災害時に役立つ最強の防災グッズ18選|本当に必要なものを徹底解説

-

災害時に役立つ最強の防災グッズ18選|本当に必要なものを徹底解説

-

「災害時に役立つ最強の防災グッズを知りたい」という疑問を持っている方もいるでしょう。防災グッズと一言で言っても、その種類は多岐にわたります。最低限必要なものから、あると便利になるものまでさまざまです。

本記事では、必須・安心・便利の3つの項目に分けて、災害時に役立つ最強の防災グッズを全部で18点紹介します。防災グッズの準備で迷っている方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

【必須】最低限用意すべき最強の防災グッズ5選

image4

まずは、最低限用意すべき最強の防災グッズを5つ紹介します。これらのグッズは、災害発生時の生命維持と安全確保に不可欠です。

  1. 3日分の食料・飲料水
  2. 簡易トイレ
  3. LEDランタン
  4. 救急セット
  5. マスク

以下、各防災グッズの詳細を解説します。

3日分の食料・飲料水

災害発生後の最初の3日間は、救助が届くまでの重要な時間です。この期間を生き延びるためには、最低限3日分の食料と飲料水の確保が必要です。

特に飲料水の確保は重要で、災害時には水道が使えなくなる可能性があるため、事前の準備が不可欠となります。非常食は長期保存が可能なものを選び、飲料水は人数に応じた量を準備しましょう。

水の保存にはペットボトルや専用のタンクが便利です。また、食料も缶詰や乾パン、レトルト食品など、保存性の高いものを選ぶことがポイントです。

簡易トイレ

災害時には水道が使えなくなる可能性があるため、簡易トイレを準備するようにしましょう。簡易トイレは衛生状態の維持に役立ち、感染症の予防にもつながります。

簡易トイレには袋タイプや凝固剤を使ったものなど、さまざまな種類があります。使用後に密封できるタイプを選べば、臭いの問題を解決できるでしょう。種類によって使い方が異なるため、状況を想定して選ぶことをおすすめします。

LEDランタン

停電時における明かりの確保には、LEDランタンが非常に役立ちます。LEDランタンは電池式で長時間の使用ができるため、準備しておけば暗闇のなかでも安心して活動することが可能です。

製品を選ぶ際は、明るさ調節が可能なものや省エネタイプのものが望ましいです。また、複数のランタンを用意しておけば、部屋の隅々まで明るく照らすことができ、停電時の安全性が向上します。

救急セット

怪我の応急処置に役立つ救急セットも必須級の防災グッズです。地震などの災害時には、ガラスの破片や家具の転倒により怪我をしやすく、手当が必要になる場面が多々あります。そんなとき、以下のようなアイテムがあれば安全性が高まります。

  • 包帯
  • ピンセット
  • ガーゼ
  • 消毒薬
  • 絆創膏
  • 軟膏
  • 常備薬

災害時に怪我をした場合、迅速な応急処置が感染症のリスクを減らし、重症化を防ぐことにつながります。基本的な救急用品を含む救急セットを準備しておきましょう。

マスク

感染症の予防と粉塵からの保護のためにマスクも用意しましょう。災害時には空気中の埃や有害物質のリスクが高まるため、マスクで呼吸器を守ることが重要です。

マスクは携帯性を考慮し、使い捨てタイプや布製のものを選択しましょう。災害の影響で防災バッグが汚れてしまう可能性もあるため、1つひとつ袋に入っているタイプが推奨されます。

【安心】災害時に役立つ最強の防災グッズ10選

防災グッズ 最強

災害時の不安を軽減し、快適に過ごすためのグッズも用意する必要があります。本項では、災害時にあると安心する最強の防災グッズを10点紹介します。

  1. モバイルバッテリー
  2. 乾電池
  3. カセットコンロ
  4. ラジオ
  5. 貴重品
  6. 現金
  7. ごみ袋
  8. 使い捨てカイロ
  9. ウェットティッシュ
  10. 災害用ホイッスル

これらを準備しておけば、災害対応の幅が大きく広がります。各アイテムを詳しく解説していきます。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、災害時におけるスマートフォンの充電に欠かせません。スマートフォンは連絡手段の維持に不可欠なアイテムなので、複数のモバイルバッテリーを用意することが推奨されます。

災害用のモバイルバッテリーには、容量が大きく、複数回の充電が可能なタイプをおすすめします。とはいえ、避難する際の荷物の負担を軽減するため、携帯性も考慮して製品を選ぶようにしましょう。

モバイルバッテリーの使い方を徹底解説!正しい充電方法・充電時の注意点

乾電池

災害時にはラジオや懐中電灯、その他の電子機器を使用するために乾電池が必要になるケースがあります。そのため、予備の乾電池を複数個持つことが大切です。特に長期間の停電に備えて、さまざまなサイズの乾電池を準備することが望ましいです。

なお、災害用の備蓄として乾電池を用意する場合、定期的に交換することが求められます。長期保存が可能なアルカリ電池やリチウム電池を選べば、保存期間が比較的長くなります。

カセットコンロ

電気やガスの供給が止まる可能性のある災害時には、カセットコンロが役立ちます。カセットコンロがあれば、用意したカセットボンベを使用して簡単な料理を作ることができます。

【カセットコンロの使い方】

  • 食材を調理する
  • 非常食を加熱して温める
  • お湯を沸かす
  • 哺乳瓶の消毒に使う

安全に使用するためにも、安定した場所に置いて使うようにしましょう。また、適切な換気を行い、一酸化炭素中毒のリスクを軽減することも大切です。

ラジオ

災害時の情報収集には、乾電池式のラジオが非常に有効です。携帯電話網がダウンした状況でも、ラジオから避難指示や災害情報を得ることができます。

手回し充電式やソーラー充電式のラジオを選べば、乾電池が不足しても継続して使用することが可能です。スマートフォンと併用し、できる限りバッテリーを温存しながら情報収集を行うようにしましょう。

貴重品

防災グッズの1つとして、身分証明書や保険証などの貴重品も忘れてはなりません。これらの貴重品は迅速な身元確認や、災害時に必要な手続きを行う際に不可欠です。

これらを失うと再発行に時間がかかるケースもあるため、防水ケースなどに入れて準備することがポイントです。身分証明書などのほかに、キャッシュカードやクレジットカード、緊急連絡先リストも準備しておくと良いでしょう。災害時の混乱のなかでも、自身と家族の安全確保に役立ちます。

現金

災害時には、ATMやカード決済が利用できなくなる可能性があります。そのため、十分な現金の準備が必要です。

さまざまな場面で使用できるよう、小銭も含めて用意しておきましょう。紙幣だけでなく硬貨も準備しておくと、自動販売機や公衆電話などの利用で役立ちます。

ごみ袋

ごみ袋は多用途で活躍する防災グッズです。生活ごみの管理に不可欠であるほか、非常用トイレとしても使用できます。衛生状態の維持にも役立ち、環境衛生を保つ上で重要です。

また、大きめのごみ袋は不要になった衣類や布団を入れる際にも役立ちます。ごみ袋はコンパクトでかさばりにくい点も特長です。

使い捨てカイロ

冬季や寒冷地での災害時には、使い捨てカイロが体温維持に重宝します。軽量で持ち運びやすく、寒い夜に手や足を温めるのに適しています。

使い捨てカイロは直接肌に当てることで局所的に温めることができ、凍傷などの防止にも役立ちます。携帯性が高く、荷物の負担になりづらいため、非常用バッグに複数個入れておくことをおすすめします。

ウェットティッシュ

災害時に水やお湯が使えない状況で、ウェットティッシュは手や顔の清潔を保つために必要なアイテムです。簡易的な清掃用具としても利用できます。

アルコール配合のものを選べば消毒効果があり、感染症の予防などにも役立ちます。長期間の保存を考慮し、フタ付きのパッケージを選択するようにしましょう。

災害用ホイッスル

災害用ホイッスルは、避難時や救助を求める際に重要となるアイテムです。小型で携帯しやすく、周囲に自分の存在を知らせる際に役立ちます。

音が遠くまで届くため、救助隊や周囲の人々に自分の位置を知らせることが可能です。夜間や視界が悪い状況でも、音によって位置を特定しやすくなります。

【便利】可能であれば用意すべき最強の防災グッズ3選

image5

災害時の快適性を高めるため、特に備えておくと良い防災グッズを3つ紹介します。以下のアイテムは災害対応の利便性を大きく向上させ、厳しい状況でも一定の生活水準を保つことが可能となります。

  1. ポータブル電源
  2. ソーラーパネル
  3. ポータブルエアコン

それぞれの防災グッズについて順番に見ていきましょう。

ポータブル電源

停電により電力会社から電力供給が絶たれたとしても、ポータブル電源があれば電気機器を自由に使用できます。以下のような家電製品を使用し、一定の生活水準を維持できるようになります。

  • スマートフォンの充電器
  • 照明器具
  • 冷暖房器具
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ

大容量で高出力なモデルを選べば、長時間の使用が可能で、より多くの電気機器を利用できます。また、複数の充電ポートを持つ製品なら同時に複数の機器を使用できるようになるため、利便性の向上により一層寄与します。

パワフルで大容量!ポータブル電源「EcoFlow DELTA」シリーズはこちら

ソーラーパネル

ソーラーパネルとポータブル電源を併用すれば、継続的な電力供給を可能にします。停電期間が長期化した場合でも、ソーラーパネルで発電した電力をポータブル電源に蓄電し、夜間や雨天問わず電気機器を使用できるようになります。

特に晴れた日には電力源として大きな助けとなり、持続可能な電力供給が実現します。折り畳み式のモデルやコンパクトで持ち運びやすいソーラーパネルを選べば、場所を取らずに簡単に設置することが可能です。

携帯性抜群!設置が簡単な「EcoFlow ソーラーパネルシリーズ」はこちら

ポータブルエアコン

夏季の災害時には、暑さ対策としてポータブルエアコンが快適性を向上させます。小型で移動が容易なモデルを選ぶことで、自宅内だけでなく車内や屋外でも使用することが可能です。

また、暖房機能付きのポータブルエアコンを選べば、冬期の寒さ対策としても機能します。バッテリー駆動タイプもあり、電源がない場所でも使用できる点が大きなメリットです。

冷暖房機能付きのポータブルエアコン「EcoFlow WAVE 2」はこちら

太陽光発電システムの構築ならEcoFlow製品がおすすめ

防災グッズ 最強

災害による停電に備えて太陽光発電システムを自宅に構築することは、家電製品を使用して一定の生活水準を維持する上で非常に重要です。効果的な停電対策を考えている方は、ソーラーパネルと蓄電池(ポータブル電源)を使った太陽光発電システムの構築をご検討ください。

EcoFlowの製品で構築する場合、低コストかつ効率的に太陽光発電システムを導入できるため、一般的な製品に比べて手軽に検討できます。災害時でも安定した電力供給が可能となり、日常生活における安心感が大幅に向上します。

また、EcoFlowの太陽光発電システムは携帯性にも優れているため、車内や避難所でも太陽光発電を行い、電気機器を自由に使用することが可能です。これにより災害時だけでなく、キャンプや車中泊などのアウトドアでも活躍します。

「低コストで太陽光発電システムを構築したい」「災害時だけでなくアウトドアでの利用も考えている」という方は、EcoFlowの太陽光発電システムの導入をご検討ください。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら
携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

まとめ

本記事では、必須・安心・便利の3つの項目に分けて、災害時に役立つ最強の防災グッズを全部で18点紹介しました。

防災グッズと一言で言っても、その重要度はアイテムによってそれぞれ異なります。最低限用意すべき必須級のアイテムとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 3日分の食料・飲料水
  • 簡易トイレ
  • LEDランタン
  • 救急セット
  • マスク

そのほか、ポータブル電源やソーラーパネル、ポータブルエアコンなどがあれば、災害時でも一定の生活水準を保つことが可能です。より効果的な災害対策を考えている方は、太陽光発電システムの構築をご検討ください。

EcoFlowでは、災害時に役立つ以下のようなセット商品を販売しております。ぜひ一度、製品の情報を確認してみてください。

大容量バッテリー「EcoFlow DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら
携帯性抜群の「EcoFlow RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください