キャンプ中に欠かせないポータブル電源の使い道

-

キャンプ中に欠かせないポータブル電源の使い道

-

4 2

一年を通して楽しめるアウトドアレジャーとして、広く親しまれているキャンプ。ポータブル電源はキャンプをより快適に楽しむためのアイテムとして注目されています。ただ、実際のところキャンプでどのようにポータブル電源を活用できるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではキャンプにおけるポータブル電源の使い道や選び方について解説します。

キャンプに欠かせない!ポータブル電源の便利な使い道7選

キャンプにおけるポータブル電源の便利な使い道には、以下のようなものが挙げられます。

・スマホやキャンプライトの充電
・夏キャンプの暑さ対策
・冬キャンプの寒さ対策
・テレビやゲーム
・キャンプ料理
・ミニ冷蔵庫
・ワーケーション

以下で詳しい内容をそれぞれ見ていきましょう。

スマホやキャンプライトの充電

キャンプを楽しむ際、スマホで地図を見たりレジャーの思い出として写真を撮ったりする機会も多いですよね。ただ、スマホを使っているとバッテリー残量が気になるものです。キャンプにポータブル電源を持参すれば、スマホを充電できます。バッテリー残量を気にせず、思う存分スマホを活用することが可能です。そのほかにも、夜になると欠かせないキャンプライトの充電にも活用できます。

夏キャンプの暑さ対策

夏のキャンプは暑さ対策が欠かせません。炎天下のキャンプは楽しい反面、熱中症などにも注意する必要があるでしょう。このような暑さ対策にもポータブル電源が大活躍します。ポータブル電源とつなげば、扇風機やスポットクーラー、サーキュレーターなどを稼働できます。扇風機を使ってテント内に風を送ったり、スポットクーラーで涼しい風に当たったりすることで、夏キャンプをより快適に楽しめるでしょう。

冬キャンプの寒さ対策

キャンプは屋外レジャーだからこそ、冬の時期は過酷な寒さに身をさらされることになります。冬キャンプを快適に楽しむためには、十分な防寒対策を考えることがポイントとなるでしょう。ポータブル電源を持参すれば、寒い冬のキャンプでも簡単に防寒対策ができます。たとえば、電気毛布を使ったり、テント内で電気カーペットをしいたりして暖をとれます。ほかにも、小型ストーブやヒーターなどを使用することも可能です。

テレビやゲーム

キャンプはテントを立てたりご飯の支度をしたりするなど、やることが多くあります。しかし、これらの準備が終わってしまうと、何となく手持ちぶさたになってしまうこともありますよね。このようなときに、ポータブル電源があればテレビやゲームを楽しむことができます。どうしても見たい番組とキャンプの日程が被ってしまった、というときにも便利です。また、プロジェクターを使って屋外シアターを楽しむこともできます。ゆったりと贅沢なひとときを過ごせるでしょう。

キャンプ料理

キャンプの楽しみの一つといえば、料理ですよね。大自然のなかでどのようなものを食べようか、わくわくする人も多いのではないでしょうか。ただ、キャンプはどうしても自宅のキッチンのような環境が整っているわけではないため、調理できるものが限られてしまいがちです。ポータブル電源があれば、好きな調理家電を使えるようになります。たとえば、炊飯器やオーブントースター、ホットプレートや電気ポットなどを使うことができます。キャンプでもさまざまな調理家電を使えるようになり、料理の幅がぐっと広がるでしょう。

ミニ冷蔵庫

キャンプでは飲み物などの冷たさを維持するため、クーラーボックスが多く用いられます。ただ、時間の経過とともに段々と冷たさが失われてしまい、残念に感じるケースもあるかもしれません。ポータブル電源はクーラーボックスの代用として活用できます。ポータブル電源とミニ冷蔵庫をつなげば、暑い夏でも冷たいドリンクやアイスなどを楽しめます。氷や食材を保存したいときにも便利です。持ち運べる食材の選択肢が広がり、キャンプで過ごす時間がより有意義なものとなります。

ワーケーション

ポータブル電源があれば、パソコンを使用することが可能です。パソコンのバッテリーを気にせず長時間稼働できるため、Wi-Fiなどの通信環境を確保できれば、屋外で仕事を行えます。パソコンで仕事をすることが多い場合は、ワーケーションを実現できるでしょう。

ポータブル電源とは?→(https://jp.ecoflow.com/pages/portable-power-stations

キャンプに最適なポータブル電源とは?選ぶときの3つのチェックポイント

4 3

キャンプに持って行くポータブル電源を購入する際は、どのようなものを選べばいいのでしょうか。ここでは、キャンプに最適なポータブル電源を選ぶときのチェックポイントを紹介します。

容量

ポータブル電源によって容量は異なります。たとえば、大人数でキャンプに出かけるのなら大容量バッテリーを選ぶことがおすすめです。複数の電気製品を同時に利用できるため便利でしょう。ただし、大容量のポータブル電源はそれだけ重さや大きさが増すことが基本です。持ち運びのしやすさなども加味して決めると良いでしょう。

ソーラー充電機能

なかには電源付きのキャンプ場もありますが、すべての場所がそうとは限りません。電源が備わっていないキャンプ場の場合、ポータブル電源の電池残量が途中で不足する可能性があります。このような事態に備えて、ソーラー充電機能が備わっているものがおすすめです。繰り返し充電でき、長時間のキャンプでも安心して快適に楽しめます。

使用寿命

ポータブル電源は一生使えるものではなく、寿命があります。だからこそ、できる限り長持ちするものを基準に選ぶことも一案です。寿命を左右する重要な要素として、バッテリーの種類が挙げられます。バッテリーは主に、リチウムイオン電池・リチウムポリマー電池・リン酸鉄リチウム電池の3種類に分けられます。このなかでも寿命が長く、安全性が高いといわれているのがリン酸鉄リチウム電池です。なるべく長くポータブル電源を使いたい場合は、搭載バッテリーの種類をチェックすると良いでしょう。

キャンプにおすすめ!EcoFlowポータブル電源の種類と特徴を紹介

4 4

EcoFlowポータブル電源はキャンプ用のポータブル電源としておすすめです。さまざまな種類があるため、用途に合わせて好きなものを選べます。特にキャンプ用としておすすめの製品には、以下のようなものがあります。

・RIVER Pro
・EFDELTA
・DELTA2

以下でそれぞれの特徴を紹介します。

RIVER Pro

RIVER Proはコンパクトで持ち運びに便利なポータブル電源です。容量は720Whで、専用エクストラバッテリーを追加することで1440Whに拡張できます。ソーラーパネルと接続して充電でき、いつでもどこにいてもクリーンなエネルギーを楽しめます。長期旅行などにも対応でき、ソロキャンプから複数人でのキャンプまで幅広いシーンで活用できるバランスのとれた製品です。

EFDELTA

EFDELTAは大容量・高出力のポータブル電源です。1260Whのバッテリー容量、合計最大1600Wの定格出力というスペックを持ち、多くの家電製品や重度のDIYツールにも電力を供給できます。また、特許申請中のX-Streamテクノロジーによって急速充電を実現しています。1時間で約80%の充電ができることが魅力です。急ぎのお出かけや突発的なシーンにも対応できます。ソーラーパネルを使えば、約4時間でフル充電が完了します。

DELTA2

DELTA2はバッテリー容量1024Wh、1500Wの高出力に対応したパワフルなポータブル電源です。合計15ポートが備わっており、大勢のキャンプでも快適に楽しめます。エクストラバッテリーやスマート発電機と一緒に使用でき、拡張性が高いことも魅力です。また、X-Stream技術を採用し、0%から80%まで約50分、0%から100%まで約80分の超高速充電を実現しています。短時間でフル充電でき便利です。

バッテリーにはリン酸鉄リチウムイオン電池を使用しており、安全で安定した稼働と長寿命を期待できます。EcoFlowアプリを活用し、Wi-FiやBluetoothでスマホと接続すればリモートで操作することが可能です。本体に触れずとも、スマートに電力や充電の設定・操作・管理が行えます。

ポータブル電源を活用してキャンプを快適に楽しもう!

ポータブル電源を持参すると、キャンプをより快適に楽しむことができます。たとえば、スマホやキャンプライトの充電、季節ごとの暑さ・寒さ対策など、さまざまなことに活用できるでしょう。なお、ポータブル電源は容量・ソーラー充電機能・使用寿命などを踏まえて選ぶことが大切です。EcoFlowポータブル電源は大容量・高出力の製品もあり、キャンプ用のポータブル電源としておすすめです。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

EcoFlow史上累計販売台数No.1モデルが
3年ぶりにリニューアル!

DELTA 2

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください