日本一周にかかる時間と費用の相場は?必要なものとポータブル電源の必要性を解説

-

日本一周にかかる時間と費用の相場は?必要なものとポータブル電源の必要性を解説

-

「日本一周の旅に出たい!」と夢見ている方もいるのではないでしょうか。しかし、日本一周は時間も費用もかかるため、中途半端な計画だと失敗に終わる可能性があります。

日本一周を成功させるためには、入念な計画が必須です。

特に日本一周にかかる時間や費用を知っておかないと挫折することも珍しくないため、事前に必要なものなどを調べておきましょう。

この記事では、日本一周にかかる時間と費用の相場、日本一周に必要なもの、日本一周でポータブル電源が必要な理由について解説します。

日本一周を計画している方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

日本一周にかかる時間と費用の相場

日本一周

日本一周を実現するためには、実際にかかる時間と費用の相場を知っておくことが重要です。ここでは、日本一周にかかる時間と費用の相場について解説します。

日本一周の方法は人それぞれ

日本一周の方法に正解も不正解もありません。自分が選んだ方法が正攻法ですが、いき当たりばったりな方法で日本一周を計画すると途中で挫折する可能性が高いです。

そのため、計画の段階で「どのような方法で日本一周するのか」を考えておきましょう。

  1. 47都道府県をすべて制覇する方法
  2. 海沿いを通って列島を一周する方法
  3. 東西南北の先端に到達する方法
  4. 北海道~沖縄まで縦断する方法
  5. 行き先を決めずに回る方法

日本一周の形は人それぞれだからこそ、自身が理想とする方法を決めましょう。

ただし、日本一周の方法によってかかる時間と費用が変わるため、具体的な時間と費用の相場をそれぞれ把握しておくことが重要です。

日本一周でかかる時間の相場

車での日本一周は、一般的に1ヶ月〜2ヶ月で可能です。

日本をぐるっと一周する場合の距離は約12,000km、時速60kmで1日5時間(300km)ずつ進むと40日程度で走破できます。

休憩や信号待ち、その他のトラブルを加味しても60日程度あれば十分でしょう。

ただし、各都道府県の観光・旅行も兼ねているならさらに1ヶ月は見ておきたいです。車を停めて徒歩で周辺を散策するなら、さらに必要な期間も変わってきます。

そのため、最短1ヶ月〜最長3ヶ月で計画してみてください。もちろん、もっとゆっくりと日本を見て回りたいなら、半年ほど余裕を持っておくのもありかもしれません。

日本一周でかかる費用の相場

車での日本一周でかかる費用相場は、大体50万円〜200万円(車両費・ガソリン代・設備代・飲食費)程です。

バイクなら50万円〜100万円(車両費・ガソリン代・宿泊代・飲食費)ほど、自転車は日数がかかる分宿泊代や飲食費がかかるため100万円〜150万円(車両費・宿泊代・飲食費)ほど、徒歩も日数がかかる分宿泊代や飲食費がかかるので200万円〜500万円(宿泊代・飲食費)ほどかかる計算です。

ただし、移動手段によって費用は大幅に変わるため、どのような移動手段を選ぶのかも検討しておきましょう。

日本一周の費用は車両費・ガソリン代・宿泊代・飲食費が主な比重を占めますが、観光も兼ねているなら各種施設に入るためのチケット料や入場料も加味する必要があります。

キャンピングカー生活のリアルな事情については以下の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

【憧れのキャンピングカー生活】リアルな事情と成功の秘訣

日本一周に必要なもの

日本一周

快適に日本一周するためには、必要なものを把握しておくことが重要です。ここでは、日本一周に必要なものについて解説します。

ソーラーパネル&ポータブル電源

日本一周にとってマストアイテムの1つが、ソーラーパネル&ポータブル電源です。

最近では日本一周しながら場所を問わずインターネットを介して仕事をしたり、情報発信を生業にする人も珍しくありません。その際、安定した電力とWi-Fiが必要となります。

ソーラーパネルとポータブル電源があれば、日中発電した電力を夜間使用することが可能なため、パソコン・タブレット・スマホ・ポケットWi-Fi等も自由に使用可能です。

もちろん、その他の電化製品も使用できます。

例えば、日本一周のような長旅となると炊飯器や冷蔵庫、IHクッキングヒーターや電子レンジなどの家電製品を使用しなければならない場面も出てくるかもしれません。

その際、電気がなければ何も使用できずに自炊もままなりません。そのため、日本一周するならソーラーパネル&ポータブル電源は用意しておきましょう。

EcoFlowではソーラーパネル・ポータブル電源ともに取り扱っているため、購入をご検討中の方はぜひ製品を一度ご覧ください。

EcoFlow RIVER 2 Pro + 220W両面受光型ソーラーパネル 
EcoFlow DELTA 2 + 220W両面受光型ソーラーパネル 
EcoFlow DELTA 2 Max + 400Wソーラーパネル 

ポケットWi-Fi

日本一周中にパソコン・タブレット・スマホで仕事をする場合や、日本一周の様子をSNSで発信する場合は、インターネット環境が必要となります。

日本各地にフリーWi-Fiスポットがありますが、山奥や海辺などでは電波が通っていないこともあるでしょう。その際、ポケットWi-Fiがあると便利(一部の地域を除いて)です。

いつでもどこでもWi-Fi環境が確保できれば、仕事で必要なデータを送受信できる他、SNSに投稿することも可能です。もちろん、電話やメールもチェックできます。

インターネット環境はあって損がないため、ポケットWi-Fiは持参しましょう。

クーラーボックス&冷蔵庫

日本一周は外食で済ませる場合もありますが、自炊が基本となります。コンビニやスーパーで食材を仕入れ、手に入れた食材を消費しながら日本各地を回るのが一般的です。

もちろん、日本一周は外食禁止ではないものの、毎回外食すると予算オーバーになる危険性も拭えません。

そのため、クーラーボックスや冷蔵庫を持参して、食材をうまく活用しながら回るのがおすすめです。

クーラーボックスと冷蔵庫があれば、肉や魚などの食材が傷むのを避けられる他、食べ物や飲み物を安定して冷やせます

快適な日本一周にはアルコール類やジュース類も欠かせないため、余裕があれば持参しましょう。

なお、EcoFlowではポータブル冷蔵庫「GLACIER」を取り扱っています。

GLACIERは高速製氷機を搭載したポータブル冷蔵庫で、約12分で18個の氷を作成可能です。そのため、アウトドアで飲み物を冷やしたり、かき氷を作ったりするのに最適です。

また、1℃単位で温度設定可能な貯蔵スペースを2つ搭載しているため、肉や魚、野菜や果物などの生鮮食品からアイスクリームまで保管できます。

長時間の冷却性を誇るGLACIERはキャンプなどのアウトドアだけでなく、停電時の冷蔵庫としても活躍するため、万が一の際に備えておくと安心です。

ブラインドシェード

日本一周は車中泊が基本となるため、ブラインドシェードも必要です。

車中泊に限らず、車の中で過ごしているところを他人に見られるのはストレスとなります。何より「見られているかも」と疑心暗鬼になると快適に日本一周できないため、目線を遮るブラインドシェードは必要だといえます。

ブラインドシェードがあれば、日光を遮断して社内を涼しく保てるため、窓ガラス全面を覆えるサイズのものを用意しておくのがおすすめです。

カップルで日本一周する場合もファミリーで日本一周する場合も、プライベートの確保は必須です。もちろん、単身で日本一周する場合もプライバシーを侵害されるのは避けたいため、ぜひブラインドシェードは持参しましょう。

ブラインドシェードがない場合は、カーテンでの代用も可能です。車内に取り付ける用のカーテンはさまざまな場所で販売されているため、窓ガラスに併せて選ぶことを推奨します。

食器&調理器具

自炊しながら日本一周する場合は、食器や調理器具も必要不可欠です。

食器は作った料理を並べるのに必要な他、料理を作るためには炊飯器・冷蔵庫・ケトル・コンロなども必要となります。

調理器具によっては電気が必要なため、ソーラーパネルやポータブル電源など、安定した電力供給環境を整備しましょう。

食器はガラス製や陶器製のものだと邪魔になるだけでなく重量もあるため、紙やプラスチックの使い捨てのものがあると便利です。

使い捨ての食器であれば洗うタイミングも見計らわずに済むため、ノンストレスで日本一周できます。

衣服&タオル

日本一周には、衣服やタオルも欠かせません。

日本一周では東西南北、日本各地を回ることになります。その際、Tシャツとジーンズしか持っていないのは心許ないです。

衣服は寒冷地・温暖地にも対応できるよう、暖かい服装と涼しい服装の両方を持参しましょう。途中で温泉・銭湯に入ることもあるため、タオルも複数枚持参しておくとさまざまなシーンで使用できて便利です。

なお、洗濯は全国各地のコインランドリーでできるため、その点は心配無用といえます。

寝具

日本一周では車中泊がメインとなるため、寝具にもこだわりたいところです。

車の椅子にそのまま寝る方もいますが、毎日車の椅子で眠るのは想像以上に大変です。体が資本となる日本一周で、腰や背中を痛めてしまうのは本末転倒といえます。

そのため、ベッドは持ち込まずとも簡易的な布団や毛布、マットレスなど快適な睡眠環境は確保しましょう。

バイクや自転車、徒歩で日本一周する場合は、テントやシュラフなども用意しておくと安心です。

ただし、あまりにも大きな寝具を持ち込むと荷物になるため、小型かつ軽量のものを選ぶことを推奨します。

照明

夜間の明かりを確保するには照明も必要です。

車内に搭載された照明でも十分に明るいですが、車の照明は長時間使用するとバッテリーが上がってエンジンがかからなくなることがあります。

そのため、ランタンなど携帯できる照明を用意しておくと安心です。

最近では、電源さえあればいつでもどこでも使用できるLEDランタンもあるため、必要に応じて購入しておくことを推奨します。

なお、キャンピングカーの種類や特徴については以下の記事で解説しているため、キャンピングカーの購入を検討中の方は併せてご覧ください。

キャンピングカーの種類と特徴-最近のトレンド分析も

日本一周でポータブル電源が必要な理由

日本一周

日本一周には、ポータブル電源を持参するのがおすすめです。ここでは、日本一周でポータブル電源が必要な理由について解説します。

パソコン・タブレット・スマホの使用に必須

日本一周中は仕事をしたり発信したり、何かとインターネット環境が必要となります。

しかし、パソコン・タブレット・スマホは電源がないと使用できないため、旅先で何かしらの仕事や発信をするならポータブル電源は必須です。

ある程度の電源としてなら車に備え付けられているシガーソケットでも対応可能ですが、電子機器を使用するとなるとポータブル電源は欠かせません。

炊飯器や冷蔵庫を安定して動かすためにも、一定の電力供給が行えるポータブル電源は必要となるでしょう。

特に長期的な日本一周を考えているならポータブル電源は必須といえます。各デバイスのバッテリーの充電にも欠かせないため、あらかじめ用意しておいて損はありません。

電化製品を使用するのに必須

電化製品を使用するにも、ポータブル電源は必須といえるでしょう。

例えば、炊飯器や冷蔵庫など社内での調理に必要な電化製品は電源がないことには動きません。IHクッキングヒーターや電気圧力鍋、電子レンジなど調理に欠かせない電化製品を動かすにも電源が必要です。

日本一周で立ち寄る道の駅では火の使用が禁止されているため、火が使用できない場面では特に電化製品が重宝します。調理家電があれば毎回外食する必要もないため、ぜひポータブル電源と併せて持参しましょう。

身だしなみも重視するなら、ドライヤーなども持参すると便利です。

キャンピングカーの電力事情については以下の記事でも解説しているため、併せてご覧ください。

キャンピングカーの電力事情-ソーラーパネルの種類とその特徴

まとめ

本記事では、日本一周にかかる時間と費用の相場、日本一周に必要なもの、日本一周でポータブル電源が必要な理由を解説しました。

日本一周には基本的に1ヶ月〜2ヶ月ほどの期間が必要ですが、日本各地の観光も兼ねている場合は3ヶ月以上が目安となります。

ゆっくりと日本を見て回る予定なら、半年以上の期間を設定しておく必要があるでしょう。

日本一周の費用は何をするかで大幅に変わるため、具体的にいくら必要なのかは本人次第です。ただし、車で日本各地を回る場合は車両費・ガソリン代・宿泊代・飲食費込みで50万円〜200万円が目安となります。

日本一周にかかる時間と費用は本人次第なところがあるため、まずは入念な計画を立てましょう。

また、日本一周では電気が必要となる場面が多くあるため、ソーラーパネルとポータブル電源を持参するのがおすすめです。

EcoFlowでは、日本一周にも役立つソーラーパネルとポータブル電源を取り扱っているため、興味がある方はぜひ製品の購入をご検討ください。

EcoFlow RIVER 2 Pro + 220W両面受光型ソーラーパネル 
EcoFlow DELTA 2 + 220W両面受光型ソーラーパネル 
EcoFlow DELTA 2 Max + 400Wソーラーパネル 

記事をシェア

ご登録いただきありがとうございます。
お客様のEメールアドレス宛にEcoFlow製品に関する最新情報やキャンペーン情報をお届けします。

最近の投稿

すべての投稿

コメントを書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください