2022年夏休みの家族旅行はどうする?おすすめのスポットを紹介!

-

2022年夏休みの家族旅行はどうする?おすすめのスポットを紹介!

-

夏休み家族旅行!今年の旅行穴場は?

「夏休みの家族旅行の行き先に迷っている」という人も多いのではいないでしょうか。年に1度の夏休み、せっかくなら行き先選びには失敗したくないですよね。今回は、全国各地にある無数の観光スポットから、親子におすすめしたい観光スポット10選を紹介します。また、旅行の穴場情報にも触れますので、ぜひ参考にしてください。

2022年、夏休みの家族旅行でおすすめの観光スポット10選は、以下の通りです。

・旭山動物園

・ムーミンバレーパーク

・東京ドームシティ アトラクションズ

・八景島シーパラダイス

・レゴランド ジャパン

・志摩スペイン村

・アドベンチャーワールド

・NEWレオマワールド

・ハウステンボス

・美ら海水族館

それぞれの観光スポットについて、場所や特徴などを紹介します。

旭山動物園

場所:北海道旭川市東旭川町倉沼

日本最北の動物園で、15ヘクタール以上という広大な敷地がある旭山動物園。広い土地で野生に近い環境をつくれるので、動物たちがストレスのない生活を送れる動物園です。

そのため、園内各所では動物たちの活発な動きを楽しむことができます。見どころは、迫力満点のホッキョクグマや、さまざまな自然行動を見せるアザラシなどです。

ムーミンバレーパーク

場所:埼玉県飯能市宮沢

埼玉県飯能市の自然豊かな宮沢湖畔に位置するムーミンバレーパークは、ムーミンの物語の世界観を親子で楽しめるテーマパークです。北欧の雰囲気が演出されたパーク内には、アトラクションやアスレチック、展示物など、さまざまな施設が用意されています。また、パーク内にはレストランやカフェ、キッズルームも併設されているので、家族で1日中過ごしても飽きることはないでしょう。

東京ドームシティ アトラクションズ

場所:東京都文京区後楽1丁目

東京ドームシティ アトラクションズは、東京ドームシティ内にある大人から子どもまで楽しめる都市型遊園地です。アクセスの良さはもちろん、東京ドームシティ内のホテルやレストラン、カフェなど充実した施設を移動に苦労せず利用できます。アトラクションズでは、その名の通り多くのアトラクションで遊べるほか、ヒーローショーや体験イベントなどの催しも行われているので、家族みんなで楽しめるスポットです。

八景島シーパラダイス

場所:神奈川県横浜市金沢区八景島

横浜市にある人工島、「八景島」に位置する八景島シーパラダイスは、家族で楽しめる複合レジャー施設です。水族館や遊園地、レストラン、ホテル、ショッピングモール、マリーナなど、さまざまな施設が充実しているので、時間を忘れて過ごせます。特徴は、入園料が無料ということです。水族館やアトラクションなど、目的の施設を利用する以外は料金がかかりません。

レゴランド ジャパン

場所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目

名古屋市の海に囲まれた金城ふ頭に位置するレゴランド ジャパンは、世界中で長く愛されているレゴブロックのテーマパークです。

東京ドーム2つ分のパーク内は8エリアにわけられ、アトラクションやイベント、展示物など、小さな子どもから大人まで楽しめる施設が、テーマごとにつくられています。アトラクションに乗って楽しむのもいいですが、レゴブロックでつくられた都市や名所などの作品も見どころです。

志摩スペイン村

場所:三重県志摩市磯部町坂崎

三重県志摩市の細長い形が特徴的な的矢湾に位置する志摩スペイン村は、スペインの町並みが再現されたテーマパークです。パーク内には、さまざまなアトラクションやショーなどを楽しめるほか、本格的なスペイン料理をいただけるレストランもあります。

スペイン村直営のホテルもあるので、連日移動なしで遊び尽くせるテーマパークです。

アドベンチャーワールド

場所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田

和歌山県のアドベンチャーワールドは、動物園と水族館、遊園地が一体になったテーマパークです。パーク内では、より自然に近い状態の動物たちを見たり触れ合ったりして楽しむことができます。見どころは日本一の大家族であるジャイアントパンダ、ペンギンでもっとも大きな種類のエンペラーペンギンなどです。

NEWレオマワールド

場所:香川県丸亀市綾歌町栗熊西

香川県のNEWレオマワールドは、中国、四国で最大級のテーマパークです。パーク内では、30種類を超えるアトラクションのほか、3万坪の敷地に100種類42万株の季節の花々が咲く「レオマ華ワールド」、イルミネーションや3Dプロジェクションマッピングが楽しめる「レオマ光ワールド」と、さまざまな施設やイベントがあります。レストランやホテルも併設されているので、数日間滞在して楽しめるテーマパークです。

ハウステンボス

場所:長崎県佐世保市ハウステンボス町

長崎のハウステンボスは、ヨーロッパの町並みを楽しめるテーマパーク。その特徴は、モナコ公国と同じ面積を誇る、日本でもっとも大きなテーマパークということです。広い敷地では、異国情緒漂う建物、季節を感じられる花々、夜には幻想的なイルミネーションが楽しめます。ハウステンボスの魅力は、もちろん景観を楽しむだけではありません。充実したアトラクションが、子どもたちを楽しませてくれます。

美ら海水族館

場所:沖縄県国頭郡本部町石川

沖縄本土の国営海洋博公園に併設されている水族館。美ら海とは沖縄の方言で「美しい海」という意味があります。見どころは、巨大水槽「黒潮の海」で観覧できる魚類最大のジンベエザメやナンヨウマンタです。「自然豊かな沖縄の海をそのまま展示する」のコンセプト通り、沖縄近海の多種多様な海の生物との出会いが待っています。

観光よりも非日常体験がしたい!今年の家族旅行はキャンプしませんか?

familycamp game

夏休みの家族旅行におすすめのスポットを紹介しましたが、観光よりも非日常体験を楽しみたい、または子どもに体験させたいという人も多いでしょう。旅行の穴場として、今年の夏休みはキャンプをおすすめします。子連れキャンプのメリットは、以下などです。
・家族の絆が深まる
・子どもに協調性が芽生える
・トラブル対応能力が養われる
・ 親子で感動を共有できる
キャンプでは、テントを設置したり、食事をつくったりなど、家族で同じ目的を体験するので絆が深まります。子どもには、協調性も芽生えるでしょう。また、トラブルへの対応も養われる可能性があります。星を眺めたり朝日を見たりすれば、親子で感動を共有することもできるのです。

夏休みに大混雑する観光スポットを避け、今年の夏は穴場のキャンプで日常を忘れ、子どもにさまざまな体験をさせてみてはいかがでしょうか。

子連れキャンプの注意点

子連れキャンプの注意点は、以下などです。
・熱中症対策は万全に
・目の届く場所で遊ばせる
・包丁や火など慣れないことは大人と一緒に
・救急箱や虫除けの準備
とくに、熱中症対策は万全にしましょう。こまめな水分補給、通気性の良い服装、定期的な日陰での休憩、などがポイントです。また、場所にもよりますが、自然のなかでは少し目を離すだけで子どもを見失う可能性もあります。一緒に行動したり、ルールを決めたりして遊ばせることも忘れてはいけません。

キャンプ向けのEcoFlowポータブル電源がおすすめ

solar panel ecoflow

親子キャンプには、EcoFlowポータブル電源をおすすめします。EcoFlowポータブル電源は、ソーラーパネルと組み合わせて使えるので、太陽光を利用して発電できるのが特徴です。キャンプをする場所によっては、なかなか電源を確保できません。例えば、EcoFlowポータブル電源があれば、扇風機やポータブルクーラーも使えるので、子どもの熱中症対策にもなるでしょう。また、人里離れた穴場キャンプで欠かせないスマートフォンの、電源確保にも使えます。子連れキャンプに行くなら、EcoFlowポータブル電源で子どもの安全を確保しましょう。

2022年の夏休みは親子キャンプを楽しもう!

2022年の夏休みにおすすめな観光スポットを中心に紹介しましたが、親子で楽しむなら非日常体験ができるキャンプがおすすめです。普段ではできないことを体験させられるので、子どもの成長を促す効果も期待できます。ただ、夏のキャンプでは熱中症対策が万全でなければいけません。ソーラーパネルと組み合わせて使えるEcoFlowポータブル電源なら、効果的に電源を供給できるので、快適で安全なキャンプを楽しめるでしょう。

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください