太陽光発電で電気代は削減可能?電気代を0円に近づけるための方法を徹底解説

「太陽光発電を導入すれば、電気代はどれくらい削減できるの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。太陽光発電は、自宅で手軽に始められる再生可能エネルギーであり、長期的に見れば電気代の大幅な節約効果に期待できます。

しかし、初期投資の負担や発電量の変動など、導入にはいくつかの課題もあります。電気代を完全に0円にすることは現実的ではないかもしれません。

本記事では、太陽光発電による電気代の削減効果、電気代0円を目指すための具体的な方法について解説します。最後までご覧になれば、電気代削減の可能性を最大限に引き出すためのヒントが得られるはずです。

太陽光発電を行えば電気代を削減できる!

電気代 太陽光発電

太陽光発電は、自宅で比較的手軽に始められる再生可能エネルギー源の1つです。ソーラーパネルを屋根に設置し、太陽の光を電気に変換することで、家庭で使用する電力の一部または全部をまかなうことができます。

太陽光発電システムの導入により、長期的に見て電気代の削減が可能になります。初期投資は必要ですが、一度設置してしまえばソーラーパネルの寿命である20〜30年の間、電力を継続的に生み出し続けてくれるのです。

発電した電力は自家消費できるのはもちろん、余剰分を電力会社に売電することもできます。自家消費分は電気代の節約につながり、売電分は収入となるため、長期的に見てメリットが大きいといえるでしょう。

また、化石燃料に頼らず、CO2を排出しない発電方法であるため、環境にやさしい生活の実現にも貢献します。災害時の非常用電源としても機能し、エネルギーの自給自足にも役立ちます。

太陽光発電とは?仕組みや発電量、簡単に導入する方法を詳しく解説

太陽光発電を行った場合の電気代のシミュレーション

電気代 太陽光発電

太陽光発電を行った場合の発電量と電気代の削減効果をシミュレーションすることで、投資回収期間を大まかに把握できます。太陽光発電システムを設置する際の費用は、システムの規模や選択する機器によって変わってきます。

資源エネルギー庁が公表した「太陽光発電について」によると、2023年における住宅用太陽光発電システムの設置費用は、新築の場合で平均28.8万円/kWです。システムの設置費用については、概ね低減傾向にあります。

太陽光発電5kWの発電量と削減量

5kWの太陽光発電システムであれば、一般的な家庭の電気使用量をまかなうことが可能です。では、5kWの太陽光発電システムを想定して、実際の発電量と削減量を算出していきます。

太陽光発電5kWの年間発電量は、環境省のデータによると6,075kWhです。発電した電力のうち、平均69.4%が売電に、30.6%が自家消費にまわされます。

売電収入は、「年間売電量4,216kWh×FIT売電価格17円(2022年度)」で71,672円となります。一方、自家消費による電気代の節約額は、「年間自家消費量1,859kWh×電力量料金単価31円/kWh」で57,629円です。

つまり、5kWの太陽光発電システムを利用した場合、年間で合計129,301円の経済的メリットが生まれることとなります。もちろんこの数値はあくまで目安であり、地域や設置条件によって異なる場合もありますが、それを考慮しても太陽光発電によるメリットは大きいといえるでしょう。

太陽光発電で電気代を削減できる3つの理由

電気代 太陽光発電

太陽光発電が電気代を削減できる主な理由を理解することで、導入のメリットがより明確になります。本項では、電気代を削減できる3つの理由を紹介します。

  1. 自家発電により電力会社から購入する電力を減らせる
  2. 再エネ賦課金の負担を減らせる
  3. 余剰電力を電力会社に売却できる

太陽光発電システムを導入すれば、長期的に見て電気代の大幅な節約が期待できます。以下、その理由の詳細を解説していきます。

理由1.自家発電により電力会社から購入する電力を減らせる

日中の発電で得た電力をそのまま使用することで、電力会社から購入する電力量を大幅に削減できます。特に昼間の電気使用量が多い家庭では、太陽光発電による削減効果が高くなります。

例えば、日中に太陽光発電で得た電力を使って家電製品を動かせば、その分だけ電力会社から購入する電力が減ります。そのため、電力会社に電気代として支払う金額は、夜間など日が出ていないときに使用した電力分だけにとどめることが可能です。

理由2.再エネ賦課金の負担を減らせる

太陽光発電による自家発電により、再エネ賦課金がかからない分だけ電気代を節約できます。再エネ賦課金とは、再生可能エネルギーの導入を促進するために、電気利用者が負担する費用のことです。

この再エネ賦課金の金額は、電力会社から購入した月々の電力量によって決まるため、太陽光発電によって購入する電力量を減らせば、支払う再エネ賦課金の金額を減らすことができるのです。結果的に、電気代の全体的な節約につながります。

理由3.余剰電力を電力会社に売却できる

太陽光発電の発電量が消費量を上回った場合、余剰電力を電力会社に売ることができます。この売電収入も、毎月の電気代削減に貢献します。

余剰電力を売却する際には、「FIT制度(固定価格買取制度)」が重要となります。FIT制度とは、再生可能エネルギーで発電した電力を一定の価格で買い取る制度のことです。

住宅用のシステムで太陽光発電を行う場合、10年間の固定買取が約束されます。出力10kW未満の太陽光発電であれば、その期間中は1kWhあたり16円の売電価格で買い取ってもらうことが可能です。

発電量が多ければ多いほど、売電収入も増えるため、電気代の実質的な削減効果が高まります。

太陽光発電における売電の仕組みとは?設置費用や売電価格を詳しく解説

太陽光発電で電気代を完全に0円にすることは可能?

電気代 太陽光発電

太陽光発電で電気代を完全に0円にすることは、理論上は可能です。しかし、実現には複数の条件を満たす必要があります。

電気代を0円にするためには、発電量が消費量を常に上回っている必要があります。そのためには、十分な発電量を確保できるソーラーパネルの設置と、徹底した節電の両立が求められるのです。具体的には、以下のようなポイントが大切です。

  • 日照時間の長い地域で、適切な角度と方角でソーラーパネルを設置する
  • 高効率のソーラーパネルを選び、発電ロスを最小限に抑える
  • 家電製品の選択や使用方法を工夫し、電力消費を最小限に抑える
  • 発電量が消費量を上回る時間帯に電力を使用し、余剰電力を最大限活用する

これらの条件を完全に満たすことは容易ではありません。天候や季節による発電量の変動や、ライフスタイルの変化による電力消費量の増減など、さまざまな要因が影響するためです。

そのため、現実的には、太陽光発電で電気代を大幅に削減することを目指すのが賢明といえるでしょう。完全に0円にすることは難しくても、長期的に見れば、太陽光発電は電気代の節約に大きく貢献してくれます。

太陽光発電で電気代を0円に近づけるための方法

電気代 太陽光発電

電気代を極力減らすための方法は多岐にわたりますが、ここでは特に効果的なものを5つ紹介します。日々の意識改革から設備投資まで、幅広いアプローチが考えられます。以下のような方法を組み合わせることで、さらなる電気代の節約を可能にします。

  1. 家電製品の使い方を見直す
  2. 省エネ性能が高い家電製品に買い替える
  3. エコキュートなどの省エネ機器を導入する
  4. 契約している電力プランを変更する
  5. ソーラーパネルと蓄電池(ポータブル電源)を組み合わせる

各方法のやり方について1つずつ見ていきましょう。

方法1.家電製品の使い方を見直す

エネルギー消費の多い家電製品の使用を見直し、無駄な電力使用を削減することが大切です。特に使用頻度の高い家電製品の節電に注力しましょう。

【電力消費の多い主な家電製品】

  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 照明器具
  • 洗濯機
  • テレビ

具体的には、エアコンの設定温度を適切に調整したり、冷蔵庫の開閉を減らしたりするなどの方法が挙げられます。日々の使い方を工夫することで、消費電力を大きく抑えることができます。

エアコンの節電方法を徹底解説!省エネエアコンの魅力、製品の選び方

冷蔵庫の電気代は1ヶ月いくらが相場?電気代の計算方法や節約方法を解説

方法2.省エネ性能が高い家電製品に買い替える

省エネ性能が高い家電製品に買い替える方法も1つの手です。初期費用はかかりますが、長期的に見て大きな節電につながります。

例えば、冷蔵庫やエアコン、照明器具など、日常的に使用する主要な家電製品の見直しが効果的です。買い替えの際は、エネルギー消費効率の高い製品を選ぶと良いでしょう。

方法3.エコキュートなどの省エネ機器を導入する

給湯や暖房にエコキュートやIHクッキングヒーターなどの高効率機器を導入することも、電気代削減の対策として有効です。これらの機器は、太陽光発電と組み合わせることでさらに効果を発揮します。

例えば、エコキュートは深夜電力を利用して湯を沸かすため、太陽光発電で得た電力を昼間に使用し、夜間はエコキュートを活用するという使い方ができます。効率的なエネルギー利用を行いたい方は、省エネ機器の導入を検討してみてください。

方法4.契約している電力プランを変更する

使用状況に適した電力プランに変更すれば、無駄な電気代を削減できます。特に、太陽光発電との併用に適したプランを選択することが重要です。

電力会社によって、さまざまなプランが用意されています。例えば、夜間の電力使用量が多い家庭なら夜間割引のあるプランが、日中の使用量が多い場合は昼間の料金が安いプランがお得だといえます。

方法5.ソーラーパネルと蓄電池(ポータブル電源)を組み合わせる

ソーラーパネルで発電した電力を蓄電池に貯蔵し、必要なときに使用することで、電力の自給自足が図れます。電気代を0円に近づけるには、蓄電池やポータブル電源の導入が重要となります。

ポータブル電源であれば、各部屋に持ち運んで電力供給を行うことが可能です。災害時の非常用電源としても活用できるため、エネルギーの安定供給にも役立ちます。

ソーラーパネルとポータブル電源の組み合わせならEcoFlowがおすすめ

ソーラーパネルとポータブル電源の組み合わせを検討しているなら、EcoFlow製品を検討してみてはいかがでしょうか。EcoFlowでは、携帯性の高いソーラーパネルとポータブル電源のセット商品を販売しています。

家庭用蓄電池に比べてローコストで導入できるため、手軽に太陽光発電システムを構築したい方に向いています。また、EcoFlowのソーラーパネルは、コンパクトながらも高い発電効率を誇ります。

電気代の削減はもちろんのこと、アウトドアや災害時の非常用電源としても活躍してくれるでしょう。「手軽に太陽光発電を始めたい」「高効率で携帯性の高い製品を探している」という方は、以下のセット商品の導入を検討してみてください。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:数日間の停電、長期間のアウトドア活動
  • おすすめの利用人数:3〜5人
  • バッテリー容量:2,048Wh
  • 定格出力:2,000W

「EcoFlow DELTA 2」+「220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:短期間の停電、アウトドア活動
  • おすすめの利用人数:2〜4人
  • バッテリー容量:1,024Wh
  • 定格出力:1,500W

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品

  • 使用シーン:ちょっとしたアウトドア活動
  • おすすめの利用人数:1〜3人
  • バッテリー容量:768Wh
  • 定格出力:800W

まとめ

本記事では、太陽光発電による電気代の削減効果、電気代0円を目指すための具体的な方法について解説しました。

太陽光発電は、自家発電による電力購入量の削減、再エネ賦課金の負担軽減、余剰電力の売電収入など、さまざまな形で電気代の節約に貢献します。ただし、完全に電気代を0円にするのは現実的ではありません。

電気代を限りなく0円に近づけるためには、家電製品の使い方の見直しや省エネ機器の導入など、複数の方法を組み合わせることが重要です。特にソーラーパネルとポータブル電源を併用することで、電力の自給自足がより実現しやすくなるでしょう。

太陽光発電システムを手軽に取り入れたい方は、EcoFlowが提供するポータブル電源とソーラーパネルのセット商品をご検討ください。アウトドア活動や緊急時、普段使いなど、幅広いシーンで活躍します。

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow RIVER 2 Pro」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください