奥多摩のキャンプ場おすすめ10選!初心者向けの安いキャンプ場や上級者向けの穴場スポットを紹介

-

奥多摩のキャンプ場おすすめ10選!初心者向けの安いキャンプ場や上級者向けの穴場スポットを紹介

-

奥多摩は自然が豊かで、湖畔キャンプが楽しめる定番スポットとなっています。しかし、定番ゆえに多くのキャンプ場があるため、どこがおすすめか迷うものです。

そもそも「キャンプ場の選び方がわからない」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、奥多摩のキャンプ場の3つの魅力、選ぶポイント、おすすめキャンプ場10選をわかりやすく解説します。

奥多摩のキャンプ場について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

奥多摩キャンプ場の3つの魅力

奥多摩 キャンプ場

奥多摩でのキャンプは、大人から子供まで思う存分楽しめる魅力が満載です。ここでは、奥多摩のキャンプ場の3つの魅力について解説します。

東京都内からアクセス抜群

奥多摩は東京都内からアクセス抜群です。都内から電車で約2時間でアクセスできるため、手軽にキャンプしたい方におすすめのロケーションといえます。

新宿からだと中央線と青梅線を1回乗り換えるだけでアクセスでき、移動の負担も最小限に抑えられます。その分、キャンプを思いっきり楽しめるのが嬉しいところです。

通常、自然に囲まれたキャンプ場に向かうとなると車でアクセスしなければいけませんが、奥多摩なら車がなくても楽々アクセス可能となります。

レンタカー代・ガソリン代・駐車場代がかからないのも魅力といえるでしょう。

奥多摩は東京都内からの交通機関が豊富で、新宿に限らず都内どこからでもアクセスしやすいです。もちろん、車での移動も楽々なので運転手の負担も軽減できます。

春夏秋冬を楽しめる奥多摩湖

奥多摩は春夏秋冬を楽しめる奥多摩湖があることで知られています。奥多摩湖はダムによって形成された人造湖で、周辺を取り囲む豊かな自然が魅力です。

自然に囲まれてキャンプするも良し、季節によって変わる木々を眺めながらドライブするも良し、壮大なダムを眺めるも良しと多くの楽しみ方があります。

奥多摩湖周辺はトレッキングやハイキングが楽しめる登山道も点在しているため、「キャンプと併せてレジャーも楽しみたい」という方にも最適です。

  • 春のキャンプ:桜が見頃を迎える
  • 夏のキャンプ:緑の草木に癒される
  • 秋のキャンプ:紅葉が迎えてくれる
  • 冬のキャンプ:雪景色が楽しめる

時期によって色彩が変わるキャンプも存分に楽しめます。

まさに奥多摩湖はキャンプをするのに最適なスポットといえるでしょう。大人から子供まで楽しめる要素が凝縮されているため、ぜひキャンプ先の候補に入れてみてください。

癒される温浴施設

奥多摩は癒される温浴施設も豊富です。奥多摩は温泉の町としても知られ、大きく分けて4つの源泉が存在します。

そのため、キャンプの疲れを温泉で癒すのもあり。一度のキャンプで複数の温泉地を巡るなど、旅の仕方に合わせて選べるのも魅力といえるでしょう。

奥多摩にある主要な温泉施設は次の通りです。

施設名アクセス
奥多摩温泉 もえぎの湯JR青梅線「奥多摩」駅から徒歩10分
氷川郷麻葉の湯 三河屋旅館JR青梅線「奥多摩」駅から徒歩7分
蛇の湯温泉 たから荘JR五日市線「五日市」駅からバス
はとのす荘JR青梅線「鳩ノ巣」駅から徒歩5分
生涯青春の湯 つるつる温泉JR五日市線「武蔵五日市」駅からバス
秋川渓谷 瀬音の湯JR五日市線「武蔵五日市」駅からバス
檜原温泉センター 数馬の湯JR「武蔵五日市」駅からバス

どの温泉にも特色があるため、好みの温泉を見つけてリピートしてみましょう。

紅葉キャンプの魅力を徹底解説!注意点やおすすめスポットも併せて紹介
秋キャンプで快適に過ごすには寒さ対策が必要!具体的な対策と用意すべきアイテム

奥多摩のキャンプ場を選ぶ3つのポイント

奥多摩 キャンプ場

奥多摩のキャンプ場は多くあるため、選び方を知っておくことが重要です。ここでは、奥多摩のキャンプ場を選ぶ3つのポイントを解説します。

奥多摩駅からのアクセス

奥多摩のキャンプ場は、奥多摩駅からのアクセスで選びましょう。

自動車でアクセスする場合は関係ありませんが、電車でアクセスする場合は駅からの距離が重要。実際に駅から離れた立地のキャンプ場は、荷物を運ぶだけでも大変です。

そのため、キャンプ場は奥多摩駅からのアクセスの良さを重視して選んでみてください。

ただし、奥多摩駅ではカーシェアリングサービスも利用できるため、徒歩圏外のキャンプ場も車でアクセス可能です。

奥多摩はキャンプ場だけでなく釣りスポットや絶景スポット、温泉まであるため、各地を回る場合はカーシェアリングを推奨します。

キャンプメインなのか、他のレジャーも併せて楽しむのかで判断しましょう。

レンタル品の有無

奥多摩に限らず、キャンプ場を選ぶ場合はレンタル品の有無も考慮しておきたいです。仮に電車でキャンプ場に向かう場合、自力でキャンプ用品を持ち歩かなければいけません。

ただ、小型のキャンプ用品なら持ち運びも苦になりませんが、テントやテーブル、クーラーボックスなど比較的大型の荷物を運搬するのは体力を消費します。

そのため、レンタルできるものはレンタルするのが賢明です。ただし、キャンプ場によってレンタル品の品揃えが変わるため、品揃えは事前に確認しておくことを推奨します。

車でキャンプ用品を運ぶ場合は別ですが、手ぶらでキャンプを楽しみたい場合はレンタル品の有無を重視しましょう。

周辺の自然環境

奥多摩キャンプの最大の魅力は、周辺の自然環境にあります。

特に湖畔キャンプや川沿いキャンプを目的とするなら、周辺の自然環境がどのような状況となっているのか事前に把握しておくことも重要です。

湖畔や川沿いであれば、釣りだけでなく水浴びも楽しめます。しかし、それは同時に水難事故のリスクもあるため、どのような環境かは調べておきたいです。

奥多摩湖周辺はクマなどの野生動物も出没するため、キャンプ場とはいっても油断禁物。大自然に身を置くことの危険性も含めて考慮しておきましょう。

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)とは?魅力や注意点、必要なアイテムを徹底解説

奥多摩のおすすめキャンプ場10選

image5

奥多摩にはたくさんのキャンプ場があるため、どのキャンプ場を選ぶべきか迷う方もいるはずです。ここでは、奥多摩のおすすめキャンプ場10選を紹介します。

初心者向けの安いキャンプ場5選

まずは、初心者向けの安いキャンプ場5選を紹介します。

1.氷川キャンプ場

氷川キャンプ場は、奥多摩駅からアクセス良好かつ多摩川沿いでバーベキューが楽しめるキャンプ場です。周辺に「氷川国際ます釣場」もあり、釣り好きにもおすすめといえます。

釣った魚をそのまま調理できるのが魅力。周辺ではカヤックが体験できたり温泉に入浴できたり、キャンプ初心者に最適なキャンプ場といえるでしょう。

住所東京都西多摩郡奥多摩町大丹波478
電話番号0428-85-1597
アクセスJR青梅線「川井」駅から西東京バス
料金テント:2,000円
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~nakachaya/index.html

2.中茶屋キャンプ場

中茶屋キャンプ場は、多摩川の支流沿いに位置するキャンプ場です。レンタル用品が充実しているのが魅力で、大自然に囲まれていて比較的いつも空いています。

川の上流にバンガローが設置あるため、テント泊に抵抗がある人にもおすすめ。レンタル品も充実していて、キャンプ用品がまだ揃っていない初心者にも安心といえるでしょう。

住所東京都西多摩郡奥多摩町大丹波488
電話番号0428-85-2532
アクセスJR青梅線「川井」駅からバス+徒歩5分
料金テント:1,000円
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttps://www.hyakkenjaya.com/

3.百軒茶屋キャンプ場

百軒茶屋キャンプ場は、大丹波川沿いに位置するキャンプ場です。水の透明度が非常にクリアなのが魅力で、清流のせせらぎを聞きながら大自然を満喫できます。

ニジマス釣りだけでなく掴み取りまで体験できるため、子供たちにもおすすめ。キャンプ場周辺には、登山道もあるので登山に挑戦してみるのもありかもしれません。

住所東京都西多摩郡奥多摩町大丹波488
電話番号0428-85-2532
アクセスJR青梅線「川井」駅からバス+徒歩5分
料金テント:1,000円
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttps://www.hyakkenjaya.com/

4.アメリカキャンプ村

アメリカキャンプ村は、レジャーに特化したキャンプ場です。立体迷路や崖登り、ボルダリングなど本格的なアスレチックが楽しめます。

宿泊施設もコテージやペンションの他、ツリーハウスやログハウスも完備。大人も童心に帰って楽しめるスポットといえるでしょう。

住所東京都西多摩郡奥多摩町海澤230
電話番号0428-83-2724
アクセスJP青梅線「奥多摩」駅から徒歩30分
料金テント:
大人1,900円
小学生以下1,200円
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttps://www.americacampmura.jp/

5.山のふるさと村

山のふるさと村は、奥多摩湖の湖畔キャンプに最適なキャンプ場です。敷地内には川が流れており、川遊びが楽しめます。

東京都が運営する自然公園施設ということで料金もリーズナブル。自然体験プログラム「ガイドウォーク」「ちびっこあ〜と」「スライドショー」「ミニトーク」なども目白押し。

住所東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
電話番号0428-86-2324
アクセスJP青梅線「奥多摩」駅から西東京バス30分+徒歩40分
料金テント:200円
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttps://www.yamafuru.com/

中~上級者向けの穴場キャンプ場5選

ここでは、中~上級者向けの穴場キャンプ場5選を紹介します。

1.大岳キャンプ場

大岳キャンプ場は、天然記念物「大岳鍾乳洞」に併設されたキャンプ場です。ありのままの地形を活かしたサイトで、騒音や照明がほとんどなく落ち着いた雰囲気となっています。

全長300mの鍾乳洞は冒険心をくすぐること間違いなし。キャンプを楽しみながら鍾乳洞探検もできるため、大人から子供まで楽しめる穴場キャンプ場といえるでしょう。

住所東京都あきる野市養沢1587
電話番号休日:042-595-3705
平日:042‐596-2326
アクセスJR五日市線「武蔵五日市」駅から西東京バス27分+徒歩26分
料金テント:1,000円
レンタル品の有無なし
公式ホームページhttp://ootakecave.com/

2.川井キャンプ場

川井キャンプ場は、広大な河原や雑木林に囲まれたキャンプ場です。ロッジやバンガローなどサイトのバリエーションが豊かで、キャンプに慣れた方でも楽しめます。

カヌーやカヤック、ラフティングなどウォータースポーツも体験できる他、周辺に温泉があるため1日中満喫できます。

住所東京都西多摩郡奥多摩町梅沢187
電話番号0428-85-2206
アクセスJR青梅線「川井」駅から徒歩7分
料金テント:1,800円〜
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttps://www.okutamas.co.jp/kawai/

3.清東園キャンプ場

清東園キャンプ場は、静かで落ち着いた雰囲気のキャンプ場です。大丹波川が流れるキャンプ場ということで、川のせせらぎに耳を傾けながら奥多摩の大自然を堪能できます。

ラフティングなどのアクティビティはもちろん、山菜取りなどのレクリエーションも体験可能なので大人・子供問わずおすすめできるキャンプ場といえるでしょう。

住所東京都西多摩郡奥多摩町大丹波562
電話番号0428-85-2789
アクセスJR青梅線「川井」駅より西東京バス+徒歩1分
料金テント:3,000円〜
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttps://seitouen.com/

4.奥多摩リバーテラス

奥多摩リバーテラスは、ワンランク上のキャンプが体験できるキャンプ場です。キャンプ場なのにおしゃれなテラスやハンモックがあるなど、設備が充実しています。

周辺には滝も流れているため、マイナスイオンたっぷりの優雅な時間を過ごせるのが魅力です。

住所東京都西多摩郡奥多摩町棚澤16−1奥多摩リバーテラス
電話番号090-3518-2516
アクセスJR青梅線「古里」駅から徒歩13分
料金テラス:20,000円〜
レンタル品の有無なし
公式ホームページhttps://riverterrace.cafekuala.jp/

5.ロッヂ神戸岩

ロッヂ神戸岩は、奥秋川渓谷の新鮮な空気を味わえるキャンプ場です。天然記念物「神戸岩」の近くに位置することもあり、パワースポットとしても知られています。

周辺には温泉施設が数多く点在しているため、キャンプの疲れも気になりません。本格的なキャンプを味わいたい方はぜひ訪れてみてください。

住所東京都西多摩郡檜原村神戸8034-2
電話番号042-598-1029
アクセスJR五日市線「蔵五日市」駅から西東京バス35分+徒歩20分
料金テント:4,200円
レンタル品の有無あり
公式ホームページhttp://kanotoiwa.com/

大人・子どもが楽しめるキャンプ遊び15選!注意点やおすすめグッズも紹介
これなら楽しめる!キャンプ遊び15選

キャンプ場に便利なポータブル電源&ソーラーパネル

奥多摩 キャンプ場

キャンプには、ポータブル電源やソーラーパネルがあると便利です。

電化製品を使用する場合、電源がないと不便ですが、ポータブル電源とソーラーパネルがあればいつでもどこでも電源が確保できます。

EcoFlowでは、高性能なポータブル電源&ソーラーパネルを取り扱っています。どちらも大型から中型、小型まで揃っており持ち運び可能、メイン家電の80%に対応できます。

高速充電対応で長寿命なため、停電時や災害時の備えにも最適です。キャンプ以外の用途も多々あるため、お気軽にお問い合わせください。

EcoFlowのポータブル電源はこちら
EcoFlowのソーラーパネルはこちら

まとめ

奥多摩のキャンプ場の3つの魅力、奥多摩のキャンプ場を選ぶ3つのポイント、奥多摩のおすすめキャンプ場10選を解説しました。

奥多摩は東京都心からのアクセスが抜群にもかかわらず、自然が豊富です。特に奥多摩湖周辺はレジャーが楽しめるだけでなく、温泉施設もたくさんあります。

キャンプ場も多くあるため、ぜひたくさんのキャンプ場を訪れてみてください。

なお、キャンプにはポータブル電源&ソーラーパネルがあると便利です。

EcoFlowでは大型から中型、小型の製品を取り扱っており、持ち運びも可能でメイン家電の約80%にも対応可能となっています。

業界最速級の充電や再生可能電力での充電が可能で、家計にも環境にも優しいため、ぜひ一度当社の製品をご検討ください。

EcoFlowのポータブル電源はこちら
EcoFlowのソーラーパネルはこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください