冬キャンプの必需品とは?

-

冬キャンプの必需品とは?

-

 

大自然のなかで開放的な気分になれると人気のキャンプ。キャンプというと夏をイメージする人も多いかもしれません。しかし、夏ではなく冬キャンプも多くの魅力があるとされ、人気が高まっています。ただ、冬キャンプをする際に何が必要なのか、知らない人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では冬キャンプの魅力や必要な持ち物について解説します。

冬キャンプに必要な持ち物・アイテム

冬キャンプは十分な防寒対策をすることが求められます。秋冬など寒い季節のキャンプは過酷であり、荷物も多くなります。着ていく服や持ち物など、冬キャンプに必要なものをしっかりとチェックしておきましょう。

衣類

冬キャンプでは着ていく洋服が重要なポイントとなります。キャンプ場によっては冷え込みが激しく、氷点下まで気温が下がる可能性もあるため要注意です。これを踏まえ、冬キャンプでは重ね着が基本となります。おすすめの服装は以下のようになります。

・保温性のあるシャツ
・ソフトシェル
・撥水加工が施されたダウン
・保温性の高いダウンパンツ
・保温性のあるスパッツ

winter camping item02

冬キャンプにおける衣類は、ベースレイヤー・ミドルレイヤー・アウターレイヤーの3つに分けて考えます。ベースレイヤーは保温性のあるシャツを着用することが基本です。ミドルレイヤーでは軽量で使い勝手の良いソフトシェルを着用すると良いでしょう。重ね着によって、ベースレイヤーとミドルレイヤーの間に温かい空気をため込むことがポイントとなります。その温かい空気を逃さないよう、ダウンを羽織ることがおすすめです。また、保温性の高いスパッツやダウンパンツを着用すると、有効な防寒対策となります。

防寒小物

冷えやすい顔周りや手足などは、防寒小物を使用することがおすすめです。どのような小物を持って行けばいいのか、確認していきましょう。

・手袋
・ネックウォーマー
・ニット帽
・イヤーマフ
・厚手の靴下

winter camping item03

手袋を持参することで、手や指先を寒さから守れます。また、頭や首などが冷えないよう、ネックウォーマーやニット帽、イヤーマフを持参しましょう。耳まで覆えるタイプのニット帽を選べば、帽子とイヤーマフの両方を持って行かずに済み一石二鳥です。かさばりがちな冬キャンプの荷物を減らせます。さらに、足の冷えを防ぐために厚手の靴下を用意しておくと安心です。

冬キャンプの必須アイテム

冬キャンプは寒さに耐えるため、さまざまなアイテムを持って行く必要があります。快適なひとときを過ごすためにも、前もって必要なアイテムをチェックしておきましょう。主な持ち物には、以下のようなものが挙げられます。

・テント
・シュラフ
・カセットガスコンロ
・焚き火台
・薪
・ストーブ
・ランタン

winter camping item04

冬キャンプで重要になるのが、テント選びです。テントは「冬用」を選ぶようにしましょう。TC素材もしくはコットン素材を選ぶことがおすすめです。これらの素材でできたテントは風を効果的に防ぐことができ、暖房などの火にも強いという特徴があります。テント内で薪ストーブを使う場合は、煙突を出せる専用テントを用意しましょう。シュラフもテントと同様、冬用を選ぶことが基本です。特に、隙間が少なく冷気を寄せ付けにくいマミータイプがおすすめです。綿が多く入っているものや、ダウン素材のものなどを選ぶと良いでしょう。

冬キャンプでは鍋や汁物などの料理が多くなるため、カセットガスコンロを持って行くと便利です。鍋を囲み、友人や家族とわいわい温かな食事を楽しめます。ただし、カセットガスコンロを使用する際は換気に十分注意しましょう。また、キャンプの醍醐味といえば焚き火です。冬キャンプでは暖をとるだけではなく、マシュマロを焼くなどして楽しむ人も多くみられます。焚き火台に加えて、薪もホームセンターなどで調達しておくと安心です。

ストーブは寒いテント内を暖める際などに使用します。薪ストーブや石油ストーブなど、用途に合わせて選択しましょう。なお、テント内で使用する場合は一酸化炭素中毒を避けるため、あわせて警報器を購入しておくことがおすすめです。ランタンは夜を快適に過ごすために欠かせないアイテムです。寒冷地でも安定して使えるガソリンランタン、テント内で安全に使用できるLEDランタンなどを用意しておきましょう。

冬キャンプであると便利なアイテムを紹介!

ここでは冬キャンプの必需品ではないものの、あると便利なアイテムをいくつか紹介します。快適なキャンプを実現するためにおすすめのアイテムには、以下のようなものがあります。

・ゴム手袋
・スコップ
・ヘッドライト
・ホットカーペット
・電気毛布
・サーキュレーター
・ポータブル電源

winter camping item05

冬のキャンプに行く際、備えておきたいのがゴム手袋です。キャンプ場によってはお湯が出ないところもあります。洗い物などのときに重宝するため、持参すると良いでしょう。スコップは除雪に役立ちます。また、ペグが雪に埋もれた場合に掘り起こすのにも役立つため、持参することがおすすめです。折りたたみ式のスコップであれば、持ち運びも簡単です。ヘッドライトはキャンプ場が暗い場合に活用できます。ヘッドライトは両手を塞がず使えるため、持参すると作業時にも重宝するでしょう。

電源設備が整っているキャンプ場であれば、ホットカーペットや電気毛布を持参すると便利です。冷気をシャットアウトし、より快適にキャンプを楽しめるようになります。サーキュレーターはテント内の結露を防ぐために活用できます。空気の循環が良くなるため、夏ではなく冬にも持参することがおすすめです。冬キャンプをより充実させるためには、ポータブル電源を用意すると良いでしょう。ポータブル電源があれば、電源設備のないキャンプ場でも電気製品を使うことができます。

なかでも、「EcoFlowポータブル電源」がおすすめです。幅広い種類のポータブル電源があり、容量や重量など目的に合わせて商品を選べます。大容量バッテリー・高出力タイプであれば、電気毛布はもちろん、炊飯器やドライヤーなどさまざまな電気製品を使えます。キャンプ場にいながらリラックス空間を構築し、冬キャンプを存分に楽しむことが可能です。寒がりのキャンパーにもおすすめです。

winter camping item06

冬キャンプがおすすめの理由

キャンプは夏だけではなく、冬のシーズンも人気が高まりつつあります。冬キャンプには、どのような魅力があるのでしょうか。ここでは、冬キャンプがおすすめの理由をいくつか紹介します。

・空気が澄んでいる
・虫が少ない
・汗をかきにくい
・快適に焚き火を楽しめる

冬キャンプの魅力は、何といっても空気が澄んでいることです。空気が乾燥していると星が綺麗に見えるといわれています。天気が良ければ、瞬く美しい星たちを見ることができるでしょう。また、冬キャンプは虫が少ないことが特徴です。夏キャンプの場合、どうしても蚊やハチなどによる虫刺されが気になるものですよね。冬は虫が少ないため、苦手意識がある人も安心してキャンプを楽しめます。それ以外にも、冬は汗をかきにくく、過ごしやすいことが魅力です。暑い季節にテントを設置したり調理をしたりすると、どうしても汗をかくものです。

暑い季節のキャンプは汗が止まらず、夜に寝苦しさを感じることがあります。冬であれば汗をかきにくいため、このような心配もいりません。汗をかく機会が少ないぶん、持参する予備の着替えも少なくて済むでしょう。寒い季節は焚き火が楽しく感じられることも魅力です。寒いなか焚き火を囲んで暖をとりつつ、コーヒーを飲んだり星空を観察したりするなど、贅沢なひとときを過ごせます。

winter camping item07

冬キャンプには魅力が多い!必要なアイテムを揃えて出かけよう!

 冬キャンプは寒い季節ならではの楽しみ方が多くあります。虫が少なく快適な環境で美しい星空を見上げたり、焚き火を囲んで暖をとったりするなど、工夫次第で充実した時間を過ごせるでしょう。なお、冬キャンプでは十分な防寒対策が必要です。冬用の衣類・テント・シュラフをはじめ、キャンプをより快適にする電気毛布やポータブル電源などを用意しておくことがおすすめです。必要なアイテムを揃えて、冬キャンプを満喫しましょう。

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください