太陽光発電の普及率は?導入に向いている人・向いていない人について解説

太陽光発電は一般家庭でも導入するところが増加しており、時代はまさに「大クリーンエネルギー時代」と言えるでしょう。

しかし、太陽光発電は具体的にどれくらい普及しているのでしょうか。

この記事では、太陽光発電の普及率、導入に向いている人・向いていない人、よくあるトラブル、後悔しない方法をわかりやすく解説します。

太陽光発電の普及率について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

太陽光発電の普及率は?

太陽光発電 普及率

はじめに、太陽光発電の普及率はどれくらいなのかについて詳しく解説します。

環境省の「太陽光発電システムについて|家庭部門のCO2排出実態統計調査」で紹介されているデータによると、全国の太陽光発電の普及率は以下の通りです。

  • 北海道:1.1%
  • 東北:7.3%
  • 関東甲信:4.4%
  • 北陸:3.1%
  • 東海:11.2%
  • 近畿:5.4%
  • 中国:8.3%
  • 四国:10.7%
  • 九州:10.4%
  • 沖縄:4.6%

地方別に見てみると、北海道が1.1%で北陸が3.1%と北国はやや低い水準となっています。降雪地帯は雨や雪の影響で効率よく太陽光発電できないため、普及率はやや低めです。

対して東海は11.2%、四国は10.7%、九州は10.4%と降雪地帯以外は普及率が高めです。効率よく太陽光発電できる地域は、比較的高い水準で普及していることがわかります。

例外として、東北は雪が多いものの太陽光発電の普及率は7.3%と少なくありません。

逆に沖縄は雪が滅多に降らないものの、普及率は4.6%程度と普及はあまり進んでいません。そう考えると、地域によって導入にかなり差があるといえるでしょう。

なお、太陽光発電システムは新しい住宅ほど導入しているところが多く、古い住宅ほど少ない傾向にあります。

実際に1991年以降の建物の約10〜20%に太陽光発電設備が導入されており、5〜10軒に1つ〜2つの割合で導入されている計算です。

ピークは2011〜2015年の間で、30.5%もの住宅が太陽光発電を使用しています。2016年以降は落ち着いているものの、今後も再生可能エネルギーの普及は進む予想です。

なお、太陽光発電の仕組みや発電量、メリット・デメリット、簡単に導入する方法を知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

太陽光発電とは?発電の仕組みやメリット・デメリットを詳しく解説

導入に向いている人・向いていない人

image1

ここからは、導入に向いている人・向いていない人について詳しく解説します。

向いている人

太陽光発電が向いている人は以下の通りです。

  • 日照時間の長い地域に住んでいる人
  • 設置する面積を確保できる人
  • 環境問題に貢献したい人
  • 電気代を節約したい人
  • 売電収入を得たい人
  • 災害に備えたい人

太陽光発電は一定の日照時間や面積を必要とするため、日照時間の長い地域に住んでいる人や設置する面積を確保できる人に適しています。

また、太陽光発電は再生可能エネルギーの1つで二酸化炭素の排出を抑えられる発電方法であるため、環境問題に貢献したい人にも適しているでしょう。

さらに、電気代を節約したい人や売電収入を得たい人にも有効です。

蓄電池があれば電気代が安い日中に電力を発電&蓄電し、電気代が高い夜中に使用して節約できます。余った電力は売電して副収入にすることも可能です。

その他、災害に備えたい人にも向いています。

太陽光発電設備によって性能は異なりますが、高性能なソーラーパネルとパワーコンディショナー、蓄電池があれば自宅で発電&蓄電が可能です。

災害時も充電しておいた電力を使用できるなど、ライフラインの遮断を防げるため、防災の一環として導入しておくのも良いでしょう。

向いていない人

太陽光発電が向いていない人は以下の通りです。

  • 日照時間の短い地域に住んでいる人
  • 設置する面積を確保できない人
  • 投資目的で導入したい人

太陽光発電は、日照時間の短い地域に住んでいる人や設置する面積を確保できない人には不向きといえます。

どうしても一定の日射量と敷地が必要となるため、アパートやマンションなどの賃貸物件では導入が難しいです。一戸建てでも、設置の可否は限られます。

また、投資目的で導入したい方にも不向きといえるでしょう。

太陽光発電は電気代を節約したい人や売電収入を得たい人に向いていますが、システム自体は20〜30年で寿命を迎えます。早ければ10〜20年で寿命を迎える場合もあります。

そのため、投資対象としては有効ではありません。

あくまで電気代の節約や売電収入、もしくは災害への備えとして導入すると考えておくのが望ましいでしょう。

なお、再生可能エネルギーや太陽光発電のメリット・デメリットについては他の記事でも解説しているため、詳しくは以下の記事をご覧ください。

【種類一覧】再生可能エネルギーとは?活用するメリット・デメリットを徹底解説
太陽光発電のメリット・デメリットをわかりやすく解説!効果的な活用方法も紹介

太陽光発電の導入でよくあるトラブル

image3

ここからは、太陽光発電の導入でよくあるトラブルについて詳しく解説します。

太陽光発電の導入でよくあるトラブルは、以下の通りです。

  • 悪質業者によるトラブル
    →初期費用やランニングコスト
  • 近隣住民とのトラブル
    →騒音や振動
    →光の反射
  • 動物関連のトラブル
    →鳥のフン
    天候関連のトラブル
    →火山灰や積雪
  • その他のトラブル

太陽光発電を導入する際、専門業者に依頼して設置するのが一般的です。しかし、依頼先が悪徳業者だった場合、初期費用やランニングコストの面でトラブルになります。

例えば、事前に聞いていた費用と違ったり、後から追加料金が求められたりと、お金に関するトラブルには特に気を付けなければいけません。

また、設置の際には近隣住民とのトラブルにも気を付けたいです。よくあるのが騒音や振動、光の反射によるトラブルです。

なかでも工事中の音や揺れ、設置後の反射光によるトラブルは発生しやすいため、事前に挨拶をするのはもちろん太陽光パネルの角度・方角にも注意しましょう。

さらに、動物関連のトラブルや天候関連のトラブルにも適宜対処が必要となります。鳥のフンや火山灰、積雪が原因で発電量が左右されるため、定期的な掃除が必須といえます。

太陽光発電の導入では、各種トラブルを避けられるようあらかじめ準備しておく必要があるでしょう。

なお、太陽光が損をするかどうかについては以下の記事でも解説しているため、導入を検討中の方はあわせてご覧ください。

「太陽光発電は7割が損をする」は本当?損をする原因や効果的な対策を解説

太陽光発電の導入で後悔しない方法

image2

ここからは、太陽光発電の導入で後悔しない方法について詳しく解説します。

基礎的な情報はあらかじめ把握しておく

太陽光発電を導入する際は、基礎的な情報をあらかじめ把握しておきましょう。

設置にいくらくらいの初期費用がかかるのか、ランニングコストはどれくらいかかるのかなど、ある程度の情報を把握しておくことで冷静に判断できます。

何も情報を持たずに業者に相談すると、よくわからないまま契約へと誘導されかねません。

特に初期費用やランニングコストなど、お金の面は今後も運用に関わってくる部分だけに、入念に確認しておくのが望ましいです。

あわせて、太陽光発電そのものに対する情報も調べておきましょう。

国や自治体の補助金を調べておく

太陽光発電を導入する際は、国や自治体の補助金について調べておきましょう。

日本は再生可能エネルギーへの転換を進めており、補助金が充実しています。補助金をうまく活用すれば、導入に必要な予算をある程度まで補填可能です。

国だけでなく自治体によっては独自の補助金を用意しているところもあるため、お住まいの地域でどのような補助金を受けられるかを確認しておいてください。

補助金をうまく活用すれば、大幅に初期費用やランニングコストが抑えられるかもしれません。

価格だけでなく性能や品質で選ぶ

太陽光発電は、価格だけでなく性能や品質で選ぶのも重要です。

初期費用やランニングコストを抑えようと「とにかく安いもの」を選ぶ人もいますが、性能・品質が低いものだと発電効率が悪く、費用対効果も悪くなります。

価格が高い製品は一定の予算が必要となりますが、性能・品質が高いものほど結果的に費用対効果が高くなるでしょう。

業者も単に安いところではなく、高くても丁寧に作業してくれるところを選ぶのが望ましいですため、販売店含めアフターサービスが十分に整っているところから選びましょう。

余剰電力は売電よりも自家消費

太陽光発電では、発生した余剰電力を買い取ってもらって売電収入を得られますが、買取単価は年々減少しているため、自家消費に回した方が損をしない可能性があります。

電気代が高くなっている現代は、売電より自家消費の方が費用対効果が高いです。

例えば、太陽光発電設備と一緒に蓄電池を導入すれば、電気代の安い昼間に発電&蓄電しておき、ピークタイムの夜間に使用して電気代を抑えられます。

電気代は今後も高くなると予想されるため、自宅で消費する分の電力を補う形で太陽光発電を導入するのが望ましいです。

ただし、導入後10〜20年の間はFIT制度(固定価格買取制度)を利用できるため、売電による運用も難しくありません。

大規模な太陽光発電設備でなくとも売電は可能なため、自家消費に回すかどうかは各家庭の消費電力に応じて判断しましょう。

ポータブル電源と併用する

太陽光発電を導入するなら、ポータブル電源との併用が有効です。ポータブル電源は蓄電池の一種で、充電した電力をいつでもどこでも持ち運べる設備です。

通常、太陽光発電はソーラーパネルやパワーコンディショナーで電力を生み出し、設置している建物に電力を供給するシステムとなっています。

そのため、自家消費しきれない電力は無駄になります。

しかし、ポータブル電源があれば一時的ではあるものの電力を蓄電しておけるため、発電した電力が無駄になりません

また、ポータブル電源は通常の蓄電池とは違って持ち運びできるため、電源の取れない場所でも快適にアウトドアやリモートワークが楽しめます。

ポータブル電源は一度充電しておけば一定期間・一定量の電力が使用できるため、大規模災害に伴って発生する停電の備えにも便利です。

EcoFlowでは、持ち運びや始動が簡単で、普段使いにも非常用にも最適な「DELTA Pro 3」を販売しています

DELTA Pro 3はシンプルかつパワフルな家庭用蓄電池で、ケーブルを挿して電源を入れるだけで使用でき、太陽光エネルギーを充電しながら電力を供給できます。

X-Streamの高速充電により、わずか65分で0から80%まで充電可能であり、2000W未満の商品電力の場合は動作時わずか30dBの静音設計です。

太陽光発電の導入を検討している方は、ぜひ当社のDELTA Pro 3をご検討ください。

EcoFlow DELTA Pro 3

まとめ

太陽光発電の普及率、導入に向いている人・向いていない人、よくあるトラブル、後悔しない方法を解説しました。

太陽光発電の普及率は地域によって変わるものの、徐々に普及しつつあります。なかでも、東海・四国・九州などの地域は普及率が10%超えです。

地域によってはやや普及が進んでいない地域もありますが、今後も再生可能エネルギーは全国的に広まっていくでしょう。

なお、これから太陽光発電を導入する方は、ポータブル電源があると便利です。ポータブル電源があれば、電力を好きな時間に好きな場所で使用できます。

電力の持ち出しが可能となるため、アウトドアやリモートワークで電力を使用したい場合にも最適でしょう。

EcoFlowでは、DELTA Pro 3をはじめ高性能なポータブル電源を取り揃えているため、これから太陽光発電を導入する方はぜひ一緒にご検討ください。

いざというときに備えて置いておく他、普段は電気代の節約や売電収入を得るのにも活用できるため、まずは以下のリンクから詳細をご覧いただけますと幸いです。

EcoFlow DELTA Pro 3

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください