100均グッズでキャンプはできる?手に入るギア&手に入らないギアを紹介

-

100均グッズでキャンプはできる?手に入るギア&手に入らないギアを紹介

-

「キャンプはしたいけど費用は抑えたい!」という場合におすすめなのが、100均グッズです。100均にはキャンプ用品が豊富に揃っており、本格的な製品も手に入ります。

予算を抑えたい場合は、100均のアイテムを駆使するだけでコスト削減につながるため、ぜひ多くのアイテムを活用しましょう。

この記事では、100均グッズでキャンプはできるのか、手に入るギア&手に入らないギアについて解説します。

100均でキャンプ用品を揃えたいという方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

100均グッズでキャンプはできる?

100 均 キャンプ

結論からいうと、100均グッズだけでもキャンプは可能なものの、快適に過ごすためには他のアイテムも必要といえるでしょう。

近年の100均はキャンプ用品が充実しています。テントやシュラフといったメインギアから、ランタンやタオルといったサブギアまで、昨今の100均はキャンプ用品の宝庫です。

コロナ禍に到来した空前のキャンプブームを受け、100円均一ショップ大手では100円〜1,000円という幅広い価格帯で手に入る製品を取り揃えています。

場合によっては1,000円以上するものもありますが、キャンプ用品専門店で購入するよりかはお得です。

そのため、コストを抑えてキャンプしたい方にとっては100均がおすすめといえるでしょう。ただし、100円均一ショップ大手でも取り扱っていない商品もあるため、必要なものに併せていくつかの店舗を利用することが重要です。

例えば、キャンプに欠かせないものとなりつつあるポータブル電源は、100均では取り扱っていないことがほとんどで、その他の電化製品も同様となります。

必要最低限の環境でキャンプするなら100均のもので十分ですが、より快適なキャンプを目指すなら他のショップも併用するのがおすすめといえるでしょう。

ソロキャンプに初めて挑戦する方は、以下の記事も併せてご覧ください。

キャンプのベテランが教える|初めてのソロキャンプの注意点・持ち物など

100均ショップで手に入るキャンプギア

image4

100均ショップで手に入るグッズにはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、100均で手に入るキャンプギアについて解説します。

テント

「テントが100均で手に入るわけがない」と思っている方もいるかもしれませんが、簡易的なサンシェードであれば100均でも手に入ります。

実際に100円均一ショップ大手では、数百円〜1,000円でサンシェードを購入可能です。

サンシェードとテントは厳密には別物ですが、どちらも太陽光を避けるのに便利です。サンシェードは寝泊まりには向いていませんが、ちょっとした休憩なら可能となっています。

価格帯も1,000円前後なため、予算が限られている方にも最適ではないでしょうか。

シュラフ

100均ではシュラフも手に入ります。シュラフも本格的なものだと数千円〜数万円するのが普通ですが、100均であれば1,000円前後で手に入る優れものです。

シュラフとは寝袋のことで、現地での快適な睡眠には欠かせません。キャンプで布団や毛布を持ち歩くと邪魔になるため、基本的にはシュラフを持参しましょう。

しかし、シュラフは名のあるブランドのものだと数千円〜数万円します。そのため、あまり寝具にこだわりがない場合は、100均のシュラフを試してみてください。

100円均一ショップ大手のものは意外にもしっかりとした素材で作られており、キャンプでも大活躍できるはずです。

テーブル

100均では、簡易的なテーブルも手に入ります。

キャンプする際、荷物を置くスペースや食材の下処理をするスペースが必要となる場面もあるでしょう。その際、テーブルがあるだけで便利です。

100均で販売されているテーブルのなかには、カップホルダー付きのものもあるなど、日々改良が進められています。

本格的なキャンプにも使用できるテーブルが揃っているため、併せて購入しておくのがおすすめです。

チェア

100均では、簡易的なチェアも手に入ります。

キャンプする際、ちょっと休憩したいと思う場面もあるでしょう。その際、チェアがあるだけで便利です。

100均で販売されているチェアのなかには、背もたれ付きのものもあるなど、快適に過ごすための工夫が取り入れられています。

テントで横になるのも良いですが、景色を眺めながらのんびりと過ごしたい方は併せて購入しておくのがおすすめです。

ランタン

ランタンは照明器具として便利で、夜に過ごす際の心強いギアとなります。100均ではランタンを取り扱っているところもあるため、事前に購入しておくと安心です。

キャンプ場によっては大型の照明器具が設置されているところもありますが、基本的にキャンプの光源は自分で用意するのが一般的です。

ライトがないと夜間の作業が捗らないため、ランタンはいくつか用意しておくことを推奨します。

100円均一ショップ大手にはハンディタイプや置き型タイプのものもあるため、シーンに合わせて選びましょう。

カトラリー

100均で手に入る代表的なギア、それが各種カトラリーです。カトラリーはスプーンやフォークだけでなく、セラミックナイフも揃っています。

ショップによっては伸縮型のフォークやスプーンはもちろん、ナイフまで取り揃えているところもあるくらいです。ステンレス製の箸もあるなど、各種食器類が充実しています。

食器は何かと食事の際に必要となるため、人数分用意しておくと良いでしょう。

調理器具

100均と聞いて侮ってしまう人もいるかもしれませんが、100円均一ショップ大手では本格的な調理器具も取り扱っています

例えば、ファイヤースターターとティンダーウッド。これは日本語に直訳すると火起こしと着火剤を意味しますが、これらは100均で手に入ります。

他にも包丁やまな板、BBQ用のコンパクトグリル・マルチホイル、ハンディタイプや置き型タイプのミニコンロ、飯盒として使用できるアルミ製のメスティンまで勢揃い。

調味料ボトルと収納ポーチ、コーヒーメーカーとコーヒーミルも手に入ります。

100均にはそれら調理器具が豊富に揃っているため、キャンプに必要なギアも一通り手に入るはずです。

食器

キャンプに欠かせない食器も、100均で手に入ります。

例えば、キャンプ用食器の主流であるプラスチックシェラカップはもちろん、二重構造式のマグカップも手に入るのが特徴です。

他にも、ドリンクホルダーなど「あったらいいな」を取り揃えてくれているのが、100均の強みといえるでしょう。

収納

キャンプ用品に欠かせないものの1つ、それが収納です。100均では収納に便利な製品も揃っており、レジャー用防水バッグも簡単に手に入ります。

3L〜15Lと容量も豊富に揃っているだけでなく、防水加工(防水規格IPX6相当)も施されているため、用途に合わせて購入してみてください。

店舗によっては、折りたたみ式のコンテナを取り扱っている100均もあるため、収納関連の製品も吟味してみましょう。

その他のキャンプ用品については以下の記事でも紹介しているため、併せてご覧ください。

買ってよかったキャンプ用品15選!種類別に便利アイテムを徹底紹介

100均では手に入らないキャンプギア

100 均 キャンプ

では、100均ショップで手に入らないグッズにはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、100均で手に入らないキャンプギアについて解説します。

ポータブル電源

100円均一ショップには、キャンプに使用できるギアが豊富に揃っています。

しかし、今やキャンプに欠かせないものとなったポータブル電源を取り扱っている100均はほとんどありません。

キャンプは不便を楽しむものといわれるため、電源などなくとも楽しめるという方も多いでしょう。

文明の利器から離れることで、大自然や日常生活のありがたみを感じるのもキャンプの醍醐味といえますが、キャンプで電気が使用できないのはなかなか不便です。

夏は冷蔵庫、冬は暖房など、快適なキャンプを行うためには家電が必要となる場面もあるでしょう。

特に大型家電は充電だけでは電力を賄えないため、どうしてもポータブル電源が必要となります。パソコン・タブレット・スマホも同様です。

そのため、キャンプ先でも快適に電化製品を使用したい場合は、ポータブル電源を購入しておきましょう。

携帯電話ほどのデバイスであればシガーソケットを電源として使用することも可能ですが、安定した電力が必要な場合はポータブル電源が欠かせません

最近ではアウトドア向けのポータブル電源を扱っているところもありますが、さすがに100均には置いていません。

専用メーカーのものは安定した電力供給をしてくれるだけでなく、ソーラーパネルと組み合わせることで発電&蓄電を同時に行えるものもあります。

EcoFlowでは、ポータブル電源だけでなくソーラーパネルも取り扱っているため、キャンプ先で電気を使用したい場合は、ぜひ当社の製品をご検討いただけますと幸いです。

コンパクトなのにパワフルで大容量!ドイツのテュフ・ラインランドから安全認証を取得した世界初のポータブル電源「RIVER 2」シリーズのおすすめ3種

EcoFlow RIVER
EcoFlow RIVER 2 Max
EcoFlow RIVER 2 Pro

ハイクオリティ製品

100均の製品が低クオリティというわけではないですが、やはり高クオリティな製品を求めるなら専門メーカーのものを選びたいです。

キャンプ用品を中心に扱っている専門メーカーはハイクオリティなギアを取り揃えており、キャンプをより快適に過ごすための製品を取り扱っています。

100均で手に入るのは、あくまでも必要最低限のものです。

決してロークオリティというわけではないものの、ギアの品質を重視するなら専門メーカーのものを推奨します。

そのため、100均とアウトドアブランド、両方の店舗を訪れてみるのがおすすめです。

100均には100均、アウトドアブランドにはアウトドアブランドの魅力があるからこそ、どちらも訪れて比較検討することを推奨します。

比較すると製品の品質には差があるものの、最近ではどちらも遜色ないクオリティのものを扱っています。

100均だから品質がダメということもなく、むしろ手軽に手に入れられるギアも豊富です。

そういった意味では簡易的なギアは100均で揃えて、本格的なギアはアウトドアブランドで揃えるのが理想かもしれません。

ただし、キャンプギアは好みもあるため、どこで購入するのが正解でどこで購入するのが不正解ということもありません。その点は自由に選んでみてください。

その他の家電製品

100均に置いてあるキャンプギアは、食器類や収納類のものが主流です。そのため、炊飯器や電子レンジなどの家電製品は基本取り扱っていません。

キャンプで炊飯器や電子レンジを使用することは稀ですが、長期的なキャンプなどでは家電製品が使用できるだけで料理にも幅が出ます。

食材を保管しておく冷蔵庫や冷凍庫も、クーラーボックスだけでは心許ないでしょう。

基本的に100均は家電製品を置いていないため、必要なものがある場合は家電量販店で購入しておくのがおすすめです

長期的なキャンプでは家電製品があると助かるため、100均だけでなくその他の家電量販店も含めてキャンプ用品を揃えるのが賢明といえます。

その他、おしゃれなキャンプ用品があるとキャンプもより一層楽しく過ごせます。おしゃれなキャンプ用品については以下の記事で紹介しているため、併せてご覧ください。

おしゃれキャンプ用品15選!テント・チェア・テーブルなど各種グッズを徹底紹介

まとめ

本記事では、100均グッズでキャンプはできるのか、手に入るギア&手に入らないギアについて解説しました。

キャンプ用品は、簡易的なものであれば100均で手に入ります。今ではテント(サンシェード)をはじめ、シュラフやランタンまで数百円〜1,000円前後で手に入るくらいです。

しかし、本格的なキャンプ用品はアウトドアブランド専門店などで購入した方が良い場合もあります。ポータブル電源なども、専門のメーカーから購入した方が安心です。

100均は便利なキャンプギアも揃っていますが、より快適にキャンプを楽しむなら家電量販店なども併せて利用しましょう。

EcoFlowでは、キャンプにも利用できるポータブル電源を取り扱っています。

蓄電可能なポータブル電源だけでなく、発電も可能なソーラーパネルも取り扱っているため、ぜひ併せてご検討いただけますと幸いです。

コンパクトなのにパワフルで大容量!ドイツのテュフ・ラインランドから安全認証を取得した世界初のポータブル電源「RIVER 2」シリーズのおすすめ3種

EcoFlow RIVER
EcoFlow RIVER 2 Max
EcoFlow RIVER 2 Pro

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください