【世帯数別】一般家庭の電気代平均はいくら?電気代が高くなる原因と対処法を紹介

「一般家庭の電気代の平均はどれくらい?」「効果的に電気代を節約する方法とは?」と気になる方もいるでしょう。電気代は世帯人数や生活スタイルによって大きく変動するため、一概に平均を示すことは難しいですが、目安となる数値はあります。

電気代が高い主な原因としては、電気料金の値上げや家電製品の使い方などが挙げられます。家庭の状況を見直し、無駄な電力消費を削減することが電気代削減の第一歩です。

本記事では、世帯人数別の電気代平均や電気代が高くなる原因、効果的な節電方法について解説します。電気代の平均値を知り、その上で効果的な節電対策を進めましょう。

【世帯数別】一般家庭の電気代平均

電気代平均

一般家庭の電気代平均を世帯数別に解説します。毎月支払っている電気代が、平均より上なのか下なのかをご確認ください。

世帯人数月間の平均電気代※
1人7,150円
2人12,044円
3人13,762円
4人14,092円
5人16,305円
6人以上19,972円
※ 2024年1〜3月期の平均電気代

引用:家計調査 / 世帯人員・世帯主の年齢階級別|e-stat

これらの電気代はあくまで平均値なので、使用状況によって実際の電気代はそれぞれ異なります。以下、1〜5人世帯の電気代を見ていきましょう。

1人暮らしの電気代平均

2024年の1月〜3月にかけての1人暮らしの電気代の平均額は月間で7,150円、年間で見ると85,800円となります。1日あたりの電気代は約238円という計算になります。

期間1人暮らしの平均電気代※
1日238円
1ヶ月7,150円
1年85,800円
※ 1ヶ月の電気代からそれぞれの期間を算出

参考:家計調査 / 世帯人員・世帯主の年齢階級別|e-stat

2人暮らしの電気代平均

2024年の1月〜3月にかけての2人暮らしの電気代の平均額は月間で12,044円、年間で見ると144,528円となります。ほかの世帯数と比べると1人暮らしよりは高いものの、比較的電気代が安いという特徴があります。

期間2人暮らしの平均電気代※
1日401円
1ヶ月12,044円
1年144,528円
※ 1ヶ月の電気代からそれぞれの期間を算出

参考:家計調査 / 世帯人員・世帯主の年齢階級別|e-stat

3人暮らしの電気代平均

2024年の1月〜3月にかけての3人暮らしの電気代の平均額は月間で13,762円、年間では165,144円となります。1人暮らしと2人暮らしの電気代の金額差に比べると、そこまで大きな上昇幅はありません。

期間3人暮らしの平均電気代※
1日459円
1ヶ月13,762円
1年165,144円
※ 1ヶ月の電気代からそれぞれの期間を算出

参考:家計調査 / 世帯人員・世帯主の年齢階級別|e-stat

4人暮らしの電気代平均

2024年の1月〜3月にかけての4人暮らしの電気代の平均額は月間で14,092円、年間で見ると169,104円となります。3人暮らしの電気代と比べてほとんど差はありません。

期間4人暮らしの平均電気代※
1日470円
1ヶ月14,092円
1年169,104円
※ 1ヶ月の電気代からそれぞれの期間を算出

参考:家計調査 / 世帯人員・世帯主の年齢階級別|e-stat

5人暮らしの電気代平均

2024年の1月〜3月にかけての5人暮らしの電気代の平均額は月間で16,305円、年間で見ると195,660円です。1日あたりの電気代は約543円と、ほかの世帯数に比べて一気に高くなります。

期間5人暮らしの平均電気代※
1日543円
1ヶ月16,305円
1年195,660円
※ 1ヶ月の電気代からそれぞれの期間を算出

参考:家計調査 / 世帯人員・世帯主の年齢階級別|e-stat

一般家庭の電気代の内訳

電気代平均

一般家庭の電気代は、基本料金と電力量料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金から構成されています。それぞれの内訳について、詳しく解説していきます。

電気料金の明細書を確認する方法!明細書の内訳や計算方法、節約のコツを解説

基本料金

基本料金は、電気を使用するための基本的な固定費用を指します。この料金は、契約している「アンペア数」と「最低料金制」によって決まります。

電気を一切使用しなくても発生する料金であるため、自宅の使用環境に合わせて契約アンペア数を選択することが大切です。基本料金は電力会社によって異なりますが、30A契約の場合、月額1,000円程度が相場となっています。

電力量料金

電力量料金は、使用した電力量に応じて課金されるものです。電力量は、キロワット時(kWh)という単位で表されます。

この電力量料金は「従量制料金」と呼ばれることもあり、実際の金額は電力会社やプランによって異なります。電気代を節約したい場合は、電力量料金を抑えることが重要です。

燃料費調整額

燃料費調整額は、燃料価格の変動に応じて加算または減算される料金です。主な火力燃料としては、石油やLNG(液化天然ガス)、石炭などが含まれます。

燃料価格の上昇時には、電気代が高くなる傾向にあります。反対に燃料価格が下落すれば、電気代も減算されるのが一般的です。

燃料費調整額は電力会社によって算出方法が異なるため、同じ使用量でも電力会社によって金額が異なることがあります。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、再生可能エネルギーの普及を目的とした賦課金です。2012年に始まった固定価格買取制度(FIT)の財源として、電気利用者から広く集められています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、使用電力量に応じて課金され、電気代に上乗せされます。賦課金単価は年々上昇傾向にあり、2023年度は1kWhあたり1.40円でしたが、2024年度からは1kWhあたり3.49円となりました。

一般家庭の電気代が高くなる原因

電気代平均

一般家庭の電気代は年々上昇傾向にあります。電気代が高騰する原因はさまざまですが、ここでは主な要因として以下の5つを紹介します。

  1. 電気の市場価値が高騰している
  2. 家電製品の使い方が適切ではない
  3. 省エネ性能が低い家電製品を使っている
  4. 日中に電気を多く使用している
  5. 電力会社やプランが合っていない

それぞれの原因について詳しく解説していきます。

原因1.電気の市場価値が高騰している

電気代が高くなる大きな要因の1つは、電気の市場価値の高騰です。近年、燃料価格の上昇や電力需要の増加により、電気の市場価値が上がっています。これにより、電力会社の調達コストが上昇し、その分が電気代に反映されているのです。

特に、化石燃料の価格変動が電気代に大きく影響しています。原油価格の高騰は火力発電の燃料費を押し上げ、その結果、電気料金の値上げにつながっています。

原因2.家電製品の使い方が適切ではない

電気代が過度に高い場合、家電製品の使い方が適切でない可能性があります。特にエアコンや冷蔵庫など、大型家電の使い方が適切でないと、電気代が高くなる傾向にあります。

【特に注意が必要な家電製品】

  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 照明器具
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器

例えば、エアコンの設定温度を低くしすぎたり長時間運転したりすると、電力消費量が増え、結果として電気代の上昇につながってしまいます。この場合、家電製品の正しい使い方を心がけることで、電気代を削減することが可能です。

原因3.省エネ性能が低い家電製品を使っている

家電製品の省エネ性能も電気代に大きな影響を与えます。古い家電製品は最新の製品に比べて省エネ性能が低く、電気を多く消費する傾向があるのです。

10年以上前の冷蔵庫や洗濯機は、現在の製品と比べると電力消費量が2倍以上になることもあります。家電製品は長く使えば使うほど、電気代がかさむことになるでしょう。

原因4.日中に電気を多く使用している

電力需要が高い日中に電気を多く使用している場合は注意が必要です。近年、テレワークの導入により自宅で過ごす時間が以前よりも増えました。

この影響で、日中に電気を多く使用する家庭が増え、結果として電気代の高騰につながっているケースがあります。できるだけ日中の電気使用を控え、夜間や休日など、電力需要が低い時間帯に電気を使うことで、電気代の節約効果が得られます。

原因5.電力会社やプランが合っていない

電力自由化により、家庭や企業が電力会社を自由に選べるようになりました。しかし、電力会社やプランによって電気料金の単価が異なるため、適切な会社を選択しないと電気代が高くなってしまいます。

例えば、ファミリー世帯を想定した電力プランを契約している場合、通常よりも基本料金が高くついてしまいます。自身の生活スタイルに合った電力会社やプランを選ぶことが大切です。

一般家庭の電気代を抑える7つの方法

電気代平均

電気代を抑えるためには、日々の生活習慣を見直すことが重要です。ここでは、電気代削減に効果的な7つの方法を紹介します。

  1. 家電製品の使い方を見直す
  2. 省エネ性能が高い家電製品に買い替える
  3. 日中の電気使用を控える
  4. 待機電力を減らす
  5. 電気料金プランを見直す
  6. 電力会社を変更する
  7. 太陽光発電システムを構築する

以下、各方法の詳細について見ていきましょう。

方法1.家電製品の使い方を見直す

家電製品の使い方を見直すことで、電気代を大幅に削減できます。特にエアコンは設定温度を適切に調整し、こまめに電源を切ることが大切です。

具体的には、冷房時は28度、暖房時は20度を目安に設定したり、外出時や就寝時はタイマー機能を活用したりなどが効果的です。また、冷蔵庫の詰め込みすぎを防止し、扉の開け閉めをできるだけ減らすことにも注力しましょう。

エアコンの節電方法を徹底解説!省エネエアコンの魅力、製品の選び方

冷蔵庫の電気代は1ヶ月いくらが相場?電気代の計算方法や節約方法を解説

方法2.省エネ性能が高い家電製品に買い替える

古い家電製品を省エネ性能の高い製品に買い替えることも、電気代の削減に効果的です。エアコンや冷蔵庫、照明器具などは省エネ性能の向上が著しいため、買い替えによる節約効果が大きいといえるでしょう。

製品購入時には、省エネラベルを十分に確認し、電力消費効率の高い製品を選ぶことが重要です。ある程度の初期費用はかかりますが、長期的な視点で見れば電気代の削減効果に期待できます。

方法3.日中の電気使用を控える

電力需要が高い日中は、電気の使用を控えめにすることで電気代の削減につながります。ピーク時間帯の電気使用をできるだけ控え、割安な時間帯に家事を行うようにしましょう。

具体的には、洗濯機や食器洗い乾燥機など、電力消費の大きい家電製品の使用は夜間や休日など、電力需要が低い時間帯に行うことをおすすめします。ピークシフトの意識が特に重要となります。

方法4.待機電力を減らす

家電製品の待機電力は、知らないうちに電気代を押し上げている可能性があります。使用していない家電製品のプラグを抜くことで、待機電力を減らすことができます。

【待機電力で注意すべき家電製品】

  • テレビ
  • パソコン
  • 充電器
  • 温水器
  • 電話機

これらの家電製品は、電源を切っていても少しずつ電力を消費しています。待機電力が積み重なると無視できない電気代となるため、日頃からコンセントを抜くなどの対策を講じましょう。

コンセントを抜くのが手間だと感じる方には、節電タップの活用がおすすめです。スイッチ付きのコンセントタップであれば、使用していない家電製品の電源を一括で切ることができ、手間なく待機電力を削減できます。

方法5.電気料金プランを見直す

電気代を抑えるには、自身の生活スタイルに合った電気料金プランに変更することも重要です。多くの電力会社では、時間帯別料金プランや割引サービスを提供しています。

時間帯別料金プランは、電力需要が低い夜間や早朝の電気料金を割安に設定しているため、ライフスタイルに合わせて電気を使用することで、電気代の削減が可能です。

また、オール電化住宅向けのプランやガスとのセット割引など、さまざまな割引サービスがあります。割引サービスを含め、電気料金プランの見直しを図ることをおすすめします。

方法6.電力会社を変更する

電力自由化により、電力会社の選択肢が増えています。各社の料金プランを比較し、自宅の使用状況に合った会社を選ぶことで、電気代の節約につなげられるでしょう。

電力会社によって、電気料金の単価や割引サービスが異なります。電力会社を選ぶ際は、料金以外にもアフターサポートも確認するようにしましょう。

方法7.太陽光発電システムを構築する

毎月の電気代を削減したいなら、太陽光発電システムの構築も選択肢に入ります。初期投資は必要ですが、電力会社から購入する電力量を減らせるため、長期的に電気代の大幅な削減が見込めます。

太陽光発電は昼間の日光を利用して電気を生み出すため、日中の電力需要を自家発電でまかなえるほか、余剰電力を売電すれば収入を得ることも可能です。初期投資の負担を軽減したい場合は、国や自治体の補助金制度を活用しましょう。

【2024年】太陽光発電の補助金制度を徹底解説!制度の種類・金額・条件

太陽光発電システムの導入ならEcoFlow製品がおすすめ

太陽光発電システムの導入を検討する際は、EcoFlow製のポータブル電源とソーラーパネルのセット商品がおすすめです。コンパクトで持ち運びに便利な上、ポータブル電源との組み合わせで電気代の削減に期待できます。

EcoFlowのソーラーパネルは、単結晶シリコンセルを採用しており、高い発電効率を実現しています。高い変換効率により日照条件を最大限活用し、電力を効率的に集めることが可能です。

また、耐久性の高い素材を使用しているため、急な天候の変化や過酷な環境下でも安心です。豊富なポータブル電源とソーラーパネルのラインナップから、用途に合った組み合わせを選択できる点もポイントの1つ。

「ローコストで太陽光発電を始めたい」「持ち運び可能な発電システムがほしい」という方は、ぜひEcoFlowのポータブル電源とソーラーパネルのセット商品をご検討ください。

「EcoFlow DELTA Pro 3」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

まとめ

本記事では、世帯人数別の電気代平均や電気代が高くなる原因、効果的な節電方法について解説しました。

電気代は、世帯人数が多いほど高くなる傾向があります。また、電気料金の値上げや再エネ賦課金の増加、家電製品の不適切な使い方など、さまざまな要因が電気代を押し上げています。

電気代を抑えるためには、日々の生活のなかで工夫することが大切です。長期的に電気代の削減を図りたい場合は、太陽光発電システムの導入も選択肢の1つとなるでしょう。

携帯性が高い太陽光発電システムをお探しの方は、EcoFlowが販売するソーラーパネルとポータブル電源のセット商品をご検討ください。アウトドアや緊急時など、幅広い場面で電力の供給を行えます。

「EcoFlow DELTA Pro 3」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2 Max」+「EcoFlow 400Wソーラーパネル」のセット商品はこちら

「EcoFlow DELTA 2」+「EcoFlow 220W両面受光型ソーラーパネル」のセット商品はこちら

なお、ポータブル電源単体で導入したい場合は、「EcoFlow DELTA Pro 3」の利用がおすすめです。高い機能性を有しているため、緊急時の非常用電源としても機能します。

大容量・高出力のポータブル電源「EcoFlow DELTA Pro 3」はこちら

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください