ソーラーパネルの義務化はいつから?時期・対象者・対象エリアを解説

-

ソーラーパネルの義務化はいつから?時期・対象者・対象エリアを解説

-

太陽光発電などの再生可能エネルギーが注目されるなか「ソーラーパネルはいつから義務化されるのか」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

日本では一部の都道府県ですでにソーラーパネルの義務化が検討されており、2025年から義務化するところもあります。

この記事では、ソーラーパネル義務化が進む背景、義務化の時期・対象者・対象エリア、消費者・建築業者から見るメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

ソーラーパネルの義務化について知りたい方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

ソーラーパネル義務化が進む背景

image4

はじめに、ソーラーパネル義務化が進む背景について解説します。

化石燃料には限りがあるため

ソーラーパネルは、化石燃料には限りがあるという理由から義務化が進められています。

従来から燃料として使用されてきた石油や石炭は「化石燃料」と呼ばれているのですが、これらの化石燃料には限りがあり、いずれは枯渇してしまうリスクがあります。

特に日本では石油や石炭などに頼っていますが、最近では限りある資源に頼る経済構造から脱却すべく太陽光発電などの再生可能エネルギーへの注目が高まっているわけです。

太陽光などの再生可能エネルギーは原則枯渇しないため、持続可能な社会の実現にも貢献してくれます。そうした背景からソーラーパネル義務化が進められているといえるでしょう。

脱炭素社会を実現するため

ソーラーパネルは、脱炭素社会を実現するという理由でも義務化が進められています。

二酸化炭素を排出し続ける社会は環境破壊につながるリスクがあり、地球環境に対してさまざまな影響を与えています。

実際に二酸化炭素の排出は地球温暖化や異常気象、海面上昇などの問題を引き起こしており、今後も人類の活動によって温室効果ガスが放出され続ける可能性があるわけです。

日本ではこうした環境に悪影響を及ぼす二酸化炭素の排出を抑えるため、脱炭素社会の実現を目指して自然エネルギーの普及が進められています。

ソーラーパネル義務化もその一環といえるでしょう。

地球環境を守るため

ソーラーパネルは、地球環境を守るために義務化が進められているともいえます。

限りあるエネルギーをただ消費するだけの経済構造はいずれ地球環境の崩壊をもたらす可能性があり、地球環境を守るためにはクリーンエネルギーへの転換が必要不可欠です。

太陽光発電は代表的なクリーンエネルギーの1つで、うまく活用すれば地球環境を守りながらエネルギーを生み出せることから注目が集まっています。

人類が今まで破壊してきた地球を守るためにも、ソーラーパネルの普及は欠かせません。

なお、太陽光発電は自宅でも可能です。詳しい選び方や仕組みについては他の記事でも解説しているため、併せてご確認ください。

「自家発電」導入で災害時も安心!自分に合ったタイプの選び方も提案
家庭用ソーラーパネルを導入するとどうなる?発電の仕組みや製品の価格

ソーラーパネル義務化の時期・対象者・対象エリア

image2

ソーラーパネル義務化は日本で一斉に始まるわけではなく、限られた地域のみが対象です。ただし、今後は日本全体に普及する可能性があるため、他人事とはいえません。

ここからは、ソーラーパネル義務化の時期・対象者・対象エリアについて解説します。

東京都では2025年4月から

東京都では2025年4月からソーラーパネルの義務化が開始されます。

新築住宅への太陽光発電設置、断熱・省エネ性能の確保を義務付ける制度が創設され、ハウスメーカーや工務店などが供給する新築住宅が対象(既存の住宅が対象外)となります。

一部、屋根の面積が限られる物件や北向きの物件など「太陽光発電に適さない物件」も対象外となる可能性がありますが、新たに家を建てる場合は対象となるため注意が必要です。

なお、東京は「2030年カーボンハーフ」に取り組んでおり2030年までに温室効果ガスの排出量を2000年比で50%削減すると公約しているため、今後さらなる温室効果ガス抑制の取り組みが進むと予想されるでしょう。

東京都民はよりソーラーパネルの義務化の影響を受ける可能性があるため、家を建てる予定の方はもちろん、ハウスメーカーや工務店に務めている方も注視しておく必要があります。

神奈川県も2025年4月から

神奈川県も2025年4月からソーラーパネルの義務化が開始されます。

今後、建造物への太陽光発電設置に関して新たな制度が創設される予定で、ハウスメーカーや工務店は対応が必要です。

特に、延べ床面積2,000m²未満の建物を新築する事業者が対象の「特定建築事業者太陽光発電設備導入制度」では、該当するハウスメーカーや工務店に太陽光発電システムの設置が義務付けられる予定です。

ただし、建築主が希望しない場合や建築物への設置が難しい場合は義務化の対象外となる可能性があるため、条件次第といえるでしょう。

なお、事業者にノルマが課される予定であるものの罰則などは想定されていないため、義務化というよりは制度化に近い側面があります。

今後広がる可能性がある

現在、ソーラーパネルは首都圏だけの義務化が進められていますが、今後は全国的に広がりを見せる可能性があります。

日本は世界的に見ても二酸化炭素の排出が多い国の1つで、アメリカや中国ほどではないものの脱炭素社会の実現が最重要課題となっています。

今後、世界各国が二酸化炭素削減に動き出せば、日本も足並みを揃える必要が出てくるため、よりソーラーパネルの義務化が進められるでしょう。

首都圏を中心にさらに広がる可能性は十分ありますし、日本各地にある主要都市でもソーラーパネルの義務化が進められるかもしれません。

なお、ソーラーパネルの仕組みや蓄電池との組み合わせについては次の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

太陽光発電に必要なソーラーパネルの仕組み|構成要素・素材・原理を徹底解説
ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせる理由とは?具体的なメリットと製品の選び方

消費者・建築業者から見るメリット

ソーラーパネルの義務化

ソーラーパネル義務化は消費者・建築業者両方にメリットをもたらします。ここでは、消費者・建築業者から見るメリットについて解説します。

消費者から見るメリット

消費者から見るソーラーパネル義務化のメリットは次の通りです。

  • 自宅で太陽光発電が可能となる
  • 電気代の節約につながる
  • 電力会社に依存しない
  • 余剰分を売電できる
  • 災害の備えになる

ソーラーパネルの義務化は、自宅で太陽光発電が可能となるのがメリットです。

電気を使用するためには電力会社から購入するのが一般的ですが、自宅で太陽光発電が可能となれば電気代の節約につながります。

電力会社に依存するライフスタイルからも脱却できるだけでなく、余った電気を「売電」という形で売ることも可能なため、余剰分が無駄になることもありません。

また、自宅に太陽光発電のシステムがあれば、災害発生時の備えにもなります。

日本のように地震や津波など大規模災害が発生すると停電が頻発する可能性がありますが、太陽光発電があれば、停電中であっても電気が問題なく使用可能です。

エコやSDGsに対する意識改革にもつながるなど、ソーラーパネルの義務化は日本社会全体にとっても良い効果をもたらしてくれるでしょう。

建築業者から見るメリット

建築業者から見るソーラーパネル義務化のメリットは次の通りです。

  • 消費者へアピールできる
  • 初期費用負担を提案できる
  • 住まいの節電や省エネになる

ソーラーパネルを設置するためには初期費用が必要ですが、新築住宅の場合は国・地方自治体からさまざまな補助金を受けられる他、日々の電力消費を補うのにも役立ちます。

その点を消費者へアピールできるのは大きなメリットといえるでしょう。

また、初期費用負担を建築業者が提案することで、消費者の購買意欲を高めることにもつながる可能性があります。

「初期費用を抑えつつソーラーパネルを実装できるのであれば取り入れたい」と考えている消費者も少なくないことから、成約にもつながりやすくなるかもしれません。

住まいの節電や省エネになることから消費者にも喜んでいただける場合が多く、建築業者としての評判にも直結するでしょう。

消費者・建築業者から見るデメリット

image5

ソーラーパネル義務化は消費者・建築業者両方にデメリットをもたらす可能性もあります。ここでは、消費者・建築業者から見るデメリットについて解説します。

消費者から見るデメリット

消費者から見るソーラーパネル義務化のデメリットは次の通りです。

  • 初期費用がかかる
  • メンテナンスが必要となる

ソーラーパネルの設置には、数十万円〜数百万円単位で費用がかかります。

設置費用を一部建築業者が負担してくれる場合もありますが、全額負担してくれる建築業者は稀で、どうしても消費者が負担しなければならない部分も出てくるでしょう。

架台や本体、工事にかかる費用やメンテナンスにかかるランニングコストなどを加味すると消費者に一定の負担がかかる可能性が否めません。

メンテナンス自体も普段は自力で行わなくてはならないため、定期的な保守点検や害獣対策、清掃などの負担がかかります。

建築業者から見るデメリット

消費者から見るソーラーパネル義務化のデメリットは次の通りです。

  • 消費者の理解が必要となる
  • 詳細説明が負担となる

ソーラーパネルの設置は望む人もいれば望まない人もいるため、義務化された場合は建築業者が「なぜ必要なのか」を明確に説明しなければなりません。

義務化によって国・地方自治体の方針に従わなければならない反面、望まない人に対してもソーラーパネルを提案しなければならなくなるため、その負担は相当なものとなります。

理路整然と説明しても理解が得られるとは限りませんし、詳細まで説明するとなるとそれ自体が従業員の負担となるでしょう。

ポータブル電源があればソーラーパネルはさらに便利に

新 エネルギー

ソーラーパネルは「義務化」と聞くと身構えてしまう方もいると思いますが、ポータブル電源と組み合わせることでよりサステナブルな生活が実現可能です。

サステナブルは持続可能な社会を指す言葉で、太陽光発電はその代表的な手段の1つです。

特にポータブル電源があればソーラーパネルで発電した電力を蓄電しておけるため、いつでもどこでも電気が使用できるなど、幅広い活用方法が見つかるのではないでしょうか。

ソーラーパネルが全国的に義務化されるまではまだまだ時間がかかるものの、すでに太陽光発電システムを導入している家庭ではポータブル電源と組み合わせてサステナブルな生活を送っている方がいます。

なお、EcoFlowでは持ち運びに便利な小型のポータブル電源をはじめ、中型〜大型のポータブル電源も取り扱っています。

例えば、約10日分の電気を貯められるDELTA Pro Ultraなど、高性能なポータブル電源を多数取り揃えているため、一度ご検討ください。

DELTA Pro Ultraは幅広い家電製品に対応できるだけでなく、独自の冷却機能を備えていて長時間の使用にも耐えられるため、さまざまなシーンに導入可能です。

静音設計で瞬時切り替えも可能なため、まずは次のリンクで詳細をご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro Ultra

まとめ

ソーラーパネル義務化が進む背景、義務化の時期・対象者・対象エリア、消費者・建築業者から見るメリット・デメリットを解説しました。

ソーラーパネルの義務化は、持続可能な社会の実現には欠かせません。ただし、義務化となる時期は最短でも2025年4月であり、地域も東京や神奈川など限定的です。

一方で今後は全国的にソーラーパネル義務化が広がりを見せていく可能性もあるため、消費者・建築業者ともに備えておくことが必要となります。

なお、EcoFlowでは1時間のソーラー発電で約1日分のエネルギーを生み出せるDELTA Pro Ultraなど高性能な製品を取り扱っているため、興味のある方はぜひ次のリンクをご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro Ultra

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください