太陽光発電のシミュレーションは必要?計算方法と環境要因を解説

太陽光発電は製品によって発電量が変わり、電気代の節約や売電での収入も千差万別です。

しかし、太陽光発電の導入を検討中の方のなかには「どれくらいの発電が可能なのだろう?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、太陽光発電のシミュレーションの重要性、シミュレーションする方法、影響を及ぼす環境要因をわかりやすく解説します。

太陽光発電のシミュレーションについて知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

太陽光発電のシミュレーションの重要性

太陽光発電 シミュレーション

はじめに、太陽光発電のシミュレーションの重要性について見ていきましょう。

年間予測発電量を知るのが主な目的

太陽光発電のシミュレーションは年間予測発電量を知るのが主な目的です。年間予測発電量とは、太陽光発電によって1年間で発電できる量の予測を指します。

この年間予測発電量を知ることで、太陽光発電が家計に与える影響を予想できます。太陽光発電は初期費用で数十万円〜数百万円かかるため、年間予測発電量を知ることは重要です。

特に年間予測発電量は電気代の節約や売電での収入がいくらになるのかを左右する要素だけに、ある程度の予想は立てておくのが良いでしょう。

発電量はメーカーによって違う

太陽光発電の発電量はメーカーによって違います。

あるメーカーの太陽光発電は年間予測発電量が10,000kWhを超えるものの、他のメーカーの太陽光発電は年間予想発電量が5,000kWh前後のものもあります。

自家発電を有効活用するなら、自宅に導入する太陽光発電システムでどれくらいの発電量が得られるのかを把握することが重要です。

製品ごとに発電量が変わるため、事前にシミュレーションで計算するのが賢明です。

発電量は他の要素にも左右される

太陽光発電の発電量は他の要素にも左右されます。製品が持つ性能だけでなく、設置する規模や場所、天気の状態、定期的なメンテナンスでも変化します。

そのため、他の環境で試算されたシミュレーションと自宅周辺の環境で試算されたシミュレーションとでは、まったく違う結果になることも多いです。

少なくとも太陽光発電は複数の要素に発電量が左右されるため、想定される外的要因も含めて試算するのが大切です。

導入前にシミュレーションを行う

まずは導入前にシミュレーションを行うのが賢明でしょう。

事前にシミュレーションを行うとどれくらいの費用対効果が得られるかわかります。

太陽光発電設備は数十万円〜数百万円するため、どれくらいでコストの回収が可能なのかもシミュレーションしておきましょう。

費用対効果だけでなく耐用年数なども加味し、最終的にはどれくらい家計に影響を与えるのかまで計算しておくのが重要です。

なお、太陽光発電が「損するか得するか」判断しかねている方は次の記事もご覧ください。

「太陽光発電は7割が損をする」は本当?損をする原因や効果的な対策を解説
ポータブル電源を買ってはいけない5つの理由|安全性が低い製品の特徴

発電量をシミュレーションする方法

発電量はいくつかの方法でシミュレーション可能です。ここからは、発電量をシミュレーションする方法について解説します。

メーカーの公式ホームページで行う

太陽光発電の発電量はメーカーの公式ホームページで行えます。

条件や数字を入力することである程度の年間予測発電量が計算できるため、詳しくは太陽光発電設備を購入したメーカーに問い合わせてみましょう。

しかし、必ずしも表記通りの年間予測発電量となるわけではありません。シミュレーションによって得られる結果はあくまでも目安です。

太陽光発電は外的要因に発電量が左右されやすい発電方法のため、必ずしも試算によって出た数字となるわけではないと理解しましょう。

施工会社に現地調査してもらう

太陽光発電の発電量は施工会社に現地調査してもらえます。

システムを取り扱っている施工会社に連絡すれば現場に駆けつけてくれ、自宅で寸法を測り、おおよその年間予測発電量を計算可能です。

業界に精通した担当者であればより具体的な疑問・質問に応えてくれるため、太陽光発電を初めて導入する場合は施工会社に一度来てもらうのが賢明かもしれません。

アフターサービスの充実した施工会社であれば、設置後のメンテナンスについてもアドバイスをくれるなど良心的です。

太陽光発電システムの導入が初めての場合は保守点検だけでも戸惑うため、わからない部分は早めに施工会社に聞いておくのを推奨します。

自力で計算する

太陽光発電の発電量は自力で計算できます。

一般的に太陽光発電は1kWあたりの年間予測発電量は1,000kWhとされているため、この数字を軸に考えれば具体的な発電量が計算可能です。

ただし、太陽光発電は設置する地域をはじめ「ソーラーパネルの角度や方位」「パワーコンディショナーの効率」「周辺環境」にも左右されるため、厳密には計算できません。

シミュレーションを行って万全の状態で運用するのも大切ですが、設置する環境に合わせて柔軟に微調整するのも欠かせません。

なお、家庭用ソーラーパネルの導入については次の記事でも解説しているため、併せてご覧いただけますと幸いです。下記の記事では仕組みや節電について解説しています。

家庭用ソーラーパネルを導入するとどうなる?発電の仕組みや製品の価格
家庭用ソーラーパネルで効率よく節電! 仕組みや価格などをご紹介

発電量に影響を及ぼす環境要因

太陽光発電 シミュレーション

では、発電量はどのような外的要因によって左右されるのでしょうか。ここからは、発電量に影響を及ぼす環境要因について見ていきましょう。

設置する環境

設置する環境によって太陽光発電の発電量は左右されます。

単純に日当たりが良い環境と悪い環境では年間予測発電量が変わる他、屋根に対する日射量、バルコニーやベランダの採光性、庭の大きさや広さでも変わります。

晴れやすい地域と雨が降りやすい地域でも変わるため、設置する環境には注意が必要です。他にも火山灰や積雪など、地域特有の気候によって発電量が左右されます。

自然を相手にする太陽光発電は常に天気も想定して発電するのが重要です。

経年による劣化

経年による劣化によって太陽光発電の発電量は左右されます。

太陽光発電設備は年数を追うごとに年間予測発電量も減っていくのが一般的で、長期間運用しているものほど発電量の減少も顕著です。

購入当時は最先端の太陽光発電設備であっても、数年〜数十年と時間が経てば劣化し、発電量も低下します。

参考までに、基本的な太陽光発電設備の「ソーラーパネル」「パワーコンディショナー」「蓄電池(ポータブル電源)」の寿命は次の通り。

  • ソーラーパネル:約20年~30年
  • パワーコンディショナー:約10年~15年
  • 蓄電池(ポータブル電源):約10~15年

丁寧にメンテナンスすれば平均寿命は超えられるかもしれませんが、おおよそソーラーパネルは20年〜30年で寿命が来ます。パワーコンディショナーや蓄電池(ポータブル電源)に至っては10年〜15年の寿命です。

メーカーによっては寿命に応じた保証を行っているところもありますが、新しい製品と比較すると発電効率そのものが劣る場合もあるため、買い替え時期の検討も必要です。

経年劣化は避けられないため、購入時に「いつからいつまで運用するのか」も視野に入れておきましょう。

汚れによる効率低下

汚れによる効率低下によって太陽光発電の発電量は左右されます。

太陽光パネルは屋外に設置するため、表面が汚れやすいです。例えば、鳥のフンやホコリ、火山灰や積雪、黄砂の影響で年間予測発電量が影響を受けることもあるでしょう。

外に設置する分、太陽光発電は外的要因で発電量を阻害されかねません。

定期的にメンテナンスすれば発電量は一定に保てますが、屋根に設置した場合はなかなか掃除できません。なかには、放置したままの人もいるでしょう。

しかし、定期的に保守点検せずに放置するとソーラーパネルは汚れ、パワーコンディショナーは壊れ、蓄電池(ポータブル電源)も役に立たなくなります。

どれほど高性能な製品を導入してもメンテナンスを怠ると本来の性能を発揮できないため、本体の清掃は怠らないようにしましょう。

ただし、屋根に設置している場合は危険な高所作業が伴うため、太陽光設備のクリーニングに精通した専門業者に依頼するのを推奨します。

メーカーや施工会社によっては定期的なメンテナンスに対応しているため、頃合いを見て依頼するのも賢明です。

太陽光発電は中古のソーラーパネルでも行える?中古品のメリット・デメリットを解説

太陽光発電を導入するならポータブル電源も!

太陽光発電 シミュレーション

太陽光発電を導入するならポータブル電源もあると便利です。ポータブル電源は携帯型の蓄電池で、持ち運びが可能な製品となっています。

基本的に自宅に太陽光発電設備を固定した場合、ソーラーパネルやパワーコンディショナーは動かせませんが、ポータブル電源があれば「電力の持ち運び」が可能となります。

太陽光パネルによっては携帯できるものもあり、自宅以外の場所で発電&蓄電ができるなど持ち運びできる太陽光発電設備は利便性も抜群です。

特にポータブル電源などの蓄電池があれば発電した電力を蓄電しておけるため、自家消費が間に合わなくても電力を無駄にすることはありません。

日中に発電した電力を夜中に使用することで電気代の節約にもなるでしょう。

災害時には非常用電源としても利用できるなど備えにもなるなど、ポータブル電源は防災グッズとしても便利です。日本は定期的に耐規模災害の発生によって停電するため、非常用電源があるだけでも安心感が変わります。

ポータブル電源に溜められる電力には限りがありますが、他の太陽光発電システムと一緒に導入すれば発電所が停止している間も発電&蓄電が可能です。

電力会社に依存するライフスタイルからも脱却できるため、電気料金の値上げなどに一喜一憂することもなくなるかもしれません。

なお、EcoFlowでは高性能なポータブル電源を取り扱っています。持ち運びできる製品はもちろん据え置きできる製品もあり、用途に併せて選べます。

太陽光パネルも持ち運びできるものを揃えているため、電源の取れない場所でアウトドアやリモートワークをしたい方にも最適です。

当社の製品があれば効率的に発電&蓄電を行えるため、ぜひポータブル電源とソーラーパネルをセットで導入してみてはいかがでしょうか。

まずは当社の公式ホームページから製品情報をご確認いただけますと幸いです。

EcoFlow ポータブル電源
EcoFlow ソーラーパネル

まとめ

太陽光発電のシミュレーションの重要性、シミュレーションする方法、影響を及ぼす環境要因を解説しました。

太陽光発電システムを自宅に導入する場合、シミュレーションは欠かせません。どれくらいの発電量になるのかは事前に把握しておくのが重要です。

ただし、太陽光発電は外的要因によって発電量が左右されるため、必ずしもシミュレーション通りとはなりません。その点はメンテナンスによって効率よく発電できるよう持ち主の方が定期的に保守点検するのを推奨します。

なお、太陽光発電は設備の性能によっても発電量が左右されるため、より高性能な製品を導入するのも良いかもしれません。

例えば、EcoFlowで取り扱っている製品は業界でもトップクラスの性能を誇っており、安定して発電可能です。併せてポータブル電源も導入すれば蓄電も可能となり、アウトドアやリモートワークでも使用できます。

製品によっては家電の約80%に対応でき、高速充電が可能なため、災害時の非常用電源にしたい方にも最適といえるでしょう。

当社のポータブル電源やソーラーパネルについて詳しく知りたい方は、次のリンクからご覧いただけます。もし疑問や質問があれば、気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

EcoFlow ポータブル電源
EcoFlow ソーラーパネル

なお、当社の公式ストアをご利用いただければ、送料無料&最短お届けで対応可能です。オンライン決済&保証付きでサポート体制も充実しているため、ご安心いただけます。

便利な分割プランも用意しておりますため、ぜひ一度ご検討ください。

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください