【2023年最新】ポータブル電源のメリット・選び方!おすすめ製品3選も紹介

-

【2023年最新】ポータブル電源のメリット・選び方!おすすめ製品3選も紹介

-

  • ポータブル電源とはどんな製品?
  • ポータブル電源を導入するメリット・デメリットは?
  • 製品の選び方を教えてほしい

このような疑問がある方もいるでしょう。ポータブル電源とは、大容量のバッテリーを内蔵した携帯可能な電源装置のことです。

ポータブル電源には、コンパクトで持ち運びやすい、停電時に非常用電源になるなどのメリットが見込めますが、その一方で複数のデメリットも存在します。また、製品の種類が多いため「どの製品を選べばいいかわからない」という悩みを抱える方もいるはずです。

そこで今回は、ポータブル電源のメリット・デメリット、製品の選び方について詳しく解説します。ポータブル電源の導入を考えている方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

ポータブル電源とは?モバイルバッテリーとの違い

image2

ポータブル電源とは、大容量のバッテリーを内蔵した携帯可能な電源装置のことです。外出先や非常時でも、幅広い電気機器に電力を供給することが可能です。

例えば、キャンプや登山などのアウトドア活動中に、LEDライト、ドローン、小型冷蔵庫、スマートフォンの充電器などを利用できます。また、災害時の非常用電源としてもポータブル電源は機能します。

さらにソーラーパネルと併用することで、太陽光発電システムを構築することが可能です。ソーラーパネルの自家発電により、停電が長期化した場合でも一定の生活水準を維持できるようになります。

ポータブル電源・発電機は災害時に必要?それぞれの魅力や注意点を徹底解説

モバイルバッテリーとの違い

ポータブル電源とモバイルバッテリーの主な違いは、供給できる電力の大きさと用途の幅広さにあります。モバイルバッテリーは主にスマートフォンやタブレットなどの小型機器の充電に使用されますが、ポータブル電源はより大きな電力を必要とする機器、例えば冷蔵庫や電気ケトル、照明器具などを動かすことが可能です。

特にアウトドアや災害時など、電気機器を幅広く使用したい場面では、モバイルバッテリーよりもポータブル電源のほうが適しています。状況に応じて適切な選択肢が異なるため、自身の状況や目的を考慮して製品を選ぶようにしましょう。

ポータブル電源を利用する4つのメリット

Different household appliances on table in kitchen

ポータブル電源の使用には多くの利点があります。ここでは、その主なメリットを4つに分けて解説します。

  1. コンパクトで持ち運びやすい
  2. 停電時に非常用電源になる
  3. アウトドアでの利用に向いている
  4. 日常生活が豊かになる

各メリットについて順番に見ていきましょう。

メリット1.コンパクトで持ち運びやすい

ポータブル電源はその名の通り、持ち運びが容易なのが大きな利点です。軽量でコンパクトなデザインのため、アウトドア活動や非常時の持ち運びに便利です。

携帯性が高いことから、キャンプやハイキング、車中泊など、さまざまなシーンで活躍します。重たい荷物を減らすことで、より快適なアウトドアを実現できるでしょう。

メリット2.停電時に非常用電源になる

停電時に非常用電源として機能することもメリットだと言えます。家庭での照明や通信機器の充電、冷蔵庫などの使用に役立ちます。

災害時や突然の停電に直面した際にも、家電製品の利用により生活を一定水準で維持することが可能になります。ポータブル電源が安全かつ快適な生活を支える重要な役割を果たすのです。

緊急時に非常用電源が求められる理由とは?選び方やおすすめ製品を紹介

メリット3.アウトドアでの利用に向いている

3つ目のメリットは、アウトドアでの利用に向いている点です。キャンプ場でのスマートフォンやタブレットの充電、カメラやドローンの電源確保に役立ちます。

また、夜間の照明や音楽再生にも使用でき、アウトドアの体験がより豊かになります。さらにヒーターや電気毛布などの利用により、ポータブル電源は冬キャンプでの寒さ対策としても活用可能です。

このように自然のなかでも電気機器を自由に活用できるため、アウトドア活動がより楽しく、より便利になります。

メリット4.日常生活が豊かになる

ポータブル電源は日常生活においても多くのメリットを感じられます。屋外でのパーティーやバーベキューでの使用、庭での作業時の電源確保など、幅広いシーンで活躍します。

また、家庭内での予備電源としても役立ち、ソーラーパネルと併用すれば電気代の節約効果も見込めます。太陽光発電システムを構築し、多くのメリットを享受したい方はソーラーパネルの導入も検討しましょう。

ポータブル電源を利用する3つのデメリット

最新 ポータブル 電源

ポータブル電源の利用には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。以下、ポータブル電源の主なデメリットとそれらを軽減するための方法を解説します。

  1. 導入費用が高額になる場合がある
  2. 漏電や発火のリスクがある
  3. ポータブル電源単体では長期間に対応できない

各デメリットの詳細を見ていきましょう。

デメリット1.導入費用が高額になる場合がある

一部のポータブル電源では、高額な導入費用が必要になることがあります。特に、大容量や高機能のモデルほど価格は高くなりがちです。

このデメリットを軽減するためには、購入前に必要な容量や機能をしっかりと見極めることが重要です。また、期間限定のセールや割引キャンペーンを活用することも1つの方法として挙げられます。

デメリット2.漏電や発火のリスクがある

リチウムイオン電池を採用しているポータブル電源には、漏電や発火のリスクが伴うことがあります。特に長年使っている製品だとバッテリーの劣化が進んでいるため、発火などの危険性が高くなります。

これを軽減するためには、定期的なメンテナンスや適切な方法で保管することが大切です。また、リン酸鉄リチウムイオン電池が採用されている製品を選ぶという選択肢もあります。安全規格を満たした製品の選択は、リスクを最小限に抑える上で効果的です。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

デメリット3.ポータブル電源単体では長期間に対応できない

ポータブル電源単体では持続的な発電ができないため、長期間の使用には向いていません。特に災害時などの非常用として利用する場合、この点は大きなデメリットとなることがあります。

この問題を解消する方法としては、ソーラーパネルと組み合わせて使用することが有効です。ソーラーパネルと併用することで電力の自家発電が可能となり、より長期間にわたってポータブル電源を利用できるようになります。

ポータブル電源の選び方|意識すべき5つのポイント

最新 ポータブル 電源

ポータブル電源を選ぶ際には、さまざまなポイントを考慮する必要があります。以下のポイントを意識することで、自身の状況に合った製品を見つけやすくなります。

ポイント1.バッテリー容量

バッテリー容量の大きさは、ポータブル電源の利用可能時間に直接影響します。容量が大きいほど長時間の使用が可能となり、アウトドア活動時や災害時の利便性が向上します。

例えば、キャンプにおける複数日の利用や長期間の停電を想定している場合は、バッテリー容量が大きい製品を選択しましょう。ただし、バッテリー容量が大きいと製品のサイズも大きくなるため注意が必要です。

ポイント2.定格出力

2つ目のポイントは定格出力です。定格出力は、同時に供給できる電気機器の数や種類に影響します。

出力が高ければ高いほど、電力を多く必要とする電気機器にも対応できるようになります。例えば、電気ストーブや大型の冷蔵庫など、消費電力が大きい電気機器を使用する場合には、出力の大きいポータブル電源が必要です。

ポイント3.サイズ・重量

携帯性を考慮する際には、サイズと重量が重要なポイントとなります。軽量でコンパクトなモデルは持ち運びが容易で、ハイキングや車中泊など、スペースに限りのある状況で便利に使用できます。

一方で大型のモデルはバッテリー容量が大きく、長時間の電源確保に適していますが、その分サイズや重量が大きくなるという難点があります。状況や目的に合わせて選択するようにしましょう。

ポイント4.充電方法・機能性

充電方法の多様性と機能性は、ポータブル電源の利便性を大きく左右します。ポータブル電源の主な充電方法は以下の通りです。

  • AC充電
  • ソーラーパネル充電
  • シガーソケット充電
  • 発電機充電

対応している充電方法が多いほど、使用時の利便性に優れます。また、複数の便利機能を搭載しているポータブル電源なら、さまざまな状況に対応しやすくなります。

ポイント5.デザイン

ポータブル電源のデザインも重要な要素です。見た目が魅力的な製品は、使用時の気分を高めてくれます。

また、デザインは操作性や持ち運びのしやすさにも影響を与えるため、実用性とデザイン性のバランスが取れたモデルを選ぶことが大切です。キャンプサイトでの見栄えが良くなり、アウトドアの体験がより楽しいものになるはずです。

EcoFlowのおすすめポータブル電源3選

最新 ポータブル 電源

特におすすめのポータブル電源として、EcoFlowの製品を3つ紹介します。大容量のポータブル電源を探している方は、以下の詳細を確認してみてください。

  1. EcoFlow DELTA 2
  2. EcoFlow DELTA 2 Max
  3. EcoFlow DELTA Pro

それぞれの製品の特徴を順番に見ていきましょう。

EcoFlow DELTA 2

1つ目に紹介する「DELTA 2」は、機能性と携帯性のバランスを両立したポータブル電源です。約12kgという軽さが特徴で、キャンプや登山、車中泊など、アウトドアでの利用に適しています。

バッテリー容量が足りない場合は、専用エクストラバッテリーを接続して容量を増やすことが可能です。最大3,040Whまで拡張でき、幅広いシーンで活躍します。

容量1,024Wh
定格出力1,500W
AC充電入力最大1,200W
サイズ40.0 x 21.1 x 28.1 cm
重量約12kg
出力ポート合計15ACx6USBx6DCx2シガーソケット x1
公式サイトhttps://jp.ecoflow.com/products/delta-2-portable-power-station

EcoFlow DELTA 2 Max

「EcoFlow DELTA 2 Max」は充電速度に優れているという特徴を持ちます。従来の製品に比べて充電速度が速く、0%から80%までの充電がなんと43分で完了します。

バッテリー容量・定格出力ともに高水準なので、エアコンや冷蔵庫、電気毛布などを難なく使用することが可能です。アウトドアや日常生活での利用だけでなく、非常用電源としても十分な効果を発揮します。

容量2,048Wh
定格出力2,400W
AC充電入力最大​1,500W​
サイズ49.7 × 24.2 × 30.5 cm
重量約23kg
出力ポート合計15
公式サイトhttps://jp.ecoflow.com/products/delta-2-max-portable-power-station

EcoFlow DELTA Pro

「とにかくパワフルなポータブル電源がほしい」という方は、「EcoFlow DELTA Pro」をご検討ください。本製品のバッテリー容量は3,600Whで、かつ定格出力も3,000Wと高水準です。

エアコンや冷蔵庫、照明器具の複数利用でも問題ありません。さらに専用のエクストラバッテリーを2台接続すれば、容量を10,800Whへと増やすことが可能です。非常用電源としての用途に向いています。

容量3,600Wh
定格出力3,000W
AC充電入力最大1,500W
サイズ63.5×28.5×41.6cm
重量約45kg
出力ポート合計:15AC×5USB×6DC×2シガーソケット×1アンダーソン×1
公式サイトhttps://jp.ecoflow.com/products/delta-pro-portable-power-station

まとめ

本記事では、ポータブル電源のメリット・デメリット、製品の選び方について解説しました。

ポータブル電源には魅力的なメリットがある一方で、デメリットも確実に存在します。製品を選択する際は、自身の状況や目的に合わせてポータブル電源を選ぶことが大切です。

本サイトを運営するEcoFlowは、災害時やアウトドア活動に適したポータブル電源を多数販売しております。

大容量バッテリーを搭載したポータブル電源の導入を考えている方は、ぜひ以下の製品情報を確認してみてください。

EcoFlow DELTA 2
EcoFlow DELTA 2 Max
EcoFlow DELTA Pro

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください