一人暮らしで節電はできる?電気代が高くなる原因と効果的な節電方法11選

-

一人暮らしで節電はできる?電気代が高くなる原因と効果的な節電方法11選

-

  • 一人暮らしでも節電はできる?
  • 電気代はなぜ高くなってしまうの?
  • 効果的な節電方法を知りたい!

このような疑問や悩みをお持ちの方もいるはずです。効果的な節電方法は、一人暮らししている人の状況に応じて異なります。そのため節電を始める前に、毎月の電気代、電気代が高くなる原因を知ることが大切です。

そこで今回は、一人暮らしで電気代が高くなる原因、電気代を節約する具体的な方法を解説します。最後までご覧になれば、ご自身の状況に合った適切な節電方法を見つけられるはずです。

 

一人暮らしの平均的な電気代

02 01

節電方法を解説する前に、まずは一人暮らしの平均的な電気代を見ていきましょう。総務省の家計調査「2022年度 家計調査 家計収支編 単身世帯(表番号3)」によると、単身世帯の電気代(関東地方)は以下の通りです。

年次

電気代

2018年

5,669円

2019年

5,505円

2020年

5,594円

2021年

4,967円

2022年

6,731円

これらの電気代はあくまで目安であり、季節によって1〜3月は6,500円前後、4〜6月は6,000円前後、7〜9月は5,300前後、10〜12月は5,000円前後といった具合に前後します。

傾向としては夏や秋は電気代が安く、冬は反対に高くなります。これは、一人暮らしや複数世帯に限らずの話です。

電気代の節約をする場合、どの季節でもまずは6,000円以下に抑えることを目標にしましょう。

 

電気代の計算方法

ご自身の電気代をより明確に把握するためにも、電気代の計算方法を確認しておきましょう。電気代の計算方法は、「1時間当たりの消費電力(kW)」×「使用時間」×「料金単価」です。

電気代を節約する上では、これらの要素に注意する必要があります。また、一般家庭の場合は、この計算式で算出した金額に基本料金が上乗せされます。

電力会社によって基本料金が異なるため、明細書で確認しておきましょう。もしかしたらオプションが付いている可能性もあります。その場合は、オプションの解除を視野に入れましょう。

 

一人暮らしで電気代が高くなる5つの原因

02 02

続いて、一人暮らしで電気代が高くなる原因を5つ解説します。ご自身がその原因に当てはまっていないか、1つずつ確認してみてください。

  1. 古い家電を使っている
  2. 昼間に照明を付けている
  3. エアコンの温度設定が合っていない
  4. 契約している電気プランが適していない
  5. 余計な待機電力がある

各原因を順番に見ていきましょう。

 

原因1.古い家電を使っている

1つ目の原因は、古い家電を使っていることです。古い家電は消費電力が大きくなりやすいため、その分毎月の電気代も高くなってしまいます。

最近の家電は省エネ性能が高く、消費電力を抑えられる設計になっていますが、一昔前の家電はそうではありません。10年前の冷蔵庫と最新の製品を比べた場合、消費電力が2倍近く違うこともあります。

単純に性能が劣化し、電力効率が落ちている可能性もあるため、古い家電を使っている場合は注意が必要です。

 

原因2.昼間に照明を付けている

昼間に照明を付けているのも原因の1つに考えられます。照明を付けている時間が長ければ、その時間に比例して電気代がかかります。また、照明を消し忘れて出かけてしまう、という行為にも注意が必要です。

さらに最近は、テレワークの増加によって日中を自宅で過ごす人が増えました。その影響で照明の使用時間が延び、電気代が上がってしまったというケースもあります。

 

原因3.エアコンの温度設定が合っていない

3つ目の原因は、エアコンの温度設定が合っていないことです。暑いからとエアコンの温度を過度に下げすぎると、消費電力が大きくなり、それに比例して電気代が増します。

逆も然りで、寒すぎるからといって暖房の温度を過度に上げると、同じように電気代の増加につながります。「エアコンの温度を適当に上げ下げしている」という方は要注意です。

 

原因4.契約している電気プランが適していない

契約している電気プランが適していない場合もあります。電力会社によって提供している電気プランはさまざまで、ご自身の生活状況に適していない場合は、電気代が無駄にかかってしまいます。

例えば、一人暮らしで電力をあまり使わないのに大容量のプランを契約していた、時間帯に応じて料金が前後するプランをうまく活用できていない、などが挙げられます。

契約している電気プランを確認したい場合は、電力会社から送られてくる明細票をご確認ください。もしくは電話で問い合わせましょう。

 

原因5.余計な待機電力がある

余計な待機電力があるのも、電気代が上がる原因の1つです。そもそも待機電力とは、電気機器を使用していなくても、コンセントに接続しているだけで消費する電力のことです。該当する電気機器としては、以下のようなものが挙げられます。

  • エアコン
  • ビデオ機器
  • 給湯器
  • テレビ

多くの電気機器はタイマー予約や時計、メモリなど最低限の機能を維持するため、待機電力を消費しています。なお、待機電力の消費量は一般的に5%程度だと言われています。

 

一人暮らしで節電に効果的な11の方法

02 03

一人暮らしで節電に効果的な方法は、大きく11通り考えられます。毎月の電気代を抑えたい方は、ぜひ以下の方法をご参考ください。

  1. エアコンを掃除する
  2. エアコンの温度設定を適切にする
  3. 冷蔵庫の開閉を最小限にする
  4. 日中の照明機器を消す
  5. 炊飯器の保温機能を使わない
  6. 照明をLEDに変える
  7. 消費電力の少ない家電製品に買い換える
  8. 電気プランの契約アンペア数を見直す
  9. 電力会社を切り替える
  10. 節電タップを使う
  11. ポータブル電源とソーラーパネルを活用する

それぞれの節電方法を1つずつ解説します。

 

方法1.エアコンを掃除する

1つ目は、エアコンを掃除するという方法です。エアコンを掃除して本体やフィルターを綺麗にすれば、性能が元に戻り、消費電力を抑えることが可能です。

エアコンの掃除を月に1〜2回するだけでも、電気代の節約効果があると言われています。しばらく掃除していない方は特に、エアコンを定期的に掃除しましょう。

 

方法2.エアコンの温度設定を適切にする

電気代を下げるためには、エアコンの温度設定を適切にすることも大切です。エアコンの温度が低すぎたり高すぎたりすると、電気代が無駄にかかってしまいます。

外の温度とエアコンの温度設定に差があるほど、消費電力量が大きくなり、電気代も高くなりやすい傾向にあります。「暑すぎるからエアコンでとにかく冷やす」という気持ちがあっても、温度を過度に下げすぎないよう注意しましょう。

なお、環境省によればエアコンの温度設定は、夏は28度、冬は20度が良いとされています。あくまで目安ですが、それに近い温度設定を心がけましょう。

 

方法3.冷蔵庫の開閉を最小限にする

冷蔵庫の開閉を最小限にすることもポイントの1つです。冷蔵庫のドアが開いている間は、常になかの冷気が逃げてしまいます。

冷気が外に出たら、なかを冷やすためにその分電力を必要とするため、日頃からドアの開閉を最小限にすることで、電気代の節約効果が期待できるのです。

また、冷蔵庫にものを詰め込みすぎると冷気がうまく循環せず、電力の消費量を多くしてしまいます。そのため、ドアの開閉を意識するのと同時に、ものの詰め込みすぎにも注意しましょう。

 

方法4.日中の照明機器を消す

日中の照明機器を消し、外光で生活をするのも効果的です。カーテンを開けて日光を中心に生活を送れば、照明機器を使う分の電気代を節約できます。

また出かける際などに、照明機器をつい消し忘れてしまいますが、電気代の節約を目指すなら「付けたら消す」を徹底しましょう。1回当たりの電気代は微々たるものです。しかし、毎日の積み重ねが1年間の電気代に大きく影響します。

 

方法5.炊飯器の保温機能を使わない

節電にとことんこだわるなら、炊飯器の保温機能を使わないようにしましょう。保温機能を使えば、いつでもあたたかいご飯を食べられますが、機能を使っている間は電気代が発生しています。

この機能を使わず、タッパーなどにご飯をすぐに移すことで、微量ながらも電気代の節約になります。なお、ご飯をタッパーに移したあとは、すぐに冷蔵庫には入れず、粗熱がとれてからにしましょう。粗熱がとれてから冷蔵庫に入れたほうが、冷蔵庫の消費電力を抑えられます。

 

方法6.照明をLEDに変える

白熱電球からLED電球に切り替えるのも有効です。経済産業省資源エネルギー庁によれば、LED電球に切り替えるだけで、年間約2,790円の節約につながるとのことです。

照明を切り替えるときは手間がかかり、多少の費用も発生しますが、長期的に見たら大きなプラスになります。入居時に付けられた照明器具をそのまま使っている方は、LED電球に切り替えてみてください。

 

方法7.消費電力の少ない家電製品に買い換える

最新の家電製品に買い換えるのも1つの手です。家電が古いというだけで、省エネ性能が著しく低く、消費電力が極端に多いという場合があります。

その点、新しい家電は省エネ性能が充実しているため、時間当たりの消費電力量を抑えられるほか、家電によっては「省エネモード」を利用でき、さらなる電気代の節約効果に期待できます。

新しい家電に買い換えることは待機電力の減少にもつながるため、長期目線を持って買い替えをご検討ください。

 

方法8.電気プランの契約アンペア数を見直す

8つ目は、電気プランの契約アンペア数を見直す方法です。電気プランは電力会社に応じて異なり、場合によっては利用状況に適していないことがあります。

これは、2016年に電力小売自由化が実施され、多くの会社が業界に参入したことが影響しています。消費者は複数のサービスのなかから電気プランを選択できるようになりましたが、その分選択肢も増えたので、「契約している電気プランが適していない」といった状況の人が増えました。

状況に合わせて電気プランを選択し、契約アンペア数を見直せば毎月の電気代を抑えられます。ご自身の状況を踏まえて、電気プランの見直しを行いましょう。

 

方法9.電力会社を切り替える

思い切って電力会社を切り替えるという方法もあります。前述した通り、電気プランは電力会社によって異なります。

それに加え、基本料金も電力会社に応じて前後するため、電気代を抑えたいなら安い会社を選ぶことが大切です。電力会社によっては、割引キャンペーンや格安プランを提供しています。状況や目的に合った電力会社を探してみてください。

方法10.節電タップを使う

節電タップを使えば、多少ですが電気代の節約につながります。節電タップとは、電源のオン/オフの切り替えスイッチが付いた電源タップのことです。

節電タップのスイッチをオフにしておけば、コンセントを抜いていなくても、抜いているのと同じ状態になるため、待機電力の削減に期待が持てます。

待機電力の節約分は、年間で2,000円前後とあまり大きな数字ではありませんが、節電タップの使用はほとんど手間がかからないためおすすめです。なお、節電タップは1,000円程度で購入できるので、単純計算ですが半年ほどで元が取れます。

方法11.ポータブル電源とソーラーパネルを活用する

より効果的な節電を行いたい方は、ポータブル電源とソーラーパネルの活用を検討しましょう。自宅に太陽光発電システムを整えることで、長期的な節電効果に期待できます。

ソーラーパネルで電力を生み出し、ポータブル電源に蓄電させ、そこから電力を使用すれば電力会社から購入する電力を減らせます。設備費用をすぐに回収するのは難しいですが、長期目線で考えればプラスになる可能性は高いです。

また太陽光発電システムを整えると、電気代が節約になる以外にも、非常用電源として活用できる、環境に優しい生活を実現できるなど、複数のメリットが見込めます。設備の導入を検討している方は、以下の製品をぜひ確認してみてください。

大容量で高性能!携帯性にも優れたEcoFlow「DELTA シリーズ」はこちら

アウトドアや緊急時にも!発電効率に優れたEcoFlow製のソーラーパネルはこちら

 

まとめ

本記事では、一人暮らしで電気代が高くなる原因、電気代を節約する具体的な方法を解説しました。

電気代を節約するためには、状況に合った対応策を取ることが大切です。そのためにもまずは、ご自身の状況を踏まえて電気代が高くなる原因を明確にしましょう。

原因が明確になったあと、本記事で紹介した11通りの節電方法を試してみてください。長期目線で見たときに、大きな節約効果につながっているはずです。

なお、本サイトを運営するEcoFlowは、太陽光発電システムの構築に必要なポータブル電源とソーラーパネルを販売しております。以下の公式サイトから、各製品の特徴をぜひご確認ください。

大容量のポータブル電源「DELTAシリーズ」はこちら

EcoFlow製のポータブル電源・ソーラーパネルのセット商品はこちら

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください