パワーコンディショナーの価格相場は?交換のタイミングとメリット・デメリットを解説

-

パワーコンディショナーの価格相場は?交換のタイミングとメリット・デメリットを解説

-

パワーコンディショナーは、太陽光発電システムに必要不可欠な部品の1つで、太陽光で生み出した電力を建物で使用できる電気に変換するためのものです。

しかし、パワーコンディショナーの価格相場が「いまいちわからない」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、パワーコンディショナーの価格相場、交換のタイミング、メリット・デメリットをわかりやすく解説します。

パワーコンディショナーの価格について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

パワーコンディショナーの価格相場

パワーコンディショナー 価格

はじめに、パワーコンディショナーの価格相場について見ていきましょう。ただし、ここで紹介する価格相場はあくまでも目安であるため、その点はあらかじめご了承ください。

出力10kWだと約30万円前後

パワーコンディショナーは、出力10kWだと約30万円前後の価格相場となります。なお、出力10kWに対しては2台必要となる場合があるため、注意が必要です。

メーカー定格容量1台あたりの価格2台あたりの価格
オムロン5.5kW約15万円~16万円約30万円前後
京セラ5.5kW約40万円~50万円約80万円~100万円
シャープ5.5kW約50万円~60万円約100万円~120万円
パナソニック5.5kW約18万円~20万円約36万円~40万円

出力50kWだと約50万円前後

パワーコンディショナーは、出力50kWだと約50万円前後の価格相場となるでしょう。

メーカー定格容量1台あたりの価格
SUNGROW49.5kW45万円前後
ファーウェイ49.9kW50万円前後

出力100kWだと約100万円前後

パワーコンディショナーは、出力100kWだと約100万円前後の価格相場となります。なお、出力100kWに対しては2台必要となる場合があるため、注意が必要です。

メーカー定格容量1台あたりの価格2台あたりの価格
SUNGROW49.5kW45万円前後90万円前後
ファーウェイ49.9kW50万円前後100万円前後

交換費用は1台で約10万円~20万円

パワーコンディショナーの交換費用は1台で約10万円〜20万円ほどかかります。15万円ほどで対応する業者もありますが、本体価格と別途で交換費用がかかる点には注意が必要です。

価格帯は依頼する業者によっても変わるため、まずは複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。

なお、パワーコンディショナーの交換には電気工事士の資格が必要です。DIYなど自力で交換しようとするのは危険であるため、専門資格を有するプロに任せるのを推奨します。

自力での交換は故障や破損だけでなく火災や怪我につながることもあるため、特別な理由がない限りは専門業者へ依頼しましょう。

ちなみに、EcoFlowでは太陽光発電の仕組みや発電量、パワーコンディショナーの基礎知識なども解説しているため、気になる方は併せてチェックしてみてください。

太陽光発電とは?仕組みや発電量、簡単に導入する方法を詳しく解説
パワーコンディショナーとは?太陽光発電を導入するなら知っておくべきパワコンの基礎知識

交換のタイミング

パワーコンディショナー 価格

では、パワーコンディショナーはどれくらいの期間を目安に交換すれば良いのでしょうか。ここからは、交換のタイミングについて解説します。

本体の寿命は約10年~15年

パワーコンディショナー本体の寿命は使用環境によって変わるものの約10年〜15年とされているため、購入してから10年〜15年経過している場合は交換時期といえます。

ただし、パワーコンディショナーは外部に設置される場合もあり、雨風の影響をダイレクトに受け続けた場合は耐用年数が前後する場合も多いです。

地域によっては少なからずダメージが蓄積している場合もあるため、寿命を迎える前に交換時期が来る可能性も視野に入れておかなくてはなりません。

本体が故障・破損したとき

パワーコンディショナーは、本体が故障・破損したタイミングで交換するのも良いです。

機器が故障・破損した場合は早急に交換しておかないと、予想もしていないトラブルが発生する可能性があります。

故障・破損した状態のパワーコンディショナーでは本来の性能を発揮できず、太陽光発電システム全体に影響を及ぼす可能性も否めません。

もし「調子が悪い」「異変が見られる」などの不具合が確認された場合は、交換を検討してみてください。

本体の保証が過ぎたとき

パワーコンディショナーは、本体の保証が過ぎたタイミングで交換するのも良いです。

メーカーの保証が過ぎた場合も早急に交換しておかないと、保証対象から外れてしまう可能性があります。

保証が過ぎた状態のパワーコンディショナーでは正式なサポートを受けられず、万が一動かなくなった場合は実費で対応しなくてはなりません。

もし「そろそろ期限が切れる」とのことでしたら、交換を検討してみてください。

一般家庭における電気代の相場|世帯数別・季節別の変動幅を詳しく解説
蓄電池の費用相場や必要性を解説

早期交換のメリット・デメリット

image4

パワーコンディショナーは早期交換で得られるメリットもあれば逆にデメリットもあるため、注意が必要です。ここでは、早期交換のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

パワーコンディショナー早期交換のメリットには、次のようなものがあります。

  • 交換効率の改善が見込める
  • 出力制御に対応できる
  • 幅広い製品を選べる
  • 不安の解消になる

パワーコンディショナーを早めに交換すると、変換効率の改善が可能です。

本来、パワーコンディショナーは太陽光発電によって生み出した電気を実際の建物で使用できる電気に変換する部品ですが、数年〜数十年経過すると変換効率が徐々に低下します。

その本体を交換することで変換効率が改善され、より高効率で太陽光発電が可能となるわけです。

また、パワーコンディショナーを早期交換しておけば出力制御に対応できたり、幅広い製品から選べたりと他のメリットも得られるでしょう。

長く使用しているパワーコンディショナーは不具合が発生する可能性も出てくるため、早めに交換することで不安の解消にもなるはずです。

太陽光発電システムは年々開発が進み、昔のパワーコンディショナーよりも今のパワーコンディショナーの方が変換効率も良いため、頃合いを見て交換してみてはいかがでしょうか。

デメリット

パワーコンディショナー早期交換のデメリットには、次のようなものがあります。

  • 自力ではできない
  • 費用がかかる

パワーコンディショナーは自力では交換できません。電気工事士など専門資格を有する人しか交換できないため、やや手間や面倒を感じるかもしれません。

電気を司る部品だけに素人が手を出すと、最悪「感電」「漏電」する危険もあるでしょう。

そのため、交換の際は必ず電気工事の専門家に任せることを推奨します。

また、パワーコンディショナーに限らず、太陽光発電システムの部品交換には費用がかかります。数十万円単位で費用がかかるため、人によってはネックに感じることも多いです。

パワーコンディショナーだけでも少なくとも数十万円の費用がかかるため、予算と相談した上での判断が必要となるでしょう。

自家発電とは?代表的な種類・メリット・注意点について徹底解説
「自家発電」導入で災害時も安心!自分に合ったタイプの選び方も提案

購入費用を抑えるためには?

image2

パワーコンディショナーの購入の費用を抑えるためには、交換前のパワーコンディショナーよりも出力の低いパワーコンディショナーを選ぶのが効果的です。単純計算で出力が低くなれば価格も低くなります。

そのため、まずは既存のパワーコンディショナーと新規のパワーコンディショナーの出力を見直してみましょう。

なお、パワーコンディショナーを扱っているメーカーによっては割引価格で販売されている場合もあるため、キャンペーンやセールを狙うのも賢明です。期間限定価格を狙えば通常よりも10%〜20%引きで購入できる場合があります。

その他、メンテナンス費用を抑えるなら蓄電池と併用できるハイブリッド型を選ぶのも良いかもしれません。ハイブリッド型は蓄電池と併用できて管理も難しくないため、保守点検のランニングコストを抑えられるでしょう。

一部、太陽光発電システムとして導入する場合は地区町村や自治体によって補助金を受けられる場合があるため、併せて確認しておきましょう。

DELTA Pro Ultraと組み合わせて使用する電源切替盤EcoFlow Power Switch Kit2024年2月21日より販売開始

パワーコンディショナーの交換と併せて家庭用蓄電池の導入もご検討ください!

image5

パワーコンディショナーを交換するなら、併せて家庭用蓄電池の導入も検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電システムにはパワーコンディショナーが必要不可欠であるものの、家庭用蓄電池自体は必須ではありません。

実際に太陽光で生み出した電気をそのまま家電で使用するだけなら、家庭用蓄電池のような蓄電池は必要ないかもしれません。

ただし、家庭用蓄電池があれば発電した電力を蓄電しておくことが可能です。

太陽光発電の交換効率は20%前後と他の発電方法と比較して低めではありますが、家庭用蓄電池を活用すれば生み出した電力を無駄にせずに済みます。

そのため、パワーコンディショナーの交換時期が迫っているなら、同じタイミングで家庭用蓄電池の導入も検討してみましょう。

EcoFlowでは、シンプルでパワフルな家庭用蓄電池DELTA Pro 3を提供しています

どんな部屋の装飾にもマッチするスタイリッシュでモダンなデザインが特徴で、太陽光発電エネルギーを充電しながら家庭へ電力を供給します。

容量4kWh、出力3.6kW、100V/200V対応で、ほとんどの家庭用電化製品に電力を供給でき、ケーブルを挿すだけで使えるため手間がかかりません。

系統連係させない家庭用蓄電システムを簡単に構築できるため施工費用が削減でき、停電時は自動でバッテリー運転に切り替わり、普段使いにも非常用にも最適です。

詳しくは、以下のリンクをご確認ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

まとめ

パワーコンディショナーの価格相場、交換のタイミング、メリット・デメリットを解説しました。

パワーコンディショナーの価格相場は、出力が何kWのものなのかによって大幅に変わるため、一概に「いくら」とは断言できません。

ただ、おおよそ出力10kWだと約30万円、出力50kWだと約50万円、出力100kWだと約100万円とされています。その他に交換費用として1台約10万円〜20万円ほどかかるため、予算は最低でも数十万円はかかると見ておくのが賢明です。

太陽光発電システムを導入する場合はパワーコンディショナーが必須であるため、交換時期も見計らっておく必要があるでしょう。

なお、より太陽光発電システムを効率的に活用したい場合は、家庭用蓄電池などの蓄電池があると便利です。

DELTA Pro 3などの家庭用蓄電池があれば、パワーコンディショナーを新たに購入することなく、直接接続して太陽光発電が行えます。

詳しくは次のリンクをご覧いただけますと幸いです。

EcoFlow DELTA Pro 3

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください