q ポータブル電源の保管方法を徹底解説!保管場所の選び方や長持ちさせる5つの工夫 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

ポータブル電源の保管方法を徹底解説!保管場所の選び方や長持ちさせる5つの工夫

-

ポータブル電源の保管方法を徹底解説!保管場所の選び方や長持ちさせる5つの工夫

-

  • そもそもポータブル電源には寿命はあるの?
  • ポータブル電源の保管方法はそれほど重要?
  • 保管方法の選び方や寿命の伸ばし方がわからない

このような疑問や悩みをお持ちの方もいるでしょう。結論、ポータブル電源の電池は経年とともに劣化するため、どの製品にも寿命があると言えます。

製品の寿命を伸ばして長く愛用するためには、保管場所と使い方にこだわる必要があります。そこで今回は、ポータブル電源の保管方法、寿命を長持ちさせる工夫を解説します。ポータブル電源を長持ちさせたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

 

ポータブル電源に寿命はある?

04 01

ポータブル電源には、電気を貯めておくための電池が内蔵されています。電池素材のなかでも主流なのが、リチウムイオン電池であり、経年とともに使用できる時間が短くなるという特性を持ちます。

使えば使うほど電池が劣化するポータブル電源には、製品によって使用できる期間は異なりますが、寿命が存在すると言えます。ポータブル電源のほかにもリチウムイオン電池は、スマートフォンやモバイルバッテリーなどに採用されており、寿命があるという点ではポータブル電源と同様です。

ポータブル電源などの電池が採用されている製品を長く愛用するためには、保管方法や使い方にこだわる必要があります。

リチウムイオン電池の種類

ポータブル電源によく採用されているリチウムイオン電池は、大きく以下の3種類に分類できます。

  • リチウムイオン電池
  • リチウムポリマー電池
  • リン酸鉄リチウム電池

リチウムポリマー電池、リン酸鉄リチウム電池も、リチウムイオン電池の1種です。最近主流になりつつあるのは、リン酸鉄リチウム電池です。

リン酸鉄リチウム電池は、安定性・安全性に優れているほか、ほかの電池に比べて寿命が長いという利点を持ちます。利点が多いことから、最近では多くのポータブル電源に採用されています。詳しくは以下の記事をご確認ください。

→「リン酸鉄リチウムイオンバッテリーとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

 

ポータブル電源の保管方法は超重要!

04 02

ポータブル電源の保管方法は、製品を長持ちさせる上では非常に重要です。保管方法にこだわっても劣化を止めることはできませんが、劣化を遅らせて長持ちさせることはできます。

そもそもポータブル電源に採用されている電池は、人間と同じく高温多湿な場所が苦手です。夏キャンプなどの気温が高い日に、直射日光が当たる場所で長時間放置すると、内蔵されている電池が熱くなり、劣化の原因になってしまいます。

また、雨の日など多湿になりやすい環境で製品を晒してしまうと、電池が傷んで寿命が短くなるリスクがあります。これらのことから、1つのポータブル電源を長く愛用したい場合は、保管方法にこだわり、製品を大切に扱わなければなりません。

 

ポータブル電源の保管場所の選び方

04 03

一言で言えば、人間が快適だと感じる場所が、ポータブル電源の保管場所に適しています。具体的には、風通しが良く、直射日光が当たらない場所です。アウトドアで使用する場合は、密閉されていないテント内などが該当します。

また、ポータブル電源は高温多湿な環境に弱いため、真夏の車内や暖房の前、窓際などに置くべきではありません。湿気の水分によって、腐食や腐敗による不具合を起こす可能性があることから、結露した窓辺や湿気の多い物置なども避けましょう。

さらに気温が低すぎる場所では、リチウムイオン電池の内部抵抗、過電圧がともに増加するため、電池の使用時間が短くなるなど、性能を低下させる原因になります。ポータブル電源の保管に適した場所、保管がNGな場所は以下の通りです。

【ポータブル電源の保管に適した場所】

  • リビングや居間などの日差しが当たらない場所
  • 密封されていないテント内で高温多湿にならない場所
  • 自宅の玄関や廊下などの湿気が程よい場所

【ポータブル電源の保管がNGな場所】

  • 直射日光が当たる窓際
  • 天候の影響を受けるベランダや庭
  • 風通しがまったくない押入れのなか
  • 気温が極端に低いときのタープ下
  • 気温が極端に高くなりがちな真夏の車内

 

ポータブル電源の寿命を伸ばす5つの工夫

04 04

ポータブル電源の寿命を伸ばすためには、保管場所に注力する必要があります。しかし、それと同じくらい大切なのが、ポータブル電源の使い方です。1つの製品を長く愛用したいなら、以下5つの工夫を取り入れましょう。

  1. バッテリー残量を60〜80%にしてから保管する
  2. 充電しながら電力を供給しない
  3. 箱から出して保管する
  4. 過充電を避ける
  5. 定期的な充放電で動作を確認する

各ポイントを1つずつ解説します。ポータブル電源を利用する際は、普段から以下のポイントを意識してみてください。

工夫1.バッテリー残量を60〜80%にしてから保管する

1つ目の工夫は、バッテリー残量を60〜80%にしてから保管することです。100%の充電、もしくは0%の充電状態で保管すると、リチウムイオン電池の劣化を早める原因になります。

特にバッテリー残量が0%のまま、手入れもせず長い間保管してしまうと、再び充電ができなくなるなどのトラブルも考えられます。一般的には、バッテリー残量を60〜80%にしてから保管するのが良いとされています。

40〜50%でも問題ありませんが、保管中に電力が自然放出されて0%になるリスクがあるため、少し余裕がある60〜80%がベストだとされているのです。

工夫2.充電しながら電力を供給しない

ポータブル電源を利用する際は、充電しながら電力を供給しないようにしましょう。充電と放電を同時に行うことは、リチウムイオン電池の特性上可能ですが、それだとバッテリーに大きな負荷をかけることになり、電池の劣化を早めるリスクがあるのです。

また、充電しながら電力を供給すると、本体が高温になる恐れがあります。なお、これはコンセントから充電する場合に限らず、ソーラーパネルを用いて充電するケースも同様です。

充電しながら利用するのは便利ですが、ポータブル電源の寿命を考える場合は、充電と供給のどちらか一方に限定しましょう。

工夫3.箱から出して保管する

保管する場所にもよりますが、基本的に箱から出して保管することが推奨されます。前述した通り、ポータブル電源を保管する際は、高温多湿を避け、風通しの良い場所に置いておくのがベストです。

その点、ポータブル電源を箱で覆ってしまうと、室内は適切な温度でも、箱の内部に熱がこもってしまい、バッテリーの劣化を招くリスクがあります。そのため、基本的には箱から出して保管することを心がけましょう。

ただし、ホコリが多い場所で保管する場合は、製品の劣化を早める可能性があるため注意が必要です。条件に合った保管場所を見つけるなど、臨機応変に対応しましょう。

工夫4.過充電を避ける

製品を長持ちさせる4つ目の工夫は、過充電を避けることです。充電のしなさすぎというのも良くないですが、その逆の充電のしすぎも良くありません。

過充電を繰り返してしまうと、バッテリーの劣化につながる恐れがあるのです。そのため、ポータブル電源を連続して使用する場合は、100%いっぱいまで充電するのではなく、その一歩手前の90%程度に留めておくことをおすすめします。

工夫5.定期的な充放電で動作を確認する

1つの製品を長く愛用したいなら、定期的な充放電で動作を確認することも大切です。ポータブル電源のリチウムイオン電池は、「使わずにいると少しずつ放電されていく」という特性があります。

長い間ポータブル電源を使わずに放置すると、バッテリー残量が少しずつ減っていき、最終的に0%となって電池の劣化を招く可能性があるのです。使用感の確認も兼ねて、最低でも1ヶ月に1度はポータブル電源を充電し、問題なく利用できるかをチェックしましょう。

 

長く愛用できる長寿命のポータブル電源4選

04 05

これからポータブル電源を購入する方は、「できるだけ長く愛用できる長寿命の製品がほしい」と思うはずです。ポータブル電源を長く使いたいなら、リン酸鉄リチウム電池が採用された製品をおすすめします。

リン酸鉄リチウム電池が採用された製品は、ほかの電池に比べて高い安全性と長寿命を実現しています。さらに自己放電が起こりづらく、電力を無駄なく効率的に使用できるのもポイントです。

本サイトを運営するEcoFlowは、リン酸鉄リチウム電池を採用した製品を多数販売しております。代表的な製品として、以下4つのポータブル電源を紹介します。

DELTA 2

まずはバランスに優れた「DELTA 2」を紹介します。本製品はバッテリー容量1,024Whというパワフルな性能を備えながら、コンパクトかつ軽量という高い携帯性を実現しました。

もちろん本製品のバッテリーには、リン酸鉄リチウム電池が採用されています。サイクル寿命は業界平均6倍の約3,000回です。単純計算で、1日1回使用しても約10年間は使用できます。

容量

1,024Wh

定格出力

1,500W

AC充電入力

最大1,200W

サイズ

40.0 x 21.1 x 28.1 cm

重量

約12kg

出力口

合計15

ACx6

USBx6

DCx2

シガーソケット x1

公式サイト

https://jp.ecoflow.com/products/delta-2-portable-power-station

DELTA Pro

続いて紹介する「DELTA Pro」は、とにかくパワフルなポータブル電源です。バッテリー容量は驚愕の3,600Wh。定格出力も3,000Wと、非常に高い性能を誇ります。

リン酸鉄リチウム電池が採用されており寿命が長いのもそうですが、そもそものバッテリー容量が多いため、多少劣化しても問題なく使用できるのがポイントです。5種類の充電方法に対応しており、柔軟な使い方ができます。

容量

3,600Wh

定格出力

3,000W

AC充電入力

最大1,500W

サイズ

63.5×28.5×41.6cm

重量

45Kg

出力口

合計:15

AC×5

USB×6

DC×2

シガーソケット×1

アンダーソン×1

公式サイト

https://jp.ecoflow.com/products/delta-pro-portable-power-station

RIVER 2

「RIVER 2」は携帯性に優れたポータブル電源です。バッテリー容量は256Whと控えめですが、その分コンパクトで軽量なので、持ち運ぶ際に負担になりづらいのが利点です。

また史上最速の充電スピードを実現しており、わずか60分で満充電まで完了します。リン酸鉄リチウム電池の採用により、業界平均より6倍長い3,000+回のサイクル寿命も実現しています。

容量

256Wh

定格出力

300W

AC充電入力

最大360W

サイズ

24.5 x 21.5 x 14.5cm

重量

約3.5kg

出力口

合計11

公式サイト

https://jp.ecoflow.com/products/river-2-portable-power-station

RIVER 2 Max

4つ目に紹介する「RIVER 2 Max」は、機能性と携帯性を両立したポータブル電源です。バッテリー容量は512Whと申し分なく、それでいて約6.1kgの軽重量を実現しました。

定格出力も500Wに対応しており、さらにX-Boostモードをオンにすれば、出力750Wまでの電気機器に使用できます。非常用電源機能つきで、緊急時のバックアップとしても活躍します。

容量

512Wh

定格出力

500W

AC 入力

100-120V 50Hz/60Hz, 最大10A

サイズ

26.9 x 25.9 x 19.6cm

重量

約6.1kg

出力口

合計11

公式サイト

https://jp.ecoflow.com/products/river-2-max-portable-power-station

まとめ

本記事では、ポータブル電源の保管方法、寿命を長持ちさせる工夫を詳しく解説しました。

ポータブル電源を長持ちさせるためには、製品の保管方法と使い方がキーポイントとなります。適切な保管場所としては、具体的に以下の3つが挙げられます。

  • リビングや居間などの日差しが当たらない場所
  • 密封されていないテント内で高温多湿にならない場所
  • 自宅の玄関や廊下などの湿気が程よい場所

さらに寿命を長持ちさせたい方は、本記事で解説した「寿命を伸ばす5つの工夫」を参考にしてみてください。また、ポータブル電源の寿命を伸ばすには、リン酸鉄リチウム電池が採用された製品を選ぶのも1つの手です。

本サイトを運営するEcoFlowは、リン酸鉄リチウム電池を採用したポータブル電源を多数販売しております。ポータブル電源を購入予定の方はぜひご確認ください。

製品名

DELTA 2

DELTA Pro

RIVER 2

RIVER 2 Max

容量

1,024Wh

3,600Wh

256Wh

512Wh

定格出力

1,500W

3,000W

300W

500W

AC充電入力

最大1,200W

最大1,500W

最大360W

100-120V 50Hz/60Hz, 最大10A

サイズ

40.0 x 21.1 x 28.1 cm

63.5×28.5×41.6cm

24.5 x 21.5 x 14.5cm

26.9 x 25.9 x 19.6cm

重量

約12kg

45Kg

約3.5kg

約6.1kg

出力口

合計15

ACx6

USBx6

DCx2

シガーソケット x1

合計:15

AC×5

USB×6

DC×2

シガーソケット×1

アンダーソン×1

合計11

合計11

公式サイト

https://jp.ecoflow.com/products/delta-2-portable-power-station

https://jp.ecoflow.com/products/delta-pro-portable-power-station

https://jp.ecoflow.com/products/river-2-portable-power-station

https://jp.ecoflow.com/products/river-2-max-portable-power-station

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください