ソーラーパネルの最適な角度や向きは?太陽光発電の効率を上げる方法も解説

太陽光発電を導入する際、ソーラーパネルの角度を何度にするかは重要です。

しかし、ソーラーパネルは何度が最適なのかわからない方もいるのではないでしょうか。実際に最適な角度は太陽光発電設備を設置する地域や場所によって変わるため、注意が必要となるでしょう。

この記事では、ソーラーパネルの最適な角度、最適な向き、効率を上げる方法をわかりやすく解説します。

ソーラーパネルの角度について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

ソーラーパネルの最適な角度

ソーラーパネルの角度

はじめに、ソーラーパネルの最適な角度について見ていきましょう。

最適な角度は約30度とされている

ソーラーパネルの最適な角度は約30度とされています。

太陽光発電設備は一定の角度があることで太陽光を効率的に受け止められるため、角度を約30度に調整しておけばある程度の発電量は期待できるのではないでしょうか。

日本は東から西へ、南を抜けるように太陽が進むため若干の傾斜があるとより効率的です。

ただし、地域ごとに緯度が変わり最適な角度も変わる点には注意が必要といえるでしょう。

北海道は約35度が理想的とされる

北海道でソーラーパネルを設置する場合は約35度が理想的とされます。

北海道は北緯45度のところに位置し、太陽光の位置がやや低いため、より傾斜をつけてあげると効率的に発電可能です。

もし北海道で太陽光発電設備を導入する場合は約35度を目安にしましょう。

沖縄は約18度が理想的とされる

沖縄でソーラーパネルを設置する場合は約18度が理想的とされます。

沖縄は北緯27度のところに位置し、太陽光の位置がやや高いため、傾斜を抑えるようにすると効率的に発電可能です。

もし沖縄で太陽光発電を導入する場合は約18度を目安にしましょう。

地域に合わせて角度を調節するのが理想

ソーラーパネルは日照時間が増えるほど発電量も増えるため、地域に合わせて角度を調節するのが理想です。

ただし、周囲に街路樹がある場合や商業ビルがある場合、工場の煙突がある場合など住環境によっては太陽光を遮られる建物もあります。

そのため、周辺の立地も加味して設置するのが賢明でしょう。なお、太陽光発電の仕組みや発電量、メリット・デメリットについて知りたい方は次の記事も合わせてご覧ください。

太陽光発電の仕組みをわかりやすく解説!必要となる機器やメリット・デメリットを紹介
太陽光発電とは?仕組みや発電量、簡単に導入する方法を詳しく解説

ソーラーパネルの最適な向き

ソーラーパネルの角度

ここからは、ソーラーパネルの最適な向きについて見ていきましょう。

最適な向きは南向きとされている

ソーラーパネルの最適な向きは南向きとされています。

太陽は東から西に向かって南を通るように通過し、最も太陽光の量が増えるのは正午とされているため、正午に太陽光が当たる南向きに設置するのが最適です。

ただし、東向きや西向きでも発電できないわけではありません。

東向きや西向きは南向きと比べて時間当たりの日射量は減るものの総発電量はあまり変わらないため、両方に設置できる場合は東西両方に設置するのも効率的です。

より詳しい発電量については設置業者のシミュレーションで事前に確認するなど、細かく計算しておくと発電量も予想しやすくなります。

北向きは不向きとされている

北向きのソーラーパネルは不向きとされています。

実際に北向きは効率的に太陽光を受け止められません。仮に南向きの日射量が100%だとすると北向きは約66%しかありません。

日射量が約85%とされる東向き・西向きと比べても北向きは不利です。

設置方法によっては強制的に南向きにできないわけではないですが、ソーラーパネルを設置するなら最初から南向きを選ぶのが無難でしょう。

なお、太陽光発電設備の導入で損をしたくない方に向けて解説した記事もあるため、併せてご覧ください。

「太陽光発電は7割が損をする」は本当?損をする原因や効果的な対策を解説
太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由|損得を左右するポイントと導入するメリット

太陽光発電の効率を上げる方法

ソーラーパネルの角度

太陽光発電は工夫次第で発電効率を高めることが可能です。ここからは、太陽光発電の効率を上げる方法について解説します。

ソーラーパネルの設置箇所を工夫する

太陽光発電は設置箇所をいくつか選べるため、設置箇所を工夫するのが良いでしょう。

一般的な太陽光発電設備は屋根に設置することが多いですが、バルコニーやベランダ、庭に設置されることも少なくありません。

日照量を考えると屋根が効率的ですが、日当たりによっては屋根以外の方が効率が良い場合もあります。こればかりは設置する箇所によって変わるため、入念にシミュレーションしながら考えるのが賢明です。

どこに設置すれば良いか判断しかねる場合は、設置業者に一度下見してもらい、最適な箇所を割り出してもらうのが良いでしょう。

ソーラーパネルの角度と向きを工夫する

太陽光発電はソーラーパネルの角度と向きを工夫することで効率を上げられます。最適な角度は前述した通りです。

  • 最適な角度:約30度(地域によって微調整するのがベスト)
  • 最適な向き:南向き(東向き・西向きも活用するのがベスト)

自宅に設置する場合は角度を約30度、向きを南向きにしましょう。

ただし、設置する状況によっては微妙に理想となる角度や向きが変わるため、設置業者にアドバイスしてもらうのも良いかもしれません。

ソーラーパネルの枚数を増築する

太陽光発電はソーラーパネルの枚数を増築すると効率が上がります。単純に1枚より2枚、2枚より3枚あった方がより効率的に発電可能です。

より多くの発電量を求めている方はソーラーパネルの枚数を増やしましょう。

増築するためには一定の敷地が必要となりますが、スペースに余裕がある場合は検討する価値があります。増築で発電量が増えれば、自家消費に加えて余剰電力も増えるでしょう。

余った電力は電力会社に売電できるため、副収入としても最適です。売電収入を得たい方はソーラーパネルの増築も検討してみてください。

ソーラーパネルの性能を強化する

太陽光発電はソーラーパネルの性能を強化すると効率が上がります。高性能なソーラーパネルは発電効率に優れているため、より効率的に発電が可能です。

太陽光発電設備は年々改良が進められていて性能も上がっています。直近で開発された製品のなかには、従来のものと比べて性能が格段に向上しているものも珍しくないです。

高性能なソーラーパネルは本体価格もそれなりにしますが、発電効率は折り紙つきといえるでしょう。もし予算に余裕があれば、高性能なソーラーパネルをお試しください。

定期的にメンテナンスする

太陽光発電は定期的にメンテナンスすることで効率を上げられます。

ソーラーパネルは屋根・バルコニー・ベランダ・庭などに設置されるため、鳥のフンやホコリ、雨風によって運ばれてくる汚れで覆われてしまうのが難点です。

汚れに覆われたソーラーパネルは太陽光を効率的に受け止められず、本来の発電性能も発揮できません。そのため、定期的に掃除して保守点検を徹底するなど、日々のメンテナンスが欠かせません。

ただし、自力でのメンテナンスは危険です。太陽光発電設備を屋根に設置している場合は高所作業が必要となるため、作業方法によっては命の危険を伴います。

自力での作業は決して無理をせず、専門業者に任せましょう。最近はソーラーパネルをメンテナンスしてくれる業者もあるため、極力はプロに任せてください。

発電量モニターを確認する

太陽光発電は発電量モニターを確認することで時間や季節、天候による発電量の変動をチェック可能です。

発電量モニターがあれば機器の故障や破損はもちろん周辺環境から影響を受けているかどうかもチェックでき、早期に問題を発見すれば発電効率が下がるのを未然に防げます。

太陽光発電設備に発電量モニターの設置は必須ではないものの、最適なパフォーマンスを保つためには設置しておいた方が効率改善につながるでしょう。

発電量などのデータ収集にも役立つため、長期的に太陽光発電を運用していく予定なら発電量モニターも設置しておきたいです。

なお、ソーラーパネルの特徴や発電効率、仕組みや製品の価格については他の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

ソーラーパネルの単結晶と多結晶の違いとは?特徴や発電効率を比較
家庭用ソーラーパネルを導入するとどうなる?発電の仕組みや製品の価格

ソーラーパネルと相性が良い家庭用蓄電池

ソーラーパネルの角度

太陽光発電設備にはソーラーパネルやパワーコンディショナーが必要ですが、他にも家庭用蓄電池など相性の良い設備を導入することでさらに利便性の向上が可能です。

ソーラーパネルは電力を発電するための設備ですが、家庭用蓄電池は蓄電するための設備であり、発電した電力を一定期間・一定量蓄電しておけます。

発電した電力は自家消費できれば問題ないものの余った電力が無駄になるため、蓄電池も併せて導入しておくのが良いでしょう。

日本のようにいつどこで大規模災害が発生するかわからない国の場合、非常時に自由に使用できる電源があるだけでも心強いのではないでしょうか。

スマホ・タブレット・パソコンの充電にも使用できるため、家庭用蓄電池はいざというときの心強い味方となってくれるでしょう。

EcoFlowでは、スタイリッシュでモダンなデザインが特徴の家庭用蓄電池『DELTA Pro 3』を販売しています

容量4kWh、出力3.6kW、100V/200V対応で、ほとんどの家庭用電化製品に電力を供給でき、電気工事が必要ないためどんな家庭でも導入できます。

動作時わずか30dBの静音設計であるため日常生活に支障はでず、後から簡単に容量を塚できるため、どのような用途でもご使用いただけます。

停電時には電力供給が瞬時に切り替わり、ストレスなく電気を使用できるようになっているため、大規模災害への備えにも適しています。

DELTA Pro 3の詳細については次のリンクをご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

まとめ

ソーラーパネルの最適な角度、最適な向き、効率を上げる方法を解説しました。

太陽光発電設備の一種であるソーラーパネルは、発電量を左右する重要な要素です。ソーラーパネルの角度や向きによって1日の発電量が変わるため、どのように配置するのかは事前に考えておくのが賢明といえます。

住宅の立地によっても最適な角度や向きは変わるものの、基本的には約30度前後で南向きが理想です。設置する箇所によって微調整しながら最適な角度・向きを割り出せば効率的に発電できます

ただし、ソーラーパネルは周囲の環境によって発電量が左右される可能性もあります。パネル自体が鳥のフンやホコリ、雨風で汚れてしまえば効率的な発電は不可能です。

そのため、太陽光発電設備は節して終わりではなく、長期的な目線で運用していく必要があるでしょう。

なお、EcoFlowでは効率的に発電できるソーラーパネルの他、生み出した電力を蓄電しておける家庭用蓄電池も取り扱っています。

太陽光発電をより効率的に行いたい場合は設備選びも重要なため、より高効率な設備をお探しの方はEcoFlowの商品をご検討いただけますと幸いです。

当社の製品は持ち運び可能なのが特徴で、軽量かつ小型の製品を中心にラインナップしています。

もちろん、持ち運べるポータブル電源だけでなく据え置きできるDELTA Pro 3もあるため、用途に合わせた利用が可能です。

商品の詳細に関しては、以下のリンクよりご確認ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください