもの選ぶと良いでしょう。ここでは、転倒防止グッズの種類ごとの特徴やメリットについて紹介します。

突っ張り棒タイプ

突っ張り棒タイプは冷蔵庫の上に取り付け、天井との間をつないで転倒を防止するものをいいます。壁や天井に傷が付く心配がなく、賃貸物件に住んでいる人でも使いやすいタイプです。ただし、冷蔵庫と天井の隙間が大きい場合は、設置できない可能性があります。商品によって長さはさまざまですが、目安として1m~1.5m程度の隙間であれば設置できる可能性が高いでしょう。ファミリータイプの背が高い冷蔵庫との相性が良いタイプです。

耐震ジェルマットタイプ

耐震ジェルマットは、粘着力のあるマットを冷蔵庫の下やサイドに貼り付け、転倒を防ぐグッズです。耐震ジェルマットは粘着性が高く、なおかつはがしやすいものが多いため、どの家庭でも取り入れやすいことが特徴です。壁や床などを傷付けるリスクも低いでしょう。ただし、重く背の高い冷蔵庫の場合、耐震ジェルマットのみだと揺れに耐えきれない可能性があります。転倒が心配な場合は、ほかのアイテムと併用して使うこともおすすめです。

ベルトタイプ

冷蔵庫と壁をベルトで固定するアイテムを指します。ベルトタイプは大きく分けると「固定式」「粘着式」などの種類があります。固定式はネジやくぎを使って冷蔵庫を固定するものです。強度が強いものは揺れに耐えやすいことが特徴です。ただし、使用にあたり壁に傷が付く点に注意しましょう。粘着式はテープなどを使い、壁を傷付けることなく冷蔵庫を固定できます。一方、強い揺れに耐えられない可能性があります。住まいの環境や求める強度に合わせて最適な種類を選びましょう。

ストッパータイプ

ドアストッパーは冷蔵庫のドアが勝手に開かないようにするアイテムです。地震によって大きな揺れが発生すると、冷蔵庫の扉が開いて中身が飛び出てくる危険性があります。冷蔵庫にはビンや缶といった重く大きさのあるものが保管されているケースも多くみられます。これらが突然飛び出てくると、凶器にもなり得るため注意が必要です。ほかの転倒対策グッズとあわせてドアストッパーを設置することで、安全性を高められます。

冷蔵庫の転倒防止グッズを選ぶときの注意点

冷蔵庫の転倒防止グッズを選ぶ際は、いくつか注意したいポイントがあります。十分な効果を得るにも、以下のポイントをチェックして転倒防止グッズを選びましょう。

冷蔵庫の形状に合うものを選ぶ

冷蔵庫はメーカーやモデルによっても形状に違いがあります。たとえば、出っ張りがある形状の冷蔵庫の場合、うまく転倒防止グッズを取り付けられないリスクが生じます。購入前にきちんと冷蔵庫の形状をチェックし、取り付け可能なグッズを選びましょう。

効果を確認する

いくら頑丈といううたい文句があるグッズでも、実際に効果が実証されていなければ十分な転倒防止効果を得られない可能性があります。公的機関の振動試験で効果が実証されているアイテムを選ぶと安心です。

耐圧・耐荷重の数値をチェックする

転倒防止グッズによっても耐圧・耐荷重は異なります。冷蔵庫をしっかりと支えられる耐圧・耐荷重であるか、数値をよく確認しましょう。

地震で停電が起きたときも冷蔵庫が使える!おすすめの防災グッズ「EcoFlowポータブル電源

地震によって、ライフラインである電力供給が停止する事例も多々あります。日常生活を送るうえで欠かせない電力供給が停止した場合、復旧まで自分たちで乗り切らなければなりません。地震による被害が大きい場合は、停電が長期化する可能性もあります。停電が起きた場合、照明だけではなく冷蔵庫をはじめとする、さまざまな家電が使えなくなるため注意が必要です。このような不測の事態に備えるため、自宅に防災グッズを備える人が増えています。

このようななか、手軽に準備できる防災グッズとして注目されているのが「EcoFlowポータブル電源」です。EcoFlowポータブル電源を使えば、停電時でも冷蔵庫をはじめとする家庭の電化製品を使うことができます。冷蔵庫のなかにある食料が腐る心配がなくなり、食糧確保にも役立つでしょう。また、調理家電で食事を用意したり、スマホを充電して情報収集を行ったりするなど、幅広い用途に活用できます。地震などの災害は前触れもなく起こるからこそ、万が一の事態に備えてEcoFlowポータブル電源を用意しておくと安心です。

地震などの災害に備えて転倒防止グッズやポータブル電源を準備しよう

地震は突然起こるものであり、住まいや身の安全を守るためには、事前の対策が必要です。地震によって冷蔵庫が倒れると、ケガをするリスクもあるため注意しましょう。自宅の環境や冷蔵庫の形状に合う転倒防止グッズを選び、取り付けておくと安心感が高まります。また、地震による停電に備えてEcoFlowポータブル電源を用意しておくこともおすすめです。地震による被害を最小限に抑えるためにも、しっかりと事前準備をしておきましょう。

articlebousai02
articlebousai03

エコフローリバー

容量288Wh
定格出力600W
ACコンセントx3口

詳細はこちら

エコフローリバープロ

容量720Wh
定格出力600W
ACコンセントx3口

詳細はこちら

articlebousai04

イーエフデルタ

容量1260Wh
定格出力1600W 
ACコンセントx6口

詳細はこちら

記事をシェア

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください