BCP対策とは?必要とされる理由、策定までの具体的な手順を解説

-

BCP対策とは?必要とされる理由、策定までの具体的な手順を解説

-

「BCP対策とは何のこと?」「BCP対策の重要性や策定方法を知りたい」という方もいるのではないでしょうか。BCP対策とは、企業や組織における事業継続計画の策定とその実施のことを指します。

予期せぬ事態やトラブルの被害を最小限に抑え、事業の中断期間を短縮するためにBCP対策が必要とされています。策定する際は、社外との連携や災害発生時の復旧までの流れを意識することが大切です。

本記事では、BCP対策が必要とされる理由、策定までの手順、策定時の重要ポイントを解説します。BCP対策の策定方法を詳しく知りたい方は、本記事を最後までご覧ください。

BCP対策とは?

bcp 対策

BCP対策とは、企業や組織における事業継続計画の策定とその実施のことを指します。これは、災害や事故、不祥事などが発生した際に事業活動を継続するため、または迅速に回復させるための計画です。

企業が直面するリスクには、自然災害や技術的障害、パンデミックなど、予測不可能な要因が含まれます。BCPはこれらのリスクに対処し、事業の安定性を維持するための重要な手段となります。

【BCP対策の具体例】

  • 緊急時の指揮命令系統の整備
  • バックアップシステムの確保
  • 災害時のコミュニケーション方法の確保
  • 迅速な安否確認のフロー策定
  • リソースの確保や復旧計画

BCP対策の策定にはリスク評価と影響分析が含まれます。BCPは一度作成するだけでなく、定期的に見直しを行い、現状に合わせて更新することが求められます。

BCP対策が必要とされている理由

BCP対策が必要とされている主な理由は、予期せぬ事態やトラブルの被害を最小限に抑え、事業の中断期間を短縮するためです。自然災害や事故、パンデミックなどの事態は予測不可能であり、企業にとって重大な影響を及ぼす可能性があります。

BCP対策を実施することで、こうした事態が生じた際のダメージを最小限に抑え、事業を継続させることが可能になります。また、BCP対策によって予め計画された対応策を迅速に実行すれば、顧客の信頼を失うリスクを減らし、事業の持続可能性を高めることも可能です。

なお、BCP対策が注目された背景には、2001年9月に発生した米国の同時多発テロがあります。多くの企業がBCP対策を備えていたことで、業務の中断を最小限に抑えることができ、その効果が世界中で話題となりました。

BCMと防災対策の関連性

bcp 対策

ビジネスにおいてBCM(事業継続マネジメント)と防災対策は、企業のリスク管理において密接に関連しています。両者は組織の危機対応能力を高め、事業継続性を保障する上で重要な役割を果たします。

BCM(事業継続マネジメント)

BCM(事業継続マネジメント)は、企業が事業活動を中断させることなく継続するための戦略的なアプローチです。具体的には、「計画・実行・確認・改善」の4つのプロセスを繰り返し、企業や組織の継続・成長を促すことを指します。

BCMとBCPは密接に関連しており、BCPはこのプロセスの「計画」に該当します。BCMは単なる危機管理ではなく、組織全体の再起力を構築するための重要な要素にもなります。

防災対策

防災対策は、自然災害や緊急事態における被害を最小限に抑えるための事前準備です。これには、従業員の安全教育、緊急避難計画の策定、非常用資材の準備が含まれます。BCPと連携し、企業や従業員の安全確保と同時に事業の損失を防ぐための重要な要素です。

防災対策の実施には、リスク評価と環境分析が不可欠です。企業は地域の気象条件、地理的特徴、過去の災害履歴を考慮に入れ、適切な対策を策定する必要があります。

また、従業員への継続的な訓練と教育を実施し、実際の災害発生時に備えることも重要です。防災対策は外部のステークホルダーとの連携を強化し、地域社会やほかの企業と協力してリスク管理の体制を強化することも含みます。

防災対策の重要性とは?事前にやっておくべき防災対策を徹底解説

BCP対策を策定する3つのメリット

bcp 対策

BCP対策を策定することで、企業や組織にとって複数のメリットがあります。本項では、BCP対策の策定で得られるメリットを3つ紹介します。

  1. リスクマネジメントを図れる
  2. 強固な経営基盤を作れる
  3. 企業の信頼性を高められる

BCP対策を通じて、企業は潜在的な危機に備えると同時に、その対応能力を向上させることができます。以下、その詳細を1つずつ見ていきましょう。

メリット1.リスクマネジメントを図れる

BCP対策を策定することで、企業が直面するリスクを事前に特定し、管理することが可能になります。このリスクには、自然災害や市場の変動、技術的な障害など、さまざまな要因が含まれます。

リスクの特定により、具体的な対応策を事前に計画することができ、予期せぬ事態に対して迅速かつ効果的に対処できるようになります。例えば、新型コロナウイルス感染症が流行した際でも、BCP対策を整えておけば事業の中断を最小限に抑え、継続的にサービスを運営することが可能です。

メリット2.強固な経営基盤を作れる

2つ目のメリットとして、組織の経営基盤をより強固にできる点が挙げられます。BCP対策には事業継続のための代替プロセスやリソースの確保計画などが含まれ、これにより、さまざまな事態に対応できる柔軟性が生まれます。

事業継続性が保たれることで、長期的な安定性と成長を促進する効果が見込めます。また、新規事業の展開や市場での競争力強化につながるほか、従業員に対しても安心感を提供し、組織全体の士気を高める効果にも期待できるのです。

メリット3.企業の信頼性を高められる

効果的なBCP対策は、顧客や取引先からの信頼性を高める要因となります。なぜなら、事業の継続性と危機管理能力は、企業が安定していることの証と捉えられるからです。

特に災害や緊急事態が頻繁に発生する地域では、このようなBCP対策が重要視されます。危機管理能力の高さをアピールすることで、事業の信頼性とブランド価値を向上させ、結果として顧客や取引先に安心感を与えられます。

BCP対策を策定する手順|具体的な4つのステップ

bcp 対策

BCP対策を策定する際には、計画的かつ体系的なアプローチが求められます。このプロセスには、組織の特性やリスクプロファイルを考慮した複数のステップが含まれます。以下、BCP対策を策定する際の具体的なステップを解説します。

  1. 策定する目的を明確にする
  2. 重要業務と具体的なリスクを洗い出す
  3. リスクに優先順位をつける
  4. リスクの対策内容を決める

各手順について詳しく見ていきましょう。

手順1.策定する目的を明確にする

BCP対策の目的を明確に定義し、それに基づいて計画の方向性を設定することが重要です。目的を定義する際は、企業や組織の経営理念や基本方針を振り返りましょう。

目的を明確にすることで、すべての関係者が一貫した理解と目標を共有できます。例えば、事業の中断を最小限に抑えることや、災害発生後の迅速な事業再開を目指すなど、具体的な目標を設定することが大切です。この目標は、計画の進行において重要な指針となります。

手順2.重要業務と具体的なリスクを洗い出す

次に、組織にとって重要な業務と、それらに影響を与える具体的なリスクを特定しましょう。これにより、重点的に保護すべき領域と対策を明確にします。

災害時、事業継続にあたって優先すべき事業を「中核事業」と言います。この中核事業の具体例には、以下のようなものが挙げられます。

  • 売上や成果が上がっている事業
  • 遅延により損害が大きくなる事業
  • 市場評価やほか企業への信頼を維持するための事業

リスクの特定には、自然災害や市場の変動、技術的な障害などを考慮します。重要業務にどのような影響を及ぼすのかを理解し、従業員や顧客、サプライチェーンなど、組織のさまざまな側面を考慮に入れることが重要です。

手順3.リスクに優先順位をつける

特定されたリスクに優先順位をつけ、どのリスクに最初に対処するかを決定します。資源の配分や対策の効率化に優先順位をつけることは不可欠です。このプロセスにより、リソースが限られている状況下でも、最も重要なリスクから対処できるようになります。

このステップで重要となるポイントは、リスクの発生頻度と深刻度です。リスクの発生頻度と影響の大きさを考慮し、総合的に判断して優先順位を決定します。

例えば、頻繁に発生するが小さいリスクと、まれにしか発生しないものの影響が大きいリスクがある場合、事業継続性を考慮すると後者を優先すべきと言えます。この過程では、関係者の意見を集め、多面的な視点から評価を行うことが大切です。

手順4.リスクの対策内容を決める

各リスクに対する対策内容を決定し、具体的なアクションプランを策定します。リスクを軽減し、事業の継続や迅速な回復を図るための対策を詳細に計画することが求められます。この際、以下5つの視点を考慮して対策内容を考えることが重要です。

  • 人的リソース
  • 施設・設備
  • 資金調達
  • 体制・指示系統
  • 情報

このステップでは、予防措置と緊急対応策の両方を考慮します。具体的には、データバックアップの計画、緊急連絡網の構築、避難訓練の実施などが含まれます。また、対策の実施には、定期的な訓練と評価が必要です。

BCP対策を策定する際の意識すべきポイント

bcp 対策

BCP対策を効果的にするための重要ポイントが存在します。各ポイントを踏まえて策定すれば、企業や組織にとってより大きなメリットが生まれるでしょう。以下、BCP策定において特に注意すべき3つのポイントを解説します。

ポイント1.社外との連携を意識する

供給チェーンや関連企業との連携を考慮し、BCP対策を策定することが重要です。事業の中断は単一の企業だけでなく、関連する外部組織にも影響を及ぼす可能性があります。そのため、関連する外部組織との協力が重要なポイントとなります。

パートナーや関連企業との緊密なコミュニケーションを確立することにより、リスクの共有と対応策の調整が可能になります。例えば、サプライヤーが災害により操業を停止した場合に備えて、代替の供給源や緊急時の連携プロセスを事前に準備しておくことが重要です。

ポイント2.事業に沿った対策内容を策定する

各企業の事業内容や特性に応じたBCP対策を策定することも大切です。一般的なガイドラインに加え、企業固有の要因を考慮した計画が対策の効果を高めます。

事業特性に基づいてリスクを評価し、それに対応する具体的な計画を立てることが求められます。例えば、データセンターの物理的なセキュリティ強化や、生産ラインの代替場所の確保など、事業の性質に合わせた対策が必要です。

また、従業員の安全確保や情報セキュリティも事業に応じた対策の一環です。従業員や現場の意見を聞き、リスクになりそうなことをまとめておくと良いでしょう。

ポイント3.災害発生時の復旧までの流れを意識する

3つ目のポイントは、災害発生時の復旧までの流れを意識することです。災害発生時の具体的な行動指針と復旧のステップを計画に盛り込むことで、迅速かつ効果的な対応が可能になります。

このプロセスには、初期の緊急対応、重要業務の再開、通常運営への移行という3つの段階が含まれます。各段階で必要なアクション、責任者、必要なリソースを明確に定義することにより、災害発生時の混乱を最小限に抑え、効率的に復旧作業を進めることができます。

まとめ

本記事では、BCP対策が必要とされる理由、策定までの手順、策定時の重要ポイントを解説しました。

事業を長期継続する上では、BCP対策の策定は不可欠です。策定することで、リスクマネジメントを図れる、強固な経営基盤を作れるなど、複数のメリットが見込めます。

企業や組織のBCP対策の一環として、非常用電源を確保することも大切です。特にIT企業において、災害時に事業を継続するためには非常用電源の利用が求められます。

2024年1月発売の「EcoFlow DELTA Pro Ultra」は、かつてない大容量とパワフルな入出力を誇ります。単体では最大6kW、30kWhで多人数の電気利用を確保し、災害時すぐの復旧サポートが可能です。

また、0ms瞬時切替えにより、データやデバイスの破損軽減にもつながります。「非常用電源の導入を考えている」という方は、「EcoFlow DELTA Pro Ultra」の購入をご検討ください。

かつてないほど大容量!「EcoFlow DELTA Pro Ultra」の詳細はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください