q 車中泊初心者におすすめのアイテムと注意点 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

車中泊初心者におすすめのアイテムと注意点

-

車中泊初心者におすすめのアイテムと注意点

-

友人や家族とのお出かけにおいて、楽しみの幅を広げてくれる車中泊。ただ、初めて車中泊をしようと考えている場合、必要なアイテムや気を付けるべきことがわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では初心者に向けて、車中泊をより快適に楽しむためのおすすめのグッズや注意点について解説します。

初心者が車中泊をする際は、いくつか気を付けたいポイントがあります。「車中泊する場所」「車中泊の基本マナー」という要素ごとに、注意点を詳しくチェックしていきましょう。

車中泊する場所

車中泊をする際、気を付けたいのが「場所選び」です。空いているスペースがあれば、どこでも車中泊をして良いというわけではありません。問題なく車中泊できる場所には、以下のようなところがあります。

・道の駅
・RVパーク
・オートキャンプ場

 道の駅とは、一般道にある休憩スペースのことです。駐車場だけではなく、飲食店・トイレ、シャワー・温泉など、施設が充実しているところもあります。その地域の特産品や食材などを購入しやすいことが魅力です。立ち寄るだけでも旅行気分を味わえます。ただし、道の駅は車中泊が許可されているところもあれば、許可されていないところもあります。すべての道の駅で車中泊ができるわけではないため、注意しましょう。あらかじめ確認をとることが大切です。

 RVパークは車中泊が公認された駐車場のことです。日帰り温泉施設や道の駅などの駐車場の一部分を車中泊の専用スペースとして提供しており、有料で利用できます。電源などの施設が整っており、長期滞在することも可能です。

オートキャンプ場は、車中泊とキャンプの両方を楽しむための設備が整っている場所です。トイレ・シャワー・コインランドリーなど、快適に過ごすための設備が充実しています。車中泊であれば虫や雨風から身を守りながら眠れるため、キャンプ初心者の人にもおすすめです。

vanlife items notes01

車中泊の基本マナー

車中泊は自分が楽しむだけではなく、周りに配慮することが求められます。車中泊における基本的なマナーを把握しておきましょう。

 ・エンジンのかけっぱなしは避ける
・長期滞在はしない
・駐車場でキャンプ行為はしない

 車の排気ガスやエンジンの音は、周りに迷惑をかける原因につながります。駐車後はエンジンを止め、無駄なアイドリングはしないよう心がけましょう。また、駐車場を占有したり、長期滞在をしたりすることはマナー違反です。RVパークやオートキャンプ場などの認められた場所以外では、長期間の滞在は避けましょう。駐車場はあくまでも公共スペースだということを念頭に置くのが重要です。加えて、駐車場でのキャンプ行為はしないよう注意が必要です。外にイスやテーブルを置いたり、コンロを使って調理をしたりする行為は、許可された場所でのみ行いましょう。

車中泊で快適に過ごすための方法

安全で快適な車中泊を実現するためには、どうすれば良いのでしょうか。主なポイントには、以下のようなものが挙げられます。

・人気がある場所を選ぶ
・周辺施設を確認する
・灯りを用意しておく

暗い場所は避け、人の出入りがある場所を選んで車中泊を楽しみましょう。一見暗くて人がいない場所は、休憩や睡眠にぴったりのように感じるかもしれません。確かに寝る環境には適していますが、人目につかない場所は防犯上のリスクがあります。周囲に人の出入りがあり、車の周りが見渡せるところを選びましょう。また、車中泊をする場所の近辺にどのような施設があるのか、前もってチェックしておくことが大切です。特に歩いて行ける範囲にトイレがあるか、確認しておきましょう。初心者の場合は近くにコンビニがある場所を選ぶと、飲み物やカイロなど、いざというときにすぐ買い物に行けるため安心です。

 加えて、車中泊では灯りが必要です。エンジンを切ったあとに車内灯をつけっぱなしにすると、バッテリーが上がる危険性があります。車内を明るく照らせる灯りを用意して車中泊を楽しみましょう。

車中泊でそろえておきたいおすすめアイテム5選

車中泊をする際、持って行くと便利なアイテムは数多くあります。実際にどのようなものを持参すれば良いのでしょうか。ここでは、揃えておきたいおすすめアイテムを厳選して5つ紹介します。

・エアマット
・テーブル
・LEDランタンや懐中電灯
・カーテンやカーシェイド
・ポータブル電源

vanlife items notes02

エアマットは快適に睡眠をとるために必要なアイテムです。フルフラットシートでも、完全にベッドのようになるわけではありません。ある程度凹凸があるため、寝心地が悪いと感じることがあります。エアマットを使えば、ゆったりとくつろいで眠ることができます。なお、エアマットは車内のスペースにぴったりなサイズを選びましょう。

また、テーブルがあるとより快適に車中泊を楽しめます。折りたたみ式の小型テーブルを用意すれば、車内で食事をとりやすくなるでしょう。

 車中泊でないと困るのが灯りです。LEDランタンがあれば、火を使わず安全に灯りを確保できます。LEDランタンがない場合は、懐中電灯でも代用することが可能です。車中泊で気を付けたいのが、周囲からの視線です。車内の様子は窓ガラス越しによく見えます。特に、夜間にLEDランタンなどの灯りがあると、外から車内の様子が丸わかりです。

周囲からの視線を遮るため、カーテンやカーシェイドを活用しましょう。周りからの視線を遮る以外にも、朝日で目が覚めてしまうことも予防できます。

車中泊をするには、何かと電気が必要になるシーンも多いものです。湯沸かしポットや炊飯器、スマホの充電などを行いたいケースもあるでしょう。しかし、車中泊では原則エンジンを切る必要があります。そこで、活用したいのがポータブル電源です。ポータブル電源があれば、アイドリング状態のまま照明や調理器具などを使えます。なかでも、「EcoFlow(エコフロー)ポータブル電源」は携帯性に優れたものから大容量バッテリーを搭載したものまで、さまざまな種類があります。用途に合うポータブル電源を選ぶことで、車中泊がより快適なものになるでしょう。

【容量別】車中泊におすすめ!EcoFlow(エコフロー)ポータブルバッテリー3選

EcoFlowポータブルバッテリーのなかでも、車中泊におすすめな種類を厳選して3つ紹介します。特徴を比較し、自分にぴったりなものを選びましょう。

【容量576Wh】RIVER Max(リバーマックス)

RIVER Max(リバーマックス)は容量576Whのポータブルバッテリーです。

携帯式ソーラー発電とエクストラバッテリーの組み合わせによって、どこでも電力をサポートできます。最大10台のデバイスに同時給電が可能であり、キッチン家電やDIYツールなどの機器のうち、約80%に対応可能です。

また、エクストラバッテリーの着脱によって容量を増減させ、持ち運びしやすくできることが大きな特徴です。エクストラバッテリーを本体に取り付ければ容量が288Whから576Whへと増えます。取り外しも簡単で手間がかかりません。アウトドア・インドアの普段使いはもちろん、緊急時にも重宝するでしょう。

【容量720Wh】RIVER Pro(リバープロ)

RIVER Pro(リバープロ)は容量720Whのコンパクトなポータブルバッテリーです。

スペースを圧迫しにくいサイズ感で、自宅内はもちろん車のトランクやキャンプ場など、置く場所にも困りません。重さは約7.2kgで、いつでもどこでも気軽に持ち出すことができます。

また、キャリーハンドルが備わっており携帯性に優れているため、アウトドアやキャンプにもぴったりでしょう。多くの電力を必要とする場合は、「RIVER Pro 専用エクストラバッテリー」を追加することで、容量を720Whから1440Whに倍増できます。車中泊や大人数で集まるときなどにも便利です。また、ACコンセントが複数備えられており、最大10台のデバイスに同時充電できます。

【容量1260Wh】EFDELTA(イーエフデルタ)

EFDELTA(イーエフデルタ)は1260Whの大容量をほこる、高機能の最強ポータブル電源です。

1260Whの大容量によって、ほとんどの家電製品やDIYツールに電力を供給できます。なお、約1時間でゼロから80%まで充電が可能です。EFDELTAに搭載されている「X-Streamテクノロジー」は、アダプターのないケーブルを通して効率良く充電できます。特許申請中の優れた充電性能を備えていることが大きな特徴といえるでしょう。

また、最大13台ものデバイスを同時に給電することが可能です。すべてのポートに対応しており、自宅にいるような感覚で活用できます。ソーラーパネルやカーポートでの急速充電にも対応しています。

ポータブル電源など必要なアイテムを揃えて車中泊を満喫しよう!

車中泊は最適な場所を選び、マナーを守って楽しむことが大切です。また、必要なアイテムを事前に揃えておくことで、車中泊がより楽しく快適なものになります。エンジンを切った状態でも照明や調理器具などを使うためには、ポータブル電源を用意しておくことがおすすめです。EcoFlowポータブルバッテリーにはさまざまな種類があり、ぴったりなものを探せます。容量や特徴を比較し、自分に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください