q 家庭でできる6つの停電対策!ポータブル電源を用いた対策も併せて解説 - EcoFlow(エコフロー)公式ブログ

家庭でできる6つの停電対策!ポータブル電源を用いた対策も併せて解説

-

家庭でできる6つの停電対策!ポータブル電源を用いた対策も併せて解説

-

「停電対策は本当に必要?具体的な停電対策を知りたい」という疑問や悩みがある方もいるでしょう。結論、災害が起こりやすい日本では、停電対策を積極的に行うべきと言えます。

具体的な対策としては、防災グッズを備蓄する、蓄光テープを自宅内に貼る、水のペットボトルを確保するなどが挙げられます。これらの対策を万全にし、その上で然るべき行動を取るようにしましょう。

本記事では、家庭でできる停電対策、停電時に取るべき行動、効果的な停電対策について解説します。停電対策が済んでいない方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

停電対策は本当に必要?

日本は地震や台風といった自然災害が多く発生する国なので、停電対策を積極的に行うべきと言えます。これらの災害が原因で、予期せず停電が発生することも考えられます。停電によって電気機器が使用できなくなると、主に以下のようなリスクが生じます。

  • 冷蔵庫のなかの食品が腐り、食料の確保が難しくなる
  • 暖房や冷房が使えず、極端な気温下で生活を送ることとなる
  • 通信手段が途絶し、外部との情報共有が難しくなる
  • 医療機器や生活支援機器の動作が停止し、健康や生命に直接的な影響が生じる
  • 明かりが一切なくなり、夜間の活動や緊急時の避難が困難になる

これらのリスクを考慮すると、停電が生じた際にも日常生活を安全かつ快適に送るために、しっかりとした対策が必要であることがわかります。対策を万全にしておけば、停電が突然起きても落ち着いて対応することができるでしょう。

特に、小さな子どもがいる家庭やペットを飼っている家庭の場合、停電対策はさらに重要なものになります。少しの環境変化で体調を崩す恐れもあるため、状況に該当する方は、次項で解説する停電対策を必ず押さえておきましょう。

家庭でできる6つの停電対策

停電が予期せずに発生することを考えると、事前の対策が非常に重要です。本項では、家庭でできる具体的な停電対策を6つ紹介します。

  1. 防災グッズを備蓄する
  2. 蓄光テープを自宅内に貼る
  3. 水のペットボトルを確保する
  4. 水のペットボトルを凍らせる
  5. 冷暖房器具を用意する
  6. 自家発電機や蓄電池を用意する

以下、各対策を1つずつ解説していきます。

対策1.防災グッズを備蓄する

1つ目の対策は、防災グッズを備蓄することです。停電は突然起こる可能性があるため、数日間を生き抜くための防災グッズの用意が求められます。

特に大きな災害が発生した場合、ライフラインの復旧までに数日から数週間かかることも考えられます。そのような事態に備えて、以下のようなグッズを用意すべきです。

  • ラジオ
  • 懐中電灯
  • モバイルバッテリー
  • 非常食
  • 飲料水

防災グッズには携帯用・避難用・備蓄用の3種類があり、それぞれ用意すべきものや量が異なります。防災グッズの詳細については、以下の記事をご確認ください。

→本当に必要な防災グッズリスト!携帯用・避難用・備蓄用に分けて解説(未公開)

対策2.蓄光テープを自宅内に貼る

自宅内が停電によって真っ暗になると、移動中に転倒する危険性が伴います。そんな状況では、暗い場所を明るく照らしてくれる蓄光テープが活躍します。

そもそも蓄光テープとは、昼間に自然光や蛍光灯などを吸収し、暗くなると光を放出する特殊なテープのことです。例えば、階段や廊下、ドアの取っ手など、日常的に使用する場所にテープを貼っておくことで、移動の際の安全を確保できます。

対策3.水のペットボトルを確保する

飲料水の確保が困難になることを見越して、水のペットボトルを用意しておきましょう。停電の際には、電気が使えなくなるだけでなく、断水のリスクも考えられます。

また、普段よりも飲料水が手に入りにくく、飲料水の不足が起こる可能性があるため、予め2Lのペットボトルに水を入れて備蓄しておくことでその水が活躍します。

また、飲料水としての使用のほか、手を洗うときやトイレの水流し、シャワーの代用など、さまざまな用途で使うことが可能です。備蓄する際のポイントとして、防災グッズの飲料水とは別に、数本を常に確保しておくと良いでしょう。

対策4.水のペットボトルを凍らせる

水を入れたペットボトルを冷凍庫で凍らせておくと、停電時の保冷剤として非常に役立ちます。凍らせたペットボトルは、冷蔵庫内の温度を下げる効果があるため、食材が傷むリスクを軽減できます。

保冷剤として使い終わったら、その後は飲料水になるというメリットもあります。なお、水のペットボトルだけでなく、ごはんの冷凍でも代用可能です。その場合は、非常食としても機能します。

対策5.冷暖房器具を用意する

停電時に温度管理を行うためにも、冷暖房器具を用意しておきましょう。特に夏や冬の極端な気温下での停電は、身体に悪影響を与える恐れもあります。停電が長期にわたって継続することを考慮し、以下のような製品の用意が推奨されます。

  • カセットコンロで動くタイプ
  • 乾電池で動くタイプ
  • バッテリーを搭載したタイプ

これらの製品は、停電時にも動作して快適な温度を保ち続けます。なお、EcoFlowが販売するポータブルエアコンの「​​WAVE 2」は、取り外し可能な着脱式バッテリーを取り付けると、どこでも使える究極のポータブルエアコンになります。パワフルな冷暖房機能を搭載しているため、停電時の暑さ対策・寒さ対策に有効です。

EcoFlowの高機能ポータブルエアコン「WAVE 2 」はこちら

対策6.自家発電機や蓄電池を用意する

6つ目の対策は、自家発電機や蓄電池を用意することです。電力を確保する方法を用意しておけば、停電が起きたとしても、電力を使って普段と同じような生活ができます。

【自家発電機と蓄電池の違い】

  • 自家発電機:燃料を使用して電気を生成する装置
  • 蓄電池:電気を蓄える機能を持った装置

これらの装置を用意しておくことで、停電時でも冷暖房器具や照明、冷蔵庫、モバイル充電器などを使用できます。蓄電池の種類や容量によっては、家全体の電力をまかなうことも可能です。

なお、EcoFlowでは非常用電源として機能する大容量のポータブル電源を販売しております。ソーラーパネルと一緒に導入すれば、太陽光発電システムとして活用可能です。

EcoFlowの大容量ポータブル電源とソーラーパネルのセット商品はこちら

停電したときにするべき行動

停電が実際に起こると、多くの人が焦ってしまうものです。しかし、そんな状況だからこそ、焦らず適切な行動を取ることが大切です。以下の5つの行動を心がけましょう。

  1. 周囲の状況を確認する
  2. 電源プラグを抜く
  3. 明かりを確保して共有する
  4. 冷蔵庫のなかの食材を守る
  5. 外出するならブレーカーを落とす

それぞれの行動を順番に解説していきます。

周囲の状況を確認する

停電時、まずは周囲の状況を確認することが大切です。なぜなら、停電の原因によっては避難が必要になる場合もあるからです。

具体的には、スマホやラジオを使って地域の情報を確認したり、近隣の家の様子や遠くの明かりを確認したりすることが求められます。状況を把握することで、安全な行動につながりやすくなります。

電源プラグを抜く

停電時に安全を確保するため、電源プラグを抜くことをおすすめします。これは、電気の復旧時に火災のリスクを回避するためです。

停電から復旧した際に、電気ストーブやアイロンなどの電源プラグがつながった状態だと、周りに熱が伝わり火災が発生する恐れがあります。このリスクを回避するため、家電製品の電源プラグを抜いて安全を確保するようにしましょう。

日常から「どこに何のプラグがあるのか」を確認しておくことで、停電時にスムーズな対応を取ることができます。

明かりを確保して共有する

すぐに明かりを確保して共有することで、生活の不便さを少しだけ軽減できます。この際、できるだけリビングなど1箇所に集まることで、照明の電力消費を抑えられます。

【明かりを確保できるアイテム】

  • LEDライト
  • LEDランタン
  • 懐中電灯
  • 蓄電式ライト
  • ろうそく

家のなかが常に暗い状態だと、日常生活が大きく制限され、不安やストレスが生まれやすくなります。その状況を避けるため、LEDライトや懐中電灯などで明かりを確保するようにしましょう。なお、ポータブル電源と組み合わせれば、長時間の明かりを確保することも可能です。

ポータブル電源・発電機は災害時に必要?それぞれの魅力や注意点を徹底解説

冷蔵庫のなかの食材を守る

冷蔵庫のなかの食材を守る行動も重要です。停電により冷蔵庫が停止すると、冷蔵庫内の温度が上昇し、食材が傷みやすくなります。

これをできるだけ避けるため、冷蔵庫のドアを開け閉めしない、冷えている食材を一箇所にまとめる、などの行動が求められます。また、凍らせたペットボトルがある場合は、すぐに冷蔵庫に移動させ、温度上昇を抑えるようにしましょう。

外出するならブレーカーを落とす

外出や避難をする際には、ブレーカーを必ず落としましょう。ブレーカーを落とすことで、火災発生のリスクを抑えることができます。

電力復旧後、暖房器具などの家電製品が動き出し、それが火災の原因になることがあります。また、使っていた家電製品がショートし、火災を引き起こす可能性もあるため、ブレーカーを落としてから外に出ることが推奨されます。

ポータブル電源とソーラーパネルで停電対策を!

EF LS R2P JP EXP7.2029 03 RGB (1)
EF LS R2P JP EXP7.2029 03 RGB (1)

停電が発生した際のリスクを減少させる方法として、ポータブル電源とソーラーパネルの組み合わせが挙げられます。太陽光発電システムを整えることで、停電時にも電力を供給し、家電製品を使って快適に過ごしやすくなります。

また、ポータブル電源は蓄電池と違って携帯性が高いため、避難所に持ち込んで使用することも可能です。もしもの状況を想定するなら、ポータブル電源の導入をおすすめします。

【ポータブル電源とソーラーパネルのメリット】

  • 停電時に電力を確保できる
  • 避難所に持ち込んで使用できる
  • アウトドア活動を快適にする
  • 環境に優しい再生可能エネルギーを使用できる
  • 電気料金の節約効果が見込める

非常用電源としてポータブル電源とソーラーパネルを導入したいなら、EcoFlowの「DELTA」シリーズとのセット商品をおすすめします。大容量かつ高機能なので、太陽光発電システムの恩恵を享受できるでしょう。

EcoFlowのポータブル電源「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

ポータブル電源単体で購入するなら「DELTA」シリーズがおすすめ

「ソーラーパネルの導入費用を削減したい」「短期間の停電対策を想定している」という方は、ポータブル電源単体で導入するのも1つの手です。その場合は、大容量バッテリーを搭載したEcoFlowの「DELTA」シリーズをおすすめします。

EcoFlowの「DELTA」シリーズは、バッテリー容量1,024Wh〜3,600Whを搭載するパワフルなポータブル電源です。専用のエクストラバッテリーを接続すれば、用途に合わせてさらに大容量にカスタマイズできます。

また、定格出力が大きく、出力ポート数も多いため、幅広い家電製品を複数使用できるといった利点も持ち合わせています。ポータブル電源を単体で導入したいなら、以下の「DELTA」シリーズの導入をご検討ください。

DELTA ProDELTA 2DELTA 2 Max
容量3,600Wh1,024Wh2,048Wh
定格出力3,000W1,500W2,400W
AC充電入力最大1,500W最大1,200W最大​1,500W​
サイズ63.5×28.5×41.6cm40.0 x 21.1 x 28.1 cm49.7 × 24.2 × 30.5 cm
重量約45kg約12kg約23kg
出力ポート合計:15AC×5USB×6DC×2シガーソケット×1アンダーソン×1合計15ACx6USBx6DCx2シガーソケット x1合計15
公式サイトhttps://jp.ecoflow.com/products/delta-pro-portable-power-stationhttps://jp.ecoflow.com/products/delta-2-portable-power-stationhttps://jp.ecoflow.com/products/delta-2-max-portable-power-station

まとめ

本記事では、家庭でできる停電対策、停電時に取るべき行動、効果的な停電対策について解説しました。

停電時に焦らず冷静に行動するためには、防災グッズを備蓄する、蓄光テープを自宅内に貼っておくなど、予めの停電対策が重要となります。停電対策をまだしていない方、もしくは停電時に取るべき行動がわからない方は、本記事で解説した内容を参考にしてみてください。

なお、本サイトを運営するEcoFlowは、停電時に役立つグッズを多数販売しております。太陽光発電システムを構築し、非常用電源として活用したい方は、ポータブル電源とソーラーパネルの導入をご検討ください。

大容量ポータブル電源「DELTA」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

携帯性に優れたポータブル電源「RIVER」シリーズとソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください