一般家庭でできる効果的な節電方法15選!節電前に知っておくべきポイントも紹介

-

一般家庭でできる効果的な節電方法15選!節電前に知っておくべきポイントも紹介

-

「一般家庭でできる効果的な節電方法は?」という疑問がある方もいるでしょう。電気代の節約は、家計の管理において重要なポイントの1つです。

しかし、節電を始める前に、電気料金の傾向や節電のメリット、電気代が高い原因を把握しておくことが大切です。また、日常生活のなかで実践できる節電方法は多岐にわたるため、これらの対策を複合的に行うことが求められます。

本記事では、節電を始める前に把握しておくべきポイント、一般家庭でできる効果的な節電方法15選を解説します。照明の工夫から家電の使い方、電力プランの見直しまで、さまざまな角度から節電のコツに迫ります。

節電前に知っておくべき3つのポイント

節電方法

節電を始める前に、電気料金の傾向や節電のメリットを理解しておくことが大切です。効率的な節電を行うための基礎知識として、以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 電気料金は年々増加傾向にある
  2. 節電に取り組むメリットは大きい
  3. 電気代が高い原因を把握しておく

各ポイントの詳細を1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.電気料金は年々増加傾向にある

近年、電気料金は全体的に上昇している傾向にあります。この背景には、エネルギー資源の価格変動や環境配慮によるコスト増が影響しているとされています。

例えば、化石燃料の価格高騰による発電コストの上昇や、ロシアのウクライナ侵攻による調達コストの増加などが起因しています。また、再生可能エネルギーの導入拡大に伴う設備投資も、毎月の電気料金に反映されているのです。

こうした事情から、電気料金の上昇傾向は今後も続くと予想されます。実際、2024年5月に10社が電気料金を値上げすると発表しています。

【2023年】電気代の値上げ幅とその推移を徹底解説!政府による緩和措置も紹介

ポイント2.節電に取り組むメリットは大きい

節電に積極的に取り組むことで、電気代の節約だけでなく環境保護にも貢献できます。地球温暖化防止のためにも、1人ひとりが節電に努めることが求められています。

【節電の主なメリット】

  • 電気料金の節約
  • 生活習慣の改善
  • 地球温暖化の防止

具体的には、照明の間引きや冷暖房の温度設定見直しなど、日常的な節電を積み重ねることが効果的です。また、節電によって削減できた電気代は、ほかの用途に活用できるというメリットもあります。

ポイント3.電気代が高い原因を把握しておく

3つ目のポイントは、電気代が高い原因を把握しておくことです。「毎月の電気代が高い」と感じる場合、無駄に電力を消費していたり、不適切な電力プランを契約していたりする可能性があります。

原因を正確に把握し、具体的な節電対策を立てることが重要です。例えば、待機電力の削減や、不要な照明の消灯などが対策として考えられます。無駄な電力消費を減らし、適切な電力プランを選ぶことで、電気代の削減が見込めます。

一般家庭でできる効果的な節電方法15選

節電方法

日常生活のなかで取り入れられる節電方法は多数存在します。以下、代表的な節電方法を15通り紹介します。

方法1.使わない照明をこまめに消す

部屋を離れる際や、明るいときは照明を消して自然光を利用しましょう。夜間も必要最低限の照明にすることが大切です。

人感センサー付きの照明や、タイマー機能を活用するのも効果的です。また、LED電球への交換も長期的な節電につながります。

照明の工夫は、手軽に始められる節電方法の1つです。こまめな消灯を心がけ、無駄な電力消費を抑えましょう。

方法2.エアコンの使い方を見直す

電気代が高いと感じる場合は、エアコンの使い方を見直してみてください。冷房は28度、暖房は20度の設定にすることが推奨されます。それ以外にも、以下のような対策が有効です。

  • 電源のオンオフを繰り返さない
  • 扇風機やサーキュレーターを併用する
  • フィルターや室外機を掃除する

エアコンのフィルターや室外機を定期的に掃除し、効率的な運転を心掛けることが重要です。また、カーテンや扇風機を併用し、エアコンへの負荷を減らすのも有効な方法として知られています。

エアコンの節電方法を徹底解説!省エネエアコンの魅力、製品の選び方

方法3.冷蔵庫の使い方を工夫する

エアコンに続き、冷蔵庫の使い方を工夫するのもポイントの1つです。扉の開閉を最小限にし、冷蔵庫内の整理を定期的に行って空気の流れを良くしましょう。

ほかにも、冷蔵庫の周りに物を置かない、冷蔵庫の設定温度を適切にするなども有効的な対策です。冷蔵庫は常時稼働している家電であるため、上手に使うことで大幅な節電効果に期待できます。

冷蔵庫の電気代は1ヶ月いくらが相場?電気代の計算方法や節約方法を解説

方法4.テレビの明るさを調整する

昼間と夜間でテレビの明るさ設定を変えることで、消費電力を減らせます。テレビの画面は明るいほど電力の使用量が増えてしまうため、状況に合わせて明るすぎないよう調節しましょう。

また、使用しないときはテレビの電源を完全にオフにする習慣をつけることも大切です。それに加えて、テレビの画面を定期的に掃除する、テレビの設置場所を考慮するなども有効な対策といえるでしょう。

画面の明るさ調整はリモコンで簡単に行えます。視聴環境に合わせて、最適な明るさに設定しましょう。

方法5.洗濯機の使用回数を減らす

洗濯機の使用回数を減らすという節電方法もあります。洗濯物をためてから一度に回すことにより、洗濯機の使用頻度と電力消費を減らせます。

また、可能な限り自然乾燥を利用するのも効果的です。洗濯機の運転モードを上手に使い分け、すすぎ回数を減らしたり、低温設定にしたりと、状況に応じた選択が節電につながります。

方法6.炊飯器の保温機能をできるだけ使わないようにする

少しでも多くの節電効果を得たい場合は、炊飯器の保温機能をできるだけ使わないようにしましょう。食事の直前に炊飯するか、保温ではなく常温保存や冷蔵を活用することをおすすめします。

炊飯器の保温機能は便利ですが、長時間使用すると電力消費が増えてしまいます。炊きたてのごはんを食べる習慣をつけ、保温に頼らない工夫が節電の鍵となります。

炊飯器のタイマー機能を使えば、食事の直前に炊き上がるよう設定できます。保温時間を最小限に抑え、おいしいごはんを節電しながら味わえるでしょう。

方法7.トイレの温水洗浄便座を可能な限り使わないようにする

トイレ不使用時は温水洗浄機能のスイッチを切るか、温度設定を下げるのもポイントです。使用頻度に応じて、節電モードを活用することが効果的な節電に寄与します。

温水洗浄便座は、便座の温度を保つために常に電力を消費しています。日中は温水洗浄機能をオフにし、夜間のみ使用するようにすれば節電につながります。

また、便座の蓋を閉めておくことで、熱の放散を防ぎ、電力消費を抑えることが可能です。使い勝手と節電のバランスを考えて、上手に活用しましょう。

方法8.使用していない家電製品の電源を切る

待機電力も節電の対象となります。コンセントからプラグを抜くか、節電タップを利用してこまめに電源を切るのが賢明です。

【待機電力が大きい家電製品】

  • ガス温水器
  • テレビ
  • エアコン
  • パソコン
  • DVDレコーダー

長期間使用しない機器は、コンセントから抜いておくと効果的でしょう。コンセントから抜くのが手間と感じる場合は、節電タップを使えば一括で電源を管理できます。

方法9.電気代が高くなる時間帯の使用を避ける

電気代が高くなる時間帯の家電使用を避けるようにしましょう。例えば、洗濯や掃除機の使用は、電気代が安い夜間に行うことをおすすめします。

なぜなら、昼間の時間帯は電力需要が高まり、電気料金も割高になるためです。ピークタイムの電力消費を減らすことが、節電のキーポイントとなります。家事の時間をずらすなど、生活スタイルを工夫してみるのも良いでしょう。

方法10.省エネ・節電モードを活用する

家電製品に省エネ・節電モードが搭載されている場合は、このモードの使用を検討してみてください。一部機能は制限されるものの、長い目で見ると大きな節電効果が生まれます。

多くの家電製品には省エネ・節電モードが搭載されており、無駄な電力消費を抑えるポイントとなります。また、新しい家電製品を購入する際は、省エネ性能を重視することが大切です。

省エネ性能の高い家電を選ぶことは、長期的な節電対策につながります。家電製品の買い替え時には、エネルギー消費効率をしっかりと比較し、状況に合ったものを選択することがおすすめです。

方法11.節電グッズを使用する

LED電球や節電タップなど、節電に役立つアイテムを導入しましょう。これらのグッズは初期投資を必要としますが、長期的には節電につながります。

【節電グッズの一例】

  • 人感センサー付きLED電球
  • 節電タップ
  • ソーラー充電器
  • 遮熱カーテン
  • 冷蔵庫カーテン

自宅の状況に合わせて、適切なアイテムを選ぶことが大切です。「長期的に節電を行いたい」という方は、これらのアイテムの導入を検討してみてください。

方法12.新しい家電製品に買い替える

古い家電製品は省エネ性能が低いことが多いため、最新の省エネ家電に買い替えることをおすすめします。省エネ性能が高い家電製品を使うことにより、電力消費の大幅な削減に期待できます。

例えば、エアコンや冷蔵庫、照明などの日常的に使用する家電製品の買い替えから始めましょう。特に冷蔵庫は以下のように、新しいモデルは電気代と電力消費が減少しています。

2008年2013年2018年2023年
13,640円/年8,494円/年8,029円/年7,812円/年
・440kWh/年
・603L
NR-F603T
・274kWh/年
・500L
NR-F503HPX
・259kWh/年
・500L
NR-F504HPX
・252kWh/年
・600L
NR-F609WPX

買い替えには費用がかかりますが、電気代の節約効果は長期的に見れば大きいといえるでしょう。計画的に家電製品の買い替えを進めることで、無理なく節電を実践できます。

方法13.契約中の電力プランを見直す

現在契約している電力プランが最も経済的かどうかを見直し、最適なプランに変更するのも節電方法の1つです。家庭のライフスタイルや、電力使用量に合わせたプラン選びが重要となります。

電力会社によって、さまざまなプランが用意されています。例えば、夜間の電力使用量が多い家庭なら、夜間割引のあるプランがお得かもしれません。逆に、日中の使用量が多い場合は、昼間の料金が安いプランが適しているでしょう。

自宅の電力使用パターンを把握し、それに合ったプランを選ぶことで、無駄なく節電を講じることができます。定期的にプランを見直し、最適な契約内容にアップデートすることが大切です。

方法14.電力会社を変更する

電力自由化により、より条件の良い電力会社を選択できるようになりました。他社のプランを比較検討し、自宅に最適なサービスを提供している会社に変更するのも賢明な選択肢の1つです。

各電力会社では、独自の料金プランやサービスを提供しています。それぞれの料金プランやサービス、アフターサポートを十分に比較し、より状況に合った電力会社を選ぶことが求められます。

【電力会社を変更する際に必要となるもの】

  • 現在契約している電力会社名
  • 現在契約している電力会社のお客様番号
  • 供給地点特定番号

ほかにも、契約者名や電話番号などの個人情報も必要となります。変更手続きには多少の手間がかかりますが、長期的な節電効果は大きいといえるでしょう。

方法15.太陽光発電システムを導入する

自宅で直接電力を生成し、家電製品に使用することで、電力会社からの電力購入量を減らして電気代を節約できます。初期投資は必要ではあるものの、長期的には電気代の大幅な削減が期待できます。

太陽光発電は、クリーンで再生可能なエネルギーです。毎月の電気代の削減につながるだけでなく、環境にやさしい生活の実現に一歩近づけます。

また、発電した余剰電力を売却すれば、売電収入を得ることも可能です。長期的な節電と環境保護の観点から、太陽光発電システムの導入を検討してみるのも良いでしょう。

ローコストで太陽光発電を始めるならEcoFlow製品がおすすめ

ローコストで手軽に太陽光発電を始めたいなら、EcoFlowのポータブル電源とソーラーパネルのセット商品がおすすめです。蓄電池を活用するよりもローコストで導入でき、専門知識がなくても運用をすぐに開始できます。

EcoFlowのポータブル電源は、大容量バッテリーを搭載し、多様な電化製品に対応可能です。付属のソーラーパネルを接続すれば、太陽光で発電した電力を効率的に蓄えられます。

セットアップも簡単で、ソーラーパネルをポータブル電源に接続するだけですぐに使用できます。コンパクトで持ち運びも簡単なため、アウトドアでの使用にも最適です。

通常の太陽光発電システムと比べて、設置工事が不要で初期費用を大幅に抑えられる点もメリットの1つです。手軽に再生可能エネルギーを活用でき、節電とCO2削減に貢献できるでしょう。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:数日間の停電、長期間のアウトドア活動
  • おすすめの利用人数:3〜5人
  • バッテリー容量:2,048Wh
  • 定格出力:2,000W

「EcoFlow DELTA 2」+「220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:短期間の停電、アウトドア活動
  • おすすめの利用人数:2〜4人
  • バッテリー容量:1,024Wh
  • 定格出力:1,500W

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:ちょっとしたアウトドア活動
  • おすすめの利用人数:1〜3人
  • バッテリー容量:768Wh
  • 定格出力:800W

まとめ

本記事では、節電を始める前に把握しておくべきポイント、一般家庭でできる効果的な節電方法15選を解説しました。

電気料金は年々上昇傾向にあり、節電に取り組むメリットは大きいといえます。電気代が高い原因を明確にし、状況に合った節電対策を講じることが重要です。

具体的には、照明の工夫、エアコンや冷蔵庫の適切な使い方、待機電力のカットなど、日常生活のなかで実践できる節電方法は多岐にわたります。家電製品の買い替えや、電力プランの見直しも効果的でしょう。

長期的な節電対策を講じたい方には、太陽光発電システムの導入をおすすめします。本サイトを運営するEcoFlowは、ローコストで導入できるポータブル電源とソーラーパネルのセット商品を販売しております。

太陽光発電システムの導入を考えている方は、以下のセット商品の導入をぜひご検討ください。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください