太陽光発電の初期費用は?無料設置する方法とメリット・デメリットを徹底解説!

-

太陽光発電の初期費用は?無料設置する方法とメリット・デメリットを徹底解説!

-

近年は、世界中で起こるあらゆるエネルギー問題の影響で、日本でも電気代が高騰し、一般家庭の生計を苦しめています。

電気代節約のために太陽光発電の導入を検討するものの、「初期費用が高くて設置できない」と、諦めてしまう方も少なくありません。

初期費用を用意できないからといって、太陽光発電の設置を諦める必要はありません。リース・PPA・屋根貸しなどの方法を使えば、初期費用ゼロで太陽光発電を設置できます。

この記事では、初期費用無料で太陽光発電を設置する3つの方法、それぞれのメリットやデメリットを解説しています。

太陽光発電の無料設置について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

太陽光発電の初期費用を無料にして設置する3つの方法

image2

太陽光発電の初期費用は、設備や設置場所を確保するために最低限の出費が必要です。しかし、太陽光発電システムを購入する以外の方法を使えば、太陽光発電を無料で導入可能です。

ここでは、初期費用無料で太陽光発電システムを設置する3つの方法を紹介します。

リースモデル

リースモデルを利用すれば、太陽光発電システムレンタル事業者とリース契約を結べるため、初期費用を無料にして設置可能です。

毎月のリース料金は発生しますが、設備投資にかかる初期費用が無料になるため、初期段階でコストを抑えたい方にはおすすめです。

リースモデルでは、自宅の屋根の空きスペースに太陽光発電システムを設置し、発電した電気は自宅で使用できます。また、発電時に余剰となった電力は、電力会社を通じて売電も可能です。

設置にかかる初期費用を抑えて毎月の電気料金を下げたい方にはピッタリの方法です。

PPAモデル

PPAモデルとは、PPA事業者が家庭の屋根や空きスペースに太陽光発電システムを設置し、使用した分だけ電気代を支払うモデルです。

リースモデルと似ていますが、家庭で自家消費した分のみを支払うモデルとなります。

太陽光発電システムの初期設置費用は無料で、契約中のメンテナンス料金や故障してしまった場合の修繕費も無料になるのが一般的です。

ただし、発電した電気が余った場合の余剰電力はPPA事業者が回収するため、設置した家庭が売電できません。

屋根貸し

屋根貸しとは、自宅の屋根の空きスペースを太陽光発電事業者に貸し出すモデルです。

余っているスペースを貸し出すモデルとなり、初期費用や修繕費等は太陽光発電事業者がすべて負担します。

ただし、発電した電力の使用や余剰電力の売電はできません。あくまでも屋根を賃貸として貸し出すイメージとなります。契約内容によって、緊急時は発電した電力を自宅で使用可能です。

リースモデルによって太陽光発電の初期費用を無料にするメリット・デメリット

image5

ここでは、リースモデルによって太陽光発電システム導入の初期費用を無料にした際のメリットやデメリットを詳しく解説します。

メリット

リースモデルのメリットは、太陽光発電システムを設置する初期費用が無料になる点です。

高い設備費用をあらかじめ用意する必要がなく、低コストで太陽光発電を導入できます。

また、発電した電力を自宅で使用できるため、電気代の節約も可能です。さらには、家庭では消費しきれなかった電力は、余剰電力として電力会社に売電し、収入を得られます。

デメリット

リースモデルのデメリットは、毎月のリース代金がかかることです。また、契約期間が長い場合があり、途中解約する場合には解約手数料が発生する場合もあります。

万が一、自宅を離れるようなことがある場合、リース料だけは払い続けなければいけなくなるケースもあります。

PPAモデルによって太陽光発電の初期費用を無料にするメリット・デメリット

太陽光 発電 初期費用

ここでは、PPAモデルによって太陽光発電システム導入の初期費用を無料にするメリットやデメリットを詳しく解説します。

メリット

PPAモデルでは、太陽光発電システムを導入する時にかかる初期費用が無料になります。

また、定期メンテナンスや保守管理なども、PPA事業者に任せられるため、設置した後でも手間をかけずに運用が可能です。

さらに、契約中の電気料金の単価が固定されるため、電気料金の高騰などの影響を受けにくいメリットもあります。

デメリット

PPAモデルの契約期間は、長期契約になるのが一般的です。

電気料金が固定される場合では、世の中の経済状況によって、電力会社の電気料金の方が安くなる可能性もあります。そのため、家庭で平均して使う電気使用量や電力会社の電気料金の単価を確認し、効果的な利用方法を考えることが必要です。

また、PPA事業者には設置に伴う審査基準があり、設置条件が厳しく設定されています。日照条件などが悪い場所の場合は設置自体が難しくなってしまうでしょう。

屋根貸しによって太陽光発電の初期費用を無料にするメリット・デメリット

太陽光 発電 初期費用

ここでは、屋根貸しによって太陽光発電システム導入の初期費用を無料にするメリットやデメリットを詳しく解説します。

メリット

屋根貸しによる太陽光発電は、初期費用や管理費用が発生しません。

また、発電量に関係なく、スペースを貸し出した賃貸収入が得られるため、電気代に充当すれば、電気料金と相殺することもできるでしょう。

屋根貸しによる太陽発電の設置は、基本的に発電した電力の使用や売電はできませんが、契約内容によっては、災害時の非常用電源として利用が可能です。

デメリット

屋根貸しは、太陽光発電による売電収入が借主に帰属するため、収入面における太陽光発電の恩恵を受けられません。

賃貸住宅を貸し出す大家と同様に、自宅の屋根だけを貸し出すイメージになるため、太陽光発電による収入を得られないのがデメリットです。

また、屋根を貸している契約中に事業者が倒産してしまうと、太陽光パネルや発電装置などがそのまま放置されるリスクもあります。

自宅に太陽光発電を設置する際に初期費用を安くする方法

太陽光 発電 初期費用

リース契約などを使わず自宅に太陽光発電システムを設置するには大きな費用がかかりますが、場合によっては設置費用を安くすることが可能です。

ここでは、自身で太陽発電システムを設置する際に、初期費用を安くする方法を解説します。リース契約などで初期費用を無料で設置する場合にはメリットやデメリットが必ず含まれるため、最初から購入を検討するのもひとつの手段です。

自治体の補助金を活用する

太陽光発電システムを導入する場合には、各自治体などの補助金を活用しましょう。

太陽光発電や蓄電池は、地球温暖化や脱炭素問題の対策になるという観点から政府や自治体が補助金を用意している場合があります。

補助金を上手く活用できれば、初期費用を抑えて導入が可能です。

自治体によって補助金の要件や金額が異なるため、導入を検討している方は住んでいる自治体で確認するようにしましょう。

相見積もりを取って価格の安い業者に施工を依頼する

太陽光発電システムは、販売業者によって金額が異なります。

インターネット販売事業者や家電量販店、地域の工務店などで相見積もりを取り、平均相場を知ることが大切です。

製品価格や設置工事用の平均相場が分からないまま、業者を1社に決めてしまうと気が付かずに損をしてしまう場合もあるでしょう。

そのため、最低でも2社以上の相見積もりを取り、安い業者に施工を依頼するのがおすすめです。

海外メーカーの太陽光パネル設置を検討する

太陽光発電にかかる費用の大半は、屋根の上に設置する太陽光パネルです。

太陽光パネルは、国内外でさまざまなメーカーが販売しており、製品によって性能や発電効率、金額が異なります。太陽光パネルの枚数が増えるほど費用が増えてしまうため、設置する太陽光パネルのメーカーをひとつに絞らずに比較するとよいでしょう。

海外メーカーの太陽光パネルは、日本よりも安価になっている場合があるため、海外メーカーの太陽光パネルの導入を検討するのもひとつの手段です。

ただし、価格の安すぎる太陽光パネルは、発電効率が悪かったり、耐久性が不十分な場合もあるため、金額だけはなく製品仕様も比較するようにしてください。

太陽光パネルについて詳しく知りたい方は、次の記事も参考にしてください。

ソーラーパネルの単結晶と多結晶の違いとは?特徴や発電効率を比較

新築時に設置を検討する

新築時に太陽光発電を設置するのも、初期費用を安くできる方法のひとつです。

既築住宅への設置も可能ですが、太陽光パネルの設置を想定をしていないため、屋根の工事など、別途工事費用がかかってしまうのが一般的です。

しかし、新築時に太陽光発電の導入を検討すれば、設置時の無駄な工程が減り、初期費用を抑えられます。例えば、住宅を建築する際に使う足場をそのまま利用すれば、太陽光発電の設置の際に新たに用意する必要もなくなり、無駄な工賃を抑えられるでしょう。

また、新築時であれば住宅ローンの中に太陽光発電システムの料金を組み込むことが可能です。住宅ローンは金利が優遇されている場合が多いため、太陽光発電システムのみでローンを組むよりも安くなる場合があります。

保険料を年単位で支払う

太陽光発電を導入するときは、設備の故障で発生する修理費用をカバーするために保険に加入するのが一般的です。

毎月保険料を支払うケースがほとんどですが、費用面で余裕があれば年単位での支払いがおすすめです。年単位で保険料を支払うとトータルの金額が安くなり、無駄な費用を抑えられます。

また、保険会社によっては10年単位などの長期間を一度で支払いも可能となっているため、トータルコストを考慮して、先に保険料を支払っておくのもおすすめです。

まとめ

太陽光発電の初期費用を無料にする方法やメリットやデメリット、購入する場合に初期費用を安くする方法を解説しました。

太陽光発電システムの設置には設置費用がかかってしまいますが、リースモデル、PAAモデル、屋根貸しモデルを利用すれば初期費用無料で太陽光発電の設置が可能です。

ただし、設置方法によっては、発電した電力の使用や売電ができなかったり、契約年数の縛りがリスクになるケースもあります。

そのため、コストを抑えて太陽光発電を導入したいのであれば、EcoFlowのソーラーパネルとポータブル電源EcoFlow RIVERシリーズの併用がおすすめです。

太陽光発電システムを購入して導入するよりも初期費用を抑えられるだけでなく、電気代の節約やいざというときのバックアップとしても役立ちます。

詳しくは、当社のホームページまたは次のリンクをご覧ください。

EcoFlowソーラーパネルはこちら
EcoFlow RIVER シリーズはこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください