太陽光発電で蓄電池は必要?両方を設置するメリット・デメリットを解説

  • 太陽光発電で蓄電池は本当に必要?
  • 蓄電池を設置するメリット・デメリットを知りたい
  • 導入時に重要となるポイントを教えてほしい

このような疑問がある方もいるのではないでしょうか。結論として、より効率的に発電し、電気代の削減を求める方にとって、蓄電池の設置は不可欠と言えるでしょう。

蓄電池を設置することで、昼間に発電した電力を夜間に使用できたり、停電時の非常用電源として活用できたりと、太陽光発電のメリットをさらに高められます。ただし、複数のデメリットも存在するため、導入時には良い点と悪い点の両方の確認が必要です。

本記事では、太陽光発電における蓄電池の必要性、設置するメリット・デメリット、導入時の重要ポイントについて解説します。太陽光発電と蓄電池の導入を検討している方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

太陽光発電で蓄電池は必要?

太陽光発電 蓄電池

太陽光発電を導入する際、蓄電池の設置を検討する方も多いでしょう。結論、太陽光発電の利便性を向上させたい場合は、蓄電池を導入すべきと言えます。

なぜなら、蓄電池を設置することで、太陽光発電のメリットをさらに高めることができるためです。例えば、蓄電池があれば、昼間に発電した電力を夜間に使用することが可能となります。これにより、電力会社から購入する電力量を抑えられ、光熱費の削減につながります。

また、自然災害によって停電が起きたとしても、蓄電池に蓄えた電力を使用すれば、家電製品を利用して最低限の生活水準を維持することが可能です。

一方で、蓄電池の設置にはデメリットもあるため、導入時にはその点を考慮する必要があります。蓄電池の初期費用は高額になる恐れがあるほか、定期的なメンテナンスや維持費も発生します。

それらの点を踏まえても、より効率的に発電し、電気代の削減を求める方にとって、蓄電池の設置は不可欠だと言えるでしょう。メリットとデメリットの両方を理解した上で検討することが大切です。

蓄電池の仕組みと設置費用

太陽光発電 蓄電池

蓄電池の仕組みと設置費用について理解することは、導入の判断材料として非常に重要です。ここでは、それぞれの詳細を解説していきます。

蓄電池の仕組み

蓄電池は、太陽光発電で発電した電力を貯蔵するための電源装置です。昼間に発電した余剰電力を蓄電池に貯め、夜間や発電量が少ない日に使用することができます。

具体的には、ソーラーパネルで発電した直流電力を、パワーコンディショナーで交流電力に変換します。その際、家庭で使用しきれない余剰電力を蓄電池に充電し、必要な際に自由に使用するといった仕組みです。

なお、蓄電池にはリチウムイオン電池や鉛蓄電池、ナトリウム硫黄電池など、さまざまな種類があります。状況や目的に応じて、適切な電池の種類が異なります。

蓄電池とは?放電と充電の仕組み、メリット・デメリットを徹底解説

蓄電池の設置費用

蓄電池の設置費用は、容量やメーカーによって大きく異なります。一般的な家庭用蓄電池の価格は、容量1kWhあたり22万円程度であり、総額としては数十万円〜百万円程度が相場です。

蓄電池の容量が大きくなるほど、価格も高くなる傾向にあります。例えば、容量が10kWhの蓄電池の場合、価格は200万円を超えることもあります。

蓄電池の設置には機器の購入費用だけでなく、工事費用も必要となるため、その点も考慮して導入を検討するようにしましょう。初期費用は高額になりやすいですが、長期的な電気代の削減効果が見込めます。

蓄電池の価格相場はいくら?導入時の費用と価格選択で重要となるポイント

太陽光発電で蓄電池を設置するメリット

太陽光発電 蓄電池

太陽光発電と蓄電池を併用することで、さまざまなメリットがあります。ここでは、主要な3つのメリットを紹介します。

  1. 電気代の削減効果が見込める
  2. 災害時に非常用電源として活躍する
  3. 卒FIT後の自家消費に効果的

以下、各メリットの詳細を1つずつ見ていきましょう。

メリット1.電気代の削減効果が見込める

蓄電池に貯めた電力を有効活用することで、電力会社からの電気購入量を減らせます。特に電気料金が高い昼間の時間帯に蓄電池を使用すれば、大幅な節約が可能となるでしょう。

例えば、昼間には太陽光発電で発電した電力を使用し、使い切れず余った分は蓄電池に貯め、夜間にその電力を使用できます。電力会社から高い料金で電気を購入する必要がなくなるため、月々の電気代を大きく下げることができるのです。

メリット2.災害時に非常用電源として活躍する

自然災害による停電時でも、蓄電池に貯めた電力を使うことができます。災害対策として、太陽光発電と蓄電池の組み合わせは有効と言えるでしょう。

太陽光発電システムのみでも太陽が出ていれば非常用電源として機能しますが、悪天候が続いている状況や、太陽が出ていない時間帯などは電気を使用できません。その点、蓄電池があれば、日中に貯めた電力を必要なときに自由に使用できます。

照明やテレビ、冷蔵庫などの最低限の家電製品を動かすことができるため、非常時の生活を支える強い味方となってくれるでしょう。

緊急時に非常用電源が求められる理由とは?選び方やおすすめ製品を紹介

メリット3.卒FIT後の自家消費に効果的

FIT制度の終了後は売電価格が基本的に下がるため、自家消費の重要性が増します。卒FIT後の自家消費を優先する場面でも、蓄電池があればより効率的に節電を図ることが可能です。

FIT制度とは、再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が一定の価格で買い取る制度のことです。この制度の適用期間が終了すると売電価格が下がるため、発電した電力を自家消費に回すほうが経済的に有利となります。

蓄電池があれば発電した電力を無駄なく自家消費に回すことができ、結果として電力の自給自足率が上がり、電気代の削減につながります。

太陽光発電で蓄電池を設置するデメリット

太陽光発電 蓄電池

蓄電池を設置することでさまざまなメリットを享受できる一方で、太陽光発電と蓄電池の併用にはデメリットも存在します。ここでは、導入前に理解しておくべき主なデメリットを解説します。

  1. 導入費用が高くなる
  2. 設置スペースを必要とする
  3. メンテナンスや維持費が発生する

蓄電池の導入を検討する際は、これらのデメリットを事前に理解しておきましょう。

デメリット1.導入費用が高くなる

蓄電池の導入には、太陽光発電システムとは別に高額な初期費用がかかります。太陽光発電の導入費用に加えて蓄電池の費用も重なるため、全体の負担が大きくなるでしょう。

家庭用蓄電池の価格は容量によって異なりますが、おおむね数十万円〜百万円が相場です。これに太陽光発電システムの導入費用を合わせると、初期投資が数百万円に達することもあります。

長期的な電気代の削減効果を考慮しても、初期費用の高さは大きなハードルになると言えるでしょう。費用対効果を慎重に検討する必要があります。

デメリット2.設置スペースを必要とする

太陽光発電システムと蓄電池を両方導入するとなると、それなりの設置スペースを必要とします。屋外・屋内ともに設置場所の確保が課題となるでしょう。

一般的な家庭用蓄電池のサイズは、エアコン室外機1台分ほどです。この大きさの機器を屋内に設置するには、適切なスペースの確保が不可欠です。一方で屋外設置型の場合、これよりもさらに倍ほどのサイズとなります。

また、蓄電池は直射日光や高温多湿を避けて設置する必要があります。設置スペースの確保に加えて、設置場所の選定にも注意が必要です。

デメリット3.メンテナンスや維持費が発生する

蓄電池は定期的なメンテナンスが必要であり、維持費用もかかります。蓄電池の寿命は一般的に10〜15年程度であるため、将来的な交換費用も考慮する必要があるでしょう。

具体的な内容としては、蓄電池の点検や清掃などが含まれます。これらのメンテナンスを怠ると、性能の低下や故障の原因となるため注意が必要です。

とはいえ、蓄電池は太陽光発電システムに比べて、メンテナンスの頻度が少なくてもあまり問題ありません。製品によっては、ホコリを軽く取る程度で済む場合もあります。

太陽光発電で蓄電池を導入する際に確認すべきポイント

太陽光発電 蓄電池

太陽光発電と蓄電池の併用を検討する際は、いくつか確認すべきポイントがあります。ここでは、特に重要な3つのポイントについて紹介します。

  1. 設置費用を抑えたいなら同時に導入する
  2. ソーラーパネルに合った蓄電池を選ぶ
  3. ポータブル電源の代用も検討する

以下、各ポイントについて順番に解説していきます。

ポイント1.設置費用を抑えたいなら同時に導入する

太陽光発電と蓄電池を同時に導入することで、設置工事の共通化が可能となります。別々に導入するよりも、設置費用を抑えることができるのです。

例えば、太陽光発電システムと蓄電池を同時に導入する場合、配線工事などを一度にまとめて行えます。これにより、工事費用を削減できる可能性が高まります。

また、同時導入することにより、機器の互換性も確保しやすくなります。システム全体の効率化も実現しやすくなるでしょう。

ポイント2.ソーラーパネルに合った蓄電池を選ぶ

太陽光発電システムの発電容量に合わせて、適切な容量の蓄電池を選ぶことが大切です。過剰な容量の蓄電池を選ぶと、無駄な投資になってしまう恐れがあります。

反対に、蓄電池の容量が小さすぎると、停電時に利用できる電力量が少なくなり、想定した通りの利便性を得られません。また、太陽光発電システムと蓄電池の相性が悪く、同時に利用できないケースもあるため、蓄電池を導入する際は相性を考慮しましょう。

ポイント3.ポータブル電源の代用も検討する

蓄電池の代わりにポータブル電源を活用するという選択肢もあります。ポータブル電源で代用することで、導入時の初期費用を抑えられます。

【ポータブル電源のメリット】

  • 蓄電池よりもローコストで導入できる
  • 携帯性が高く、外出時に電力供給できる
  • 工事費用が不要でメンテナンスが少ない

ポータブル電源であれば、キャンプや車中泊、ハイキングなどのアウトドアにも利用できます。緊急時には、避難所に持ち込んで電力供給を行うことも可能です。

ただし、ポータブル電源は蓄電池ほど大容量ではありません。自身の目的や用途に合わせて、電源の種類を選択しましょう。

ポータブル電源との併用ならEcoFlow製品がおすすめ

太陽光発電とポータブル電源を併用するなら、EcoFlow製品がおすすめです。EcoFlowでは、コンパクトで持ち運びやすく、幅広い用途に使えるポータブル電源を販売しています。

特におすすめのポータブル電源として、「EcoFlow DELTA Pro 3」を紹介します。本製品は、容量4kWh、出力3.6kW、100V/200V対応で、ほぼすべての家庭用電化製品に対応。具体的な特徴は以下の通りです。

DELTA Pro 3

【EcoFlow DELTA Pro 3の特徴】

  • 3.6kWという高い出力で、消費電力の高い電化製品にも対応
  • 100V/200V対応により、どんな場所でもハイパワー機器を使用可能
  • EV充電スタンドからの充電にも対応している
  • 無停電電源装置としても使用可能
  • IP65準拠の内蔵バッテリーパック

高い防塵・防水性能はもちろんのこと、耐久性も優れているため、過酷な環境下でも安心して使用できます。太陽光発電との相性も良く、効率的に電力を確保できるでしょう。

大容量・高出力のポータブル電源「EcoFlow DELTA Pro 3」はこちら

まとめ

本記事では、太陽光発電における蓄電池の必要性、設置するメリット・デメリット、導入時の重要ポイントについて解説しました。

太陽光発電のメリットを最大限に活かすためには、蓄電池の設置が不可欠だと言えます。蓄電池があれば、昼間に発電した電力を夜間に使用できたり、停電時の非常用電源として活用できたりします。

ただし、蓄電池を導入する際には、複数のデメリットを考慮することが大切です。導入時の重要ポイントを踏まえた上で、自身のニーズに合った導入プランを計画しましょう。

なお、太陽光発電と併用する蓄電池はポータブル電源でも代用可能です。「ローコストで導入したい」「アウトドアでも電源を使いたい」という方は、EcoFlowが販売する「EcoFlow DELTA Pro 3」の導入をご検討ください。

大容量・高出力のポータブル電源「EcoFlow DELTA Pro 3」はこちら

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください